ポルシェ・904

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルシェ・904
Flickr - wbaiv - Silver Porsche 904 ^12 DSC 0118.jpg
コンストラクター ポルシェ
デザイナー フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ
後継 ポルシェ・906
主要諸元
シャシー プレス鋼板フレーム
サスペンション(前) ウィッシュボーン コイル
サスペンション(後) ウィッシュボーン コイル
全長 4,090 mm
全幅 1,540 mm
全高 1,065 mm
トレッド 前:1,316 mm / 後:1,312 mm
ホイールベース 2,300 mm
エンジン 587/3 (587/3S 1965年) 1,966 cc F4 NA ミッドシップ
トランスミッション ポルシェ 5速 MT
重量 650 kg
主要成績
テンプレートを表示

ポルシェ・904Porsche 904 )はFIAのGT2クラスに合わせて作られ1964年にデビューしたポルシェレーシングカーである。正式名称はポルシェカレラGTSPorsche Carrera GTS [1])である。ホモロゲーションを取得するため100台以上が生産され、市販もされた。

概要[編集]

ポルシェのレース活動がF1からスポーツカーへと移行する過程で生まれた本格的レーシングモデルである。しかし、完全な競技専用車ではなく、生産性や日常的な扱いやすさも考慮されている。「アマチュアレーサーがレースコースへ自走していけるスポーツカー」として、サーキットから公道ラリーまでオールラウンドに活躍した。

1963年末の発表後半年あまりで100台を生産し、1964年4月にGT2クラスのホモロゲーションを取得。さらに20台が追加生産された。4気筒エンジンの量産型のほか、10台は6気筒バージョンの904/6[2]、6台は8気筒バージョンの904/8とされ、ワークスマシンとして使用された。

エンジン[編集]

ポルシェ・587/3型エンジン
ポルシェ・771型エンジン

当初は911用の6気筒を積む予定だったが、実績と信頼性を考慮し、356の2000GS-GT(カレラ2)に搭載していた587/2型エンジンを高回転型に変更して搭載した。この名残としてエンジンルームにはスペースの余裕がある。

DOHC水平対向4気筒1966ccエンジン587/3型は180馬力/7200rpm、20.5kgm/5000rpmを発生する。また、消音器付きエキゾーストのロードバージョン(155馬力/6900rpm、17.2kmg/5000rpm)を選択することもできた。ギア比の設定はファスト・レーシング/ニュルブルクリンク/エアポート・レーシング/ヒルクライムの4種類がある。ファスト・レーシング(ル・マン仕様)での最高速値はレース用エキゾースト(セブリングタイプ)だと263km/h、ロードバージョンでは250km/h。キャブレターウェーバー製ツインチョークを基本とし、ロードバージョンにはソレックス製を装着したモデルもあった。

904/6に搭載された901/20型エンジンは、ポルシェ・911の1991cc水平対向6気筒の901/01型エンジンを210馬力/8000rpm、20kgm/6000rpmにチューンしたもので、その後ポルシェ・906でも使用された。

その後901/20型エンジンは燃料供給装置をキャブレターからインジェクターに変更し901/21型エンジンとなり、ポルシェ・906、ポルシェ・910ポルシェ・907で使用された。また901/20型エンジンを改良した901/22型エンジンが製作され、ポルシェ・911Rに搭載された。さらにレースによって開発された901/20型エンジンの技術は901/02型エンジンとして市販車に還元され、911の高性能仕様車911Sに搭載された。[3]

904/8に搭載された771型エンジンは、1962年のF1用1・5Lエンジンをベースとした2195cc水平対向8気筒エンジン。信頼性が不十分で耐久レースでは使用されなかった。

シャーシ[編集]

ポルシェの慣例とは異なりチューブラーフレームを用いず、生産性の面から箱型断面の鋼板プレス製ラダーフレームを採用した。

シートは車体強度メンバーの一部に用いられたため動かすことができなかった。このためステアリングコラムは可動テレスコピック式であり、ペダル類は位置を前後3段階に調節できるようになっていた。

ボディー[編集]

FRP製ボディをシャーシに接着する方式を採用した。デザインはフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェが担当し、航空機メーカーのハインケルが製造した。空気抵抗の減少と軽量化を目指し、Cd値は0.34、車輌重量は650kgに抑えた。

レース戦績[編集]

Porsche 904, Baujahr 1964 (2009-08-07 Sp).JPG

1964年はデビュー戦のセブリング12時間レースでクラス優勝し、タルガ・フローリオでは総合優勝と2位。以後スパ500km、ル・マン24時間レースニュルブルクリンク1000kmでクラス優勝。同年の国際マニュファクチャラーズ選手権GT2クラスチャンピオンを獲得した。

日本では第2回日本グランプリGT-IIクラスで式場壮吉が優勝。プリンス・スカイラインGTに乗る生沢徹との名勝負が知られる。この個体(シャシーNo.904070)は数人のオーナーを渡り歩いた後、レストアが施されて現存する。

1965年は904/6や904/8がワークスの主力となり、プライベーターの904がバックアップする体制となった。904/6、904/8はプロトタイプクラスからエントリーした。タルガ・フロリオでは総合2〜5位、ル・マン24時間レースで総合4位。前年に続いてGT2クラスチャンピオンを獲得したほか、モンテカルロ・ラリーで2位入賞した。

脚注[編集]

  1. ^ 904は開発コードであり、901が911に改名されたのと同様の理由で改名された。
  2. ^ 正式には906だが、のちのポルシェ・906との混同を避けるため904/6と呼ばれる。
  3. ^ 福田明夫、『ALL THAT FLAT6』、「ポルシェ」<NEKO ヒストリックカーブックス2>、企画室ネコ、1985年。

参考文献[編集]

  • ポール・フレール、「レーシングポルシェ 904から917まで」、二玄社、1981年。
  • 『ポルシェ II』 企画室ネコ<NEKO ヒストリーカーブックス6>、1989年
  • 新井勉 「蘇る銀狼 45年の時を経て ポルシェカレラGTSタイプ904」『カーグラフィック』2009年7月号 ニ玄社

関連項目[編集]


ポルシェ A.G. 車両年表 1960年-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
ポルシェ・911 901 930 964 993 996 997 991
スポーツカー
356 928
スポーツカー 912 →E 924 924S 968 ケイマン
914 944 ボクスター
セダン パナメーラ
SUV カイエン
マカン
高性能車 550 904 959 カレラGT 918スパイダー
コンセプトカー: 356/1 | 114 | 695 | 901 | EA266 | 989 | パナメリカーナ | 918
モータースポーツ: 64 | 360 | 550 | 718 | 787 | 804 | 904 | 906 | 907 | 908 | 909 | 910 | 914-6 GT | 917 | 934 | 935 | 936 | 953 | 956 | 961 | 962 | GT1 | WSC95 | RSスパイダー | 919ハイブリッド
人物: フェルディナント・ポルシェ | フェリー・ポルシェ | ブッツィー・ポルシェ | フェルディナント・ピエヒ | エルンスト・フールマン | ヴェンデリン・ヴィーデキング
軍用車両: ヤークトワーゲン
トラクター: ユニオール | スーパー
機構: ティプトロニック | バリオカム | ポルシェのエンジン一覧
関連会社: ポルシェデザイン | ポルシェバイクス | フォルクスワーゲン | RUF | ヨースト
その他: オフィシャルウェブサイト