ジャン=エリック・ベルニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=エリック・ベルニュ
Festival automobile international 2012 - Photocall - Jean-Éric Vergne - 006.jpg
基本情報
フルネーム Jean-Éric Serge Raymond Vergne
略称表記 VER
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ヴァル=ドワーズ県ポントワーズ
生年月日 1990年4月25日(24歳)
F1での経歴
車番 25
所属チーム トロ・ロッソ '12-
活動時期 2012-
出走回数 53
優勝回数 0
通算獲得ポイント 48
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2012年オーストラリアGP
2013年順位 13位 (19ポイント)
タイトル 0
(記録は2014年第14戦シンガポールGP終了時)
テンプレートを表示

ジャン=エリック・セルジュ・レイモン・ベルニュJean-Éric Serge Raymond Vergne, 1990年4月25日 - )は、フランス出身のレーシングドライバー

来歴[編集]

10歳の時にレースに参加し、2001年よりカートを始める。同年フランスで開催されたカートの地区大会でチャンピオンを獲得。翌年は連覇はならなかったものの準優勝を果たした。2004年にはフランスのロータックスマックスの125ccジュニアカテゴリで準優勝を果たす。 選手権で次点となった。 2005年にはカートのヨーロッパ選手権・ICAクラスにて準優勝を獲得した。 2006年にはレーシングカート競技の最高峰であるKF1世界選手権英語版ではランキング7位であった。この年限りでベルニュはカートから卒業し、フォーミュラ・ルノーにステップアップする。

2007年より、国内で開催される下位クラスのフォーミュラ・ルノー・キャンパスに出場。10回の表彰台中6度の優勝を果たしチャンピオンを獲得した。この活躍によってレッドブルのジュニアチームに所属するようになり、フランス自動車競技連盟英語版フランス語版Fédération Française du Sport Automobile)にも所属することになった。

2008年はフランス国内のフォーミュラ・ルノー 2.0にて6度の優勝を果たしチャンピオンを獲得。また、ウェストヨーロッパカップでも3度の表彰台でランキング4位となった。 2009年も、フォーミュラ・ルノー2.0のヨーロッパ選手権に出場し19度の表彰台と9回の優勝を果たしたもののアルベルト・コスタに競り負け、ランキング2位に終わった。

2010年イギリスF3にカーリン・モータースポーツから出場。11回のPPと20度の表彰台中11回の優勝を果たしチャンピオンとなった。また、フォーミュラ・ルノー3.5にも6戦出場。4度の表彰台中1回の優勝を果たした。 これらの功績が認められて、レッドブルF1マシンシミュレーターと、トロ・ロッソのジュニアドライバーテストに2日間参加する権利が与えられた。

2011年はフォーミュラ・ルノー3.5にフル参戦し、4回のPP獲得と9度の表彰台中5回の優勝を獲得しランキング2位となった。フォーミュラ・ルノー3.5の2011年シリーズ終了後、ダニエル・リチャルドが移籍して空いたF1トロ・ロッソのテストドライバーに就任。韓国GPアブダビGPブラジルGPの金曜フリー走行1回目にを出走し、レギュラードライバーであったセバスチャン・ブエミハイメ・アルグエルスアリらと遜色ないタイムで走行した。 11月にはレッドブルが日本GPでチャンピオンを獲得した車両であるレッドブル・RB7を運転する機会をアブダビのヤングドライバーテストで与えられ、フェラーリジュール・ビアンキマクラーレンゲイリー・パフェットらを抑え3日すべてファステストラップを記録し、ヤス・マリーナ・サーキットを1:40.188で周回した。

12月14日、同じくレッドブルのサポートを受けているダニエル・リチャルドと共に2012年のF1世界選手権においてレギュラードライバーに昇格した事が発表された[1]

F1[編集]

2012年[編集]

トロ・ロッソの育成プログラムとして、リチャルドとともに参戦。だがこの年のトロ・ロッソのマシンは競争力に欠け、新人のベルニュにとっては厳しい展開が続いた。開幕戦オーストラリアGP11位、第2戦マレーシアGPでは8位初ポイントとまずまずの出だしを見せるも、その後は特に予選でのパフォーマンス不足が目立ち、Q1落ちも多かった。第8戦ヨーロッパGPではケータハムヘイキ・コバライネンと不用意な幅寄せで接触しただけでなく、傷を負ったマシンで走行を続けパーツをコースに撒いた揚句リタイアに終わり、次戦イギリスGPでの10グリッド降格及び2万5,000ユーロ(約250万円)の罰金という厳罰が科せられた。

シーズン途中、2013年もトロ・ロッソから参戦することが決定した。[2]

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 WDC ポイント
2011年 トロ・ロッソ STR6 AUS MAL CHN TUR ESP MON CAN EUR GBR GER HUN BEL ITA SIN JPN KOR
TD
IND ABU
TD
BRA
TD
- -
2012年 STR7 AUS
11
MAL
8
CHN
16
BHR
14
ESP
12
MON
12
CAN
15
EUR
Ret
GBR
14
GER
14
HUN
16
BEL
8
ITA
Ret
SIN
Ret
JPN
13
KOR
8
IND
15
ABU
12
USA
Ret
BRA
8
17位 16
2013年 STR8 AUS
12
MAL
10
CHN
12
BHR
Ret
ESP
Ret
MON
8
CAN
6
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
12
BEL
12
ITA
Ret
SIN
14
KOR
18†
JPN
12
IND
13
ABU
17
USA
16
BRA
15
15位 13
2014年 STR9 AUS
8
MAL
Ret
BHR
Ret
CHN
12
ESP
Ret
MON
Ret
CAN
8
AUT
Ret
GBR
10
GER
13
HUN
9
BEL
11
ITA
13
SIN
6
JPN
-
RUS
-
USA
-
BRA
-
ABU
-
13位 19

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]