ノーズアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B-17爆撃機に描かれたノーズアート

ノーズアート英語:Nose Art)とは、航空機(主に軍用機)の機体に描かれた様々な絵画、機体の愛称などを指す。主に機首に描かれることが多いが、垂直尾翼など機首以外の場所に描かれる場合もあり、これらも含めて広義的にノーズアートとみなされる。イベントなどに際して施される特別塗装の場合と、常時描かれている場合とがある。本来軍用機に派手なノーズアートを施すことは、敵よりの視認性を高めることになるが、搭乗員の士気を鼓舞する目的でいわば黙認されていたということが実情である。

概要[編集]

ノーズアートの登場[編集]

ノーズアートの初期の例。イタリア空軍S.XIII戦闘機の前に立つのはパイロットのフランチェスコ・バラッカ。貴族出身のエースパイロット

いつ頃からこういったものが描かれるようになったかは定かではないが、第一次世界大戦の航空機にも絵や文字装飾などが描かれた機体が多数存在した。当時は貴族出身のパイロットも少なくなく、そうした装飾は中世近世紋章甲冑のように、その個人的ステータスを示したり所属部隊を示す記号として使用された。代表的なものとして、乗機のフォッカーDr.Iを真紅に塗ったレッド・バロンこと、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンが存在した。当時は、陣営に拘らずヨーロッパ各国の機体でそのような観点に基づくノーズアートが見られた。

世界大戦が終結すると、そうした派手な装飾は軍隊からほとんど姿を消した。ソ連は例外で、多くの機体に共産党スローガンプロパガンダを書き込んだ。また、設計者や設計局の名称、部隊名称を飾り文字で書いたものも多く見られた。但し、戦間期のソ連では紋章などを除いて絵画調のノーズアートは見られなかった。

発展と衰退[編集]

ノーズアートを描いて博物館に展示されるP-51

アメリカ合衆国は、多くのノーズアートを生み出した国として後世に知られることとなった。アメリカ空軍アメリカ陸軍航空軍)機のノーズアートの場合、1機の機体に1人の乗員(または1組のクルー)という運用体制が確立しており、乗員や整備員たちが機体への愛着心・士気や戦意高揚を表すといったような理由から描かれることが多い。日本は第二次世界大戦中、米軍の機体のノーズアートを敵の戦意のなさ、不真面目さと誤解した。

描くことを軍が命令することはまずありえない(機体記号や所属部隊マーク等は除く)ので、事実上黙認されていたのが本当のところのようである。第二次世界大戦中には、女性裸身などの過激なアートも多数描かれていたが、女性の入隊も増えてきたことや、フェミニズム運動の発展とも関連し、女性団体や宗教団体などから激しい批判を浴び、猛烈な抗議活動が巻き起こったこともあった。そのため、ノーズアートを消すか、もしくは露出を抑えた無難な絵に描き直すよう全軍に命令されたこともある。しかし、ベトナム戦争では戦局が悪化するに従い、さらに過激な絵柄が好んで描かれるようになった。そのため、戦後にはそうしたノーズアートは姿を消した。

アートの種類としては、前出の女性の裸身(ピンナップ・ガール)の他、機首をに見立てて口や牙・目を書き込む「シャークマウス」(シャークティース)、ディズニーや当時人気のあった漫画カートゥーン)・アニメキャラクター、ウサギ・鷲・犬といった動物、死神のような想像上の存在、機体愛称にちなんだ全くのオリジナルなものなど、それこそ多種多様である。また、戦時中の場合は敵国を嘲笑したり差別するような内容のものが描かれることも多い(B-29 ストレートフラッシュなど)。朝鮮戦争の際に敵機がを描いていたのを真似て、自機にドラゴンを描いた例もある。

ルーマニア空軍のようにアメリカ軍と戦った国の機体が、ミッキーマウスのノーズアートを描いていたことも知られている。

日本軍[編集]

機体側面に稲妻と、尾翼に「孝」を描いた飛行第50戦隊の一式戦「隼」

帝国陸軍の航空部隊においては、飛行戦隊といった各飛行部隊や組織は独自の部隊マークを自由に考案し、派手で個性的なものも多く、それを機体に描いていたために、ノーズアートやノーズアートに近いものは存在した(陸軍飛行戦隊#部隊マーク)。

