ポール・トレーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・トレーシー
Paul Tracy
2009年のインディ500、予選2日目のトレーシー
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 1968年12月17日(45歳)
出身地 カナダオンタリオ州スカボロー
2014年IRL インディカー・シリーズ
デビュー 2002
所属 KVレーシング・テクノロジー
車番 15
過去所属 チームKOOLグリーン
ヴィジョン・レーシング,
A.J.フォイト・エンタープライズ
出走回数 9
シリーズ最高順位 22nd(2009)
基本情報
CART / チャンプカー・ワールド・シリーズ
活動時期 1991-2007
所属 デイル・コイン・レーシング
ニューマン・ハース・レーシング
マールボロ・チーム・ペンスキー
チームKOOLグリーン
フォーサイス・レーシング
出走回数 261
優勝回数 31
ポールポジション 25
シリーズ最高順位 1st(2003)
過去参加シリーズ
1988-1990 アメリカン・レーシング・シリーズ(インディ・ライツ)
選手権タイトル
2003 チャンプカー・ワールドシリーズ・チャンピオン

ポール・トレーシー (Paul Tracy, 1968年12月17日 - ) は、カナダのレーシング・ドライバー。オンタリオ州スカボロー出身。1991年から2007年までチャンプカー・シリーズに参戦していた。"PT"、"ザ・スリル・フロム・ウェスト・ヒル"の愛称で呼ばれる。

レース経歴[編集]

初期の経歴[編集]

トレーシーは幼少時から自動車に興味を持ち、16歳になると故郷の近くのグッドウッド・カート場でカートレースを始めた。1985年、16歳で最年少のカナディアン・フォーミュラフォードチャンピオンとなる。17歳では Can-Am 最後のレースで優勝した。同レースでの優勝で、彼は Can-Am 史上最年少優勝者の記録を達成した。

トレーシーは北米におけるオープンホイール・レースで徐々にステップアップし、1990年のインディ・ライツ・シーズンでは9勝を挙げ、その年のシリーズチャンピオンとなった。

ペンスキー - ニューマン・ハース時代[編集]


チーム・グリーン[編集]

2002年のインディ500

フォーサイス・レーシング[編集]

インディカー・シリーズ[編集]

フレンチ・ヘルメット論争[編集]

そのレース経歴において、トレーシーは度々トラブルに捲き込まれた。数人のドライバーがトレーシーは攻撃的であり、しばしば危険な振る舞いを犯したと主張し、過去には何度かのアクシデントと論争を引き起こしている。しかしながら近年に起こったトラブルとしては、フレンチ・ヘルメット論争と呼ばれるフランス人ドライバーとのトラブルが挙げられる。

フレンチ・ヘルメット論争は2006年シーズンにおけるサンノゼ戦とデンバー戦での2件の事故の後に巻き起こった。サンノゼ戦でトレーシーは右カーブにおいてミスを犯しコースアウトし、コースに戻ろうとした際にアレックス・タグリアーニと接触、タグリアーニ車の前部を破損した。事故の後フランス系カナダ人であるタグリアーニは激怒しピットにおいてトレーシーに詰め寄り、損害の償いを要求した。トレーシーはタグリアーニに「触るな」と言い、オフィシャルが止めに入るまで2人はつかみ合いとなった。この間、トレーシーはタグリアーニがヘルメットをかぶっていたことを注意した。2人は罰金を科され(金額は公表されていない)、トレーシーは3戦の執行猶予と7ポイントを失うこととなった[1]

次戦のデンバーでトレーシーはフランス人ドライバーのセバスチャン・ボーデとラストラップにおいて2位を争っていた。トレーシーは燃料とブレーキに問題を抱え、最終コーナーでボーデの後に接近した。トレーシーは十分な減速を行わずコントロール不能となり、ボーデ車に接触した。ボーデは逆にトレーシー車を押し返した。レース後トレーシーはボーデを挑発したが、ボーデはやり過ごした。トレーシーは3ポイントを失い、2万5,000ドルの罰金を科された。運営側は「トレーシーのデンバーにおけるアクシデントはサンノゼの執行猶予に違反している」[2]と発表した。ボーデはトレーシーのチームメイトで、チャンピオンシップを争っていたA.J.アルメンディンガーを有利にするためトレーシーが故意に接触したとして、トレーシーの出場停止を要求した。

