Oops!フェアリーペアレンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Oops!フェアリーペアレンツ
ジャンル ファンタジー
放送期間 アメリカ合衆国の旗2001年-
日本の旗2002年-2009年(ニコロデオン)
2014年-(ディズニー・チャンネル)
放送国 アメリカ合衆国の旗
日本の旗
制作局 ニコロデオン
ディズニー・チャンネル
テンプレートを表示

Oops!フェアリーペアレンツ(原題:The Fairly OddParents)は、アメリカ合衆国とのテレビアニメである。現在ニコロデオンで放送されている。ブッチ・ハートマン原作・監督。1998年9月4日、オーイェイ・カートゥーンズ!英語版の一環として"The Fairly OddParents!"というタイトルで放送がされた。のちにオーイェイ・カートゥーンズ!から独立する形で2001年3月30日にアメリカ合衆国で放送された。

2010年、このアニメを基にした実写テレビ映画がA Fairly Odd Movie: Grow Up, Timmy Turner!というタイトルで放送されるということが報じられ[1]、2011年7月9日にアメリカ合衆国でそのテレビ映画が放送された。

日本は2006年7月7日から閉局までニコロデオンで放送され、ニコロデオン閉局から数年後の2014年3月24日より、日本のディズニー・チャンネルで放送が開始された。

あらすじ[編集]

いじめられっ子でトラブルの絶えない少年ティミー・ターナーの元に、コズモとワンダという妖精の夫婦がやってくる。魔法を使える彼らだが、彼らもまたトラブルを呼び起こしてしまうのであった。

登場人物[編集]

ティミー・ターナー (Timmy Turner)
声 - 小林希唯/英 - タラ・ストロング,メアリー・ケイ・バーグマン(オーイェイ・カートゥーンズ!時代)
この物語の主人公。10歳。典型的ないじめられっ子。また両親から愛されてはいるものの、関心を持ってもらえず、家ではベビーシッターのヴィッキーにいじめられている。
コズモ (Cosmo)
声 - 真殿光昭/英 - ダラン・ノリス
ターナー家に来た妖精夫婦の夫。頭にティアラがのっている。普段はワンダと共に金魚の姿をして、ティミーの部屋の金魚鉢の中にいる。ティミーの言う事を何でも後先考えず、変な解釈をしてティミーの願いをかなえてしまう為いつもワンダに迷惑をかけている。ワンダと結婚して9895年経っている。
ワンダ (Wanda)
声 - 夏樹リオ/英 - スーザン・ブレークスリー
ターナー家に来た妖精夫婦の妻。普段はコズモと共に金魚の姿をして、ティミーの部屋の金魚鉢の中にいる。夫のコズモと違いしっかり者であるが故に、いつもティミーとコズモのしでかした失敗の尻拭いをさせられている。何故かコズモの母親ママコズモに嫌われ結婚を反対されており、登場の際はママコズモに嫌がらせをされる。
ターナー夫妻 (Mom & Dad)
声 - 滝知史加藤優子/英 - ダラン・ノリススーザン・ブレークスリー
ティミーの両親。息子を愛してはいるが、今ひとつ関心を持っていないためか鈍い。父親は鉛筆のセールスマンで、母親は不動産屋。二人の本名は不明で、過去にタイムスリップし二人の幼少時代が登場した際も何故か「パパ」「ママ」と呼ばれていた。第24話Aパート(後述の表参照(ディズニーチャンネル版では第26話Aパート))で、パパの年齢が42才であることが判明する。
ヴィッキー (Vicky)
声 - 木川絵理子/英 - グレイ・デリスル
ターナー家に来ているベビーシッターの少女。周囲には明るくて気が利く風に振舞っているが、本性はかなり腹黒く意地悪で、ティミーとのトラブルが絶えない。おまけにティミーへのいじめの証拠を残さないなど、かなりの知能犯。毎回のOP曲の一番最後で、一瞬だけだが必ず顔が変形する。
トゥーティー (Tootie)
声 - 根本圭子/英 - グレイ・デリスル
ヴィッキーの妹で、歯の矯正器具をつけた眼鏡の女の子。姉とは反対の性格でティミーが大好き。彼にしつこいくらい付きまとっているが、ティミーは相手にするどころかいじめている。また、姉のヴィッキーからもいじめられている。

