ポルシェ・ボクスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
986型

ボクスターBoxster )は、ドイツ自動車メーカーポルシェが製造、販売するロードスターである。

解説[編集]

ボクスターは、1993年のデトロイトオートショーで発表されたコンセプトカー、プロトタイプボクスターの市販車として1996年に登場。ポルシェ・968の後継機ではあるが、直列4気筒エンジンのFR方式を止め、新規開発された水平対向エンジンミッドシップに搭載している。ポルシェの市販されたミッドシップ車は914以来(ただし914はフォルクスワーゲンとのダブルネーム)20年ぶりである。名前の由来は水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer )と、ポルシェのオープンモデルの呼び名である「スピードスター」(Speedster )を掛け合わせた造語。価格帯や搭載されるエンジン、そしてポルシェ・911に配慮して抑えられたエンジン出力によりエントリーモデルとしての性格が与えられているが、2座席、ミッドシップ、オープンということを考えると911よりもスポーツカーとしてより一層ピュアな存在だとも言うことができる。足周りはフロント、リアサスペンションともマクファーソンストラット。

潤滑はドライサンプだが、インテグレーテッドドライサンプと呼ばれる方式を採用。エンジン外部の独立オイルタンクを持たず、通常のオイルパンの位置にオイルリザーバータンクを配置している。またエンジンの回転数に応じてツインフロー可変インテークマニホールドのフラップが開閉される2ステージ・レゾナンスインテークシステムを搭載。低重心の水平対向6気筒エンジンを搭載し、ボディ下部はカバーされ完全なフラット状態を作り上げており、世界第一線級のハンドリングを誇るコーナリングマシンとして知られる。ホンダ・S2000や、日産・フェアレディZトヨタ・MR-SBMW・Z4など多くのスポーツカーの開発において目標とされた。

2005年にはドイツの国際的第三者試験認証機関テュフ(TüV:技術検査協会)が発行した自動車に関するテストレポートにおいて故障率2.6%と最も故障が少ない車として認められた。ボクスターと同じ車齢2~3年のグループではマツダ・デミオ(故障率2.8%)が2位、アウディ・A4(故障率3.2%)が3位にランクインしている。

2009年12月のロサンゼルスモーターショーで、ボクスタースパイダーが発表された。

スペック[編集]

歴史[編集]

986型(2002年モデル)

986型(1996年 - )[編集]

当初は2,480cc206仏馬力エンジンのボクスターのみのラインナップだった。最高速240km/h。ポルシェ・968から引き続き可変バルブタイミング機構バリオカムを採用している。ポルシェ・968までのFRモデルと違い996型911と共通部品が多く、部品番号が「996○○…」となっている部品が多数存在する。Aピラーより前方は996と共用化が図られ、フロントのストラット式サスペンション構造は996と全く同じである。しかし、全幅は996比+10mm、全長と全高は996比-15mm、ホイールベースは996比+65mmと車体サイズは大きく異なる。ボディー剛性を十分に確保しつつも車両重量を996カレラよりも100kg軽い1250kgにおさえている。トランクは前後に備わっており、容量は合計260L。スペアタイヤと車載工具、CDチェンジャーはフロントトランクに収納されている。リアトランクの後ろには電動式リアスポイラーが装備され120km/h以上で立ち上がり80km/h以下で格納するが、運転席側の足元にあるスイッチで手動操作も可能。ビニール製リアウインドウのソフトトップは12秒で格納・展開を行なう電動式だが、ロック操作のみ手動。グレードはベーシック、コンフォート、スポーツの3種類がラインナップされており、スポーツサスペンションとトラクションコントロールのオフスイッチはスポーツグレードのみ設定されていた。1997年式のスポーツグレードはティプトロニックSで725万円であり、2000年式のボクスターSよりも高額であった。ベーシックグレードに標準装着されたタイヤとホイールサイズは、フロント205/55ZR16、リヤ225/50ZR16であった。LSDの設定は986モデルではなく、デフオイルはミッションオイルと共用されている。