レース後のインタビューでトレーシーは、事故後に挑発に応じなかったボーデを非難した。「彼がヘルメットを脱がなかったのは残念だね。しかし、フランス人の奴らはいつもヘルメットをかぶったままだ。」トレーシーはそれが冗談だと言ったものの、1週間後に付け加えた。「あれは冗談だと言ったけど、事実だよ。もし事実じゃないことと言ったんなら謝るけれど、どっちもヘルメットをかぶったまま言い寄ってきたんだ。後悔はしてないけれど、冗談だと言ったんだ。」ボーデ、タグリアーニに加えてケベック出身のドライバーであるアンドリュー・レンジャーは週末の8月26日、次戦のモントリオールでトレーシーに野次を飛ばすよう群衆に話した。

またこの一件は、トレーシーがデンバー事件は過去の数レースの報復であったとボーデを非難したことで、トレーシーとボーデの間の論争を再開させた。ヘルメットに関してボーデは「僕はホッケー選手じゃないと思うし、彼もお互いにヘルメットを脱いでいるのは見なかった。もし彼が誰かと戦いたかったなら、彼は間違ったスポーツをしていると思う。」と語ってトレーシーを非難した。ボーデはまた「ポール・トレーシーは自分自身でレースを馬鹿げたものにしている。」とも語った[3]

タグリアーニは「彼(トレーシー)は拘束衣を着るべきだ。なぜならそれが彼を押さえることができる唯一のものだからだ。セバスチャン(ボーデ)は『一緒に運転することはできない』と言ったので、多分それが唯一のトラブルに巻き込まれない方法なんだろう。」と付け加えた[4]

モントリオールのウォーム・アップと予選セッション時、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットの群衆はトレーシーに対して盛大に野次を飛ばした。しかしながら、レース前の伝統的なドライバーによるプレゼンテーション時、トレーシーは青いマスクを付けケベック州の旗をケープのようにまとい、プロレスのジェスチャーを行った[5]RDSは「ポール・トレーシー:狂ったケベック人 (le Crazy Québécois) 」[6]の見出しで、TSNは「キャプテン・ケベック」とのキャプションでその様子を報じた。トレーシーは雨で開始が遅れたレースをボーデに次ぐ2位で終え、ファンはケベック州の旗を身に付けて表彰台に上がったトレーシーに声援を送った[7]

個人[編集]

トレーシーはネバダ州ラスベガスに在住し、2人の子供(アリーシャとコンラッド)がいる。また、ジェレミー・マクグラスらと共同出資して設立したアイウェアメーカー・SPYの経営にも参画している。

レース成績[編集]

Can-Am[編集]

太字はポールポジション、斜体はファステストラップ)

チーム 1 2 3 4 順位 ポイント
1986 ホースト・クロール・レーシング アメリカ合衆国の旗
MOS1
DNP
アメリカ合衆国の旗
SUM
DNP
アメリカ合衆国の旗
STL
DNP
アメリカ合衆国の旗
MOS2
1
8th1 20
1 Three-way tie.

オープンホイール[編集]

アメリカン・レーシング・シリーズ(インディ・ライツ)[編集]

