2012年ドイツグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツの旗 2012年ドイツグランプリ
レース詳細
Hockenheim2012.svg
日程 2012年シーズン第10戦
決勝開催日 7月22日
開催地 ホッケンハイムリンク
ドイツ ホッケンハイム
コース長 4.574km
レース距離 67周(306.458km)
決勝日天候 晴れ
タイヤ S,M
ポールポジション
ドライバー スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
タイム 1:40.621
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
タイム 1:18.725(Lap 58)
決勝順位
優勝 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
タイム 1:31:05.862
2位 イギリスの旗 ジェンソン・バトン
3位 フィンランドの旗 キミ・ライコネン

2012年ドイツグランプリは、2012年のF1世界選手権第10戦として、2012年7月22日ホッケンハイムリンクで開催された。正式名称はFormula 1 Grosser Preis Santander von Deutschland 2012[1]。ドイツグランプリはニュルブルクリンクホッケンハイムリンクの交互開催であるため、ホッケンハイムリンクでのレースは2010年以来。ピレリタイヤになってから初めてのグランプリであり、DRSが使用されるのも初めてとなる。

予選[編集]

例年は暑くなることが多いホッケンハイムだが、今年は雨に見舞われており、予選も雨に降られる中での戦いとなった。3つのセッションに分かれた予選のうち、Q1終盤に雨が降り始めると、その後も雨が強くなっていった。Q2では今季全戦でトップ10進出を続けていたロマン・グロージャンが脱落した。

Q3は雨がやみ、コースの所々に川が流れる状況ながらも、終盤にかけて大きくタイムが更新されていった。各車が1セットのレインタイヤを履き続けて走行する中で、フェルナンド・アロンソはセッション途中に2セット目のレインタイヤに交換する戦略を的中させ、トップタイムを記録した。アロンソは前戦イギリスグランプリに続き、刻々とコンディションが変化する難しい予選を制した。

アロンソに次ぐポイントランキング2位のマーク・ウェバーは3番手タイムを記録したが、ギアボックス交換のペナルティーにより5グリッド降格。これにより2〜4番グリッドに地元ドイツ出身のセバスチャン・ベッテルミハエル・シューマッハニコ・ヒュルケンベルグが並ぶことになった。ドライのフリー走行で好調だったマクラーレン勢は、ウェット路面ではタイヤの発熱不足に苦しんだ。

結果[編集]

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 グリッド
1 5 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:16.073 1:38.521 1:40.621 1
2 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 1:16.393 1:38.309 1:41.026 2
3 2 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 1:16.500 1:39.382 1:41.496 81
4 7 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:16.686 1:38.010 1:42.459 3
5 12 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:16.271 1:39.467 1:43.501 4
6 18 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 1:16.181 1:38.731 1:43.950 5
7 3 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:16.507 1:38.659 1:44.113 6
8 4 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1:16.221 1:37.365 1:44.186 7
9 11 イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 1:16.352 1:39.703 1:44.889 9
10 9 フィンランドの旗 キミ・ライコネン ロータス-ルノー 1:15.693 1:39.729 1:45.811 10
11 16 オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 1:16.516 1:39.789 11
12 15 メキシコの旗 セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 1:15.726 1:39.933 172
13 14 日本の旗 小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 1:16.481 1:39.985 12
14 6 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:16.265 1:40.212 13
15 10 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 1:16.685 1:40.574 191
16 19 ブラジルの旗 ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 1:16.426 1:40.752 14
17 8 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:15.988 1:41.551 211
18 17 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 1:16.741 15
19 20 フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 1:17.620 16
20 21 ロシアの旗 ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 1:18.531 18
21 25 フランスの旗 シャルル・ピック マルシャコスワース 1:19.220 20
22 24 ドイツの旗 ティモ・グロック マルシャコスワース 1:19.291 22
23 22 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ HRTコスワース 1:19.912 23
24 23 インドの旗 ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 1:20.230 24
予選通過タイム: 1:20.991 (107%ルール)
追記
^1 - ウェバー、グロージャン、ロズベルグは、ギアボックス交換により5グリッド降格。[2][3][4]
^2 - ペレスは、Q2でのライコネンとアロンソに対する進路妨害で5グリッド降格のペナルティ。[5]

決勝[編集]

展開[編集]

気温21度、路面温度29度とドイツグランプリとしてはやや低めの気温となった決勝レースは、ドライコンディションでスタートが切られた。

ポールポジションのアロンソが好スタートを切る一方、13番手スタートのマッサはフロントウイングを脱落。グロージャンやセナもコースオフの影響からオープニングラップで緊急ピットインを迫られた。3周目にはハミルトンも左リアタイヤのパンクでピットへ。ハミルトンは22番手まで順位を下げた。

