ダリオ・フランキッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダリオ・フランキッティ
2009年のインディ500で
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 1973年5月19日(41歳)
出身地 スコットランドウェスト・ロージアンバスゲート
親族 ポール・ディ・レスタ(いとこ)
マリーノ・フランキッティ(弟)
アシュレイ・ジャッド(妻)
ナオミ・ジャッド(義母)
ウィノナ・ジャッド(義姉)
過去参加シリーズ
1991
1992-1993
1994
1995
1995-1996
1997-2002
2002-2007
2007-2009
2008-2009
2007-2008
2007
2007-2008
2008
2009-2013
フォーミュラ・ヴォクソール・ジュニア
フォーミュラ・ヴォクソール・ロータス
イギリスF3
DTM
ITC
CART
インディカー
ALMS
ロレックス・スポーツカーシリーズ
ARCA
NASCARトラック・シリーズ
ネイションワイド・シリーズ
NASCARスプリントカップ
インディカー
選手権タイトル
2007,
2009,
2010,
2011

インディカー・シリーズ

シリーズチャンピオン
受賞
1992
2001
2009
マクラーレン・オートスポーツ・アウォード
グレッグ・ムーア・レガシー・アウォード
BRDCゴールドスター
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
インディカー・シリーズ
活動時期 1997 - 2007, 2009 - 2013
所属 ホーガン・レーシング (1997),
チーム KOOL グリーン (1998-2002),
アンドレッティ・グリーン・レーシング (2003-2007)
チップ・ガナッシ・レーシング (2009-2013)
出走回数 203
優勝回数 30
ポールポジション 25

ジョージ・ダリオ・マリーノ・フランキッティGeorge Dario Marino Franchitti[1][2]1973年5月19日 - )は、スコットランドエディンバラ出身のレーシングドライバー。インディカー・シリーズでは3年連続を含む4度のシリーズチャンピオン、インディ500では3度の優勝を獲得している。2013年に引退。2001年にアメリカの女優アシュレイ・ジャッドと結婚したが、2013年1月に離婚。現在はテネシー州在住。

経歴[編集]

  • 1991年にデビューし、フォーミュラ・ヴォクゾール・ジュニア選手権を制覇。
  • 1994年にはイギリスF3選手権でシーズン1勝、シリーズ4位。
  • 1995年はFIA国際ツーリングカー選手権(ITC)で3位、ドイツツーリングカー選手権(DTM) では5位の成績を収める。
  • 1996年、ITCの最後のレースとなった鈴鹿サーキットの第1レースで優勝。
  • 1997年からはCART(現・チャンプカー)に参戦し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得する。
  • チーム・グリーンに在籍した1998年は3位、1999年は2位、2000年は13位、2001年は7位、2002年は4位と、安定した成績を残すも、今1歩タイトルには届かなかった。
  • 2003年からアンドレッティ・グリーン・レーシングに改名したチームごとインディカー・シリーズ(IRL)に転向するも、怪我により後半戦を欠場。
  • 2004年は開幕戦からレースに復帰、第9戦・第12戦では優勝を果たし、ランキング6位。
  • 2005年は第9戦(ナッシュビル)と第17戦(フォンタナ)で優勝、第7戦(リッチモンド)と第10戦(ミルウォーキー)では2位に入り、ランキング4位を獲得する。
  • 2006年も第2戦(セントピーターズバーグ)でポールポジション獲得、第13戦(インフィニオン・レースウェイ)で2位を獲得、6度のトップ10フィニッシュを果たし、ランキング8位。
  • 2007年には、インディ500で優勝するなどの活躍を見せ、最終戦(シカゴランド・スピードウェイ)ではラスト一周でトップとなりシリーズチャンピオンに輝いた。
  • 2008年にはチップ・ガナッシ・レーシングよりNASCARスプリントカップシリーズに参戦したが、全くいいところがなく、シーズン途中に下位カテゴリーのネイションワイドシリーズに降格。それでも成績が上向かなかった。
  • 2009年シーズンはNASCARから撤退しIRLへ復帰、自身がチャンピオンを獲得した2007年のライバルチームのチップ・ガナッシから復帰し同じく2007年にチャンピオンを争ったスコット・ディクソンがチームメイトとなった。開幕戦でチームメイトのディクソンがクラッシュする中4位フィニッシュ、第2戦のロングビーチで早くも復帰後初優勝を飾る。その後第3戦ではクラッシュに終わるが、第7戦アイオワ、第10戦トロントで勝利しチーム・ペンスキーのエリオ・カストロネベス等がライバルとなったが、徐々にカストロネベスが脱落し、チームメイトのディクソン、ペンスキーの新鋭ライアン・ブリスコーとチャンピオン争いを繰り広げる。第15戦インフィネオンでポールポジションから1度もトップを譲らない走りでブリスコーを抑えきり、シーズン4勝目を挙げこのレースで13位に終ったディクソンを逆転しブリスコーに4ポイント差の2位に浮上した。しかし第15戦シカゴでブリスコーがチームメイトのディクソンとの争いを制してポール・トゥ・ウィンを達成、自身は4位に終わりブリスコーに25点差を付けられることとなった。しかし、残り2戦となったツインリンクもてぎでブリスコーが18位、チームメイトのディクソンはポール・トゥ・ウィンで自身は2位、この結果ディクソンがランキングトップに立ち、フランキッティは変わらずランキング2位ではあるもののポイントリーダーに5点差、3位のブリスコーに3点差で最終戦ホームステッドを迎え、最終戦での勝利によって逆転で2度目のタイトルを獲得した。
  • 2010年インディ500で2度目の優勝、最終戦でウィル・パワーを逆転して3度目のタイトルを獲得した。
  • フランキッティはCART・IRLキャリアのほとんどをホンダエンジンで走行し、勝利とタイトルを獲得している。
  • 2010年度ドイツツーリングカー選手権チャンピオンで、2011年のF1世界選手権に参戦したポール・ディ・レスタとは従兄弟。
  • 2013年10月6日、インディ・カーシリーズ第18戦(ヒューストン)最終周で、デブリを拾ってコントロールを乱した佐藤琢磨のマシンに乗り上げ、宙を舞いフェンスに激突するクラッシュ。脳しんとうを起こし、脊柱と右足首を骨折する大けがを負った[3]
  • 2013年11月15日、インディ・カーシリーズ第18戦(ヒューストン)における怪我を理由に、レース引退を発表した[4]

