レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Red Bull Air Race 2010

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ(Red Bull Air Race World Championship)は、ピーター・ベネゼイ選手が提案し2003年にレッドブルの企画で始まった曲芸飛行パイロットによるエアレースシリーズの総称。国際航空連盟公認のレース。

最高速度370km/h、最大負荷12Gにおよぶ過酷な空中タイムトライアルの連続でイベントが構成され、「空のF1」とも形容される。厳しい競技環境に耐え得る強靭な肉体と、飛行機を正確に操る技術力と集中力が要求される競技であり、国際選手権の優勝者や空軍の教官を経歴に持つパイロットもいる。

2009年からはアジア人初の選手として室屋義秀がエントリーしている[1]

2011年から[2]2013年までシリーズは休止されていた[1]が、2014年からはエンジンとプロペラを統一したワンメイクレースとして再開された。日本でも2015年5月16日~17日に千葉県千葉市美浜区の幕張海浜公園で開催される予定である。

シリーズ概要[編集]

1開催は4ラウンドにわたるタイムトライアルで下位をふるい落としていくノックアウト形式で順位が争われる。各開催の順位に応じてポイントが与えられ、年間を通してもっとも多くのポイントを得たパイロットがチャンピオンとなる。大会は、

  • 予選:各選手2回のフライトを行い、速い方のタイムが記録となる。上位10名が決勝進出。
  • 敗者復活戦(ワイルドカード):予選11位以下の選手が1回のフライトを行う。上位2名が決勝へ。
  • 決勝・トップ12: 各選手1回のフライトを行う。下位4名(9-12位)が脱落。
  • 決勝・スーパー8: 各選手1回のフライトを行う。下位4名(5-8位)が脱落。
  • 決勝・ファイナル4: 各選手1回のフライトを行い、最終順位(1-4位)が決定。

というスケジュールで行われる。

ポイントは優勝12p、2位10p、3位9pで以下1ポイントずつ減っていき12位以下が0ポイント。またこれとは別に予選で最速タイムをマークしたパイロットに1ポイントが与えられる。

2008年以前は

  • 予選上位の8選手によるノックアウト・トーナメント形式で争われる。
  • 予選9位以下の選手ももう一度フライトを行い、最もタイムの良い選手にシリーズ・ポイント1ポイントが与えられる。

という方式だった。

各シリーズ[編集]

競技概要[編集]

コースへ向かうため離陸するZivko Edge 540
ピーター・ベゼネイが操縦するCorvus Racer 540
イギリス空軍の元パイロットでブライトリング・チームに所属するナイジェル・ラムが操縦するMXS-R

1人乗りの単発プロペラ機を操り、5~6km(3~4マイル)のコースに設置された高さ25mのパイロン風船障害物(エアゲート)を規定の順序と方法で通過、ゴールまでのタイムを競う。

パイロット[編集]

参加するには現役の曲芸飛行士であることが最低条件で、さらにRed Bull Air Race委員会が発給するスーパーライセンスを取得することで参加が可能となる。

機体[編集]

機体は曲技飛行用の機体であるZivko Edge 540MXS-RCorvus Racer 540のいずれかを選択[3]し、レギュレーションの範囲内で調整を施すことになるが、2015年現在は大半のチームがZivko Edge 540を利用している[3]

2014年にはマスタークラスに参加する機体に対し、レギュレーションに合わせてチューニングされたライカミング・エンジンズの「Thunderbolt AEIO-540-EXP」[4]Hartzell製の3枚プロペラの使用が義務付けられた[3]

エアゲート[編集]

エアゲートは2本のパイロン1組からなる「スタート/フィニッシュゲート」「シケインゲート」「水平ゲート」「ナイフエッジゲート」および、4本で1組の「クアドロゲート」が設定され、それぞれに異なる通過の仕方が決められている。ゲートへの接触や規定に満たない通過を行った場合、タイム加算あるいは失格のペナルティが科せられることになる。各ゲートの通過ルールは以下のとおり。

