ジェレミー・マクグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェレミー・マクグラス

ジェレミー・マクグラスJeremy McGrath1971年11月19日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身のモーターサイクルモトクロスライダー。AMAスーパークロス250(現・スーパークロス)クラス7回のチャンピオンで、史上最多の72勝を誇り、スーパークロス史上最高のライダーと言われている。AMAモトクロス1回のチャンピオン。愛称は「MC」「ショータイム」。

一旦はモトクロスから引退したものの、近年はAMAスーパークロスにスポット参戦している。その他にもスーパーモトや、エックスゲームズのステップアップやレーシングにも出場している。

略歴[編集]

1991年・1992年にピーク・プロサーキット・ホンダより参戦し、スーパークロスのルーキークラスである125cc(現・スーパークロスライツ)クラス西地区チャンピオンとなる。

1993年にホンダワークスより最高峰クラスの250ccへ参戦。第3戦の初優勝からの4連勝など多くの勝ち星をあげチャンピオン獲得。1996年まで同チームに在籍し、4年連続チャンピオンとなる。ホンダでの最後の年となる1996年には、全15戦のシリーズで第14戦にジェフ・エミッグに敗れて2位になった以外のレースを全勝した。

マクグラスはスーパークロスでの偉大な成績とは対照的に、アウトドアレースではトップライダーとは見られていなかったが、1995年にはAMAモトクロス250cc(現・モトクロス)クラスでチャンピオンとなる。

1997年にスズキワークスへ移籍する。1982年のマーク・バーネット以来のスズキでのタイトル獲得を期待されたが、シーズン2勝にとどまり、ジェフ・エミッグに次ぐランキング2位となる。

1998年はプライベートチームのチーム・シャパラルへ移籍し、ヤマハワークスマシンの供給を受ける。同年よりシャパラル・ヤマハでスーパークロスで3年連続チャンピオン獲得。AMAモトクロスでは手首の怪我により低迷。1999年よりスーパークロスのみのフル参戦となる。

2001年は開幕戦と第3戦で優勝したものの、残り14レース全てをリッキー・カーマイケルが優勝し、ランキング2位。2002年はカーマイケル、デビッド・ビーラマンに次ぐランキング3位。

2003年はKTMと契約しスーパークロス参戦の予定だったが、開幕前に引退。2005年よりホンダワークスより地元イベントのスポット参戦している。

戦績[編集]

  • 1986年 - デビュー戦
  • 1991年 - AMAスーパークロス125cc西地区チャンピオン
  • 1992年 - AMAスーパークロス125cc西地区チャンピオン
  • 1993年 - AMAスーパークロス250ccチャンピオン
AMAモトクロス250ccランキング3位
  • 1994年 - AMAスーパークロス250ccチャンピオン
AMAモトクロス250ccランキング3位
  • 1995年 - AMAスーパークロス250ccチャンピオン
AMAモトクロス250ccチャンピオン
  • 1996年 - AMAスーパークロス250ccチャンピオン
AMAモトクロス250ccランキング2位
  • 1997年 - AMAスーパークロス250ccランキング2位
AMAモトクロス250ccランキング3位
  • 1998年 - AMAスーパークロス250ccチャンピオン
AMAモトクロス250ccランキング14位
  • 1999年 - AMAスーパークロス250ccチャンピオン
AMAモトクロス250ccランキング21位
  • 2000年 - AMAスーパークロス250ccチャンピオン
AMAモトクロス250ccランキング23位
  • 2001年 - AMAスーパークロス250ccランキング2位
  • 2002年 - AMAスーパークロス250ccランキング3位
  • 2005年 - AMAスーパークロス250ccランキング20位

エピソード[編集]

  • モトクロスを本格的に始める前に、BMXをやっていた時期がある。そのためかアクションジャンプが非常に上手く、練習走行中やトップ独走中の時など、ファンサービスのためにジャンプにアクションを入れることが多かった。彼の愛称のひとつ「ショータイム」は、この派手なアクションジャンプに由来している。
  • インディカードライバーのポール・トレーシーらと共に、アイウェアメーカー・SPYに共同出資している。

外部リンク[編集]

nacnac.com(公式サイト)