986型(2000年 - )[編集]

2000年モデルからはストロークを72mmから78mmにし、2,687ccに拡大し220仏馬力のエンジンとなった。電子制御スロットル、デュアルエアバッグ、POSIP(サイドエアバッグ)、衝撃吸収ドアパネルで構成される側面衝突プロテクションシステム、ABSを標準装着。またオプションでASR+ABDによるトラクションコントロールシステム(PSM)、2ステージレゾナンスシステムが設定されていた。標準シートにアルカンタラを、インテリアにアルミ風樹脂製パーツを採用するなど内装の質感アップが図られた。またソフトトップにルーフライニングが施され、車内騒音が2~3db低下した。燃料タンクも58Lから64Lに増量された。重量は2000年モデルより+30kg重くなった。 3,179cc252仏馬力エンジン6速ミッションを積むボクスターSが設定された。ベースモデルとの差別化は以下のとおり[1]。重量は1370kg。

  • 3179ccに拡大されたエンジン(最高出力252仏仏馬力、最大トルク31.1kg-m)
  • 6速ギアボックスの採用
  • フロントエアインレットルーバーのチタンカラー化
  • ナンバー下部にインテークを新設
  • マフラーエンドはデュアルタイプを採用
  • ブレーキローター径の拡大およびドリルドローターの採用
  • レッド塗装のキャリパー。
  • ダンパー、サスペンション、スタビライザーの強化
  • 17インチタイヤを標準装備(フロント205/50ZR17、リア255/40ZR17)し、18インチをオプション設定
  • ホワイトメーターの採用

2001年モデルではシフトレバーとドアオープナーがアルミタイプに変更され、ステアリングホイールも4本スポークからカラークレス付き3本スポーク、インテリア照明のLED化、メーター内ディスプレイの大型化、ルーフライニングの追加、ワイヤー式だった前後トランクオープナースイッチが電気式になるなどさらなる変更を受けている。

2002年モデルからはメーカーオプションとしてボーズサウンドシステムが用意された。911ターボとターボS、カイエンターボに標準装備されていたこのシステムの内容は、カスタム・イコライゼーション回路内蔵6チャンネルデジタルアンプ、スピーカーの増設(ダッシュボードに3.5inミッドレンジスピーカー×2、2inツイーター、左右ドアパネル:4.5inローミッドレンジスピーカー内蔵5リッターポート付きエンクロージャー、シート後方部:5.25inウーファー×2、2.5inミッドレンジスピーカー内蔵11リッターポート付きエンクロージャー)、ノイズ補正デパイス“AUDIOPILOT”などがあった。なおボーズサウンドシステムは工場組立てラインで装着することを前提に開発されているため、アフターパーツとしての販売はされていない。

986型(2003年 - )[編集]

大幅なマイナーチェンジを受けた986最終モデル。カムシャフト回転角を最大40度まで無段階調整ができるようになった新型のバリオカムを採用し、ボクスター、ボクスターSともに8仏馬力アップ。シリンダーライナー下端にバイパスチャネルも設置された。新デザインの17inアルミホイールは、4本合計で10kg以上もの軽量化を果たしている。熱線入りガラス製リアウィンドウ、前後バンパーの形状変更、ウインカーのクリアレンズ化、マフラー形状の変更など、エクステリアの変更も多い。ユーティリティではエアコン操作部に引き出し式ドリンクホルダーが装着され、助手席エアバッグ下に容量5リットルのグローブボックスが装着された。ソフトトップの改良による空力改善もおこなわれた。

ボクスター エクスクルーシブ[編集]

2003年に日本限定で発売された50台限定車。2002年の第35回東京モーターショーで展示された特別装備車同様、エクスクルーシブオプションを装着したモデル。車体色はスピードイエローのみのラインナップとされ、17インチのスポーツクラシックホイールのスポークやロールバーも同色に塗装されている。専用装備としてスピードスターリアカバー、“Boxster Exclusive”のロゴ入りドアエントリーガードを装着。 5速MT622万円、5速ティプトロニックS682万円。