太字はポールポジション)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
1988 ヘメルガーン・レーシング アメリカ合衆国の旗
PHX
1
アメリカ合衆国の旗
MIL
15
アメリカ合衆国の旗
POR
4
アメリカ合衆国の旗
CLE
11
カナダの旗
TOR
14
アメリカ合衆国の旗
MWL
13
アメリカ合衆国の旗
POC
DNP
アメリカ合衆国の旗
MDO
5
アメリカ合衆国の旗
ROA
14
アメリカ合衆国の旗
NAZ
6
アメリカ合衆国の旗
LAG
8
アメリカ合衆国の旗
MIA
14
9th 58
1989 メイプルリーフ・レーシング アメリカ合衆国の旗
PHX
2
アメリカ合衆国の旗
LBH
13
アメリカ合衆国の旗
MIL
14
アメリカ合衆国の旗
DET
11
アメリカ合衆国の旗
POR
2
アメリカ合衆国の旗
MWL
4
カナダの旗
TOR
16
アメリカ合衆国の旗
POC
12
アメリカ合衆国の旗
MDO
3
アメリカ合衆国の旗
ROA
10
アメリカ合衆国の旗
NAZ
15
アメリカ合衆国の旗
LAG
DNP
8th 65
1990 ランドフォード・レーシング アメリカ合衆国の旗
PHX
1
アメリカ合衆国の旗
LBH
1
アメリカ合衆国の旗
MIL
1
アメリカ合衆国の旗
DET
8
アメリカ合衆国の旗
POR
1
アメリカ合衆国の旗
CLE
1
アメリカ合衆国の旗
MWL
1
カナダの旗
TOR
1
アメリカ合衆国の旗
DEN
15
カナダの旗
VAN
5
アメリカ合衆国の旗
MDO
1
アメリカ合衆国の旗
ROA
1
アメリカ合衆国の旗
NAZ
10
アメリカ合衆国の旗
LAG
12
1st 214
チーム 出走回数 ポールポジション 勝利数 入賞数
(Non-win)
トップ10
(Non-podium)
シリーズチャンピオン
3 2 36 7 10 3 7 1

