オリオール・セルビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリオール・セルビア
オリオール・セルビア、2011年5月
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1974年7月13日(40歳)
出身地 スペイン, ジローナ
2014年インディカー・シリーズ
デビュー 2008
所属 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング
車番 16
過去所属 レイホール・レターマン・レーシング
KVレーシング・テクノロジー
ニューマン・ハース・レーシング
ドレイヤー&レインボールド・レーシング
出走回数 62
優勝回数 0
ポールポジション 0
シリーズ最高順位 2位(2011)
オリオール・セルビア
基本情報
CARTシリーズ
活動時期 2000-2007
所属 PPIモータースポーツ
シグマ・オートスポーツ
PWRチャンピオンシップ・レーシング
パトリック・レーシング
デイル・コイン・レーシング
ニューマン・ハース・レーシング
PKVレーシング
フォーサイス・チャンピオンシップ・レーシング
出走回数 125
優勝回数 1
ポールポジション 1
シリーズ最高順位 2位(2005)
過去参加シリーズ
1998-1999 インディ・ライツ
選手権タイトル
1999 インディ・ライツ チャンピオン

オリオール・セルビア (Oriol Servià i Imbers, 1974年7月13日 - ) は、スペインカタルーニャ州ジローナ出身のレーシングドライバーカタルーニャ工科大学卒。機械工学の学位を持つ。

経歴[編集]

初期[編集]

多くの他のドライバーと同じく、セルビアは19歳でレーシングカートからその経歴を始めた。フォーミュラ3に数戦参加した後、1998年にアメリカでインディ・ライツに参戦する。1999年にはケイシー・メアーズとタイトルを争い、チャンピオンを獲得した。シーズンでの優勝は1度も無かったが、コンスタントに入賞した結果のチャンピオンであった。

2000年、セルビアはクリスチアーノ・ダ・マッタのチームメイトとしてPPIモータースポーツに加入し、チャンプカー・ワールド・シリーズに参戦する。翌年にはシグマ・オートスポーツに移籍、さらに2002年にはパトリック・レーシングに移籍した。2004年にはデイル・コイン・レーシングに移籍し、第11戦のラグナ・セカでは3位とそれまでで最高位に入賞した。また、2002年のインディ500ではウォーカー・レーシングおよびコンクェスト・レーシングからプラクティスに参加したが、いずれも予選不通過となった。

2005-2006[編集]

2005年シーズンはデイル・コイン・レーシングで継続参戦したが、2戦を終えた後、ブルーノ・ジュンケイラが負傷により離脱したニューマン・ハース・レーシングに移籍することとなった。2005年8月28日、セルビアはモントリオールにおいてチャンプカーでの初勝利を挙げる。この勝利は論議を呼ぶこととなった。ティモ・グロックがセルビアのアタックをかわすために最終シケインをショートカットしてブロック、次のアタックに対しても同様の動きをしてブロックした。グロックはこのアンフェアな行為に対して警告を受けた。この年セルビアはチームメイトのセバスチャン・ボーデに次ぐ2位でシーズンを終えた。翌2006年PKVレーシングに移籍、イギリス人ルーキーのキャサリン・レッグがチームメイトとなった。また、チームの共同オーナーであるジミー・バッサーがスポット参戦した。セルビアはシーズンを11位で終え、表彰台はクリーブランドでの3位のみであった。

2007[編集]

2007年シーズン、セルビアは負傷したポール・トレーシーに代わってフォーサイス・チャンピオンシップ・レーシングに加入、第2戦から参戦した。新型のパノス・DP01をドライブする時間は僅かだったにもかかわらず、2位に入賞した。続くヒューストンでは4位に入賞、トレーシーは第4戦のポートランドから復帰したが、セルビアはマリオ・ドミンゲスの後任として残るレースを戦うこととなった。フォーサイスでの11戦で2度の表彰台、4度のトップ5を達成する。第9戦のサンノゼでは42周のラップリードを保ち、3位に入賞した。しかしながらチームは2007年9月12日にメキシコ人ドライバーのデヴィッド・マルチネスの起用を発表した。幸運にも10月にPKVレーシングがトリスタン・ゴメンディに代わるドライバーとしてセルビアを指名した。セルビアは13戦の内12戦をトップ10でフィニッシュし、開幕戦には参加できなかったもののシーズンを6位で終えた。

2008[編集]

