となりのサインフェルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

となりのサインフェルド』(Seinfeld)は1989年7月5日から1998年5月14日までアメリカNBCで放送された、アメリカ人の4人に1人が見たという国民的コメディドラマで1990年代で一番の人気を誇ったニューヨークを舞台にしたシチュエーション・コメディ。『フレンズ』の主要キャラの1エピソードギャラが10万ドルだった頃、主演のジェリー・サインフェルドの1エピソードのギャラは100万ドルであった。脚本主演のジェリー・サインフェルドとラリー・デイビッドが担当。(のちにラリー・デイビッドは降板)

登場人物[編集]

レギュラー[編集]

(OA版/DVD版)

本人が本人役を演じている。職業はスタンドアップ・コメディアンで、シーンの冒頭は彼のネタから始まる。彼のアパートのリビングがこの番組のメイン舞台となり、清潔好きなためか、よくほかの出演者に指摘される。ちなみにスーパーマンとシリアル好き。野球好きでニューヨーク・メッツファン、部屋にメッツの帽子が飾られ選手の写真も飾られている。ソフトボールチームにも所属している。
ジェリーとJFKハイスクール時代からの親友。ジェリーとの出会いは、JFK高校のジムにあるロープから、誤って足を滑らせ、床に落ちてきたところをジェリーがキャッチして親友になる。特徴はハゲで短気で卑屈、仕事を始めてもすぐに問題を起こしてクビになってしまう。もちろん親と同居。しかし初対面の女性には良く見られたいので、職業を聞かれると「建築家」と答える時がある。ながらく無職が続いたがシーズン5でレストランで出会った女性の紹介でニューヨーク・ヤンキースに面接に行き、面接の際に名物オーナーとして君臨し剛腕ぶりなどから、別名“ビッグ・ボス”。と恐れられているジョージ・スタインブレナーに経営とチーム状態の不満を言い、その強気・姿勢が気にいられ採用され就職した。
ジェリーの元彼女。ジェリーと一度付き合って別れても、いまだに仲良く友人関係を続けていられるのはエレインだけ。ジェリー同様に異性にもてるがすぐに別れてしまう事が多い。車を持っておらず、運転する機会がなかなかないが、彼女の運転はとてもひどく、初めての免許試験の時に、犬をひいたとうれしそうに自慢している。
ジェリーのアパートの隣人。いつもジェリーのアパートのドアを激しく開け、冷蔵庫の中を物色しに来る。ジェリーの部屋の合鍵も持っている。6年目のシーズンまでファーストネームが不明だった。シーズン4の第14話「バブー・アゲイン」で野球のファンタジー・キャンプに参加し、野球好きチームと元大リーガーチームとの試合の際にクレイマーが原因で乱闘になりニューヨーク・ヤンキースの往年の大スター、ミッキー・マントルを殴り病院送りにしたことがある、後日、「憧れのヒーローを殴り良心が痛い」とミッキー・マントルレストランに行き謝罪しに行くが警備員に追い出される。サインフェルドの登場人物で非常に人気のある人物でクレイマーがジェリーの部屋に入って来たら客席から歓声があがる

その他の登場人物[編集]

準レギュラー[編集]

クレイマーの親友でジェリーの宿敵。デブの郵便配達員。ニューマンが登場したらジェリーが嫌な顔をし軽蔑を込めて言う「やあ、ニューマン」と言い、ニューマンも嫌な顔をして「やあ、ジェリー」と言うのがお決まり。
ジェリーの父親。リタイアしフロリダでヘレンと隠居している。
ジェリーの母親でジェリーを溺愛する子煩悩。リタイアしフロリダでモーリーと隠居している
ジョージの父親。社会運動に熱心で表彰の時に、ジョージのせいで逮捕されてしまう。
ジョージの母親。シーズン4 第11話でジョージのオナニーを見てしまい、悲鳴をあげ横転し背中を強打をして入院してしまう。
ジョージの恋人でテレビ局NBCで働いていたが、会議中にジョージとキスをして首になる。その後別れたが久しぶりに再会するとスーザンはレズビアンになっていた。
ジョージが就職したメジャーリーグベースボールニューヨーク・ヤンキースに実在する名物オーナー。本物のスタインブレナーも出演したこともある。

その他[編集]