CART,チャンプカー・ワールド・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 順位 ポイント
1991 デイル・コイン・レーシング ローラ コスワース SRF
LBH
22
PHX
IND
Wth
MIL
DET
POR
CLE
MDW
TOR
21位 6
ペンスキー・レーシング ペンスキー・PC-20 シボレー MIC
21
DEN
VAN
MDO
ROA
NAZ
7
LS
25
1992 ペンスキー・PC-21 SRF
PHX
4
LBH
IND
20
DET
16
POR
MIL
NHA
TOR
21
MIC
2
CLE
19
ROA
17
VAN
23
MDO
2
NAZ
3
LS
16
12位 59
1993 ペンスキー・PC-22 SRF
21
PHX
16
LBH
1
IND
30
MIL
20
DET
9
POR
3
CLE
1
TOR
1
MIC
19
NHA
2
ROA
1
VAN
13
MDO
25
NAZ
3
LS
1
3位 157
1994 ペンスキー・PC-23 メルセデス SRF
16
PHX
23
LBH
20
IND
23
MIL
3
DET
1
POR
3
CLE
3
TOR
5
MIC
16
MDO
2
NHA
2
VAN
20
ROA
18
NAZ
1
LS
1
3位 152
1995 ニューマン・ハース・レーシング ローラ コスワース MIA
27
SRF
1
PHX
4
LBH
28
NAZ
26
IND
24
MIL
1
DET
8
POR
18
ROA
2
TOR
8
CLE
26
MIC
23
MDO
2
NHA
23
VAN
8
LS
2
6位 115
1996 ペンスキー・レーシング ペンスキー・PC-25 メルセデス MIA
23
RIO
19
SRF
22
LBH
4
NAZ
5
500
7
MIL
3
DET
17
POR
27
CLE
9
TOR
5
MIC
Wth
MDO
DNP
ROA
12
VAN
18
LS
29
13位 60
1997 ペンスキー・PC-26 MIA
2
SRF
19
LBH
7
NAZ
1
RIO
1
GAT
1
MIL
6
DET
Wth
POR
7
CLE
7
TOR
10
MIC
4
MDO
27
ROA
28
VAN
28
LS
26
FON
26
5位 121
1998 チームKOOLグリーン レイナード・98i ホンダ MIA
27
MOT
5
LBH
25
NAZ
5
RIO
25
GAT
26
MIL
7
DET
7
POR
28
CLE
19
TOR
14
MIC
9
MDO
5
ROA
6
VAN
11
LS
8
HOU
20
SRF
23
FON
14
13位 61
1999 レイナード・99i MIA
DNP
MOT
11
LBH
21
NAZ
3
RIO
15
GAT
19
MIL
1
POR
5
CLE
4
ROA
11
TOR
2
MIC
3
DET
2
MDO
2
CHI
23
VAN
18
LS
4
HOU
1
SRF
7
FON
18
3位 161
2000 レイナード・2Ki MIA
3
LBH
1
RIO
3
MOT
6
NAZ
10
MIL
15
DET
20
POR
18
CLE
19
TOR
3
MIC
7
CHI
19
MDO
16
ROA
1
VAN
1
LS
11
GAT
18
HOU
4
SRF
17
FON
24
5位 134
2001 レイナード・01i MTY
3
LBH
4
FTW
NH
NAZ
3
MOT
18
MIL
24
DET
14
POR
21
CLE
24
TOR
6
MIC
7
CHI
12
MDO
4
ROA
26
VAN
26
LAU
10
ROC
6
HOU
24
LS
18
SRF
14
FON
24
14位 73
2002 レイナード・02i MTY
8
LBH
7
MOT
19
MIL
1
LS
17
POR
17
CHI
9
TOR
16
CLE
3
VAN
2
MDO
18
ROA
13
MTL
4
DEN
8
ROC
19
MIA
12
SRF
3
FON
17
MXC
16
11位 101
2003 プレイヤーズ・フォーサイス・レーシング ローラ B02/00 コスワース STP
1
MTY
1
LBH
1
BRH
17
LAU
12
MIL
12
LS
3
POR
2
CLE
2
TOR
1
VAN
1
ROA
15
MDO
1
MTL
6
DEN
4
MIA
16
MXC
1
SRF
13
FON
NH
1位 226
2004 フォーサイス・チャンピオンシップ・レーシング LBH
1
MTY
7
MIL
17
POR
3
CLE
17
TOR
5
VAN
1
ROA
12
DEN
2
MTL
4
LS
10
LAS
18
SRF
4
MXC
10
4位 254
2005 LBH
2
MTY
15
MIL
1
POR
3
CLE
1
TOR
16
EDM
3
SAN
2
DEN
16
MTL
8
LAS
17
SRF
17
MXC
3
4位 246
2006 LBH
17
HOU
2
MTY
4
MIL
16
POR
7
CLE
16
TOR
2
EDM
5
SAN
15
DEN
6
MTL
2
ROA
10
SRF
4
MXC
7位 209
2007 パノス・DP01 LAS
3
LBH
Wth
HOU
POR
10
CLE
1
MTT
15
TOR
14
EDM
5
SAN
11
ROA
12
ZOL
10
ASS
17
SRF
9
MXC
5
11位 171
チーム 出走回数 ポールポジション 勝利数 入賞数
(Non-win)
トップ10
(Non-podium)
シリーズチャンピオン
17 5 261 25 31 43 66 1

