ポルシェ・936

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルシェ・936

ポルシェ・936Porsche 936 )は、国際自動車連盟(FIA)の定めるグループ6(プロトタイプレーシングカー)規定に合わせポルシェが製作したレーシングカーである。デビューは1976年

エンジン[編集]

レギュレーションのターボ係数×1.4で3リットルになるように排気量2,140ccで製作された。空冷水平対向6気筒エンジンにシングルターボと2バルブで540馬力(403kW)を発生する。

シャーシ[編集]

オープントップで二人乗り形式の車両はシャーシベースをポルシェ・917と共用し、他の部品も917のものを流用している。エンジンの上部にある空気取り入れ口はターボエンジンの空気取り入れ口だったが基本的に役に立たず、主にインタークーラー用に使用された。

レースでの実績[編集]

ル・マン24時間レース1976年から1981年までエントリーし、ジャッキー・イクスのドライブで1976年、1977年、1981年の3回優勝し、1978年1980年の2回2位を獲得している。

引退・後継車[編集]

1981年の優勝車を使用して新型の排気量2,650ccの935/76型エンジンテストを行ない、1982年に後継車ポルシェ・956に譲った。

1982年に新しいカテゴリとしてグループCがスタートしたが、ちょうど956が完成した年であったためクレマーレーシングヨーストレーシングは956を受領するのに1983年まで待たなければならなかった。そのためこの2つのチームはグループCのレギュレーションに併せるため936に屋根を取り付け、新しいボディシェイプの車を製作した。ヨーストレーシングが作成した車は「936C」と名づけられ、クレマーレーシングの車は「CK5」と呼ばれた。

関連項目[編集]

ポルシェ A.G. 車両年表 1960年-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
ポルシェ・911 901 930 964 993 996 997 991
スポーツカー
356 928
スポーツカー 912 →E 924 924S 968 ケイマン
914 944 ボクスター
セダン パナメーラ
SUV カイエン
マカン
高性能車 550 904 959 カレラGT 918スパイダー
コンセプトカー: 356/1 | 114 | 695 | 901 | EA266 | 989 | パナメリカーナ | 918
モータースポーツ: 64 | 360 | 550 | 718 | 787 | 804 | 904 | 906 | 907 | 908 | 909 | 910 | 914-6 GT | 917 | 934 | 935 | 936 | 953 | 956 | 961 | 962 | GT1 | WSC95 | RSスパイダー | 919ハイブリッド
人物: フェルディナント・ポルシェ | フェリー・ポルシェ | ブッツィー・ポルシェ | フェルディナント・ピエヒ | エルンスト・フールマン | ヴェンデリン・ヴィーデキング
軍用車両: ヤークトワーゲン
トラクター: ユニオール | スーパー
機構: ティプトロニック | バリオカム | ポルシェのエンジン一覧
関連会社: ポルシェデザイン | ポルシェバイクス | フォルクスワーゲン | RUF | ヨースト
その他: オフィシャルウェブサイト