ティミーの恩師・同級生[編集]

クロッカー先生 (Denzel Crocker)
声 -岩崎ひろし/英 - カルロス・アラズラキ
ティミーの担任教師。小学校の先生ではあるが、子供嫌いなのか生徒に嫌がらせをしたり、テストなどの採点の際はABC評価の「F」をやたら出す。陰湿な教師の為生徒からも他の先生からも嫌われている。そして異常なまでもフェアリーペアレンツに関心があり、フェアリーペアレンツの存在を証明し功績を得たがっている。学校で起きる不思議な出来事がある度フェアリーペアレンツの仕業だと判断し過剰反応をする。そのため、いつも周囲に不思議な事が起こるティミーに目をつけている。
チェスター・マクバット (Chester Mcbadbat)
声 - /英 - フランキー・ムニッズ→ジェイソン・マースデン
ティミーの大親友。登場の際はエー・ジェーといつも一緒。歯の矯正器具をつけた金髪白人少年。たまに歯の矯正器具を生かし、困難を乗り切るなど特殊な歯の矯正器具である。父親は史上最悪の野球選手だと言う事を隠すために紙袋をいつもかぶっており、ティミーのパパとママには名前がないのにも関わらず彼の父親には名前(バッキー・マクバット)がついている。
エー・ジェー (A.J.)
声 - 櫨山めぐみ/英 - ゲイリー・レロイ・グレイ
ティミーのもう一人の大親友。丸顔で、学校一頭の良い天才黒人少年。彼の部屋は、通常はありふれた少年の部屋だが、彼一人で部屋に居る時は研究所(ラボ)に変形させている。ラボの状態は親に内緒のようだ。
サンジェー (Sanjay)
声 - /英 - ディー・ブラッドリー・ベイカー
たまに出てくるティミーの友達。眼鏡の男の子で、兵士の兄を持つ。
エルマ(Elmer)
声 - /英 -ディー・ブラッドリー・ベイカー
たまに出てくるティミーの友達。こちらも眼鏡の男の子で、顔のおできが特徴。
自分のオデキに『ボブ』という名前をつけている。
トリクシー・タン (Trixie Tang)
声 - 真木ナオ/ 英 - ディアンヌ・クワン
ティミー憧れの女の子。お金持ちで才色兼備な為周りがちやほやする。故にお高くとまっており、ティミーも含め普通の子には全く興味がなく、基本的に普通の子は寄せ付けない。
フランシス (Francis)
声 - / 英 - フェイス・エイブラハムズ
学校のいじめっ子。ティミーだけではなく学校中の男の子をいじめては喜んでいるが、いつも一匹狼のようにひとりで行動する。名前が示す通りフランケンシュタインの怪物をイメージさせる姿で、肌は灰色で、服の上下もモノトーン。
マーク・チェン (Mark Chang )
声 - / 英 - ロブ・ポールセン
8本くらいの触手をもった緑色のタコ型宇宙人(ユーゴポテミア星人)。頭の脳の部分はガラスの様なもので覆われていて、脳が透けて見える。かわいいもの(ぬいぐるみ)や、地球で食べられている食糧などを危険物として認識しており、避けるようにしている。逆に、廃棄物や肥料などは食べたりする。
ティミーの両親やヴィッキーなどにはヨーロッパ人の留学生として紹介されており、宇宙人だと言う事はティミー、コズモ、ワンダしか知らない。
ヴィッキーに恋をしている。

コズモとワンダの知り合い・親族[編集]

ママコズモ
コズモの母。
ジョウゲン (Jorgen Von Strangle)
声 - /英 - ダラン・ノリス
妖精世界の風紀委員的存在。コズモや、ワンダに無理難題を押し付ける事もある。

その他[編集]

Mr. Phifer
声 -/ 英 -フィル・ラマール
Wandisimo
ミス・ビッグフット
声 -/ 英 -メアリー・ケイ・バーグマン
クリムゾン・アーゴ (Crimson Chin)
声 - 滝知史/ 英 - ジェイ・レノ
ティミーの大好きなアニメの主人公。取材中に放射能に汚染された男性俳優にあごをかまれ、スーパーパワーを手に入れ、世界の平和を守っている。基本的に『スーパーマン』のパロディのような設定となっている。
(Poof)
声 -/ 英 - タラ・ストロング
(Anti-Faries)
(Pixies)