インディカー・シリーズ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2002 チーム・グリーン アメリカ合衆国の旗
HMS
DNP
アメリカ合衆国の旗
PHX
DNP
アメリカ合衆国の旗
FON
DNP
アメリカ合衆国の旗
NZR
DNP
アメリカ合衆国の旗
INDY
2
アメリカ合衆国の旗
TXS
DNP
アメリカ合衆国の旗
PPIR
DNP
アメリカ合衆国の旗
RIR
DNP
アメリカ合衆国の旗
KAN
DNP
アメリカ合衆国の旗
NSH
DNP
アメリカ合衆国の旗
MIS
DNP
アメリカ合衆国の旗
KTY
DNP
アメリカ合衆国の旗
STL
DNP
アメリカ合衆国の旗
CHI
DNP
アメリカ合衆国の旗
TX2
DNP
34th 40
2008 フォーサイス・ペティット・レーシング アメリカ合衆国の旗
HMS
DNP
アメリカ合衆国の旗
STP
DNP
日本の旗
MOT1
DNP
アメリカ合衆国の旗
LBH1
11
アメリカ合衆国の旗
KAN
DNP
アメリカ合衆国の旗
INDY
DNP
アメリカ合衆国の旗
MIL
DNP
アメリカ合衆国の旗
TXS
DNP
アメリカ合衆国の旗
IOW
DNP
アメリカ合衆国の旗
RIR
DNP
アメリカ合衆国の旗
WGL
DNP
アメリカ合衆国の旗
NSH
DNP
アメリカ合衆国の旗
MDO
DNP
33rd 51
ヴィジョン・レーシング カナダの旗
EDM
4
アメリカ合衆国の旗
KTY
DNP
アメリカ合衆国の旗
SNM
DNP
アメリカ合衆国の旗
DET
DNP
アメリカ合衆国の旗
CHI
DNP
オーストラリアの旗
SRF2
DNP
2009 KVレーシング・テクノロジー アメリカ合衆国の旗
STP
DNP
アメリカ合衆国の旗
LBH
DNP
アメリカ合衆国の旗
KAN
DNP
アメリカ合衆国の旗
INDY
9
アメリカ合衆国の旗
WGL
20
カナダの旗
TOR
19
カナダの旗
EDM
6
アメリカ合衆国の旗
KTY
DNP
アメリカ合衆国の旗
MDO
7
アメリカ合衆国の旗
SNM
DNP
アメリカ合衆国の旗
CHI
DNP
日本の旗
MOT
DNP
アメリカ合衆国の旗
HMS
DNP
23rd 113
A.J.フォイト・エンタープライズ アメリカ合衆国の旗
MIL
17
アメリカ合衆国の旗
TXS
DNP
アメリカ合衆国の旗
IOW
DNP
アメリカ合衆国の旗
RIR
DNP
1 Run on same day. MOT as Round 3A, LBH as Round 3B.
2 Non-points-paying, exhibition race.
チーム 出走回数 ポールポジション 勝利数 入賞数
(Non-win)
トップ10
(Non-podium)
シリーズチャンピオン
3 5 9 0 0 1 4 0

インディ500 成績[編集]

シャシー エンジン スタート フィニッシュ 備考 チーム
1991 ローラ T9000 コスワース -- -- ルーキー・オリエンテーション参加のみで撤退 デイル・コイン・レーシング
1992 ペンスキー PC-21 シボレー B 19th 20th エンジントラブル ペンスキー
1993 ペンスキー PC-22 シボレー C 7th 30th クラッシュ ペンスキー
1994 ペンスキー PC-23 イルモア-メルセデス 25th 23rd ターボトラブル ペンスキー
1995 ローラ T9500 フォードコスワース XB 16th 24th スロットル故障 ニューマン・ハース
2002 ダラーラ シボレー 29th 2nd 7年ぶりの参戦 グリーン
2009 ダラーラ ホンダ 13th 9th 7年ぶりの参戦 KV
2010 ダラーラ ホンダ DNQ -- 予選落ち KV

参照[編集]

  1. ^ Champ Car fines Tracy and Tagliani, Canadian Press, August 2, 2006
  2. ^ Tracy fined, docked points for Denver race, Canadian Press, August 15, 2006
  3. ^ Bourdais responds to Tracy incident, TSN.ca, August 15, 2006
  4. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「welcome」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  5. ^ Rain postpones Montreal Grand Prix, Canadian Press, August 27, 2006
  6. ^ [1] le Crazy Quebecois, RDS.ca
  7. ^ Bourdais edges Tracy in Montreal, Canadian Press, August 28, 2006

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
マイク・グロフ
アメリカン・レーシング・シリーズ・チャンピオン
1990
次代:
エリック・バシェラール
先代:
クリスチアーノ・ダ・マッタ
CARTシリーズ・チャンピオン
2003
次代:
セバスチャン・ボーデ
(as Champ Car World Series Champion)