インディアナポリス・モータースピードウェイ、2008年5月
KVレーシングのマシンを駆るセルビア、インディアナポリスで

2008年1月3日、PKVレーシングは2008年シーズンにセルビアを起用することを発表した[1]。しかしながら、チャンプカーとIRLの統合により、チャンプカー参戦予定であったセルビアとウィル・パワーはKVレーシングの名前でインディカー・シリーズに参戦することとなった。

セルビアは2008年のインディ500で25位からスタートし、11位でフィニッシュした。セルビアはレースの大半を15位以内で走行した。1週間後、彼はミルウォーキーで目覚ましい走りを見せる。レース序盤でエンリケ・ベルノルディと接触し26位に沈んだものの、再スタート後は猛烈な追い上げを見せて6位でフィニッシュした。不調に終わったアイオワ、テキサスの後 、デトロイトでは4位に入る。シーズン最終戦のシカゴではCDWが新たなスポンサーとして加わった。

このシーズン、セルビアはトップ10で7回完走し、トップ5には5回、4位が最高位であった。

2009[編集]

2009年はレギュラードライバーとして参戦することができず、インディ500にレイホール・レターマン・レーシングから出場した。予選3日目に220.984mphで予選を通過したが、決勝では機械トラブルで26位となった[2]。その後アンドレッティ・グリーン・レーシングトニー・カナーンのアドバイザーを務めた後、ニューマン・ハース・レーシングから4戦に参加、もてぎでは4位に入賞した。

2011[編集]

2011年シーズンはニューマン・ハース・レーシングから参戦。ミルウォーキーで3位、ニューハンプシャーとボルチモアで2位に入賞し、ランキング4位でシーズンを終えた。

2012[編集]

2012年にはドレイヤー&レインボールド・レーシングへ移籍。チームは第5戦のインディ500よりパンサー・レーシングと提携したが、最高位はインディの4位、トータル287ポイントでランキング13位に終わった。

2013[編集]

2013年も引き続き同チームより参戦。サンパウロでは4位を獲得するなどしたが、チームスポンサーの関係で途中から同チームから参戦できなくなったが、シーズン後半はパンサー・レーシングより参戦した。

2014[編集]

2014年シーズンはレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに第2戦から第5戦までスポットで参戦。その後新たに開催されたフォーミュラEにおいてドラゴン・レーシング・フォーミュラEチームより参戦している[3]

レース戦績[編集]

CART,チャンプカー・ワールド・シリーズ[編集]

(key)

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 順位 ポイント
2000 PPIモータースポーツ レイナード・2Ki トヨタ MIA
Ret
LBH
6
RIO
Ret
MOT
Ret
NZR
9
MIL
19
DET
3
POR
8
CLE
Ret
TOR
11
MIS
8
CHI
Ret
MDO
10
ROA
10
VAN
11
LS
Ret
STL
5
HOU
9
SRF
9
FON
Ret
15位 60
2001 シグマ・オートスポーツ ローラ・B01/00 コスワース MTY
14
LBH
14
TXS
NH
NZR
9
MOT
14
MIL
14
DET
16
POR
9
CLE
17
TOR
23
MIS
11
CHI
18
MDO
9
ROA
10
VAN
5
LAU
5
ROC
10
HOU
26
LS
17
SRF
25
FON
11
19位 42
2002 PWRチャンピオンシップ・レーシング ローラ・B02/00 トヨタ MTY
10
LBH
11
MOT
6
MIL
Wth
LS POR CHI TOR CLE                     16位 44
パトリック・レーシング レイナード・02i                   VAN
14
MDO
10
ROA
16
MTL
16
DEN
11
ROC
4
MIA
17
SRF
16
FON
5
MXC
9
2003 パトリック・レーシング ローラ・B02/00 コスワース STP
12
MTY
18
LBH
12
BRH
4
LAU
5
MIL
2
LS
6
POR
5
CLE
6
TOR
5
VAN
16
ROA
18
MDO
18
MTL
2
DEN
3
MIA
19
MXC
13
SRF
19
FON
NH
7位 108
2004 デイル・コイン・レーシング LBH
15
MTY
14
MIL
7
POR
11
CLE
4
TOR
9
VAN
12
ROA
6
DEN
6
MTL
9
LS
3
LVG
12
SRF
13
MXC
7
10位 199
2005 デイル・コイン・レーシング LBH
11
MTY
9
                      2位 288
ニューマン・ハース・レーシング     MIL
3
POR
16
CLE
3
TOR
2
EDM
2
SJO
3
DEN
4
MTL
1
LVG
2
SRF
5
MXC
4
2006 PKVレーシング LBH
18
HOU
12
MTY
8
MIL
5
POR
10
CLE
3
TOR
12
EDM
4
SJO
8
DEN
15
MTL
16
ROA
4
SRF
13
MXC
6
11位 197
2007 フォーサイス・チャンピオンシップ・レーシング パノス・DP01 LVG LBH
2
HOU
4
POR
11
CLE
7
MTT
9
TOR
10
EDM
6
SJO
3
ROA
4
ZOL
6
ASN
8
    6位 237
PKVレーシング                         SRF
14
MXC
3
  • ^ 2004年に新ポイントシステムが導入された。

