第16師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第16師団(第十六師團)
Kyoto Seibogakuin.jpg
第16師団司令部庁舎(現・学校法人聖母女学院本館)
創設 1905年明治38年)7月18日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
人員 約25,000名
所在地 京都-満州-華北-華中-フィリピン
編成地 京都
通称号/略称
補充担任 京都師管区
最終上級単位 第35軍
最終位置 フィリピン レイテ島
主な戦歴 日露戦争-支那事変-太平洋戦争-レイテ島の戦い
テンプレートを表示

第16師団(だいじゅうろくしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。兵団文字符軍隊符号16D

概要[編集]

1905年(明治38年)7月18日京都編成された帝国陸軍の師団である。日露戦争で日本は既存の師団総てを動員した為、本土駐留師団がなくなる事態となった。そこで第16師団を含む4個師団が創設された。第16師団の他、1905年(明治38年)4月1日に第13師団第15師団が、同年7月6日に第14師団が編成されている。

第16師団は直ちに満洲に派遣されたが、戦闘は概ね終結しており9月5日には講和条約ポーツマス条約)が締結された為、実戦には従軍していない。1907年3月28日、師団司令部は大阪府泉北郡高石村に移転した[1]1908年10月30日、師団司令部が京都府紀伊郡深草村へ移転し、同年11月1日より事務を開始[2]1918年7月1日、兵器部が師団司令部内に移転し事務を開始[3]

1919年(大正8年)から師団は満洲駐剳を命ぜられた。その後一旦帰国するが、1929年(昭和4年)と1934年(昭和9年)にも満洲駐剳任務に就いた。

鴨川水害における活動[編集]

1935年(昭和10年)6月28日深夜からの豪雨で京都市内を流れる鴨川など河川が氾濫、堤防決壊284ヶ所、50ヶ所以上の橋が流され、市内の浸水面積は37.2平方kmにも及んだ。京都府の救援依頼を受け歩兵や師団工兵隊など1,023名が出動、救助活動・堤防防備・架橋の復旧に従事した。

29日午前10時に竹田堤防決壊防備と救助に出動。さらに七条大橋防備・方面・勧進橋方面・鴨川沿岸などに配置、翌30日には倒壊した五条大橋の仮橋の仮設・観月橋下流の護岸工事に出動した。

支那事変[編集]

1936年に津郵便局で使用された記念印

1937年(昭和12年)7月に支那事変日中戦争)が勃発すると、師団は西尾寿造中将第2軍戦闘序列に編入され華北戦線に投入、同年11月上海派遣軍隷下上海戦線に転じ南京攻略戦に参戦した。1938年(昭和13年)1月から北支那方面軍隷下徐州会戦に参戦し、同年7月再び第2軍隷下となり武漢作戦に参戦、12月には第11軍に編入された。

翌1939年(昭和14年)8月に復員する。この時豊橋の歩兵第38連隊が新設の第29師団に編入されることになり、第16師団は三単位制師団に改編された。また、それまでは第16師団は京都を衛戍地とする常設師団であったが、1940年(昭和15年)7月に師団の衛戍地が満洲となり、永久駐屯することが決まった。

大東亜戦争[編集]

大東亜戦争太平洋戦争)では1941年(昭和16年)11月6日第14軍戦闘序列に編入され、緒戦のフィリピン攻略に参戦し、マニラ陥落後フィリピンに駐屯した。

1944年(昭和19年)8月からは第35軍隷下となりレイテ島に移駐、この年の10月20日に連合国軍がレイテ島に上陸し、大本営レイテ島での決戦を予定したが第16師団は壊滅した。当初13,000名で臨んだレイテ決戦も生還者は僅か620名で、3人の連隊長が戦死しており、師団長牧野四郎中将も1945年(昭和20年)8月10日に自決した。

歴代師団長[編集]

