武藤英紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武藤英紀
2010年のインディ500で
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1982年10月6日(31歳)
出身地 東京都中央区
2014年インディカー・シリーズ
デビュー 2007
所属 ニューマン・ハース・レーシング
過去所属 アンドレッティ・グリーン・レーシング
スーパーアグリ・パンサー・レーシング
出走回数 53
優勝回数 0
ポールポジション 0
シリーズ最高順位 10位(2008)
過去参加シリーズ
2003–2004
2006
2006
2007
全日本F3選手権
フォーミュラ・ニッポン
SUPER GT
インディ・プロ・シリーズ
選手権タイトル
2002 フォーミュラ・ドリーム チャンピオン
受賞
2008 インディカー・シリーズ ルーキーオブザイヤー

武藤 英紀(むとう ひでき、1982年10月6日 – )は、東京都中央区出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

  • 身長: 172cm
  • 体重: 64kg
  • 血液型:RH+AB型
  • 趣味: テニス・ドライブ・ダーツ
  • 姉が2人いる
  • 築地魚河岸布袋寅6代目を継ぐはずだったが、それを捨ててカーレーサーになった。
  • イギリスの帰国の際お金が無く、築地魚河岸布袋寅4代目祖父・武藤和順氏からお金を借りて、借用書を書かされた。

経歴[編集]

1995年カートデビュー。1997年にカート関東選手権の東シリーズチャンピオンを獲得。1998年中学校卒業の翌日にイギリスに留学1999年にレースデビュー。2000年にはイギリス・フォーミュラ・フォード(FF)に参戦しシリーズ9位。2001年もイギリス・FFでシリーズ9位となったほか、FF・ヨーロッパシリーズにも参戦しシリーズ3位。2002年には帰国し、フォーミュラ・ドリーム(FD)に参戦してシリーズ2位。翌2003年にはFDのシリーズチャンピオンに輝く。

2004年より全日本F3選手権に参戦しシリーズ9位。2005年はシリーズ3位となり、翌2006年よりSUPER GTフォーミュラ・ニッポン中嶋企画から参戦。SUPER GT最終戦富士ポールトゥーウィンで初優勝。またフォーミュラ・ニッポン第7戦菅生ファステストラップを記録した。

2007年はアメリカン・オープンホイールのトップカテゴリーを志して、ステップダウン覚悟でインディカー・シリーズ(IRL)の下位カテゴリーであるインディー・プロ・シリーズ(IPS、現インディ・ライツ)にパンサーレーシングから参戦し、第6戦においてポールトゥーウィンで初優勝を飾り、参戦1年目ながら優勝2回、シリーズ2位となり、ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得し好成績を残した。この活躍が評価され、シカゴランドで行われたインディカー・シリーズの最終戦にスーパーアグリパンサーレーシングよりスポット参戦することとなり、8位完走。初出場にも拘らずファステストラップを記録した。

2008年アンドレッティ・グリーン・レーシングのレギュラーシートを獲得し、インディカー・シリーズにフル参戦(カーナンバー27)。初戦こそ24位に沈んだが、第2戦セント・ピーターズバーグで6位完走、以降は安定したレースぶりでトップ10の常連となっていく。シリーズのハイライトとなる第5戦インディ500ではルーキー最高位の予選9番手を獲得、決勝では終盤のペースカー導入を生かし、このレースのルーキー・オブ・ザ・イヤーこそライアン・ハンターレイに譲ったものの7位でフィニッシュ。さらに6月22日の第8戦アイオワ・スピードウェイ決勝で日本人史上最高となる2位に入賞し、自身としても初めて表彰台に上った。シーズン後半こそやや調子を落としたものの、最終的に完走13回、予選最高位3位、決勝最高位2位、トップ5フィニッシュ1回、トップ10フィニッシュ7回を記録して346ポイントを獲得、ランキング10位とチームメイトのダニカ・パトリックマルコ・アンドレッティにひけをとらない戦いぶりを見せた。また、この年はチャンプカー・ワールド・シリーズとの統合に伴いインディカーに多くのドライバーが移籍してきたため、多くのルーキーがひしめいたシーズンでもあったが、そのなかにあって移籍組で元F1ドライバーのジャスティン・ウィルソンを6ポイント抑えて、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得している。

