フォーミュラ・ルノー3.5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォーミュラ・ルノー3.5の車体

フォーミュラ・ルノー3.5Formula Renault 3.5)とは、ヨーロッパの各国を転戦する形で開催されるフォーミュラカーレース選手権である。ワールドシリーズ・バイ・ニッサンなどを前身に持ち、2005年に初開催された。

自動車会社のルノー傘下のルノー・スポールによって主催され、一般に「ワールドシリーズ・バイ・ルノー」と呼称される選手権である。

概要[編集]

2005年ワールドシリーズ・バイ・ニッサンユーロカップ・フォーミュラ・ルノーV6とが合併して設立された選手権で、正式名称は“World Series Formula Renault 3.5”である。「ワールドシリーズ・バイ・ルノー」と呼称されることが多いが、「ワールドシリーズ・バイ・ルノー」はこの選手権の通称であると同時に、ユーロカップをかけたメガーヌトロフィー、フォーミュラ・ルノー(FIAでは「ワールドシリーズF/ルノーV6」に分類している)の両選手権を含めたイベント全体の名称でもある。

「フォーミュラ・ルノー」の名が用いられている他のシリーズとは異なり、このカテゴリはF3F1の中間に位置付けられ、GP2等と同格とされる。使用される車体(シャシー)やエンジンなども他のフォーミュラ・ルノーで使用されるそれとは大きく異なる高性能なものが使用される。F3や他のミドルフォーミュラが成績によって自動的にスーパーライセンス発行の対象となるのに対し、従来本シリーズにはそのような規定が存在しなかったが、2007年より本シリーズのチャンピオンにも自動的にスーパーライセンスが発給されることになった。

このシリーズの出身でF1ドライバーとなった主な者は、初年度2005年のチャンピオンであるロバート・クビサが2006年途中にBMWザウバーからデビュー、2006年にスポット参戦し2007年はシーズン前半に参戦(その時点でランキング1位、最終的に5位)したセバスチャン・ベッテルは2007年にBMWザウバーからスポット参戦後にトロ・ロッソのレギュラーシートを獲得、2008年チャンピオンのギド・ヴァン・デル・ガルデは数年GP2で走った後に2013年にケータハムからデビュー、2012年シリーズ2位のジュール・ビアンキは翌2013年にマルシャからデビュー、2013年チャンピオンのケビン・マグヌッセンは翌2014年にマクラーレンからデビューしている。

車体[編集]

前身であるワールドシリーズ・バイ・ニッサンで使用されていた各シャシーや他のフォーミュラ・ルノー選手権で使われているシャシーを参考にダラーラが新たに設計したシャシーが用いられ、日産自動車フェアレディZ(350Z, Z33型)に搭載されているエンジンをベースとした排気量3.5リッターV6エンジンを搭載する(ゆえに「Formula Renault 3.5」)。公称425馬力を出力するこのエンジンは、ダラーラと日産自動車が共同製作したギアボックス及びフォーミュラ・ルノーのオートマチックギアシステムとつながれ、F1同様、シフトチェンジはステアリングの裏にあるパドルで行われ、クラッチペダルによるクラッチ操作は不要となっている。

F1など、より上のカテゴリーへのステップアップを容易にするため、ギアシフトやペダル操作はF1カーのそれと統一され、他にもカーボンブレーキの採用など、仕様はF1との共通性を多分に持たせたものとなっている。

歴代チャンピオン[編集]

チャンピオン
2014年 スペインの旗 カルロス・サインツJr.
2013年 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン
2012年 オランダの旗 ロビン・フラインス
2011年 カナダの旗 ロバート・ウィッケンズ
2010年 ロシアの旗 ミハイル・アレシン
2009年 ベルギーの旗 ベルトラン・バゲット
2008年 オランダの旗 ギド・ヴァン・デル・ガルデ
2007年 ポルトガルの旗 アルバロ・パレンテ
2006年 スウェーデンの旗 アレックス・ダニエルソン
2005年 ポーランドの旗 ロバート・クビサ

シリーズチャンピオンを獲得したドライバーには、ルノーF1チームのテストドライブのチャンスが与えられる。

主なシリーズ参戦ドライバー[編集]

ドライバー 参戦年 主な成績 F1参戦歴
ロバート・クビサ 2005 2005年シリーズチャンピオン 2006-2010
セバスチャン・ベッテル 2006-2007 2007年シリーズ5位(シーズン途中でF1へ移籍) 2007-
ギド・ヴァン・デル・ガルデ 2007-2008 2008年シリーズチャンピオン 2013
シャルル・ピック 2008-2009 2009年シリーズ3位 2012-2013
ハイメ・アルグエルスアリ 2009 2009年シリーズ6位 2009-2011
ダニエル・リチャルド 2010 2010年シリーズ2位 2011-
ジャン=エリック・ベルニュ 2011 2011年シリーズ2位 2012-
ジュール・ビアンキ 2012 2012年シリーズ2位 2013-
ケビン・マグヌッセン 2012-2013 2013年シリーズチャンピオン 2014-

ユーロカップ・フォーミュラ・ルノーV6[編集]

ユーロカップ・フォーミュラ・ルノーV6(Eurocup Formula Renault V6)とは、2003年に創設されたフォーミュラ・ルノー選手権。2003年、2004年の2年開催したのみでワールドシリーズ・バイ・ニッサンと統合され、2005年から「フォーミュラ・ルノー3.5」となった。

車体[編集]

イタリアのタトゥス社(Tatuus)製のシャシーを使用し、エンジンは、ルノー製の排気量3.5リッターのV6エンジン、ルノーV4Y RSを搭載した(370馬力)。

歴代チャンピオン[編集]

チャンピオン
2004年 スイスの旗 ジョルジオ・モンディーニ(Giorgio Mondini)
2003年 アルゼンチンの旗 ホセ・マリア・ロペス(Jose Maria Lopez)

類似カテゴリ[編集]

フォーミュラV6・アジア・バイ・ルノー[編集]

フォーミュラV6・アジア・バイ・ルノーFormula V6 Asia by Renault)は、ルノー・スポールの協力の下、AFOS(アジアン・フェスティバル・オブ・スピード)によって主催され2006年に初開催された選手権である。

初年度となる2006年は、マレーシアインドネシア中華人民共和国台湾の4ヵ国で5イベント全12戦の日程で開催された。2007年については、これら4ヶ国に加え、日本・オートポリスでの開催が予定されている。

車体[編集]

シャシー及びエンジンは、2004年をもって開催が終了したユーロカップ・フォーミュラ・ルノーV6選手権のものを流用している。

歴代チャンピオン[編集]

チャンピオン
2009年 バーレーンの旗 ハマド・アル・ファルダン
2008年 タイ王国の旗 James Grunwell
2007年 イギリスの旗 ジェイムス・ウィンスロー
2006年 インドの旗 カルン・チャンドック

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]