  • 山中信儀 中将:1905年(明治38年)7月18日 - 1913年(大正2年)1月15日
  • 長岡外史 中将:1913年(大正2年)1月15日 - 1914年(大正3年)8月8日
  • 松川敏胤 中将:1914年(大正3年)8月8日 - 1916年(大正5年)8月18日
  • 山口勝 中将:1916年(大正5年)8月18日 - 1917年(大正6年)8月6日
  • 梨本宮守正王 中将:1917年(大正6年)8月6日 - 1919年(大正8年)11月25日
  • 志岐守治 中将:1919年(大正8年)11月25日 - 1923年(大正12年)8月6日
  • 山田良之助 中将:1923年(大正12年)8月6日 - 1926年(大正15年)3月2日
  • 南次郎 中将:1926年(大正15年)3月2日 - 1927年(昭和2年)3月5日
  • 松井兵三郎 中将:1927年(昭和2年)3月5日 - 1930年(昭和5年)8月1日
  • 山本鶴一 中将:1930年(昭和5年)8月1日 - 1933年(昭和8年)3月18日
  • 蒲穆 中将:1933年(昭和8年)3月18日 - 1935年(昭和10年)8月1日
  • 渋谷伊之彦 中将:1935年(昭和10年)8月1日 - 1935年(昭和10年)12月2日
  • 児玉友雄 中将:1935年(昭和10年)12月2日 - 1937年(昭和12年)8月2日
  • 中島今朝吾 中将:1937年(昭和12年)8月2日 - 1938年(昭和13年)7月15日
  • 藤江恵輔 中将:1938年(昭和13年)7月15日 - 1939年(昭和14年)8月30日
  • 石原莞爾 中将:1939年(昭和14年)8月30日 - 1941年(昭和16年)3月1日
  • 森岡皐 中将:1941年(昭和16年)3月1日 - 1942年(昭和17年)8月1日
  • 大場四平 中将:1942年(昭和17年)8月1日 - 1944年(昭和19年)3月1日
  • 牧野四郎 中将:1944年(昭和19年)3月1日 - 1945年(昭和20年)8月10日

最終司令部構成[編集]

  • 師団長:牧野四郎 中将(1945年(昭和20年)8月10日自決)
  • 参謀長:松岡賢一 大佐(陸士33期):1944年(昭和19年)6月21日 - 終戦)
    • 作戦参謀:三町進 少佐(陸士40期)
    • 情報参謀:宮田健二 中佐(陸士40期)
    • 後方参謀:北川衛 少佐(陸士47期)
  • 高級副官:中島金右衛門 少佐
  • 軍医部長:内藤勝樹 軍医大佐(1942年(昭和17年)9月22日 - 1945年(昭和20年)2月11日死去)

最終所属部隊[編集]

  • 歩兵第9連隊(京都):神谷保孝 大佐(陸士28期、1942年(昭和17年)11月11日 - 1944年(昭和19年)12月8日戦死)
  • 歩兵第20連隊(福知山):鉾田慶次郎 大佐(陸士28期、1944年(昭和19年)3月1日 - 1944年(昭和19年)10月23日戦死)
    • 後任連隊長:山森友吉 大佐(陸士31期、1944年(昭和19年)12月11日 - 終戦)
  • 歩兵第33連隊(津):鈴木辰之助 大佐(陸士25期、1945年(昭和15年)12月2日 - 1944年(昭和19年)10月23日戦死)
  • 捜索第16連隊:日比知 大佐(陸士27期、1942年(昭和17年)8月1日 - 終戦)
  • 野砲兵第22連隊:近藤喜名男 大佐(陸士28期、1942年(昭和17年)12月1日 - 終戦)
  • 工兵第16連隊:加藤善元 中佐(陸士29期、1940年(昭和15年)12月2日 - 終戦)
  • 輜重兵第16連隊:牧野文一 大佐(陸士30期、1943年(昭和18年)6月1日 - 終戦)
  • 第16師団通信隊:渡辺竹司 大尉(陸士54期)
  • 第16師団兵器勤務隊:田頭好夫 大尉
  • 第16師団衛生隊:辻忠三郎 大佐
  • 第16師団第1野戦病院:安藤棋尾夫 少佐
  • 第16師団第2野戦病院:糸井八寿治 少佐
  • 第16師団第4野戦病院:畫間和男 少佐
  • 第16師団病馬廠:森田栄二郎 少佐
  • 第16師団防疫給水部:佐藤幸雄 中佐

遺構等[編集]

師団街道竜大前交差点

師団司令部ならびに一部の隷下部隊・施設は京都市伏見区内に設置されていた。1908年(明治41年)に完成した師団司令部庁舎および周辺の陸軍用地は、戦後の1948年(昭和23年)に学校法人聖母女学院が聖母女学院本館(法人本部)として、また師団練兵場龍谷大学京都府警警察学校が利用する。

師団隷下部隊である輜重兵第16連隊の門柱・門・哨舎は2010年(平成22年)、市民運動によって京都教育大学敷地内に移設されたものの、師団司令部門柱などは同年前後頃に、1918年(大正7年)築の師団長官舎は1990年代末に解体されている。

京阪電鉄藤森駅は開業当初師団前という名称であった(1941年(昭和16年)に現名称に改称)。 この藤森駅付近の師団街道・第1軍道・第2軍道・第3軍道と呼ばれる道路や、琵琶湖疏水に架かる師団橋という橋梁も第16師団の設置に伴い整備された(橋脚には帝国陸軍の象徴である星章(五光星)の意匠が施されている)。また京阪電鉄が開通時、踏切が訓練の支障になると京阪本線を跨ぐ高架橋が3箇所に設置された。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7126号、明治40年4月5日。
  2. ^ 『官報』第7609号、明治41年11月5日。
  3. ^ 『官報』第1790号、大正7年7月20日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]