日本での放送状況[編集]

日本では、異なるチャンネルで2度放送されている。 一回目は日本のニコロデオンで、2006年7月7日から閉局まで放送された。 第1シーズン~5シーズンのうちランダムに決まった話(約30話分)だけをほぼ月1回ペースでループ放映しており、この時放送されなかった回も多数あった。 二度目はディズニーチャンネルで、2014年3月24日から放送開始された。 なお、いずれのバージョンも主題歌の吹き替えと吹き替え声優のクレジットの表示はなかったが、ディズニーチャンネル版のみ日本語のサブタイトルが存在している。

サブタイトル[編集]

日本語版の放送順およびサブタイトルはディズニー・チャンネル版を基準とする。 なお、オーイェイ・カートゥーンズ!版はテレビ版の通算話数としてカウントしない。

オーイェイ・カートゥーンズ!時代(1998年 - 2001年)[編集]

話数 サブタイトル 原題 備考 放送日(アメリカ)
1   "The Fairly OddParents!" 1998年9月4日
2   "Too Many Timmys!" 1998年9月25日
3   "Where's the Wand?" 1998年10月2日 
4   "Party of Three!" 1999年1月2日 
5 "The Fairy Flu!" 1999年5月1日 
6   "The Temp!" 1999年7月24日 
7   "The Zappys!" 1999年12月31日  
8   "Scout's Honor" 2000年1月17日  
9   "The Really Bad Day!" 2000年12月8日  
10   "Super Humor" 2001年3月23日  

第1シーズン(2001年)[編集]

話数 サブタイトル 原題 備考 放送日(アメリカ)
1 大人の問題、大問題 "The Big Problem!" 2001年3月30日   
負けるな!電気争奪戦 "Power Mad!"
2 エイリアンはヴィッキーがお好き "Spaced Out!" 2001年4月6日  
Help!フェイク・ペアレンツ "Transparents!"
3 ティミー、イメチェンする?! "A Wish Too Far!" 2001年4月13日   
体内アドベンチャー "Tiny Timmy!"
4 時をかけるティミー "Father Time!" 2001年4月20日   
記念日は愛の試練 "Apartnership!"
5 悩むな!戦え!僕のヒーロー "Chin Up!" 2001年4月27日   
僕と犬の生きる道 "Dog's Day Afternoon"
6 ヤギが1匹ヤギが2匹… "Dream Goat!" 2001年5月4日   
個性ゼロゲーム "The Same Game"
7   "Christmas Everyday!" クリスマスエピソード。 2001年12月12日    

第2シーズン(2002年)[編集]

話数 サブタイトル 原題 備考 放送日(アメリカ)
8 ヴィッキー・ソング誕生! "Boys in the Band!" 2002年3月1日  
呪われたゲーム!? "Hex Games"
9 アーゴ、アゲイン! "Boy Toy" 2002年3月8日  
コズモとワンダの成績表 "Inspection Detection"
10 アクションぎっしりワールド "Action Packed!" 2002年3月22日 
うぬぼれは禁物 "Smarty Pants"
11 スーパーすぎるスーパー自転車 "Super Bike" 2002年4月26日
君が僕で、僕が君! "A Mile in My Shoes"
12 いない いない ティミー "Timvisible" 2002年5月10日
グッド・マジックVSバッド・マジック "That Old Black Magic!"
13 チェスターのパパの秘密 "Foul Balled!" 2002年6月7日
女王様になりたい! "The Boy Who Would Be Queen"
14 エイリアンはヴィッキーがまだお好き "Totally Spaced Out!" 2002年7月12日
立場が逆転、大逆襲! "The Switch Glitch"
15 パパとママが世界を救う? "Mighty Mom and Dyno Dad" 2002年9月6日
騎士でないと "Knighty Knight"
16 フェアリー・バトルはフェアに "Fairy Fairy Quite Contrary" 2002年9月13日
コズモ味の特製レモネード "Nectar of The Odds"
17 ティミー会長あらわる "Hail to The Chief!" 2002年9月27日
いい国作ろう、ティミーの独立宣言 "Twistory"
18 一日中いたずらな日 "Fool's Day Out" 2002年10月11日
やり直しのきく日 "Deja Vu"
19 "Scary Godparents" ハロウィンエピソード。 2002年10月29日

