マセラティ・ギブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギブリGhibli )は、イタリアの自動車会社・マセラティが販売していた高級スポーツカーである。

名称は「リビアの高地から地中海地方に吹き込む埃を含んだ熱風」に由来する[1][2]

初代(1966年 - 1973年)[編集]

マセラティ・ギブリ(初代)
SC06 1971 Maserati Ghibli Coupe.jpg
Maserati Ghibli 1 2.jpg
ギブリ・スパイダー
Maserati Ghibli Spider front.jpg
販売期間 1966年 - 1973年
デザイン カロッツェリア・ギア
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア クーペ/オープン
エンジン 前期型(1966年-1970年)
4.7L V8 330仏馬力
後期型(1970年-1973年)
4.9L V8 335仏馬力
変速機 5速MT
3速AT
駆動方式 FR
全長 4,590mm
全幅 1,798mm
全高 1,158mm
ホイールベース 2,550mm
車両重量 1,530kg
先代 マセラティ・5000GT
後継 マセラティ・カムシン
-自動車のスペック表-

1966年に発表、デザインはカロッツェリア・ギア時代のジョルジェット・ジウジアーロによる。鋼管フレームにスチールボディを被せたスタイリングは、当時の高級スポーツカーに共通して見られる地を這うような背の低いプロポーション、ロングノーズ、ショートデッキ、ファストバックスタイル(リアハッチはリアガラス下のパネルが開くのみ)をとり、マセラティとしては初のリトラクタブル・ヘッドライトを採用する。

当時のライバル車、フェラーリ・デイトナランボルギーニ・ミウラと比して直線的、平面的に見えるが、エッジと曲面とが使い分けられている。当時のジウジアーロデザインのウェッジシェイプ志向がよく現れており、ジウジアーロの代表作でもある。

乗車定員は2名であり、インテリアにはレザーが多用されていた。トランスミッションは5速MT、オプションで3速ATが選べた。出力330仏馬力の4.7L V型8気筒エンジンを前方に積むFRレイアウトで、0-60mph加速は6.8秒、最高速度は265km/hであった。当時は世界最速、人気ともにフェラーリ・デイトナ、ランボルギーニ・ミウラP400と争った、マセラティのヒット作である。

1969年オープンモデルの「ギブリ・スパイダー」を発表、1970年には排気量を4.9Lに拡大、最高出力335仏馬力/5,500rpm、最大トルク49.0kgm/4,000rpmにパワーアップされた「ギブリSS」、「ギブリ・スパイダーSS」を発表。1973年に生産中止されるまで、総計1,274台が生産された。翌年に発表されたカムシンが後継モデルとなった。

2代目(1992年 - 1997年)[編集]

マセラティ・ギブリ(2代目)
96 Ghibli 20V6.JPG
販売期間 1992年 - 1997年
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 2.0L V6 ツインターボ
2.8L V6 ツインターボ
変速機 ゲトラグ製6速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前輪:マクファーソンストラット
後輪:セミトレーリングアーム
全長 4,223mm
全幅 1,775mm
全高 1,310mm
ホイールベース 1,520mm
車両重量 1,365kg
先代 マセラティ・ビトゥルボ
後継 マセラティ・3200GT
-自動車のスペック表-

1992年に『ギブリII』として名称を復活。型式はE-MG。イタリア本国仕様に2.0L V型6気筒、輸出仕様に2.8L V型6気筒エンジン、トランスミッションは6速MT(初期の2.8L搭載モデルは5速MT仕様)、4速ATが用意された。初代と同じラグジュアリークーペではあるがパッケージングが異なり、2ドア4シーター、ノッチバックスタイルを採る。快適性と運動性能の両立を追求し、内装にはコノリーレザーとウッドトリムが採用され、最高速度は260km/h、0-60mph加速は5.7秒。ボディデザインは同時期に発表された上位車マセラティ・シャマルと類似していた。

1994年にインテリア、ホイールが刷新され、電子制御サスペンションABSが加えられ、1996年にはさらに17インチアロイホイール、サスペンションとトランスミッションに改良が加えられたギブリGTが発表された。1997年には、ワンメイクレース用にエンジン、足回りにチューニングが施され、内装のウッドパネルをすべてカーボンパネルに置き換えられたギブリカップが発売された。最高速度は270km/h。

1997年まで生産され、翌年に発表された3200GTが後継モデルとなった。

3代目(2013年 - )[編集]

マセラティ・ギブリ
Maserati Ghibli - AutoShanghai 2013 (01).JPG
販売期間 2013年 -
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 3.0L V6 ツインターボ
3.0L V6 ターボディーゼル
変速機 8速AT
駆動方式 FR
4WD
全長 4,971 mm
全幅 1,945 mm
全高 1,461 mm
ホイールベース 2,998 mm
-自動車のスペック表-

2013年、上海モーターショーにて発表されたEセグメントセダンの名称として、ギブリの名跡が復活した。搭載エンジンはチューニング違いの3.0L V6ガソリンツインターボと、3.0L V6ディーゼルターボの3種類。ディーゼルエンジンの搭載はマセラティ史上初である。また、AWDもラインナップされる。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.britannica.com/EBchecked/topic/232709/ghibli
  2. ^ 日本の映像製造会社スタジオジブリと同じ由来。また、シロッコも同義語である。

関連項目[編集]


マセラティ S.p.A. ロードカータイムライン 1940-
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
エントリー ビトゥルボシリーズ ギブリIII
4ドアグラントゥーリズモ ロイヤル
クアトロポルテ I II III IV V VI
グラントゥーリズモ A6 3500GT セブリング 228 ギブリII
ミストラル カリフ グラントゥーリズモ
5000GT ギブリ カムシン シャマル 3200GT クーペ
2+2 メキシコ キャラミ
インディ
ミッドシップ メラク
ボーラ
オーナー オルシ・ファミリー シトロエン P デ・トマソ FIAT フェラーリ FIAT
レーシングカー: 26M8CV8RI6CM4CL/4CLT150Sティーポ63ティーポ65250F200S300S350S450Sティーポ61(バードケージ)ティーポ151ティーポ154MC12 GT1トロフェオ
ホモロゲーションモデル: バルケッタMC12
コンセプトカー: マセラティ・ブーメランバードケージ 75th
公式WEBサイト: MASERATI