レース戦績[編集]

DTM[編集]

所属チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
1995 D2 AMG-メルセデス メルセデス・ベンツ Cクラス V6 HOC
1

3
HOC
2

DNS
AVU
1

Ret
AVU
2

Ret
NOR
1

6
NOR
2

2
DIE
1

2
DIE
2

4
NÜR
1

Ret
NÜR
2

Ret
SIN
1

2
SIN
2

10
HOC
1

Ret
HOC
2

DNS
5位 74

ITC[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 順位 ポイント
1995 D2 AMG-メルセデス メルセデス・ベンツ Cクラス V6 MUG
1

4
MUG
2

1
HEL
1

12
HEL
2

DNS
DON
1

2
DON
2

2
EST
1

5
EST
2

3
MAG
1

Ret
MAG
2

DNS
3位 80
1996 D2 AMG-メルセデス メルセデス・ベンツ Cクラス V6 HOC
1

3
HOC
2

4
NUR
1

2
NUR
2

8
EST
1

9
EST
2

10
HEL
1

17
HEL
2

DNS
NOR
1

5
NOR
2

NC
DIE
1

2
DIE
2

2
SIL
1

21
SIL
2

14
NUR
1

3
NUR
2

3
MAG
1

6
MAG
2

4
MUG
1

4
MUG
2

2
HOC
1

Ret
HOC
2

7
SAO
1

3
SAO
2

10
SUZ
1

1
SUZ
2

Ret
4位 171

CART[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 順位 ポイント
1997 ホーガン・レーシング レイナード・97i メルセデス・ベンツ MIA
25
SRF
9
LBH
12
NZR
13
RIO
27
STL
17
MIL
16
DET
13
POR
26
CLE
11
TOR
26
MIS
19
MDO
11
ROA
25
VAN
13
LS
13
FON
DNP
22位 10
1998 チーム・グリーン レイナード・98i ホンダ MIA
9
MOT
8
LBH
2
NZR
21
RIO
19
STL
27
MIL
4
DET
4
POR
21
CLE
3
TOR
20*
MIS
21
MDO
26
ROA
1*
VAN
1*
LS
4
HOU
1*
SRF
2
FON
22
3位 160
1999 レイナード・99i MIA
3
MOT
22
LBH
2
NZR
8
RIO
2
STL
3
MIL
7
POR
3
CLE
25
ROA
18
TOR
1*
MIS
5
DET
1
MDO
3*
CHI
2
VAN
10
LS
25
HOU
2
SRF
1*
FON
10
2位 212
2000 レイナード・2Ki MIA
11
LBH
23
RIO
11
MOT
2
NZR
23
MIL
6
DET
4
POR
9
CLE
13
TOR
25
MIS
3
CHI
20
MDO
22
ROA
12
VAN
2*
LS
3
STL
24
HOU
25
SRF
25
FON
23
13位 92
2001 レイナード・01i MTY
9
LBH
6
TXS
NH
NZR
8
MOT
17
MIL
9
DET
2
POR
6
CLE
1
TOR
24
MIS
2
CHI
15
MDO
16
ROA
19
VAN
9
LSZ
25
ROC
9
HOU
2
LS
19
SRF
23
FON
23
7位 105
2002 レイナード・02i MTY
2
LBH
9
MOT
3
MIL
12
LS
19
POR
3
CHI
