BBS (自動車部品メーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BBSホイール

BBS(ビービーエス)は、自動車アルミホイールのブランドである。製造は富山県高岡市に本社があるBBSジャパンが行っている。BBSブランドの製造販売および商標権も同社のグループが所有している。

概要[編集]

1970年、バウムガルトナーとブラントがシルタッハに自動車部品の製造販売会社を設立する。“BBS”の名は2人の創始者の名と創立の地によるものである。

設立当初は強化プラスチック製エアロパーツのサプライヤーであったが、エアロパーツがDTCのレーシングカーに採用され、その関わりで1972年にレーシングカー用の3ピースアルミホイールを製造するようになった。

1983年、ドイツのBBSと共同出資で日本BBSを設立。以降、鍛造アルミホイールおよび鍛造マグネシウムホイールワシマイヤーが製造し、日本国内外の自動車メーカーに多く供給されている。鍛造マグネシウムホイールは、F1用ホイールとして供給されている(一般市販用はモデルによりドイツ製又は日本製)。

BBS社のアルミホイールは、ハブからリムに向かって伸びるX字あるいはY(V)字状スポークの「メッシュタイプ」デザインをアイデンティティとする。同社製メッシュタイプホイールのデザインを模した、所謂「BBSタイプ」も各社から販売されている。

OEMとしてメッシュタイプではないホイールも製造しているが(主にドイツ製)、OEM先のセンターキャップを装着するなどしており一見BBS製と判別できないものも多く、スポークの裏側にひっそりとBBSの刻印があることも多い。

一般市販車用アルミホイールとしては特に高品質で、高級品・上級品とされ、メルセデス・ベンツポルシェといったドイツ車はもとより、日本車にも純正採用、もしくは購入時オプションとして設定されている事も多い。

また、F1ではメルセデスフォース・インディアロータスなどがBBS製鍛造マグネシウムホイールを採用していたが、2014年現在はマルシャが採用するにとどまっている。

2011年1月7日にワシマイヤーの公式ウェブサイトにて、ドイツBBS社が日本での民事再生法に該当する「Self Administrated Insolvency」を申請したとの知らせが掲載。BBS社は事実上の倒産となったが、同年11月、ワシマイヤーの親会社であった小野ホールディングスが同年12月31日付でBBS社の鋳造ホイール部門を除く製造部門、商標権を買収することを発表した[1][2]。2012年10月26日に東京地方裁判所にワシマイヤーの会社更生手続開始の申立てが行なわれた。2013年11月にワシマイヤーは、子会社の日本BBSなどとともに、前田工繊の完全子会社となった[3]

並行輸入問題[編集]

日本での販売は日本BBS社が行っているが、1995年に、ドイツ本国で販売された同社製ホイールが並行輸入品として日本で流通していることについて、並行輸入品は日本国内におけるBBS社の特許を侵害しているとして、並行輸入品の販売差し止め請求を求めた事件があった(平成7年(オ)第1988号、通称BBS事件)。日本における工業製品の知的財産権に関する訴訟のさきがけとして有名である。最高裁まで争ったものの、並行輸入品はドイツ本国で販売された「正規品」であり、その特許権は日本においても侵害されていない、としてBBS社の訴えは却下された。

出典[編集]

  1. ^ 小野グループが独BBS社を買収 商標権、鍛造部門(福井新聞2011年12月1日)2011年12月2日閲覧
  2. ^ ドイツBBS社のMotorsport部門の買収及びBBSブランドのレーシングホイール・鍛造ホイール商標権の買収ついて(日本BBS株式会社)
  3. ^ 更生会社ワシ興産株式会社及び更生会社ワシマイヤー株式会社の更生計画認可決定の確定、株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ(前田工繊株式会社)

外部リンク[編集]