スタート/フィニッシュゲート
  • スタート/フィニッシュゲート

 黒と白のチェック模様が施されている。ゲート上部50%の高さを(パイロットのヘルメットが)通過。1回目通過時は水面に対し0°±10°の姿勢。また後述のとおりスタート時には制限速度が定められている。

  • シケインゲート

 色は赤。最後のパイロンまで、ゲート上部50%の高さを通過。

  • 水平ゲート

 色は青。パイロンの間隔は約14m。ゲート上部50%の高さを水面に対し0°±10°の姿勢で通過。

  • ナイフエッジゲート

 色は赤。機体を90度バンクさせて翼と水面を垂直にする飛行技術を「ナイフエッジ」と呼ぶ。パイロンの間隔は約10mで、ゲート上部50%の高さを水面に対し90°±20°の姿勢で通過。傾ける向きも指定されている。

クアドロゲート
  • クアドロゲート

 色は赤。パイロン4本で構成。ゲート上部50%の高さを水面に対し90°±20°の姿勢で通過。1度通過した後270°旋回して1度目と直交する形で通過する。

通過姿勢はゲートの色で判断でき、赤が翼を垂直に、青が水平にすべきゲートである。

ペナルティ[編集]

ゲートへの接触や異常接近、不正な姿勢でのゲート通過などが認められた場合、ゴールタイムにペナルティタイムが加算される。またレースの安全確保のため、危険な飛行と判断された場合は即刻失格になる厳しいルールが敷かれている。

1秒ペナルティ[編集]

  • スタートゲートへの進入速度が、201~201.99ノット(時速372~374km/h)であった場合(2015年シーズンよりスタートゲートへの侵入速度については200.99ノット以下とする改定がなされた)
  • 飛行中にスモークがたかれていない場合(人為的、技術的エラーに関わらず)

2秒ペナルティ[編集]

  • ゲートで、規定高度より高く通過した場合
  • ゲート通過時の水平姿勢(具体的には水平線に対する傾きが10度より大きい場合)またはナイフエッジの角度が不正だった場合
パイロンは機体が接触すると破れる
  • パイロンに接触した場合(危険な接近、接触と判断されると即失格になる場合もある)

失格[編集]

  • 危険な姿勢での飛行
  • 規定高度より低い飛行
  • 観客上空に進入した場合
  • 重力加速度が10Gを超える負荷がかかった場合
  • 2秒ペナルティが著しく多い場合(パイロンへの接触が3回以上になる等)

歴代チャンピオン[編集]

エリート/マスタークラス[編集]

シーズン チャンピオン 2位 3位
2003年 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ ドイツの旗 クラウス・シュロット アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス
2004年 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ イギリスの旗 スティーブ・ジョーンズ
2005年 アメリカ合衆国の旗 マイク・マンゴールド ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス
2006年 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ アメリカ合衆国の旗 マイク・マンゴールド
2007年 アメリカ合衆国の旗 マイク・マンゴールド イギリスの旗 ポール・ボノム ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ
2008年 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ イギリスの旗 ポール・ボノム アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス
2009年 イギリスの旗 ポール・ボノム オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ オーストラリアの旗 マット・ホール
2010年 イギリスの旗 ポール・ボノム オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ イギリスの旗 ナイジェル・ラム
2011 Not held
2012
2013
2014 イギリスの旗 ナイジェル・ラム オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ イギリスの旗 ポール・ボノム

チャレンジャークラス[編集]

Season チャンピオン ポイントリーダー
2014 チェコの旗 Petr Kopfstein フランスの旗 François Le Vot

テレビ放送[編集]

日本では、2006年はGAORAで、2007年からはJ SPORTSで放送されている(2014年最終戦は生中継された)。放送は機内のカメラが捉えたパイロットの映像のほか、合成やCGによるリプレイなど工夫を凝らしたものになっている。2008年にはフジテレビが地上波で初めて放映権を獲得した。なお、フジテレビでは2007年にすぽると!の企画として全戦放映されている。

2015年はNHKでBS1を中心に全8レースが「エアレース世界選手権2015」として放送予定[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]