インディカー・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2002 ウォーカー・レーシング ダラーラ シボレー HMS PHX FON NZR INDY
DNQ
TXS PPIR RIR KAN NSH MIS KTY STL CHI TX2 NC 0
2008 KVレーシング・テクノロジー ホンダ HMS
12
STP
7
MOT1
DNP
LBH1
5
KAN
11
INDY
11
MIL
6
TXS
26
IOW
16
RIR
5
WGL
23
NSH
16
MDO
5
EDM
5
KTY
12
SNM
15
DET
4
CHI
17
SRF2
5
9位 358
2009 レイホール・レターマン・レーシング ホンダ STP LBH KAN INDY
26
MIL TXS IOW RIR WGL TOR EDM KTY 21位 115
N/H/Lレーシング MDO
11
SNM
6
CHI
7
MOT
4
HMS
2011 ニューマン・ハース・レーシング STP
9
ALA
5
LBH
6
SAO
5
INDY
6
TXS1
21
TXS2
25
MIL
3
IOW
14
TOR
12
EDM
22
MDO
8
NHM
2
SNM
11
BAL
2
MOT
5
KTY
6
LVS3 4位 425
2012 ドレイヤー&レインボールド・レーシング ダラーラ・DW12 ロータス STP
16
ALA
13
LBH
16
SAO
11
13位 287
パンサー/ドレイヤー&レインボールド・レーシング シボレー INDY
4
DET
5
TXS
20
MIL
4
IOW
21
TOR
5
EDM
24
MDO
25
SNM
19
BAL
7
FON
19
2013 パンサー・ドレイヤー&レインボールド・レーシング STP
17
ALA
15
LBH
6
SAO
4
INDY
11
DET1 DET2 22位 133
パンサー・レーシング TXS
19
MIL IOW
7
POC TOR1 TOR2 MDO
14
SNM BAL
12
HOU1
19
HOU2
7
FON
19
2014 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング ホンダ STP
LBH
7
ALA
20
IMS
12
INDY
11
DET1 DET2 TXS HOU1 HOU2 POC IOW TOR1 TOR2 MDO MIL SNM FON 24位 88
1 同日に開催された
2 ノンタイトル戦
3 11週目に発生した多重クラッシュによりダン・ウェルドンが死亡。レースは中止となった
年数 チーム数 レース数 PP数 勝利数 表彰台
(勝利以外)
トップ10
(表彰台以外)
インディ500勝利数 チャンピオン獲得数
6 6 62 0 0 3 29 0 0

インディ500 結果[編集]

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2002 ダラーラ シボレー DNQ ウォーカー・レーシング
ダラーラ インフィニティ DNQ コンクェスト・レーシング
2008 ダラーラ ホンダ 25 11 KVレーシング・テクノロジー
2009 ダラーラ ホンダ 25 26 レイホール・レターマン・レーシング
2011 ダラーラ ホンダ 3 6 ニューマン・ハース・レーシング
2012 ダラーラ シボレー 27 4 パンサー/ドレイヤー&レインボールド・レーシング
2013 ダラーラ シボレー 13 11 パンサー ドレイヤー&レインボールド・レーシング
2014 ダラーラ ホンダ 18 11 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング

フォーミュラE[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2014-15 ドラゴン・レーシング CHN
7
MAL
7
URU
ARG
TBA
MIA
LBH
MON
GER
GBR
9位 812

参照[編集]

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
クリスチアーノ・ダ・マッタ
インディ・ライツチャンピオン
1999
次代:
スコット・ディクソン