KVレーシング・テクノロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KVレーシング・テクノロジー(KV Racing Technology )は、インディアナポリスに本拠地を置き、インディカー・シリーズに参戦するレーシングチーム。現在のオーナーはケビン・カルコーベン1996年CARTチャンピオンのジミー・バッサー。KVとは二人の名字の頭文字である。

概要[編集]

KVレーシング・テクノロジーの創設は2003年。カルコーベンとジャック・ヴィルヌーヴの当時のマネージャーであり、B・A・Rのチーム代表を離れていたクレイグ・ポロックが手を組み、「PKレーシング」として創設されたのが始まりである。カルコーベンは、Championship Auto Racing Teams (CART)の資産を買収して2007年シーズンまでチャンプカー・ワールド・シリーズを運営した。チームとしても同シリーズに参戦、2004年にはドライバー兼共同オーナーとして、ベテランのジミー・バッサーを迎えている。(ポロックは2003年でチームを離れている。)

2010年でオープンホイール・レーシングの参戦開始から8シーズン目、インディカー・シリーズでは3シーズン目を迎えることになる。チームのジェネラルマネージャーは、モータースポーツ界で長年手腕を振るってきたマーク・ジョンソンが務める。

共同オーナーのひとりであるジミー・バッサーは、オープン・ホイール・レーシング界でもっとも広くその名を知られた人物のひとり。1996年インディカー・ワールードシリーズのチャンピオンは、2004年に共同オーナー兼ドライバーとしてKVレーシング・テクノロジーに参画。CARTシリーズとチャンピカー・ワールドシリーズあわせて14シーズン参戦したバッサーは、アメリカのオープンホイール・レーシングの歴史のなかでも最高の評価を得ているドライバーのひとりと言える。1996年にタイトルを勝ち取ったことに加え、カリフォルニア出身のバッサーは1998年にシリーズ2位、1997年にシリーズ3位に輝くなど、数多くの華々しい戦歴を残している。オープン・ホイールドライバーとしての参戦は2008年ロングビーチが最後となったが、その後もチームの業務に深く関わっている。その傍ら、スポーツカー・イベントでは現在もドライバーとして活躍。レース活動以外では、3社の自動車ディーラー、カリフォルニア州ナパにあるワイン用ぶどう園のオーナーであり、北アメリカ各地に様々な不動産を所有している。

KVレーシング・テクノロジーは、チャンプカーおよびインディカーでこれまで2013年のインディ500を含め3勝を挙げている。ポールポジション獲得は2011年の佐藤琢磨による2回を含め通算4回。

チームオーナー[編集]

  • ケビン・カルコーベン(Kevin Kalkhoven)
  • ジミー・バッサー(Jimmy Vasser)

所属ドライバー[編集]

2008

2009

2010

2011

2012

2013

外部リンク[編集]