2009年も2008年に引き続きアンドレッティ・グリーン・レーシングからインディカー・シリーズに参戦した。シーズン序盤はマシントラブルなどの不運が続き、あまり成績を残せなかった。2度目の挑戦となった第4戦インディ500では予選は16番手であったが、決勝では上位のドライバーと遜色ない走りを見せ順位を上げた。しかし、ピットストップの度に出遅れて順位を下げてしまったこともあり、結局完走20台中10位でフィニッシュした。その後、第7戦アイオワ・スピードウェイ決勝で3位に入賞し、自身2度目の表彰台を獲得した。アイオワ・スピードウェイでは2年連続の表彰台獲得となった。第8戦リッチモンド決勝では自身初のラップリーダーを記録、300周のレースのうち74周の間トップを走行し4位に入賞した。その後、ロードコースで行われた第13戦のミッド・オハイオと第14戦のインフィニオンでは共に5位に入賞した。最終的には353ポイントを獲得し、年間ランキングでは9位と1ポイント差の11位であった。

2010年ニューマン・ハース・レーシングに移籍してインディカー・シリーズに参戦。しかし、時折速さを見せるも結果が出ないレースが続いた。第5戦カンザスでは予選でこの年のベストグリッドとなる4位につけると、決勝では序盤ポジションを下げるもその後ポジションを上げ表彰台も狙える位置でレース終盤を迎えた。しかし、5位を走行していた200周レースの186周目のレースリスタートで武藤は6位を走行していた佐藤琢磨と接触し、両者はそろってリタイアに終わった。このアクシデントは、武藤の前を走っていた周回遅れのシモーナ・デ・シルベストロが、武藤の側へとラインを寄せてきたことで、武藤としては接触しないよう同じくアウトへラインを膨らませるしかなく、さらにアウト側にいた佐藤とぶつかってしまったことで起きたものであった。続く第6戦のインディ500では予選で2008年に並ぶ9位につけるも決勝はハンドリングトラブルでリタイアに終わった。その後も苦戦が続き、結局この年は決勝では12位が最高で1度もトップ10フィニッシュを果たせず、ランキング18位でシーズンを終えた。

レース戦績[編集]

武藤英紀(2008年)
  • 1995年 - カートレースデビュー
  • 1996年 - カートジュニアワールド選手権
  • 1997年
    • カート地方選手権関東・東シリーズ(シリーズチャンピオン)
    • カート地方選手権関東・西シリーズ(シリーズ4位)
  • 1998年 - イギリス・フォーミュラヴォクスホール・ジュニアウィンターシリーズ
  • 1999年 - イギリス・フォーミュラヴォクスホール
  • 2000年
    • イギリス・フォーミュラフォード
    • フォーミュラフォードフェスティバル(決勝7位)
  • 2001年 - イギリス・フォーミュラフォード
  • 2002年
    • フォーミュラドリーム(シリーズ2位)
    • アジアンフォーミュラ2000<マカオ>
  • 2003年 - フォーミュラドリーム(#9/FD-3 MF224)(シリーズチャンピオン)
  • 2004年 - 全日本F3選手権(TODA RACING #2 Honda・戸田FIGHTEX/LOLA-DOME F106/03 MF204C)(シリーズ9位)
  • 2005年 - 全日本F3選手権(M-TEC #10 Honda・M-TEC F107/DOME F107 MF204C)(シリーズ3位)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #32/FN06 HONDA HF386E)(シリーズ14位)
    • SUPER GT・GT500クラス(EPSON NAKAJIMA RACING #32 EPSON NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ11位・1勝)
  • 2007年
    • インディプロシリーズ(Super Aguri Panther Racing #11)(シリーズ2位・2勝)
    • インディーカーシリーズ<最終戦 スポット参戦>(Super Aguri Panther Racing #60)(決勝8位)
  • 2008年 - インディカーシリーズ(Andretti Green Racing #27)(シリーズ10位)
  • 2009年 - インディカーシリーズ(Andretti Green Racing #27)(シリーズ11位)
  • 2010年 - インディカーシリーズ(Newman/Haas Racing #06)(シリーズ18位)
  • 2011年 - SUPER GT・GT500クラス(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #8 ARTA HSV-010 GT/HSV-010 HR10EG)(シリーズ15位)

