BMW・X1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW・X1
E84
フロント
BMW X1 front 20100410.jpg
リア
BMW X1 rear 20100410.jpg
室内
BMW X1 sDrive 18i interior.jpg
販売期間 2009年-
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン ガソリンエンジン
3.0L 直6
2.0L 直4
ディーゼルエンジン
2.0L 直4 ツインターボ
2.0L 直4 ターボ
最高出力 3.0L ガソリン
190kW (258PS) /6,600rpm
2.0L ガソリン
110kW (150PS) /6,400rpm
2.0L ディーゼルツインターボ
150kW (204PS) /4,400rpm
2.0L ディーゼルターボ
130kW (177PS) /4,000rpm
105kW (143PS) /4,000rpm
最大トルク 3.0L ガソリン
310N·m (31.6kgf·m) /2,600rpm
2.0L ガソリン
200N·m (20.4kgf·m) /3,600rpm
2.0L ディーゼルツインターボ
400N·m (40.8kgf·m)
/2,000-2,250rpm
2.0L ディーゼルターボ
350N·m (35.7kgf·m)
/1,750-3,000rpm
320N·m (32.6kgf·m)
/1,750-2,500rpm
変速機 6速AT/8速AT/6速MT
駆動方式 FR/4WD
サスペンション 前: ストラット式
後: 5リンク式
全長 4,454mm
全幅 1,798mm
全高 1,545mm
ホイールベース 2,760mm
車両重量 1,545-1,685kg
-自動車のスペック表-

X1は、ドイツの自動車メーカー、BMWにより2009年からドイツライプツィヒ工場で製造され[1]欧州を中心に世界中で販売されているクロスオーバーSUVモデルである。

概要[編集]

コンセプトX1

2009年9月に開催されたフランクフルトモーターショーで発表された。BMWのクロスオーバーSUVシリーズである「Xモデル」の、X5X3X6に次ぐ4番目のモデルであり、同社のSUVシリーズでは最小クラスに位置する。

発表の1年前である2008年10月に行われたモンディアル・ド・ロトモビルでは、コンセプトモデルの「BMW・コンセプトX1」が公開されている。

プラットフォームを共有する3シリーズツーリング(ステーションワゴン)とは兄弟モデルの関係にあり、かつ互いに競合する関係にある(X1は3シリーズツーリングと較べ、駆動方式に4WDを採用する等オフロード志向を高めている)。

日本では2010年4月20日に販売が開始された[2](欧州市場では2009年10月に販売が開始された)。

メカニズム[編集]

プラットフォームには、E91ツーリングをベースに小変更が施されたものが用いられており[3]、ホイールベースもE90系3シリーズと同一値である。全高1,545mm立体駐車場に入るようになる。

2009年登場時、ガソリンエンジンについては3.0L 直6エンジンの1種類のみが用意された(モデル名は「xDrive28i」)。ディーゼルエンジンには2.0L 直4直噴ツインターボエンジンと同直噴ターボエンジンが用意され、後者には最高出力が177PSと143PSの2種類のエンジンが用意される。

トランスミッションは、ステップトロニック付6速ATと6速MTの2種類が用意されるが、6速ATについてはxDrive28iとxDrive23dに標準設定され、xDrive20dにオプション設定されているのみで、その他のモデルには全車に6速MTが組み合わせられる。

駆動方式は4WDのほか、2.0L直噴ターボエンジン搭載グレードにはBMWのXモデルシリーズとしては初のFR車が用意された。

グレード名称は2.0Lツインターボモデルが「xDrive23d」となり、2.0Lターボモデルの177PSのモデルは、4WDモデルが「xDrive20d」、FRモデルが「sDrive20d」、同様に143PSのモデルは4WDモデルが「xDrive18d」、FRモデルが「sDrive18d」となる。 さらに、2010年3月にエントリーモデルとなる2.0Lガソリンエンジン搭載車、「X1sDrive18i」が追加された。欧州ではこのモデルは6速MTが標準で組み合わせられる。また、同時に「xDrive18d」、「sDrive18d」、「sDrive20d」には6速ATがオプション設定される[4]

年表[編集]

日本での販売[編集]

  • 2010年4月20日から日本での販売が始まり、2.0L FRの「sDrive 18i」と3.0L 4WDの「xDrive 25i」の2モデルが導入された。
  • 2011年10月31日、新グレードとして2.0L直4ターボの「xDrive 20i」と「xDrive28i」が追加導入され、「xDrive 25i」は廃止された[5]
  • 2012年9月15日、マイナーチェンジ。フロントバンパーやリアスカートのデザインが変更されたほか、「sDrive18i」を除く全グレードにアイドリングストップ機構が搭載された。新グレードとして「sDrive20i」が追加導入された[6]
グレード 製造年 排気量 エンジン 最高出力/最大トルク 変速機 駆動方式
xDrive25i 2010年4月-2011年9月 3.0L 直列6気筒 DOHC 218PS/28.6kgf·m 8速AT 4WD
xDrive28i 2011年10月- 2.0L 直列4気筒 DOHC 245PS/35.7kgf·m
xDrive20i 2011年10月- 184PS/27.5kgf·m
sDrive20i 2012年9月- 6速AT FR
sDrive18i 2010年4月- 150PS/20.4kgf·m

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


<- Previous BMW ロードカータイムライン 1980年以降   
タイプ シリーズ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
電気自動車 i3
PHV i8
ハッチバック ミニ R50/R53 R56
1シリーズ E81/E87 F20
ハッチバックセダン 3コンパクト E36/5 E46/5
セダン 3シリーズ E21 E30 E36 E46 E90 F30
5シリーズ E12 E28 E34 E39 E60 F10
7シリーズ E23 E32 E38 E65/E66/E67/E68 F01/F02
ステーションワゴン ミニ R55
3シリーズ E30 E36 E46 E91 F31
5シリーズ E34 E39 E61 F11
GT 3シリーズ F35
5シリーズ F07
2ドアクーペ Z E36/8(Z3) E86(Z4)
1シリーズ E82
2シリーズ F22
3シリーズ E30 E36 E46 E92
4シリーズ F32
6シリーズ E24 E63 F13
8シリーズ E31
4ドアクーペ 4シリーズ F36
6シリーズ F06
カブリオレ ミニ R52 R57
1シリーズ E87
3シリーズ E21 E30 E36 E46 E93
4シリーズ F33
6シリーズ E64 F12
ロードスター Z E30(Z1) E36/7(Z3) E85(Z4) E89(Z4)
スーパーカー E26 (M1) E31 (8シリーズ) E52 (Z8)
SAV ミニ R60
X1 E84
X3 E83 F25
X5 E53 E70 F15
X6 E71/E72
M シリーズ M3セダン E90 F80
M3クーペ E30 E36 E46 E92
M4クーペ F82
M5 E34 E39 E60
M6クーペ E24 E63 F13
M6カブリオレ E64 F12
Mロードスター E36/7 (Z3) E85 (Z4)
Mクーペ E36/8 (Z3) E86 (Z4)
X5M E70
X6M E71