一例として、独立飛行第18中隊は装備の九七司偵一〇〇式司偵に「天翔る」の絵を[1]飛行第64戦隊は「」の絵を、飛行第50戦隊は部隊マークの「稲妻(電光)」とはまた別に、各々の戦隊員が考案した愛機の愛称を(穴吹智の「吹雪」など)、フィリピンインドシナ方面の陸軍爆撃機隊の機体には、当時国民的マンガであった「フクチャン」が日章旗を担いで爆弾に片足立ちしたり、下駄を履いて空を駆けているところを描いたものなどが存在した。

また、特攻隊に選ばれた者は、自身が搭乗する特攻機に自由に絵や言葉を描くことは事実上黙認されていた。だが、自分の命を懸ける特攻という任務の性格上、アメリカ軍のようなどちらかというと陽気なイメージのアートは皆無であった。

現代のノーズアート事情[編集]

旧西側諸国[編集]

航空自衛隊RF-4のシャークマウス

現代の軍用機の場合、ロービジビリティ(低視認性)の重視により描かれることは少なくなってきている傾向にある。

自衛隊においては、競技会時限定や何らかのイベントの際に描かれることはあるが、普段は部隊マークを除きこのような塗装は禁止されている、戦競参加機の中には204飛行隊のミスティックイーグルのように漫画家がデザインしたイラストを記載したものも存在する。また、第501飛行隊のRF-4は、機首部にシャークマウスと呼ばれるサメの顔の絵を施している。

ドイツ連邦空軍のように機体全面の塗装の恒常化やデザイン面でやり過ぎが原因となって一般公開での展示が出来なくなった例も存在する。尚、ヨーロッパ各国で見られる機体全面に複雑なデザインの塗装が施されたものは、多くの場合大型のプリンターで出力されたフィルムを貼り付けることが多いと言われている。

アメリカ海軍のF-14

アメリカ海軍の場合1980年代以降原則としてロービジ塗装が基本的な塗装であるが、90年代中頃からCAG機/CO機に指定された機体にカラフルなマーキングを施している。CVW-5所属機の大規模な塗装が本土の部隊への波及、F-14の退役とF/A-18E(F)導入時の暴走により、塗装の規制(原色のマーキングはCAG機のみ、指定色以外で動翼の塗装禁止など)が厳しくなってきている。80年代から部隊の員数外装備として保有している車両(バンやバス)や隊員の私物の車両に所属部隊のマーキングや航空機を模した塗装を施した車両も存在するが、マザートロフィー争奪戦の一環なのか他の部隊の隊員によりイタズラされた例も存在する。この種のイタズラはアメリカ海軍の伝統となっているためか、アメリカ軍の空母にイギリス海軍のF-4Kが着艦した際に、国籍標識をイギリスのものからアメリカ陸軍航空隊のものに、「ROYAL NAVY」(王室海軍)を「COLONIAL NAVY」(植民地海軍)に書き換えるといった事件や、本土の基地からVF-154に補充されたF-14の他の部隊の部隊章を白い塗料で塗りつぶす光景が公開されたことがある。

旧東側諸国[編集]

文字による装飾の例。ロシア空軍のT-95MSで、ロシアの都市大ノヴゴロド」の名が書かれている
文字と図形による装飾の例。ロシア空軍のT-160で、「ヴァシーリイ・レシェートニコフ」という俳優の名が書かれている。尾翼にも国旗色のデザインが見られる
エンゲリスのTu-22PDに描かれたシャークティース

東側諸国で最も知られたノーズアートは、ソ連空軍アグレッサー部隊に所属したMiG-23MLDMiG-29に描かれたシャークマウスである。もともとソ連ではロシア革命の頃から機体にスローガンやイラストを装飾することが広く見られ、ロシア内戦独ソ戦では自身の所属や主張を示すため派手な装飾を機体に施した。その伝統はソ連崩壊後にさらに多様化することとなった(なお、この伝統はロシア帝国時代にまで遡る。ロシア帝国軍でも機体に絵や文字、図形による派手なマーキングを行っており、イリヤー・ムーロメツのような爆撃機に至っては、「空中軍艦」扱いであったことから機首に軍艦に付けるような紋章彫刻を施していた)。なお、ソ連軍で多く見られた親衛隊章は派手なものであり、かつての貴族時代のノーズアートのようにステータスを表す装飾となっていた面もある。また、設計局のマークはよく図案化されたもので、これもノーズアートのような外観をなしていた。