  • 日本ではWOWOWにて、第2シーズンから第5シーズンまで放映がされた。上記の声優はその時点のもの。
  • 日本版DVDは、現在第4シーズンまで発売されている。ただし、声優陣が上記と異なる。
  • 1989年から9年間、隣のサインフェルドはアメリカで放送され、テレビ史上、前例がないほどの人気番組となり、当時のアメリカで絶大なる人気だったドラマ、『ER緊急救命室』を抜いて、全米で6年連続視聴率1位に輝き番組終了時まで全米視聴率No.1街道を突っ走ったアメリカでは伝説的なドラマである。
  • 同番組が放送されていた米NBC木曜日のプライム・タイムの時間帯は絶対にみのがせないテレビということで“Must-See TV”と呼ばれ、視聴率でも他局を寄付けない強さを築いた。 また批評家からの評価も高く、エミー賞ゴールデングローブ賞など数々の賞を受賞した。
  • 9年間の放送期間中、つねに超高視聴率をほこったこのドラマ、第9シーズンをむかえるころも、その人気は絶好調にもかかわらず、1997 年 12 月 25 日主演/制作のジェリー・サインフェルドがドラマの終了を発表したため、アメリカ中がおおさわぎしニューヨーク・タイムス第一面で「サインフェルド終了」を報じ、大手ニュース情報誌のタイムなど他の主要紙までもがトップで報じた。
  • 最終話「The Finale」の視聴率は、なんと40%超で全米で7600万人が見たTV史上に残る記録的な視聴率をマークし当時のアメリカで史上3番目の高視聴率だった。
  • 最終話の視聴率が凄すぎて同じコメディドラマ「ダーマ&グレッグ」では、サインフェルドの最終回が放送されている間、町中から人が消えているのを利用して、ダーマ夫妻が野外セックスを敢行するというエピソードがあるほど。
  • 最終話の放映の晩、かの有名なフランク・シナトラが危篤に陥ちいり、多くの人が家でサインフェルドを観ていたためロサンゼルスの街は人も車もガラガラで、シナトラを乗せた救急車はあっというまに病院についた伝説もある。
  • シットコムの最終話はアメリカ史上3番目の高視聴率を記録したが、そのエピソードの中で当時ニューヨーク・ヤンキースの投手だった伊良部秀輝がネタとして登場した、ジョージ・コスタンザの父親がヤンキースのオーナーであるジョージ・スタインブレナーに「なんで伊良部に大金を払ったんだ!」と怒鳴るシーンがある。この事により伊良部投手はある意味でアメリカで一番有名な日本人アスリートとなる。
  • この番組がアメリカTV界史上第1位に選ばれている理由は、とりもなおさずそのオリジナリティにある。「サインフェルド」の意味があるようでないようであるようでまったくなかったりするギャグはこれまでのどの番組とも違っており、「サインフェルド」以降多くの番組が「サインフェルド」的なものを真似したが、どれも「サインフェルド」とは似ても似つかないものになった。「サインフェルド」の前に「サインフェルド」なく、「サインフェルド」の後に「サインフェルド」なし。「サインフェルド」が高く評価されている所以である。その、圧倒的に評価の高い「サインフェルド」であるが、放送が始まって最初の数年はその不可解なギャグに視聴者がついていけず、視聴率的には大した数字を上げることができずにキャンセルを仄めかされていた.
  • ニューヨークが舞台とあってメジャーリーグのヤンキースやメッツ関連の話題も多い。キース・ヘルナンデスポール・オニールデレック・ジーターバーニー・ウィリアムスらがゲスト出演している。ときより出演こそないがジョー・ディマジオミッキー・マントルもネタとしてあがった。
  • エレイン・ベネスは避妊手段として、『トゥデイ・スポンジ』(Today Sponge:女性の膣内に挿入する殺精子剤を含んだスポンジ状の避妊具)を愛用していたという設定になっている。『トゥデイ・スポンジ』は1995年に製造元の都合で製造中止となり、パニックが起きるが、本作でもエレイン・ベネスがトゥデイ・スポンジを買うためにニューヨーク中を走り回りまわったり、残り少ないスポンジを節約するために、使うにふさわしい男性か慎重に判断するというエピソードが描かれている。
  • ラリー・デイヴィッドの脚本・主演のTVドラマ『ラリーのミッドライフ★クライシス』の、2009年放送のシーズン7では、劇中の設定として『サインフェルドの再結成』がされたことになっており、本人たちが演じた新『サインフェルド』が流された。

サブタイトル[編集]

※以下は、DVD化されているエピソードだけを示す。

ファースト・シーズン
第1話 サインはビミョ~(Pilot)
第2話 友人と手を切る方法
第3話 恋は待ち伏せ?
第4話 部屋はどっちが借りる
第5話 ハイリスク ハイリターン

セカンド・シーズン Vol.1
第1話 セクシー女性にはご用心
第2話 ポニー発言
第3話 災難ボーイ
第4話 デートの恨みはいつまでも
第5話 さようなら僕のジャケット

セカンド・シーズン Vol.2
第6話 最強レストラン発見
第7話 めくるめく愛の駆け引き
第8話 エレインがご近所さん
第9話 パーティーの代償
第10話 像を取り戻せ!

セカンド・シーズン Vol.3
第11話 ジョージが心臓発作?
第12話 復讐(ザ・リベンジ)
第13話 恋か友情か

サード・シーズン Vol.1
第1話 受難のマッサージ
第2話 本音もほどほどに
第3話 猛犬注意!
第4話 図書 大捜査線
第5話 ペン騒動

関連項目[編集]

外部リンク[編集]