色の意味はこちらを参照→key

フォーミュラニッポン,スーパーフォーミュラ[編集]

チーム Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 Rd.7 Rd.8 Rd.9 順位 ポイント
2006 PIAA NAKAJIMA RACING FUJ
19
SUZ
6
MOT
8
SUZ
Ret
AUT
17
FUJ
16
SUG
10
MOT
10
SUZ
Ret
14位 1
2011 HP REAL RACING SUZ
AUT
FUJ
MOT
10
SUZ
SUG
MOT1
Ret
MOT2
9
NC 0
2013 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SUZ
13
AUT
Ret
FUJ
13
MOT
12
INJ
C
SUG
10
SUZ1
12
SUZ2
10
NC 0
2014 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SUZ
10
FSW1
FSW2
FSW
TRM
AUT
SUG
SUZ1
SUZ2
NC 0

SUPER GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 Rd.7 Rd.8 Rd.9 順位 ポイント
2006 NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 SUZ
15
OKA
Ret
FUJ
7
SEP
9
SUG
5
SUZ
4
MOT
8
AUT
12
FUJ
1
11位 51
2011 Autobacs Racing Team Aguri ホンダ・HSV-010 GT GT500 OKA
12
FUJ
9
SEP
9
SUG
10
SUZ
9
FUJ
9
AUT
12
MOT
13
14位 9
2012 TEAM 無限 ホンダ・CR-Z GT300 OKA
FUJ
SEP
SUG
16
SUZ
11
FUJ
3
AUT
10
MOT
11
15位 12
2013 TEAM 無限 ホンダ・CR-Z GT300 OKA
7
FUJ
2
SEP
2
SUG
2
SUZ
5
FUJ
8
AUT
9
MOT
2
1位 85
2014 TEAM KUNIMITSU ホンダ・NSX CONCEPT-GT GT500 OKA
9
FSW
AUT
SUG
FSW
SUZ
BUR
TRM
9位 2

インディ・ライツ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
2007 スーパーアグリ パンサー・レーシング アメリカ合衆国の旗
HMS
3
アメリカ合衆国の旗
STP1
2
アメリカ合衆国の旗
STP2
4
アメリカ合衆国の旗
INDY
5
アメリカ合衆国の旗
MIL
Ret
アメリカ合衆国の旗
IMS1
1
アメリカ合衆国の旗
IMS2
3
アメリカ合衆国の旗
IOW
3
アメリカ合衆国の旗
WGL1
2
アメリカ合衆国の旗
WGL2
6
アメリカ合衆国の旗
NSH
6
アメリカ合衆国の旗
MDO
5
アメリカ合衆国の旗
KTY
1
アメリカ合衆国の旗
SNM1
19
アメリカ合衆国の旗
SNM2
10
アメリカ合衆国の旗
CHI
2nd 481

