BMW・3200CS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW・3200CS
BMW 3200 CS v.jpg
BMW 3200 CS h.jpg
ダッシュボード
BMW 3200 CS i.jpg
販売期間 1962年-1965年
デザイン ベルトーネ
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア・ハードトップクーペ
エンジン V型8気筒・ガソリンOHV3,168cc
変速機 4速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前:独立・ダブルウィッシュボーン・トーションバー
後:固定・3リンク・トーションバー
全長 4,850mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,840mm
車両重量 1,500kg
先代 BMW・503
後継 BMW・2000CS
-自動車のスペック表-

BMW・3200CSドイツの自動車メーカー・BMWが1962年2月から1965年9月まで生産した大型のクーペ型乗用車である。

概要[編集]

デビューは1961年のフランクフルトモーターショーであった。3年間に約600台が生産された。1952年デビューのBMW・501/502系列の最終発展型で、V型8気筒エンジン搭載のBMW車は3200CSの消滅後、吸収合併したハンス・グラース (自動車メーカー)の最上級モデルで一時BMWブランドで生産された「3000・V8」を例外として、1992年にBMW 740iが登場するまで一時途絶えた。

性格としてはBMWの経営危機のために1959年に製造中止となったBMW・503の後継モデルである。503の製造中止から3200CS登場までの2年間、BMWは一旦ダイムラー・ベンツへの吸収合併寸前の状態に陥った後、ヘルベルト・クヴァントによって救済され、同年に登場したBMW・700と、3200CSとほぼ同時に発表され大成功したBMW・1500によって、ようやく破綻の危機から脱しようとしていた。

機構的には502以来のV型8気筒3,168ccエンジンを踏襲、ゼニス製ツインキャブレターで160馬力に強化され、最高速度は200km/hに達した。同時にマイナーチェンジを受けて2600/3200と名乗るようになった502同様、増加したパワーに対応して前輪にはディスクブレーキが装備された。

3200CS最大の特徴は、従来のボディを引き続き用いたセダンとは対照的な、イタリアのベルトーネが製作し、ミュンヘンのBMW工場で架装されることになった、全く新しいボディであった。フロントエンドこそ従来のBMWのイメージを強く残していたが、その後半部は軽快な2ドア・ピラーレスのハードトップクーペで、ベルトーネの新しいチーフデザイナー・ジョルジェット・ジウジアーロの個性が顕著に現われていた。

1500系の大成功によって、BMWには大型高級車を少量生産する余裕がなくなったことから、3200CSは1965年9月に生産中止された。それと入れ替わるように1500系シャシーをベースとし車体はカルマンが製造したBMW・2000C/2000CSが同年に誕生し、3200CSを遥かに上回る人気を獲得することになる。

今日では503/507に並ぶコレクターズアイテムとなっている。

注釈[編集]

外部リンク[編集]


  BMW ロードカータイムライン 1950年代-1980年代    Next ->
タイプ シリーズ 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5
マイクロカー イセッタ
大衆車 600 700
セダン 小型車 BMW・02シリーズ 3シリーズ(E21) E30
中型車 BMW・1500/1600/1800/2000 5シリーズ(E12) E28
大型車 501/502 2600/3200 2500/2800/3.0/3.3 7シリーズ(E23)
クーペ 503 3200CS BMW・2000C/2000CS BMW・2.5/2800/3.0CS 6シリーズ(E24)
ロードスター 507
Mモデル M1 M1(E26)