ライアン・ハンター=レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライアン・ハンター=レイ
Ryan Hunter-Reay
2010年インディ500にて
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1980年12月17日(33歳)
出身地 テキサス州ダラス
2014年インディカー・シリーズ
デビュー 2007年
所属 アンドレッティ・オートスポーツ
車番 37
過去所属 A.J.フォイト・エンタープライズ
ヴィジョン・レーシング
レイホール・レターマン・レーシング
出走回数 30
優勝回数 7
ポールポジション 1
シリーズ最高順位 1st(2010年,2011年,2012年)
過去参加シリーズ
2003-2005
2002
2000-2001
チャンプカー・ワールド・シリーズ
アトランティック・チャンピオンシップ
バーバー・プロ・シリーズ
受賞
1999

2002

2007

2012
スキップ・バーバー・ビッグ・スカラーシップ
ワールドコム・ライジングスター・アワード
インディカー ルーキーオブザイヤー
インディ500 ルーキーオブザイヤー
インディカー・シリーズチャンピオン

ライアン・ハンター=レイ (Ryan Hunter-Reay, 1980年12月17日 - ) は、アメリカ合衆国のレーシング・ドライバー。テキサス州ダラス出身。2012年のインディカー・シリーズチャンピオンである。

経歴[編集]

国際カート選手権で6勝を挙げたハンター=レイは、スキップ・バーバー・カーティング・スカラーシップでも勝利しスキップ・バーバー・フォーミュラ・ダッジ・シリーズに参戦した。1998年にはスキップ・バーバー・フォーミュラ・ダッジ・ナショナルチャンピオンシップで勝利し、その後フォーミュラ・ダッジのトップドライバーたちと競り勝って150万ドルの賞金を獲得した。

2000年から2001年までバーバー・ダッジ・プロシリーズに参戦し、2000年にはルーキーオブザイヤーを獲得、2001年には2勝を挙げている。2002年にはチャンプカーへのステップであるアトランティック・チャンピオンシップに参戦、3勝を挙げシリーズ6位、ラップリードやポールポジション、ファステストタイムなどの記録も達成した。これによって彼はワールドコム「ライジングスター」アワードを受賞することとなった。

チャンプカー[編集]

2003年、ハンター=レイはチャンプカー・ワールド・シリーズにアメリカン・スピリット・チーム・ヨハンソンから参戦する。低速のレイナード製シャシーと、3人の異なったエンジニアというハンディキャップを抱えながら、彼はミッドオハイオでフロントローからスタートし3位でフィニッシュしたことと、サーファーズ・パラダイスではレイナード勢予選最上位を得、ウェット/ドライ路面で優勝したことで、多くの人々にその存在を印象づけた。サーファーズ・パラダイスではリスクの高い戦略を選び、ベテラン勢が選択できなかった早期のピットインとスリックタイヤへの換装を行い、何とか事故を起こさずにコースに留まることができた。3度の再スタートを通して、彼はチームメイトで元チャンピオンであるジミー・バッサー、そしてイギリス人レーサーのダレン・マニングを打ち負かした。

2004年、ハンター=レイはハーデス・コンペティションに移籍し、彼はチーム初のポールポジションと勝利をミルウォーキーで挙げた。250周のラップリードはチャンプカー史上1レースにおける最多の記録であった。

2005年はロケットスポーツ・レーシングに移籍するが、前年とは打って変わった成績不振でシーズン終盤には解雇されてしまう。


インディカー[編集]

しばらくアメリカのオープンホイールシリーズから遠ざかったが、2007年に成績不振によりシーズン途中で解雇されたジェフ・シモンズの代役としてインディカー・シリーズにレイホール・レターマン・レーシングからデビューした。この年はフル参戦したルーキーがいなかったこともあり、わずか6戦の参戦ながらルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。

2008年も同チームに残留し、ワトキンズ・グレンでインディカー初優勝を飾る。ランキング8位。

2009年はレイホールがフル参戦から撤退したため、開幕直前にヴィジョン・レーシングのシートを獲得しインディ500まで参戦。開幕戦でいきなり2位に入る。 その後、インディ500で負傷したヴィトール・メイラの代役としてA.J.フォイト・エンタープライズに移籍し、シーズン終了まで参戦。ランキングは15位にとどまる。

2010年もメイラが復帰するためシートが宙に浮いていたが、一部レースのスポット参戦という契約ながらトップチームアンドレッティ・オートスポーツのシートを得た。開幕戦サンパウロで2位、さらにロングビーチ市街地コースでチームに2年ぶりの優勝をもたらすと、最終的にフル参戦となり、ランキング7位を獲得した。

2011年はアンドレッティ・オートスポーツのレギュラーシートを獲得した。しかしシーズン前半の成績は不振にあえぎ、インディ500は予選落ちとなった(33番手を代行することで出走は出来た)。しかし後半戦では復調し、ニューハンプシャーで優勝、トロントとミッドオハイオで3位を記録した。チャンピオンシップでは、得点こそ下回ったが前年と並ぶ7位を獲得した。