ボクスターS 550スパイダーエディション[編集]

550スパイダーのデビュ−50周年を記念した限定車として2003年発売。カレラGTと同じGTシルバーメタリックのボディカラー、専用色ココアブラウンのソフトトップと内装を合わせたシックな装いになっている。ボクスターSの3,179cc水平対向6気筒エンジンをベースとし266仏馬力/6,200rpm、31.6kgm/4,600rpmまでパワーアップ。これにより、最高速はボクスターSの264km/hから266km/hへと向上している。

MTのシフトストロークを15%短縮、サスペンションの見直しによる10mmローダウン、スタビライザーの強化、大径ドリルドローターと4ピストン内蔵アルミ製モノブロックキャリパーによるブレーキ強化、18インチのカレラホイールなどのチューニングが施されている。内外装には、シート・ヒーター内蔵のスポーツシートや本革巻き3本スポーク・ステアリングホイール、ダイナミック・レベライザーとヘッドライト・クリーニング・システムを一体化したリトロニック・ヘッドライトが採用された。550スパイダーの1953年デビューにちなんで1,953台が生産され、日本には61台導入された。 6速MT733万円、5速ティプトロニックS793万円。

987型(2005年モデル)

987型(2004年 - )[編集]

2004年秋のパリサロンで発表された第二世代ボクスター。911(997型)と並行して開発され、部品点数にして50%~55%を997と共有しており、シャシーは986型と同じ。ヘッドライトは986型のような涙目型ではなく、911(997型)とカレラGTの中間のようなやや尖った楕円形に変更された。フルモデルチェンジによりボディ剛性や足回り、内外装、全てにおいて先代986を凌ぐ実力を有している。987型のボクスターは、2005年に発売されたケイマンのベースとなった。986型とほぼ同等のサイズ(全長で10mm、全幅で20mmの拡大)、また同様のラインナップながら、ボクスターの2,687ccは12仏馬力、ボクスターSの3,179ccは20仏馬力のパワーアップがなされている。また50km/hまでなら走行中でも電動ソフトトップの開閉が行えるようになった(ただしロック操作は依然として手動)。マニュアルミッションはボクスターSが6速MT、ボクスターが5速MTという設定であったが、ボクスターにもオプションとして6速MTが設定された。タイヤサイズはボクスターも17インチが標準となりフロント205/55-17、リヤ235/50-17[2]が装着された。ボクスターSには18インチのみとなりフロント235/40-18、リヤ265/40-18が設定された[3]。ケイマンに設定された19インチ[4]は設定されなかった。側面の空気取り入れ口はデザイン上は拡大されているが実効サイズとしては986型と不変であり、右側は電動ファン経由でエンジンルームの換気に使用され、左側はエンジン本体の吸気用である。フロントサスペンションには新設計のクロスバーが装着され、リアサスペンションは軽量化と横剛性の向上が図られた。トレッドも24mmから35mm拡大(仕様による)された。

PSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム)と呼ばれる横滑り防止システムが986ではオプション設定であったが、987では標準装備になった。このシステムは手動でオンとオフができ、またスポーツクロノシステムを装備すれば、その作動基準を引き上げることができるようになった。PSMとは、走行中に危険な状況になった場合に車の姿勢を安定させるシステムで、コンピュータが自動車の進行方向、車速、ヨーレート、横Gなどを常に計測し、オーバーステアもしくはアンダーステアが発生すると、PSMは4輪個別にブレーキをかけて本来の走行ラインに戻すように作用する。

さらに、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)をオプションで追加が可能。このシステムは、加速度や操舵角、車速やエンジン出力などをパラメーターにコンピューター制御でショックアブソーバーの減衰力を5段階に自動調整するシステム。ノーマルとスポーツの2モードを選べ、それぞれのモードの中で減衰力を無段階に四輪独立で制御する。一般的なアクティブサスペンションというよりは、アクティブダンパーのような動作となり高速走行性のみならず、市街地での乗り心地を大幅に改善した。

