ボブ・ウォレク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1976年のウォレク

ボブ・ウォレクRobert "Bob" Wollek, 1943年11月4日 - 2001年3月16日)は、フランスストラスブールの出身のレーシングドライバー。「ブリリアント・ボブ」とあだ名された。2001年3月16日、フロリダセブリング12時間レースに備えて自転車に乗車中、交通事故に遭い死亡した。

経歴[編集]

スキーでの経歴[編集]

レース活動を開始する前、学生のころのウォレクは1966年から1968年までスキーのフランス代表チームのメンバーだった。ウォレクは冬季ユニバーシアード大会に出場し、金メダルを3個、銀メダルを2個獲得した[1]

ウォレクは冬季オリンピックの準備中に負傷したことでスキーのキャリアを終了した。[2]

ユニバーシアードの記録[編集]

メダル 競技
1966 男子滑降
男子大回転
男子アルペン複合
男子回転
1968 男子アルペン複合

初期のレース経歴[編集]

スキーのアクシデントによる選手生命を絶たれる前に、ウォレクは自動車レースを始めていた。1967年のモンブランラリーにルノー・8ゴルディーニで参戦し、ウォレクは勝利を収めた。翌1968年、スキーのキャリアが終了したウォレクはル・マンのブガッティ・サーキットで行われた"Volant Shell"スカラシップに参加し、フランソワ・ミゴーに次ぐ2位となった。ウォレクはその後「アルパイン・トロフィー・ル・マン」に勝利するとル・マン24時間レースへの参戦する機会を得、ル・マン24時間のデビュー戦を11位でフィニッシュした[2]

1969年、ウォレクはフォーミュラ・フランスでシングルシーターマシンの選手権にデビューし、その後フランスF3選手権にステップアップした。

ルーアン戦でウォレクはジャン=リュック・サロモンの死亡事故に巻き込まれた[3]。2車線部分のシーリーで、ウォレクとサロモン以外にリチャード・スコットジャン=ピエール・ジョッソーマイク・ボイトラーをまじえての先頭争い中に事故は起きた。

1971年、ウォレクはロン・デニス率いるロンデル・レーシングよりF2に参戦した[2][4]。初年度は1ポイントしか挙げることができず不安定なスタートだったが[5]、翌1972年にはイモラでの1勝を含め21ポイントを獲得しランキング7位となった[6]。しかしウォレクはF1への野心を捨ててスポーツカーレースに集中することを選択し、これは後に自身の代名詞になった。

スポーツカーレース[編集]

ニュルブルクリンクポルシェ・935をドライブするウォレク(1977)

ウォレクは50歳を過ぎてもレーサーとして高い能力を維持していた。ウォレクはトレーニングのリストを作成して自転車に乗り、ル・マン24時間レースのような長いレースにも耐えられるように身体の好調を維持した。

1970年代の中盤、ウォレクはケルンを本拠とするゲオルク・ルースのジェロ・レーシングよりポルシェ・935で参戦した。

ウォレクは30年にわたるスポーツカーレースのキャリアのほとんどでポルシェをドライブし、ヨースト・レーシングのポルシェ・936ポルシェ・956をドライブしてデイトナ24時間レースで4度の勝利を挙げ(1983年、1985年、1989年、1991年)、Deutsche Rennsport Meisterschaft(DRM)では2度のタイトルを獲得した(1982年、1983年)。

何年にもわたり、ウォレクはポルシェの公式チームに加入することはほとんど無く、プライベーターのマシンでファクトリーチームへの挑戦を続けた。1981年にウォレクはグループC仕様のポルシェ・917でレースをしたが、917が最初に第一線を退いてから約10年が経過していた。

ウォレクはル・マン24時間レースでは未勝利に終わったが、30回の挑戦のうちには何度か近いレースがあった。1997年、ウォレクのポルシェ・911GT1はレースをリードしていたが、このファクトリーマシンは小さなトラブルでリタイアを余儀なくされた。1998年にポルシェは1-2フィニッシュを果たしたが、ウォレクは運の無い方のマシンに乗車していた。

1998年シーズン終了後、ポルシェはFIA GT選手権から一番速いマシンを撤退させ、下位クラスにポルシェ・911のみを供給した。2000年にウォレクはポルシェ・996をドライブし、アメリカン・ル・マン・シリーズで多くのクラス優勝を重ねた。


[編集]

2001年3月16日、セブリング12時間レースのプラクティスを終えたウォレクはセブリング・インターナショナル・レースウェイから宿泊施設に向け、続けていたトレーニングの習慣にしたがい、自転車でハイウェイ98号を西に向かっていた。舗装部分の端付近を走行していたウォレクは、午後4時半ころ、フロリダ州オキーチョビーの老人が運転するバンに追突された[7][8]。ウォレクはセブリングのハイランズ地域医療センターに搬送されたが、到着時には死亡していたと発表された。ウォレクはジョニー・モウレム、マイケル・ピーターセンとともにピーターセン・モータースポーツのポルシェ・996 GT3-RSから参戦する予定だった[8]がチームはウォレクへの敬意を払いレースへの出走を取り消した[9]。決勝日、レース主催者はウォレクのために1分間の黙祷の時間をとった。生前のウォレクは、レースを引退してポルシェの大使役を務めると発表しており、セブリングのレース後にこの契約にサインする予定だった。

レース戦績[編集]

WSPC,WSC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1986 ロスマンズ・ポルシェ AG ポルシェ・962C C1 MON
6
SIL
Ret
LMN
Ret
NÜR
Ret
SPA
7
FUJ
11位 30
リチャード・ロイド・レーシング ポルシェ・956B GTi NOR
DSQ
BRA
1
JER
1987 ロスマンズ・ポルシェ AG ポルシェ・962C C1 JAR
JER
Ret
MON
6
SIL
4
LMN
Ret
NOR
Ret
BRH
NÜR
Ret
SPA
5
FUJ
5
30位 16
1988 ヨースト・レーシング ポルシェ・962C C1 JER
3
JAR
Ret
MON
5
SIL
4
LMN
Ret
BRN
5
BRH
2
NÜR
3
SPA
FUJ
Ret
SUN
9位 122
1989 ヨースト・レーシング ポルシェ・962C C1 SUZ
3
DIJ
1
JAR
BRH
2
NÜR
Ret
DON
4
SPA
2
MEX
Ret
6位 72
1990 ヨースト ポルシェ・レーシング ポルシェ・962C C1 SUZ
Ret
MON
5
SIL
4
SPA
7
DIJ
7
NÜR
6
DON
7
MTL
6
MEX
6
13位 7.5
1991 シルクカット・ジャガー ジャガー・XJR-12 C2 SUZ
MON
SIL
LMN
3
NÜR
MAG
MEX
AUT
24位 12
1992 クラージュ・コンペティション クーガー・C28LM C3 MON
SIL
LMN
1
DON
SUZ
MAG
NC 0

外部リンク[編集]

脚注[編集]