上位勢が1回目のピットストップを終えての順位は、アロンソ、ベッテル、バトン、ライコネン、シューマッハ、ヒュルケンベルグ、ペレス、ウェバー、マルドナド、小林。ベッテルはDRSを使って首位浮上のチャンスをうかがうが、アロンソも要所を押さえた走りでトップを譲らない。

ここで、パンクにより周回遅れとなっていたもののペースの良いハミルトンが、ラップ回復のためベッテルをオーバーテイク。ルール的には問題のない行動ではあるが、ベッテルは手を挙げて怒りを露わにした。これによってタイムロスしたベッテルは、最後のピットストップでバトンに逆転された。

レース終盤、アロンソとバトンが1秒以内の優勝争いをしている中、後方からベッテルが追い上げてきた。ベッテルとバトンが激しくやりあう中でアロンソはリードを広げ、今季3回目のトップチェッカーを受けた。

タイヤが苦しくなったバトンに対し、ベッテルは残り2周の6コーナーでオーバーテイクを仕掛けた。しかしアウト側からかわしたベッテルはコーナー立ち上がりで縁石の外側を走っており、これがコース外からのオーバーテイクと判断され、レース後に20秒加算ペナルティを受けた。

アロンソ、ベッテル、バトンが表彰台に立ったものの、このペナルティによりベッテルは5番手に後退。最終的にアロンソ、バトン、ライコネンのトップ3となり、小林は自己最高位の4位を獲得した。

結果[編集]

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム / リタイア グリッド ポイント
1 5 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 67 1:31:05.862 1 25
2 3 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 67 +8.731 6 18
3 9 フィンランドの旗 キミ・ライコネン ロータス-ルノー 67 +16.409 10 15
4 14 日本の旗 小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 67 +21.925 12 12
5 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 67 +23.7321 2 10
6 15 メキシコの旗 セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 67 +27.896 17 8
7 7 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ メルセデス 67 +28.970 3 6
8 2 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 67 +46.941 8 4
9 12 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 67 +48.162 4 2
10 8 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 67 +48.889 21 1
11 11 イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 67 +59.227 9
12 6 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 67 +1:11.428 13
13 16 オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 67 +1:16.829 11
14 17 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 67 +1:16.965 15
15 18 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 66 +1 Lap 5
16 21 ロシアの旗 ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 66 +1 Lap 18
17 19 ブラジルの旗 ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 66 +1 Lap 14
18 10 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 66 +1 Lap 19
19 20 フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 65 +2 Laps 16
20 25 フランスの旗 シャルル・ピック マルシャコスワース 65 +2 Laps 20
21 22 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ HRTコスワース 64 +3 Laps 23
22 24 ドイツの旗 ティモ・グロック マルシャコスワース 64 +3 Laps 22
23 23 インドの旗 ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 64 +3 Laps 24
Ret 4 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 56 サスペンション 7
注釈:[6]
^1 - ベッテルはバトンへのコース外からのオーバーテイクにより20秒加算ペナルティ。[7]

第10戦終了時点でのランキング[編集]

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ 154
2 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー 120
3 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル 110
4 フィンランドの旗 キミ・ライコネン 98
5 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン 92
コンストラクターズ・チャンピオンシップ
順位 コンストラクター ポイント
1 オーストリアの旗 レッドブルルノー 230
2 イタリアの旗 フェラーリ 177
3 イギリスの旗 マクラーレンメルセデス 160
4 イギリスの旗ロータスルノー 159
5 ドイツの旗 メルセデス 105
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

  1. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS SANTANDER VON DEUTSCHLAND 2012(The Official F1 Website)
  2. ^ “グロージャン、次戦ドイツGPで5グリッド降格”. AUTO SPORT WEB. (2012年7月13日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=42176 2012年7月24日閲覧。 
  3. ^ “母国GPのロズベルグ、無念のギヤボックス交換”. AUTO SPORT WEB. (2012年7月21日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=42305 2012年7月24日閲覧。 
  4. ^ “ウエーバー、夜間作業も実らずギヤボックス交換”. AUTO SPORT WEB. (2012年7月22日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=42326 2012年7月24日閲覧。 
  5. ^ “ペレス、進路妨害でグリッド降格ペナルティ”. AUTO SPORT WEB. (2012年7月22日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=42341 2012年7月24日閲覧。 
  6. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS SANTANDER VON DEUTSCHLAND 2012”. Formula One World Championship Limited (2012年7月22日). 2012年7月22日閲覧。
  7. ^ “可夢偉が自己最高位の4位!ベッテルが罰則で降格”. AUTO SPORT WEB. (2012年7月23日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=42372 2012年7月24日閲覧。 
[ヘルプ]
前戦
2012年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
2012年シーズン
次戦
2012年ハンガリーグランプリ
前回開催
2011年ドイツグランプリ
ドイツの旗 ドイツグランプリ 次回開催
2013年ドイツグランプリ