ボクスターSではブレーキディスクにセラミック複合材を用いたPCCB(ポルシェセラミックコンポジットブレーキ)をオプションで追加が可能になった。

スポーツクロノパッケージはノーマルとスポーツにより、2種類の専用のスロットル制御マップを変更し、エンジンレスポンスを飛躍的に向上させるとともに、PSMの作動基準を引き上げ、ダンパーを大幅に硬くセッティングするシステム。また、ダッシュボード上に1/100秒までタイム計測が可能なアナログメーターとデジタルメーターが一体になったディスプレイが追加される。

2006年11月22日には生産台数が20万台に到達[5]。20万台目の車両は、メテオグレーメタリックのボクスターSで、米国へ輸出された。ボクスターSの米国での価格は547000ドルに設定されていた。

987型(2007年 - )[編集]

2007年モデルよりボクスター、ボクスターSは可変バルブシステムと可変バルブリフトシステムを一体化したバリオカムプラスに進化。 2,687ccは245仏馬力に、またボクスターSはケイマンSと同じ3,436cc295仏馬力エンジンを搭載した。 0~100km/h加速は5.4秒、最高速275km/h。限定発売されたRS60スパイダーや、ポルシェデザインエディション2では303仏馬力に至った。ポルシェはその設計性能に見合った条件で各社にパーツを作らせ、その中から選別をして毎年パーツや車両を改良するモデルイヤー制を用いているが、ほぼ全ての車はブレーキがブレンボ、サスペンションはビルシュタイン、ホイールはBBS、シートはレカロ、ミッションはゲトラグアイシン(ただしアイシン6速はポルシェの設計)となっている。

987型(2009年 - )[編集]

2008年11月19日ロサンゼルスモーターショーにてマイナーチェンジを発表[6]。エンジンが新型になり、排気量ではスタンダードのボクスターが2,892ccに引き上げられ最高出力が10仏馬力アップ。ボクスターSは3,436ccのままだが15仏馬力アップした。ヘッドランプのロービームがHID化された。またテールライトはLEDに変わり、フォグランプやバンパー、ホイールなどのデザインも変更。また、ATモデルでは従来のティプトロニックSからPDK(ポルシェ・ドッペルクップルング=デュアルクラッチトランスミッション)が新たに採用され、クラリオンカーナビゲーションが標準装備されることになった。オプションで機械式LSD装着も選択できるようになった。

ボクスター RS60スパイダー[編集]

タイプ718RS60スパイダーをモチーフにした987型ボクスターSの限定モデル。2007年12月のボローニャモーターショーで発表され、限定数1,960台の内37台が日本に導入された。車体色はGTシルバーメタリックの1色のみだが、カレラレッドのナチュラルレザーインテリアとレッドのソフトトップ、またはダークグレー・ナチュラルレザーインテリアとブラックソフトトップが選択できた。

専用のエグゾーストシステムとデュアルテールパイプにより、最高出力は303仏馬力までアップ。また、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)とポルシェスポーツデザイン製19inホイールにより、足周りの装備も充実している。日本仕様ではバイキセノンヘッドライトシステムとシートヒーター、フルオートエアコンディショナーを標準装備。6速MT872万円、5速ティプトロニックS914万円。

ボクスターS ポルシェデザインエディション2[編集]

ケイマンS ポルシェデザインエディション1とボクスターRS60スパイダーの反響を受けて2008年に誕生した、987型ボクスターSの限定モデル。限定数500台の内10台が日本に導入された。キャララホワイトの車体には、グレーのストライプがサイドに入れられる。ルーフやレザーパーツには全体をクラシックな雰囲気に仕上げるストーングレーとブラックが設定されていた。