第3シーズン(2002年 - 2003年)[編集]

話数 サブタイトル 原題 備考 放送日(アメリカ)
20 過保護なんてごめん! "Ruled Out!" 2002年11月8日
僕らはみんな生きている "That's Life!"
21 白く輝く歯 "Shiny Teeth" 2002年11月30日
ディムズデール平原に馳せる熱き思い "Odd, Odd West"
22 秘密会議を秘密探査 "Cosmo Con" 2003年1月10日
ワンダの休日 "Wanda's Day Off!"
23 ネットで奪還大作戦! "Information Stupor Highway" 2003年1月20日
24 シゴト・ドット・コムズ "Odd Jobs" 2003年1月27日
ムービー・マジック "Movie Magic"
25 バレンタインの悲劇 "Love Struck!" バレンタインエピソード。 2003年2月14日
26 "Most Wanted Wish!" 2003年5月2日
"This is Your Wish!"
27 "The Crimson Chin Meets Mighty Mom and Dyno Dad!" 2003年5月9日
"Engine Blocked!"
28 "Sleepover and Over!" 2003年5月17日
"Mother Nature"
29 "Beddy Bye!" 2003年5月23日
"The Grass is Greener"
30 "The Secret Origin of Denzel Crocker! 2003年6月27日
31 - 33 "Abra-Catastrophe!" 90分スペシャル 2003年7月12日
34 謎のDJ、ダブルT "MicroPhony" 2003年8月1日
エイリアンはヴィッキーがまだまだお好き "So Totally Spaced Out!"
35 "Pipe Down!" 2003年9月26日
"The Big Scoop!"
36 "Crime Wave" 2003年10月10日
"Odd Ball"
37 "Where's Wanda?" 2003年10月17日
"Imaginary Gary"
38 "Miss Dimsdale" 2003年11月7日
"Mind Over Magic!"
39 "Kung Timmy" 2003年11月11日
"Which Witch is Which?"
40 "Hard Copy" 2003年11月14日
"Parent Hoods"
41 "Chip Off the Old Chip!" 2003年11月21日
"Snow Bound"

第4シーズン(2004年 - 2005年)[編集]

第5シーズン(2005年 - 2006年)[編集]

第6シーズン(2008年 - 2009年)[編集]

第7シーズン(2009年 - 2011年)[編集]

第8シーズン(2011年)[編集]

話数 サブタイトル 原題 備考 放送日(アメリカ)
121 "Love Triangle"   2011年2月12日
122–123 "Timmy's Secret Wish" 感謝祭エピソードであり、1時間スペシャルでもある。
なお、アメリカ国外では11月に放送されている。
2011年11月23日
124 "Invasion of the Dads" 2011年6月18日
125 "When L.O.S.E.R.S Attack" 2013年10月15日
126 "Meet the OddParents" 2011年12月29日

第9シーズン(2013年 - 2014年)[編集]

話数 サブタイトル 原題 備考 放送日(アメリカ)
127 "Fairly OddPet" 2013年3月23日
128 "Dinklescouts" 2013年4月14日
"I Dream of Cosmo"
129 "Turner & Pooch" 2013年5月4日
"Dumbbell Curve" 2013年5月11日
130 "The Terrible Twosome" 2013年6月1日
"App Trap" 2013年6月8日
131 "Force of Nature" 2013年6月15日
"Viral Vidiots" 2013年6月22日
132 "Scary GodCouple"   2013年10月19日
133 "Two and a Half Babies" 2014年7月25日
"Anchor's Away"
134 "Finding Emo" 2014年7月9日
"Dust Busters"
135 "The Bored Identity" 2014年7月23日
"Country Clubbed"
136 "Dog Gone" 2014年7月28日
"Turner Back Time"
137 "Cosmonopoly" 2014年7月7日
"Hero Hound"

スタッフ[編集]

備考[編集]

この作品の主人公であるティミーが、ゲーム『スポンジ・ボブとなかまたち』、『スポンジ・ボブとなかまたち トイボットのこうげき』に、原作者が同じである『ダニー・ファントム』(日本未放映)と共にゲスト出演している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]