ルノー・スポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルノー > ルノー・スポール
ルノー・スポール製クリオ(クリオカップ仕様)

ルノー・スポール(Renault Sport)は、フランス自動車会社、ルノーモータースポーツ部門。

設立の経緯[編集]

クリオ・ルノー・スポール V6

会社発足以降、1900年代から技術の向上を目的にモータースポーツへの参加を積極的に行っており、第二次世界大戦後もアルピーヌゴルディーニなどのチューナーを通じてル・マン24時間レースラリーなどに積極的に参戦していた。

しかし、独立したモータースポーツ専門部署を持たなかったルノーが、1973年に、それまで準ワークスチーム的存在であった名門チューナー・アルピーヌを買収し、アルピーヌの本社および工場があったディエップを本拠地としたモータースポーツ関連子会社として設立された(なお、それに先立つ1969年にゴルディーニもルノーに買収されている)。

現在はモータースポーツで培った技術を市販車にフィードバックさせ、エンジンサスペンショントランスミッションなどを独自にチューンした「ルノー・スポール」バージョンを製作する一方、ウインドの開発も担当している。また一部車種の「GT」グレードの足回りも、ルノー・スポールが開発を行っている。またルノー・スポールの特記事項としてはシートの開発もサスペンションと同時に行われていることがあり、これにより各車種毎に足回りとの相性が最適なシートが提供されている。

2001年頃にはスクーター業界にも参入し、ベネリとのOEM提携により、三輪のルノー・ユベロ、二輪のルノー・キャンパスルノー・フルタイムルノー・クラノスルノー・スペシメンを販売したが、2003年に販売したルノー・グルーミーを最後にベネリとのOEMを解消し、スクーターから撤退した。

活動[編集]

ルノーF1チームのピット(2005年)

以来、F1やル・マン24時間レースなどの耐久レース、ラリーなど様々なカテゴリーで常にトップクラスの活躍を繰り広げ、2005年2006年には2年連続でF1のコンストラクターズタイトルを獲得するなど、様々なカテゴリーで数々のタイトルを獲得している(2005年と2006年にF1のタイトルを獲得したルノーF1チームは旧ベネトン・フォーミュラを買収して社名変更した法人であり、ルノー・スポールとは同じルノー・グループ内であるが別法人である)。

ルノーF1チーム[編集]


フォーミュラカーレース[編集]

フォーミュラ・ルノーのF4Rエンジン

フォーミュラカーについてはF1以外にも、初級フォーミュラの「フォーミュラ・ルノー」や、中級フォーミュラの「ワールドシリーズ・バイ・ルノー」(2005年にフォーミュラ・ルノー・V6ユーロカップとワールドシリーズ・バイ・ニッサンが統合され発足)を各国で展開している。古くからF3へのエンジン供給による参戦も続けている他、F1の次に位置するカテゴリーであるGP2にもエンジン供給を行っているなど(実際の供給業務はメカクロームに委託)、ヨーロッパのモータースポーツにとって欠かせない存在となっている。

耐久レース[編集]

1978年のル・マン24時間で総合優勝したアルピーヌ・ルノーA442B

1950年代からアルピーヌやゴルディーニなどのチューナーを通じ、4CV、A110やA210、A441などでル・マン24時間レースに参戦し、数回クラス優勝していたが、1978年にターボエンジンを採用したアルピーヌ・ルノーA442B(ディディエ・ピローニ/ジャン-ピエール・ジョッソー組)でポルシェ935や936などの並み居るライバルを破り、念願の総合優勝を飾った。

その後もル・マン24時間レースなどの耐久レースには、エンジンの供給やプライベートチームの参戦のサポートなどを通じ参戦を続けている。

ラリー[編集]

ルノー・プレミアム(パリ・ダカールラリー仕様)

1950年ラリー・モンテカルロでの4CVのクラス優勝以降、1960年代後半から1970年代前半にかけて、ルノー8をベースにアルピーヌが製作したアルピーヌ・ルノーA110や、ゴルディーニが手を加えたルノー8・ゴルディーニが世界中のラリーで大活躍した。特に1971年のラリー・モンテカルロでは、前人未到の1-2-3フィニッシュを達成した。その後も1970年代後半から1980年代中盤にかけて、「フランスの英雄」とまで言われた伝説的ドライバー・ジャン・ラニョッティがドライブする5ターボが数回優勝を飾るなど大活躍した。現在は、WRCジュニア世界選手権(JWRC)にクリオで参戦している。2013年はIRCと統合されたERC(ヨーロッパ・ラリー選手権)にワークススペックのルノー・メガーヌ RSを2台送り込み同選手権のプロダクションカップに参戦。年間未勝利に終わったがドライバーズではランキング3位、チームズカップでは2位と初年度ながら好成績を残した。

また、ルノーのエンジンを搭載した「シュレッサーバギー」がパリ・ダカールラリー1999年2000年に連覇を達成している他、トラック(カミオン)部門でも上位入賞の常連となっているなど、耐久ラリーでも存在感を見せている。

ワンメイクレース[編集]

5ターボやクリオ、メガーヌなどの市販モデルをベースにしたレーシングマシンによるワンメイクレースを古くから行っており、ルノー・スポールの主催で、ヨーロッパ各地で1990年代後半にはスパイダー(レーシング仕様)による「スパイダートロフィー」を、2005年からはメガーヌをベースにしたミッドシップマシンによるワンメイクレース「メガーヌトロフィー」を開催している。

若手ドライバー育成[編集]

新人の登竜門フォーミュラ・ルノー

古くから若手レーシングドライバーの育成に力を入れており、ルノーの後援を得てその後F1にキャリアアップしていったドライバーは、元F1ワールドチャンピオンのアラン・プロストルネ・アルヌーなど数多い。

また2002年には、新たに「RDD(ルノー・ドライバーズ・ディベロップメント)」という育成プログラムを発足させ、フォーミュラ・ルノーやF3などへの参戦支援などを通じて、より充実した体制で若手レーシングドライバーの発掘と育成を行っており高い評価を得ている。

市販車[編集]

ルノー・メガーヌ・RS
ルノー・クリオ・RS

「ルノー・スポール」バージョン[編集]

モータースポーツで培った高い技術を市販車にフィードバックさせ、前輪駆動にこだわり、エンジンサスペンショントランスミッションなどを独自にチューンした「ルノー・スポール」バージョンを、本社所在地のディエップ工場で製作している。現在はメガーヌ・ルノー・スポールなどが生産・販売されており、モータースポーツで培った高い技術を市販車にフィードバックさせることにより、ルノー車全体のイメージ向上に寄与している。また、ウインド、メガーヌのエステートGT/エステートGT220においてはルノー・スポールの名こそ冠されないが、開発初期の段階から深く携わっている。ルノースポールの略であるR.S.がつくのが見分け方。

販売中の車種[編集]

過去に販売された車種(一部)[編集]

ルノー・クリオ(II)「プレイステーション2バージョン」[編集]

ルノー・クリオ・ルノー・スポールの「プレイステーション2バージョン」が2004年にヨーロッパで限定発売された。シートに「PS2」のロゴが刺繍で入るほか、フロントサイド部分にもロゴが入る。なお、ルノー・クリオ・ルノー・スポールは、プレイステーション2のソフトグランツーリスモ4」内でドライブ(プレイ)することが出来る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ルノー[編集]