RS60スパイダーと同じく最高出力は303仏馬力まで高められ、19inスタースポークホイール、サイドエアインテーク、センターコンソール、レッドテールライト、ホワイトの3連丸型メーターが装着されている。日本仕様ではバイキセノンヘッドライトシステムとシートヒーター、スポーツクロノパッケージ、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)を標準装備。

ホワイトのレブカウンターとスピードメーターをモチーフとしたオリジナルウォッチ「ポルシェ ボクスターS ポルシェデザインエディション2 クロノグラフ」がアクセサリーとしてセットされていた。5速ティプトロニックS1,056万円。

ボクスタースパイダー[編集]

2009年12月のロサンゼルスモーターショーで発表されたボクスターの上位モデル。ボクスタースパイダーはオープン走行を大前提に開発されたモデルで、軽量化、パワー、そして高効率を追求したポルシェのスポーツカーの伝統を最もピュアな形に具現化したオープンカーとしてデビューした。2010年2月にヨーロッパ市場から導入が開始され、日本では2010年秋からの導入となる。限定モデルであった550スパイダーエディションやRS60スパイダーとは違い、ボクスタースパイダーは通常モデルとしてラインナップされる。

低く抑えられたフロントウインドスクリーンとサイドウインドウ、ワンピースのリアリッドの2つの大きな隆起が、カレラGTのシルエットを彷彿させる。また、簡易的構造のソフトトップになっていることもボクスタースパイダーの特徴である。

ボクスタースパイダーには、ダイレクト・フューエル・インジェクション方式の3,436cc水平対向6気筒エンジンが搭載され、最高出力はケイマンSと同じく320仏馬力となっている。パワー・トゥ・ウェイト・レシオ(MT)は3.98kg/仏馬力。 また、ボクスターS以上の低重心化(ボクスターS比-25mm)と軽量化(ボクスターS比-115kg:MT)、完全新設計のスポーツサスペンション(ボクスターS比-20mm)が与えられ、走行性能も大幅に上がっている。

PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)およびスポーツクロノパッケージを装備したボクスタースパイダーの場合、ローンチコントロールを使用した0-100km/h加速は4.8秒。またPDK仕様車のNEDC(新ヨーロッパ走行サイクル)による燃費はわずか9.3L/100kmとなっている。オープン時の最高速度は267km/h。

ボクスターS ブラックエディション[編集]

2011年1月のジュネーブショーで発表されたボクスターSの限定モデル。ボクスタースパイダーのパワーユニットが搭載され、最高出力は10仏馬力高い320仏馬力/7,200rpm、最大トルクは10Nm上回る370Nm/4,750rpmとなっている。その他の変更点としては、リアサイドエアインテークグリル、ツインテールパイプ、ロールオーバーバー、シフトレバー(PDKではセレクターレバー)のトリムストリップなどのブラック塗装仕上げ、ステンレススチール・ドアエントリーガード(Black Editionロゴ入り)などがある。 987台の限定生産のうち日本での販売台数は25台となっており、2011年3月1日から予約が開始が開始された。 6MT771万円、7PDK818万円。

981型(2012年 - )[編集]

