BMW・X3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代X3 3.0i

X3(エックススリー、クロススリー)は、ドイツの自動車会社BMWが販売するSUVである。

概要[編集]

1999年に発売されたBMW・X5の成功を受けて、レクサス・RXトヨタ・ハリアー)に代表される小型高級SUVの分野にも進出すべく企画されたクロスオーバーである。BMW自身は、自社が商標登録した「SAV(Sports Activity Vehicle)」との造語を用いることにより、先行したX5とともに「BMWが発案した、まったく新しいカテゴリーの自動車である」と主張している。

X5が、BMW・5シリーズ(E39型)の構成部品を多数流用していたように、X3はBMW・3シリーズ(E46型)のプラットフォームと構成部品を多数流用している。サスペンションも旧世代3シリーズ(E36・E46)と同様、フロントには ストラット式サスペンションを、リアにはセントラルアーム(=マルチリンク式サスペンション)式サスペンションを採用している。 エクステリアはX5をそのまま一回り小さくしたようなデザインであり、バンパーの一部は樹脂がむき出しになっているなど共通点が多数存在する。駆動方式はフルタイム4WD(xDrive)で、DSCを標準装備しているのもX5と同じである。

製造は、開発も担当したマグナ・シュタイアーオーストリアグラーツの工場で行われた。 その後、製造拠点をアメリカ サウスカロライナ州スパータンバーグ工場に変更された

初代(2004年-2011年)E83[編集]

初代X3

2003年のフランクフルトショーで発表された。米国道路安全保険協会(IIHS)のおいて実施された2006年度調査において、後方からの追突時の安全性が「POOR」(危険)という評価がなされた。しかし改善され2008年度モデルにおいては「GOOD」を与えられている。

日本での販売[編集]

2004年から「2.5i」と「3.0i」の販売が始まった。2005年11月、オプションの「M-Sport パッケージ」を設定。2006年11月、マイナーチェンジ。ラインナップが「2.5si」と「3.0si」となる。エンジンとトランスミッションが変更を受け、出力アップと同時に燃費も向上した。

  • 価格は554-628万円。2006年のマイナーチェンジ前まで「3.0i」は左右ハンドルの選択が可能であり、「2.5i」には右ハンドルのみが設定されていた。マイナーチェンジ後は全車が右ハンドルのみとなった。
  • 全車にオプションとしてM社製のエアロパーツ、サスペンション、アルミホイールを装備する「M-Sport パッケージ I/II」が用意されている。「M-Sport パッケージI」はスポーツサスペンションを、「M-Sport パッケージII」はオフロード志向のノーマルサスペンションを装備。

グレード一覧[編集]

グレード 製造年 排気量 エンジン 最高出力/最大トルク 変速機 駆動方式
3.0i 2003年-2006年 3.0L 直列6気筒DOHC 231PS/30.6kgf·m 5速AT 4WD
2.5i 2.5L 192PS/25.0kgf·m
3.0si 2006年-2011年 3.0L 272PS/32.1kgf·m 6速AT
2.5si 2.5L 218PS/25.5kgf·m

2代目(2011年-)F25[編集]

BMW・X3
F25型
BMW X3 xDrive35i
2011 BMW X3 -- 2011 DC.jpg
販売期間 2011年 -
乗車定員 5人
エンジン N52B30A型 2,996cc 直6 DOHC
N55B30A型 2,979cc 直6 DOHC ターボチャージャー
N20B20A型 1,997cc 直4 DOHC
N47D20C型 1,995cc 直4 DOHC ディーゼル
変速機 8速AT
駆動方式 4WD
全長 4,650mm
全幅 1,880mm
全高 1,675mm
ホイールベース 2,810mm
-自動車のスペック表-

2010年7月14日に2代目X3が発表され、ドイツでは2010年11月20日から発売された[1]

日本での販売[編集]

  • 2011年3月29日から日本での販売が始まり、「xDrive28i」と「xDrive35i」の2モデルが導入された[2]
  • 2012年3月21日、エントリーモデルとして「xDrive20i」が追加導入された[3]
  • 2012年5月22日、「xDrive28i」のエンジンが直列6気筒 3.0L 自然吸気エンジンから直列4気筒 2.0L 直噴ツインスクロールターボエンジンに変更された。また全グレードにECO PROモード付きドライビング/パフォーマンス・コントロールが追加された[4]
  • 2012年9月24日、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「xDrive20d BluePerformance」が追加導入された[5]
グレード 製造年 排気量 エンジン 最高出力/最大トルク 変速機 駆動方式
xDrive35i 2011年3月- 3.0L 直列6気筒 DOHC 306PS/40.8kg・m 8速AT 4WD
xDrive28i 2011年3月-2012年4月 258PS/31.6kgf·m
2012年5月- 2.0L 直列4気筒 DOHC 245PS/35.7kgf·m
xDrive20i 2012年3月- 184PS/27.5kgf·m
xDrive20d BluePerformance 2012年9月- 直列4気筒 DOHC ディーゼル 184PS/38.7kgf·m


受賞など[編集]

ドイツの自動車雑誌「オフロード」の読者投票で2007年のオフロードカー・オブ・ザ・イヤーに選出された。[1]

参考文献[編集]

  1. ^ 新型「BMW X3」の姿が明らかに”. 2011年6月22日閲覧。
  2. ^ 新型「BMW X3」、2グレードで日本上陸”. 2011年6月22日閲覧。
  3. ^ BMW、X3にエントリーモデル「xDrive20i」を追加”. 2012年9月24日閲覧。
  4. ^ BMW、「X3 xDrive28i」を4気筒 2.0L ターボに”. 2012年9月24日閲覧。
  5. ^ BMW、「X3」のクリーンディーゼルモデル「X3 xDrive20d ブルーパフォーマンス」”. 2012年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


<- Previous BMW ロードカータイムライン 1980年以降   
タイプ シリーズ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
i i3 I01
i8 I12
ハッチバック ミニ R50/R53 R56 F56
1シリーズ E81/E87 F20
ハッチバックセダン 3コンパクト E36/5 E46/5
セダン 3シリーズ E21 E30 E36 E46 E90 F30
5シリーズ E12 E28 E34 E39 E60 F10
7シリーズ E23 E32 E38 E65/E66/E67/E68 F01/F02
ステーションワゴン ミニ R55
3シリーズ E30 E36 E46 E91 F31
5シリーズ E34 E39 E61 F11
GT 3シリーズ F35
5シリーズ F07
2ドアクーペ Z E36/8(Z3) E86(Z4)
1シリーズ E82
2シリーズ F22
3シリーズ E30 E36 E46 E92
4シリーズ F32
6シリーズ E24 E63 F13
8シリーズ E31
4ドアクーペ 4シリーズ F36
6シリーズ F06
カブリオレ ミニ R52 R57
1シリーズ E87
3シリーズ E21 E30 E36 E46 E93
4シリーズ F33
6シリーズ E64 F12
ロードスター Z E30(Z1) E36/7(Z3) E85(Z4) E89(Z4)
スーパーカー E26 (M1) E31 (8シリーズ) E52 (Z8)
SAV ミニ R60
X1 E84
X3 E83 F25
X4 F26
X5 E53 E70 F15
X6 E71/E72 F16
M シリーズ M3セダン E90 F80
M3クーペ E30 E36 E46 E92
M4クーペ F82
M5 E34 E39 E60
M6クーペ E24 E63 F13
M6カブリオレ E64 F12
Mロードスター E36/7 (Z3) E85 (Z4)
Mクーペ E36/8 (Z3) E86 (Z4)
X5M E70
X6M E71