BMW・600

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW・600
BMW 600 Front.jpg
製造国 ドイツの旗 ドイツ
販売期間 1957年 - 1959年
乗車定員 4人
エンジン 582cc 空冷水平対向2気筒 OHV
最高出力 19.5仏馬力
最大トルク 3.9kgm
変速機 4速MT
駆動方式 RR
サスペンション 前:独立 スイングアーム コイルスプリング
後:独立 セミトレーリングアーム コイルスプリング
全長 2,900mm
全幅 1,400mm
全高 1,375mm
ホイールベース 1,700mm
後継 BMW・700
-自動車のスペック表-

BMW・600ドイツBMWが製造、販売していた小型自動車である。

概要[編集]

1957年8月に発表された。デザインはイセッタによく似た卵形のデザインで、正面から乗降するスタイルもイセッタと共通だった。しかし600はボディサイズとホイールベースが延長され、4人乗りとなり、後席の乗降用に右サイドにドアが1つ追加された点でイセッタと異なる。

エンジンは同社のオートバイであるBMW・R67に搭載されていたエンジンをベースとした582ccの空冷水平対向2気筒OHVエンジンを搭載し、リアエンジン・リアドライブ方式とされた。トランスミッションは4速MTが搭載された。最高出力は19.5英馬力で、最高時速は103km/hだった。

イセッタには搭載されなかったデファレンシャルギアが、600では後軸輪距の拡大に伴い搭載された。リアサスペンションには三角形セミトレーリングアームによる独立懸架方式が採用され、セミトレーリングアーム式サスペンションはその後のBMWの多くのモデルに採用されることになった。

フォルクスワーゲン・ビートルの影響と、1950年代後半になってくると安価なモデルに対する興味が失われたことで、600の生産台数はあまり伸びず、総生産台数は34,813台だけだった[要出典]1959年11月に生産終了し、後継車はBMW・700である。

関連項目[編集]