3
TOR
13
CLE
14
VAN
1
MDO
17
ROA
12
MTL
1*
DEN
18
ROC
1
MIA
10
SRF
7
FON
10
MXC
5
4位 148

インディカー・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2002 チーム・グリーン ダラーラ シボレー HMS PHX FON NZR INDY
19
TXS PPIR RIR KAN NSH MIS KTY STL CHI TX2 44位 11
2003 アンドレッティ・グリーン・レーシング ホンダ HMS
7
PHX
16
MOT
INDY
TXS
PPIR
4
RIR
KAN
NSH
MIS
STL
KTY
NZR
CHI
FON
TX2
25位 72
2004 HMS
17
PHX
17
MOT
7
INDY
14
TXS
2
RIR
12
KAN
4
NSH
20
MIL
1
MIS
22
KTY
6
PPIR
1
NZR
3
CHI
20
FON
6
TX2
15
6位 409
2005 HMS
22
PHX
4
STP
3
MOT
17
INDY
6
TXS
8
RIR
2
KAN
4
NSH
1
MIL
2
MIS
8
KTY
18
PPIR
7
SNM
8
CHI
12
WGL
3
FON
1
4位 498
2006 HMS
4
STP
19
MOT
11
INDY
7
WGL
14
TXS
13
RIR
3
KAN
12
NSH
6
MIL
6
MIS
12
KTY
9
SNM
2
CHI
8位 311
2007 HMS
7
STP
5
MOT
3
KAN
2
INDY
1
MIL
2
TXS
4
IOW
1
RIR
1
WGL
3
NSH
2
MDO
2
MIS
13
KTY
8
SNM
3
DET
6
CHI
1
1位 637
2008 チップ・ガナッシ・レーシング HMS STP MOT LBH KAN INDY MIL TXS IOW RIR WGL NSH MDO EDM KTY SNM DET CHI SRF1
16
NC 0
2009 STP
4
LBH
1
KAN
18
INDY
7
MIL
3
TXS
5
IOW
1
RIR
2
WGL
15
TOR
1
EDM
5
KTY
6
MDO
3
SNM
1
CHI
4
MOT
2
HMS
1
1位 616
2010 SAO
7
STP
5
ALA
3
LBH
12
KAN
2
INDY
1
TXS
5
IOW
18
WGL
3
TOR
2
EDM
3
MDO
1
SNM
3
CHI
1
KTY
5
MOT
2
HMS
8
1位 602
2011 STP
1
ALA
3
LBH
3
SAO
4
INDY
12
TXS1
1
TXS2
7
MIL
1
IOW
5
TOR
1
EDM
3
MDO
2
NHM
20
SNM
4
BAL
4
MOT
8
KTY
2
LVS
C2
1位 573
2012 ダラーラ・DW12 STP
13
ALA
10
LBH
15
SAO
5
INDY
1
DET
2
TXS
14
MIL
19
IOW
25
TOR
17
EDM
6
MDO
17
SNM
3
BAL
13
FON
2
7位 363
2013 STP
25
ALA
25
LBH
4
SAO
7
INDY
23
DET1
6
DET2
5
TXS
6
MIL
8
IOW
20
POC
3
TOR1
3
TOR2
4
MDO
3
SNM
3
BAL
21
HOU1
15
HOU2
15
FON
10位 418

映画出演[編集]

参照[編集]

スポーツのタイトル
先代:
エリオ・カストロネベス
インディ500勝者
2010
次代:
ダン・ウェルドン
先代:
ダン・ウェルドン
インディ500勝者
2012
次代:
トニー・カナーン

外部リンク[編集]