フェラーリ・250

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1962 250 GTE

フェラーリ・250は、イタリアの自動車メーカー、フェラーリ1953年から1964年にかけて生産した自動車である。後継車は、275シリーズ330シリーズ

概要[編集]

初期のフェラーリでレーシング、GT モデル(ロードカー)共に大きな成功を収めたモデルで、GTモデルは2,400mmのショートホイールベース(Passo Corto/SWB)と2,600mmのロングホイールベース(Passo Lungo/LWB)があり、ほとんどのコンバーチブルモデルはSWBであった。 エンジンはほとんど全てのモデルに共通で、コロンボ ティーポ (Tipo) 125 V型12気筒2,963ccが搭載された。

レーシングモデル[編集]

250 S[編集]

250最初のモデルは、1952年のミッレミリアに参戦した「250S ベルリネッタ・プロトタイプ」 で、Giovanni BraccoとAlfonso Rolfoに委ねられ、ライバルであったRudolf Caracciola、Hermann Lang、Karl Klingらが駆るメルセデス・ベンツ 300SL レーシングに長い直線などでは遅れを取ったが、上り坂やコーナー・セクションで好走し、最終的に優勝を勝ち取った。この車は後にル・マン24時間レースカレラ・パナメリカーナ・メヒコにも参戦した。 この250Sは、"Tuboscocca"という名の格子型チューブラー・フレームを持ち、ホイールベースは2250mmで、フロントはダブルウィッシュボーン式サスペンション、リアはライブアクスルでダブルの縦置きリーフスプリングが組み合わせれていた。ブレーキはドラム式で、ステアリングはウォームアンドセクタ型が標準であった。エンジンは、ドライサンプウェーバー36DCFキャブレターが組み合わせられ230PSを発揮した。トランスミッションは5速MT

250MM[編集]

250モンツァ[編集]

250テスタロッサ[編集]

250GTO[編集]

250P[編集]

250LM[編集]

250エクスポート/ヨーロッパ[編集]

250エクスポート[編集]

250ヨーロッパ[編集]

グランツーリスモ[編集]

1963年、250GTルッソ

レーシングカーとして成功をしていた250シリーズだが、後に下記のような数々のGTモデル(公道仕様)も作られこちらも成功を収めた。

250ヨーロッパGT[編集]

250GTボアノ/エレナ[編集]

250GTベルリネッタ "ツール・ド・フランス"[編集]

250GTカブリオレピニンファリーナ シリーズI[編集]

250GTスパイダーカリフォルニアLWB[編集]

250GTクーペピニンファリーナ[編集]

250GTカブリオレピニンファリーナシリーズII[編集]

250GTベルリネッタSWB[編集]

250GTスパイダーカリフォルニア SWB[編集]

250GT/E[編集]

250GTルッソ[編集]

330アメリカ[編集]

参考文献[編集]

  • ニ玄社 自動車アーカイヴ Vol.2 60年代のイタリア/フランス車篇


フェラーリ ロードカータイムライン 1940年代-1960年代  Next ->
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代
7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
FR スポーツ 125S 166S 195S 212エクスポート 225S 250MM 250モンツァ 250GT
ツールドフランス
250GT
SWB
250GTO 250LM
159S 250S 250
エクスポート
GT 166
インター
195
インター
212インター 250ヨーロッパ 250GT
ヨーロッパ
250GT
ボアノ
250GT
エレナ
250GT
クーペ
/スパイダー
250GT
ルッソ
275GTB 275GTB/4 365GTB/4
デイトナ
2+2 250GTE 330GT 365GT
MR ディーノ206
アメリカ 340
アメリカ
375
アメリカ
/MM
410
スーパーアメリカ
400
スーパーアメリカ
500
スーパーファスト
365
カリフォルニア