BMW・M1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW・M1
E26
BMW M1 1.jpg
販売期間 1978年1981年
デザイン イタルデザイン・ジウジアーロ
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 3.5L 直列6気筒 M88/1 204 kW
変速機 5速MT
駆動方式 MR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,360mm
全幅 1,824mm
全高 1,140mm
ホイールベース 2,560mm
車両重量 1,300kg
-自動車のスペック表-

BMW・M1は、1970年代にモータースポーツでの活躍を期待したことに端を発する、ドイツ自動車メーカー、BMWスーパーカーである。

スタイル・機構[編集]

1976年にBMWモータースポーツ(現BMW M)は、当時ポルシェ・934ポルシェ・935の独擅場だったグループ4およびグループ5シルエットフォーミュラを制するためE-26の開発を始めた。

当初想定されていた自社製のV型12気筒4.5Lエンジンは、大きく重く明らかにエコロジーとは無縁であったため、オイルショックの風が吹く中一般世論に反するものとして葬り去られることになり、代わりにヨーロッパツーリングカーレース用に開発されたM-88型3,453cc直列6気筒DOHCエンジンがクーゲルフィッシャーの機械式インジェクションと組み合わせ採用された。このユニットは長大でありその結果ホイールベースの延長という弊害をもたらしたが、潤滑系統にドライサンプ方式を採用することによりエンジンの搭載位置を大幅に下げ重心を低くすることを可能とした。そのためクランク軸は地上から18.5cmに設定されている。圧縮比9.0で277馬力/6,500rpmのロード仕様、圧縮比11.5で470馬力/9,000rpmのグループ4仕様、3,153ccにKKKターボを装着し850馬力/9,000rpmのグループ5仕様が用意された。

ボディデザインは巨匠ジョルジェット・ジウジアーロが率いるイタルデザインに依頼した。イタルデザインは、1972年にBMW・2002用の直列4気筒ターボをミッドシップに搭載しBMWミュンヘン博物館開館記念で製作されたBMWターボのフロント部分のデザインを取り入れた。

ミッドシップの駆動方式は全く未経験であったため、BMWはランボルギーニ[1]に開発とシャシー関連の製造を委託することとなった。開発は、レーシングカー関連の設計を手がけ、のちにレーシングカーのシャシー製作会社を興したジャンパオロ・ダラーラが担当した。シャシーは角型鋼管で形成されたマルケージ製セミスペースフレームを採用し、全ての応力を強靭なフレームのみで受け止める構造となっており、応力のかからない外板は全てFRP製で、ボルトオンと接着を併用して取り付けられている。

ランボルギーニによる開発は順調に進み、1977年夏には最初の試作車が走行した。

生産に至るまで[編集]

ランボルギーニはシャシーの製造に着手したが、その作業はあまりに遅かった。この事態を打開するためBMWはランボルギーニ買収を検討したが、下請け業者がBMWの傘下に入ることを拒否し、この買収計画は頓挫した。1978年4月ランボルギーニとの提携は解消され、シュトゥットガルトバウアに委託先が変更された。ボディの生産に関してはイタルデザインの拠点であるイタリアにシャシーが送られ、FRP外板の取り付けおよび塗装が行われ、最終的にはBMWモータースポーツによってサスペンションブレーキ関連の組み付けが行われることとなり、1978年秋のパリサロンにBMW M1として発表された。

しかしこの複雑な生産工程もやはり非常識なまでに効率が悪く、そもそもわずか週2台に設定されていた生産ペースは遅れに遅れ、月3台前後がやっとという有様だった。グループ4の参戦条項である「連続する12か月間に400台の生産」にははるかおよばず、レースに出ないまま終わってしまうことを危惧したBMWはワンメイクレース「プロカー・レース」を企画し、1979年途中から1980年末に掛けてフォーミュラ1の前座として開催されニキ・ラウダネルソン・ピケなど当時のトップクラスのF1パイロットがドライバーを務めそれなりの成功を収めた。

それまでシャシーの製造のみを担当していたバウアに最終工程の一部も負担させ、1980年暮れに当初の目標であった400台目がラインオフした。「連続する12か月間」という条件を特別に免除され1981年以降のグループ4参戦を認められたが、1982年には規則改正による新カテゴリーグループCが実施されることになっており、M1によるBMWのモータースポーツ活動は当初の意気込みとは裏腹に短命に終わることとなった。総生産台数は477台である。

脚注[編集]

  1. ^ 当時オイルショックの影響で事実上操業停止状態にあり、経営破綻の危機に限りなく近づいていた。

関連項目[編集]


  BMW ロードカータイムライン 1950年代-1980年代    Next ->
タイプ シリーズ 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5
マイクロカー イセッタ
大衆車 600 700
セダン 小型車 BMW・02シリーズ 3シリーズ(E21) E30
中型車 BMW・1500/1600/1800/2000 5シリーズ(E12) E28
大型車 501/502 2600/3200 2500/2800/3.0/3.3 7シリーズ(E23)
クーペ 503 3200CS BMW・2000C/2000CS BMW・2.5/2800/3.0CS 6シリーズ(E24)
ロードスター 507
Mモデル M1 M1(E26)


<- Previous BMW ロードカータイムライン 1980年以降   
タイプ シリーズ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
電気自動車 i3
PHV i8
ハッチバック ミニ R50/R53 R56
1シリーズ E81/E87 F20
ハッチバックセダン 3コンパクト E36/5 E46/5
セダン 3シリーズ E21 E30 E36 E46 E90 F30
5シリーズ E12 E28 E34 E39 E60 F10
7シリーズ E23 E32 E38 E65/E66/E67/E68 F01/F02
ステーションワゴン ミニ R55
3シリーズ E30 E36 E46 E91 F31
5シリーズ E34 E39 E61 F11
GT 3シリーズ F35
5シリーズ F07
2ドアクーペ Z E36/8(Z3) E86(Z4)
1シリーズ E82
2シリーズ F22
3シリーズ E30 E36 E46 E92
4シリーズ F32
6シリーズ E24 E63 F13
8シリーズ E31
4ドアクーペ 4シリーズ F36
6シリーズ F06
カブリオレ ミニ R52 R57
1シリーズ E87
3シリーズ E21 E30 E36 E46 E93
4シリーズ F33
6シリーズ E64 F12
ロードスター Z E30(Z1) E36/7(Z3) E85(Z4) E89(Z4)
スーパーカー E26 (M1) E31 (8シリーズ) E52 (Z8)
SAV ミニ R60
X1 E84
X3 E83 F25
X5 E53 E70 F15
X6 E71/E72
M シリーズ M3セダン E90 F80
M3クーペ E30 E36 E46 E92
M4クーペ F82
M5 E34 E39 E60
M6クーペ E24 E63 F13
M6カブリオレ E64 F12
Mロードスター E36/7 (Z3) E85 (Z4)
Mクーペ E36/8 (Z3) E86 (Z4)
X5M E70
X6M E71