トロ・ロッソ STR7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トロ・ロッソ STR7
カナダGPにてジャン=エリック・ベルニュがドライブするSTR7
カテゴリー F1
コンストラクター トロ・ロッソ
デザイナー ジョルジオ・アスカネッリ
先代 トロ・ロッソ STR6
後継 トロ・ロッソ STR8
主要諸元
エンジン フェラーリTipo056
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム スクーデリア・トロ・ロッソ
ドライバー オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド
フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ
出走時期 2012年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 26
初戦 2012年オーストラリアGP
最終戦 2012年ブラジルGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
20 0 0 0
テンプレートを表示

トロ・ロッソ STR7 (Toro Rosso STR7) は、スクーデリア・トロ・ロッソ2012年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー

概要[編集]

前年のマシンSTR6のオリジナルコンセプトとして注目された「ダブルフロア」を発展させている。サイドポンツーンはSTR6よりもさらにコンパクトになり、フロアパネルとの間の空間面積が広くなった。この隙間を通過した気流がリアエンドに流れ込み、ディフューザーの空力効果を増加させる。また、空力的な理由からシャシーを短くし、ギアボックスを延長している[1]

排気管は気流の邪魔にならない位置として、サイドポンツーンの後端、リアサスペンションのアッパーアームの付根部分に配置されている。

ノーズにはV字断面のシャシーから偏平なノーズコーンにつながる段差がある。クラッシュテストを通過するための暫定的なデザインであり、新しいノーズを投入する予定もある[1]

インダクションポッドは円筒状で、穴の面積が小さいのが特徴。ポッドの下側(ヘッドレストの上部)にも別の吸気口が開いている。

カラーリングはリアウィング周辺に、前年からスポンサーになったセプサ (CEPSA) の赤色が目立つ。

2012年シーズン[編集]

レギュラードライバーは2名とも交代となった。セバスチャン・ブエミハイメ・アルグエルスアリに替えて、前年デビューしたダニエル・リチャルドと新人のジャン=エリック・ベルニュという経験の浅いコンビになった。いずれもレッドブルの支援を受け、似たようなキャリアを経てF1に進出している。

開幕2戦続けて入賞したが、それ以後は第11戦までノーポイントが続いた。アドバイザーのヘルムート・マルコはドライバーの経験不足ではなく「エンジニア達がエキゾーストの開発で間違った方向に進んでしまった」と説明した[2]

サマーブレイク後のベルギーGPでダブル入賞し、後半戦は20ポイントを獲得した。

スペック[編集]

[3][4]

  • エンジン フェラーリ ティーポ056 V8エンジン
  • シャシー コンポジット・モノコック構造
  • ボディーワーク カーボンファイバーコンポジット製
  • フロントサスペンション カーボンファイバー製ダブルウィッシュボーン トーションバースプリング アンチロールバー ザックス製ダンバー
  • リアサスペンション カーボンファイバー製ダブルウィッシュボーン トーションバースプリング アンチロールバー ザックス製ダンバー
  • ステアリング スクーデリア・トロ・ロッソ
  • ギアボックス 油圧式7速
  • クラッチ ザックス トリプルプレート・プルタイプ
  • ブレーキキャリパー ブレンボ
  • ブレーキパッドおよびディスク ブレンボ
  • 冷却システム(ラジエター、熱交換器) スクーデリア・トロ・ロッソ
  • コックピット機器 スクーデリア・トロ・ロッソ
  • シートベルト OMP
  • ステアリングホイール スクーデリア・トロ・ロッソ
  • ドライバーズシート カーボンファイバー製 ドライバーの体形に合わせて成型
  • 消火器システム スクーデリア・トロ・ロッソ/FEV製
  • ホイール アドバンティ・レーシング
  • 燃料タンク ATL製
  • 重量 640 kg(ドライバー、カメラを含む)

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
韓国の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
2012 16 オーストラリアの旗 リチャルド 9 12 17 15 13 Ret 14 11 13 13 15 9 12 9 10 9 13 10 12 13 26 9位
17 フランスの旗 ベルニュ 11 8 16 14 12 12 15 Ret 14 14 16 8 Ret Ret 13 8 15 12 Ret 8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “トロロッソ「よりアグレッシブなノーズに変える」”. (2012年2月7日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=38953 2012年3月11日閲覧。 
  2. ^ "J.キー、トロ・ロッソに加入か ". EverydayF1.(20年8月27日)2012年12月20日閲覧。
  3. ^ “トロ・ロッソSTR7スペック表”. F1トップニュース. http://www.topnews.jp/spec-tororosso-str7 2012年3月13日閲覧。 
  4. ^ “トロ・ロッソ STR7”. F1-Gate.com. (2012年2月7日). http://f1-gate.com/tororosso/str7.html 2012年3月13日閲覧。