ブレンドン・ハートレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブレンドン・ハートレイBrendon Hartley, 1989年10月11日 - )はニュージーランドパーマストンノース出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

ハートレイは元レッドブル育成ドライバー。6歳でカートレースを始め、その6年後には本格的な国内選手権に参戦してシーズン7位。翌2004年には13歳という若さでニュージーランドのフォーミュラ・フォード・フィスティバルを制し、キャリア初優勝を果たした。

2005年10月、エストリルで行われたレッドブルのドライバー・サーチ・プログラムに参加してハイメ・アルグエルスアリら他3名と共に合格。翌2006年から2010年7月まで同社のスカラシップを受けてヨーロッパの各カテゴリーに参戦した。

2008年4月にはイタリアバイラーノトロ・ロッソの2008年型マシンであるSTR3シェイクダウン・テストを担当。2009年レッドブルのテスト及びリザーブドライバーに指名されたが、「自身のレースに集中するため」シーズン途中で辞退して、同じくレッドブル育成ドライバーであるアルグエルスアリにその座を譲っている[1]

2010年はテック1レーシングよりワールドシリーズ・バイ・ルノーに参戦。しかし、同じくレッドブルトロ・ロッソのリザーブドライバーを務める僚友ダニエル・リチャルドと比べて成績が見劣りすることなどもあり、同年7月、シーズン途中でレッドブル・ジュニアチームから解雇されたことが明らかになった[2]。レッドブル・ジュニアプログラムの支援を失ったハートレイであったが、その後新たなスポンサーの協力を得てGP2コローニのシートを獲得し、シリーズの最後の2戦に出場した。

エピソード[編集]

  • 父のブライアンは数多くのモータースポーツ、特にフォーミュラ・アトランティックで活躍した経歴を持つ。また、兄のネルソンもニュージーランドの国内レースで活躍する現役のレーシングドライバーである。

経歴[編集]

カテゴリ 所属チーム ランキング 優勝
2004年 フォーミュラ・フォード・ニュージーランド   2位 6勝
2005年 トヨタ・レーシング・シリーズ・ニュージーランド GVI 3位 3勝
2005-2006年 トヨタ・レーシング・シリーズ・ニュージーランド Victory Motorsport 8位 1勝
2006年 フォーミュラ・ルノー 2.0 NEC Motorsport Arena 10位 0勝
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 13位 0勝
2006-2007年 トヨタ・レーシング・シリーズ・ニュージーランド Mark Petch Motorsport NC 0勝
2007年 イタリア・フォーミュラ・ルノー エプシロン・レッドブル・チーム 3位 1勝
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 1位 4勝
マスターズF3 ミュッケ・モータースポーツ 4位
マカオGP カーリン・モータースポーツ 12位
2008年 イギリス・F3 カーリン・モータースポーツ 3位 5勝
ユーロ・F3 カーリン・モータースポーツ NC 0勝
RC Motorsport NC 0勝
マスターズF3 カーリン・モータースポーツ 5位
マカオGP カーリン・モータースポーツ 3位
2009年 ユーロ・F3 カーリン・モータースポーツ 11位 1勝
フォーミュラ・ルノー3.5 テック1レーシング 15位 0勝
マカオGP カーリン・モータースポーツ リタイヤ
2010年 フォーミュラ・ルノー3.5 テック1レーシング 10位 0勝
GP2 スクーデリア・コローニ 27位 0勝

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]