ロシア空軍では、ヨーロッパ戦勝50周年記念塗装仕様のSu-27のようにシャークマウスを描いた例が広く見られるが、比較的ミグ製の航空機に多い。エンゲリス基地のTu-160Tu-95MSのような戦略爆撃機には、原則として機首に著名人物の名が装飾付きで描かれている。この他、ストリージルースキエ・ヴィーチャズィのような展示飛行チームには派手な塗装が施されているが、これ自体はノーズアートには含められない。

ウクライナベラルーシでもノーズアートは見られる。ベラルーシ空軍及び防空軍では比較的少なく、Su-25に目玉が描かれているくらいである。垂直尾翼に風に棚引く国旗をあしらったMiG-29BMが存在するが、控えめなノーズアートである。一方、ウクライナ空軍でのノーズアートはバリエーションが多い。その筆頭は1992年のウクライナ独立記念塗装機で、MiG-29 9-13とMiG-29UBそれぞれ1機がウクライナ系移民の多いカナダを訪問した。これ以外に、国内ではの絵を描いたMiG-29が特に知られていたが、2008年現在1機を残しすべて退役している。退役した内の1機はキエフの航空博物館に展示されていたが、2006年にスポンサーのための塗装に塗りなおされ虎の絵は現存しない。他に知られているのはウクライナ出身のソ連時代の人気俳優レオニード・ブィーコウの名と楽譜を描いた機体で、初代はウクライナ防空軍Su-15TM、2代目は同じく防空軍のMiG-29 9-12、現在は空軍所属(空軍と防空軍は統合された)のヴァスィーリキウ基地のMiG-29 9-13がこの塗装で活動している。なお、この機体は映画の撮影に使用されたほか、2007年にテレビ放送された軍の広報ミュージック・ビデオナターリヤ・ヴァレーウシカの歌で登場している。空軍司令部のあるヴィーンヌィツャの航空博物館に展示されている同じ仕様のSu-15TMはこの特別塗装のレプリカである。展示飛行チームのウクライィーンスィキ・ソーコルィ所属機は、機首に(「ソーコルィ」は「鷹」の複数形)のシルエットを描いていた。これらの他にも多数のノーズアートを描かれた機体が存在するが、国外ではほとんど知られていない。

メカジキを描いたポーランド空軍のMiG-21MF
駻馬を描いたハンガリー空軍のMi-24V

旧ソ連の衛星共和国では、ソ連崩壊によるソ連の頚木からの解放を祝って一時西側空軍のものを真似たノーズアートが流行した。ピンナップ・ガールを描いたチェコスロバキア空軍のMiG-21は、その代表例である。その後、各国とも自己流に回帰したが、大抵は航空ショーのようなイベントの際に臨時に施されるものとなっている。東ドイツ国家人民軍所属機は、西ドイツ統合された際に多くの機体が派手な記念塗装を行った。その内、1機のSu-22M4がシャークマウスならぬタイガーマウスを描いている。ブルガリア空軍のMiG-23の一部は機首にシャークマウスを描いていたが、その一部のMiG-23MLDがシャークマウスを描いたままコートジボワールへ輸出されている。なお、コートジボワールはシャークマウスを描いたSu-25も保有していたが、これをフランス軍に破壊されたためにブルガリアよりMiG-23MLDを購入したという経緯がある。

機体によりノーズアートの見られる頻度は異なる。Mi-24はノーズアート(特にシャークマウス)を描かれることがしばしばあるヘリコプターであり、他国へ輸出された機体を含め多くのバリエーションが見られる。逆に、Mi-8は機首にガラス面が多く取られていてノーズアートを描きにくいこともあり、しばしばともに運用されるMi-24よりはノーズアートは見られることは少ない。この他、Su-25やL-29もノーズアートの多く見られる機体である(多くは、カラスや鷹といった鳥類の絵を描いている)。

民間機[編集]

ヴァージン・アトランティック航空ボーイング747旅客機。「イングリッシュ・ローズ」という機体名称の上に、空飛ぶ処女の絵が描かれている

民間機でも、数は軍用機より少ないが、ノーズアートは見られる。また、アートというほどではなくても機首にその機体の名称(愛称)を記した機体は多数存在する。一般に、旅客機では航空会社の統一された機体デザインを崩すような派手なノーズアートは邪魔になる可能性がある。逆に、キャンペーンなどで機体にノーズアートが描かれることもある。日本では、マリンジャンボが現代におけるその最初の例となっている。ただ、マリンジャンボのような機体はあまりにマーキング範囲が広く、ノーズアートというよりは全体的な特別塗装機と捉えることもできる。

脚注[編集]

  1. ^ 一〇〇式司令部偵察機