2012年もチームに残留した彼は、セントピーターズバーグで3位、サンパウロで2位を獲得した。インディ500では3番グリッドからスタートしたが、メカニカルトラブルでリタイアに終わった。しかしその後のミルウォーキー、アイオワ、トロントにかけて3連勝を達成した。ミッドオハイオでのリタイア、ソノマでのスピンが響きウィル・パワーに首位を明け渡すが、ボルティモアで4勝目を挙げパワーと17点差にまで迫った。最終戦フォンタナでは4位を獲得、タイトルを争うパワーが序盤のクラッシュによって24位に終わったため3点差で自身初のシリーズチャンピオンを獲得した[1]


レース成績[編集]

CART[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2003 アメリカン・スピリット・チーム・ヨハンソン レイナード・02i フォード STP
16
MTY
12
LBH
7
BRH
16
LAU
11
MIL
16
LS
12
POR
17
CLE
9
TOR
11
VAN
6
ROA
10
MDO
3
MTL
17
DEN
15
MIA
12
MXC
11
SRF
1
FON
C
14位 64
2004 ハーディス・コンペティション ローラ・B02/00 LBH
7
MTY
8
MIL
1*
POR
12
CLE
11
TOR
8
VAN
8
ROA
4
DEN
16
MTL
18
LS
5
LVS
13
SRF
5
MXC
19
9位 199
2005 ロケットスポーツ・レーシング LBH
13
MTY
7
MIL
17
POR
15
CLE
18
TOR
6
EDM
16
SJO
14
DEN
6
MTL
12
LVS
10
SRF MXC 15位 110

インディカー・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2007 レイホール・レターマン・レーシング ダラーラ ホンダ HMS
STP
MOT
KAN
INDY
MIL
TXS
IOW
RIR
WGL
NSH
MDO
7
MIS
6
KTY
15
SNM
18
DET
18
CHI
7
19位 119
2008 HMS
7
STP
17
MOT1
7
LBH1
DNP
KAN
18
INDY
6
MIL
15
TXS
20
IOW
8
RIR
16
WGL
1
NSH
19
MDO
10
EDM
8
KTY
9
SNM
18
DET
6
CHI
9
SRF2
3
8位 360
2009 ヴィジョン・レーシング STP
2
LBH
11
KAN
15
INDY
32
MIL
12
TXS
16
15位 298
A.J.フォイト・エンタープライズ IOW
19
RIR
15
WGL
21
TOR
7
EDM
17
KTY
14
MDO
4
SNM
19
CHI
15
MOT
21
HMS
13
2010 アンドレッティ・オートスポーツ SAO
2
STP
11
ALA
12
LBH
1
KAN
5
INDY
18
TXS
7
IOW
8
WGL
7
TOR
3
EDM
5
MDO
10
SNM
8
CHI
4
KTY
21
MOT
9
HMS
11
7位 445
2011 STP
21
ALA
14
LBH
23
SAO
18
INDY3
DNQ
TXS1
19
TXS2
9
MIL
26
IOW
8
TOR
3
EDM
7
MDO
3
NHM
1
SNM
10
BAL
8
MOT
24
KTY
5
LVS4
C
7位 347
A.J.フォイト・エンタープライズ INDY3
23
2012 アンドレッティ・オートスポーツ ダラーラ・DW12 シボレー STP
3
ALA
12
LBH
6
SAO
2
INDY
27
DET
7
TXS
21
MIL
1
IOW
1
TOR
1
EDM
7
MDO
24
SNM
18
BAL
1
FON
4
1位 468
2013 STP
18
ALA
1
LBH
24
SAO
11
INDY
3
DET1
2
DET2
18
TXS
2
MIL
1
IOW
2
POC
20
TOR1
18
TOR2
19
MDO
5
SNM
6
BAL
20
HOU1
20
HOU2
21
FON
9
7位 469
2014 ホンダ STP
2
LBH
20
ALA
1
IMS
2
INDY
1
DET1
16
DET2
19
TXS
19
HOU1
7
HOU2
6
POC
18
IOW
1
TOR1
21
TOR2
14
MDO
10
MIL
21
SNM
FON
4位 494

 

インディ500 成績[編集]

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2008 ダラーラ ホンダ 20 6 レイホール・レターマン・レーシング
2009 ダラーラ ホンダ 32 32 ヴィジョン・レーシング
2010 ダラーラ ホンダ 17 18 アンドレッティ・オートスポーツ

脚注[編集]

  1. ^ アメリカ人ドライバーがタイトルを獲得するのは、2006年のサム・ホーニッシュ・ジュニア以来である

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
マルコ・アンドレッティ
インディカー・シリーズ
ルーキーオブザイヤー

2007
次代:
武藤英紀
先代:
フィル・ジーブラー
インディ500
ルーキーオブザイヤー

2008
次代:
アレックス・タグリアーニ