2012年3月8日のジュネーブモーターショーで3代目となる981型ボクスターが発表された[7]。これまでのボクスターと同様に、911の991型と多くのパーツを共用している[7]。シャシーの47パーセントがアルミ化された[7]。センタートンネル付近にはマグネシウム合金も使用され、静的ねじれ剛性が40%向上している[7]。ホイールベースは987と比較すると60mm延長され、フロントトレッドを40mm、リアトレッドも18mmワイド化された[7]。全長は32mm長くなり全高は13mm低くなった[7]。重量は987型に対してボクスターが25kg軽量化され1310kg(MT仕様)、ボクスターSが35kg軽量化され1320kg(MT仕様)となっている[7]。外観の大きな変更は、やや角型となったランプ類とコンバーチブルリッドが廃止された幌、拡大されたサイドの空気取り入れ口である[7]。サイドの空気取り入れ口はドアを含めた掘りの深いデザインに変更され、実効面積も拡大された。これはドアが991と共用でなくなったので可能になったデザインである。コンバーチブルリッドが廃止された幌はシステム全体で12kg軽量化され、幌の開閉も987型と比べて迅速化され9秒で可能となった。人力によるロック解除~ロックの動作も不要となった[7]。フロントガラスは100mm前側に移動され、それに伴いダッシュボードの面積が広くなっている。エンジンは、ボクスターが987型に対して200cc縮小された水平対向6気筒 2.7Lとなった。排気量は減少となったが、強度が上がったピストンの採用により圧縮率が高められ、最高出力は10PSアップした265PS/6700rpm、最大トルクは280Nm/4500-6500rpmとなった[7]。ボクスターSの排気量は従来どおり3.4Lのままだが、最高出力は5PSアップの315PS/6700rpm、最大トルクは360Nmになった。ミッションは6速MTと7速PDKが用意され、911に用意された7速MTは重量軽減のために採用されなかった[7]。燃費対策として、ボクスター初の電動式パワステが採用され、アイドリングストップ機能も搭載された。またPDK仕様の車両には、空走時にクラッチを切ってエンジンをアイドリング状態にする省エネ機構が導入された[7]。これらの工夫によりボクスターのMT仕様の燃費は8.2L/100kmと、987型と比較して12.8%の改善を実現した。室内空間は前後方向に25mm増とされており居住性は改善している[7]。ボクスターSのニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分58秒を記録し、987型ボクスターSより12秒速い[7]。幌の構造を改善したことにより幌を閉めた状態での静粛性も改善している[7]。ただしフロントガラスの変更に伴い、室内への風の巻き込みは987型より悪化している。オプションで搭載できるPASMについては、電子制御ダンパーのセンサーが、991の場合と同じく2個から4個に増やされ、より細かい制御ができるようになった。

出典[編集]

  1. ^ スポーツカー専門店GTNET ポルシェ986型 ボクスターS
  2. ^ 6.5J×17 オフセット+55 8J×17 オフセット+40
  3. ^ 8J×18 オフセット+57 9J×18 オフセット+43
  4. ^ 8J×19 オフセット+57 9.5J×19 オフセット+46
  5. ^ ポルシェジャパン (2006年11月22日). “20万台目のボクスターがラインオフ” (日本語). 2009年1月12日閲覧。
  6. ^ ポルシェジャパン (2008年11月19日). “新世代型ボクスターとケイマンの受注を開始” (日本語). 2009年1月12日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 911DAYS (ナインイレブンデイズ) Vol.48 インロック 2012年 07月号 ASIN: B0085MLYAA

外部リンク[編集]

ポルシェ A.G. 車両年表 1960年-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
ポルシェ・911 901 930 964 993 996 997 991
スポーツカー
356 928
スポーツカー 912 →E 924 924S 968 ケイマン
914 944 ボクスター
セダン パナメーラ
SUV カイエン
マカン
高性能車 550 904 959 カレラGT 918スパイダー
コンセプトカー: 356/1 | 114 | 695 | 901 | EA266 | 989 | パナメリカーナ | 918
モータースポーツ: 64 | 360 | 550 | 718 | 787 | 804 | 904 | 906 | 907 | 908 | 909 | 910 | 914-6 GT | 917 | 934 | 935 | 936 | 953 | 956 | 961 | 962 | GT1 | WSC95 | RSスパイダー | 919ハイブリッド
人物: フェルディナント・ポルシェ | フェリー・ポルシェ | ブッツィー・ポルシェ | フェルディナント・ピエヒ | エルンスト・フールマン | ヴェンデリン・ヴィーデキング
軍用車両: ヤークトワーゲン
トラクター: ユニオール | スーパー
機構: ティプトロニック | バリオカム | ポルシェのエンジン一覧
関連会社: ポルシェデザイン | ポルシェバイクス | フォルクスワーゲン | RUF | ヨースト
その他: オフィシャルウェブサイト