インディカー[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2007 パンサー・レーシング アメリカ合衆国の旗
HMS
アメリカ合衆国の旗
STP
日本の旗
MOT
アメリカ合衆国の旗
KAN
アメリカ合衆国の旗
INDY
アメリカ合衆国の旗
MIL
アメリカ合衆国の旗
TXS
アメリカ合衆国の旗
IOW
アメリカ合衆国の旗
RIR
アメリカ合衆国の旗
WGL
アメリカ合衆国の旗
NSH
アメリカ合衆国の旗
MDO
アメリカ合衆国の旗
MIS
アメリカ合衆国の旗
KTY
アメリカ合衆国の旗
SNM
アメリカ合衆国の旗
DET
アメリカ合衆国の旗
CHI
8
25th 24
2008 アンドレッティ・グリーン・レーシング アメリカ合衆国の旗
HMS
24
アメリカ合衆国の旗
STP
6
日本の旗
MOT1
11
アメリカ合衆国の旗
LBH1
DNP
アメリカ合衆国の旗
KAN
6
アメリカ合衆国の旗
INDY
7
アメリカ合衆国の旗
MIL
12
アメリカ合衆国の旗
TXS
6
アメリカ合衆国の旗
IOW
2
アメリカ合衆国の旗
RIR
13
アメリカ合衆国の旗
WGL
9
アメリカ合衆国の旗
NSH
14
アメリカ合衆国の旗
MDO
9
カナダの旗
EDM
27
アメリカ合衆国の旗
KTY
18
アメリカ合衆国の旗
SNM
13
アメリカ合衆国の旗
DET
11
アメリカ合衆国の旗
CHI
22
オーストラリアの旗
SRF2
8
10th 346
2009 アンドレッティ・グリーン・レーシング アメリカ合衆国の旗
STP
15
アメリカ合衆国の旗
LBH
20
アメリカ合衆国の旗
KAN
8
アメリカ合衆国の旗
INDY
10
アメリカ合衆国の旗
MIL
8
アメリカ合衆国の旗
TXS
21
アメリカ合衆国の旗
IOW
3
アメリカ合衆国の旗
RIR
4
アメリカ合衆国の旗
WGL
18
カナダの旗
TOR
12
カナダの旗
EDM
14
アメリカ合衆国の旗
KTY
13
アメリカ合衆国の旗
MDO
5
アメリカ合衆国の旗
SNM
5
アメリカ合衆国の旗
CHI
23
日本の旗
MOT
14
アメリカ合衆国の旗
HMS
6
11th 353
2010 ニューマン・ハース・レーシング ブラジルの旗
SAO
20
アメリカ合衆国の旗
STP
14
アメリカ合衆国の旗
ALA
15
アメリカ合衆国の旗
LBH
13
アメリカ合衆国の旗
KAN
23
アメリカ合衆国の旗
INDY
28
アメリカ合衆国の旗
TXS
12
アメリカ合衆国の旗
IOW
20
アメリカ合衆国の旗
WGL
12
カナダの旗
TOR
12
カナダの旗
EDM
17
アメリカ合衆国の旗
MDO
18
アメリカ合衆国の旗
SNM
17
アメリカ合衆国の旗
CHI
13
アメリカ合衆国の旗
KTY
17
日本の旗
MOT
14
アメリカ合衆国の旗
HMS
20
18th 250
2011 サム・シュミット・モータースポーツ
AFSレーシング
アメリカ合衆国の旗
STP
アメリカ合衆国の旗
ALA
アメリカ合衆国の旗
LBH
ブラジルの旗
SAO
アメリカ合衆国の旗
INDY
アメリカ合衆国の旗
TXS1
アメリカ合衆国の旗
TXS2
アメリカ合衆国の旗
MIL
アメリカ合衆国の旗
IOW
カナダの旗
TOR
カナダの旗
EDM
アメリカ合衆国の旗
MDO
アメリカ合衆国の旗
NHM
アメリカ合衆国の旗
SNM
アメリカ合衆国の旗
BAL
日本の旗
MOT
18
アメリカ合衆国の旗
KTY
アメリカ合衆国の旗
LVS
43rd 12
1 同日に開催された
2 ノンタイトル戦
年数 チーム数 レース数 PP数 勝利数 表彰台
(勝利以外)**
トップ10
(表彰台以外)***
インディ500勝利数 チャンピオン獲得数
5 4 54 0 0 2 15 0 0
** 表彰台(勝利以外):2位または3位
*** トップ10
(表彰台以外):4位から10位まで

インディ500[編集]

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム 備考
2008 ダラーラ ホンダ 9 7 アンドレッティ・グリーン ルーキー中予選最速
2位(ルーキーで最上位)
2009 ダラーラ ホンダ 16 10 アンドレッティ・グリーン Completed every lap
2010 ダラーラ ホンダ 9 28 N/H Completed 76 laps

タイトル[編集]

2008年インディ500練習走行
  • カート地方選手権関東・東シリーズ チャンピオン(1997年)
  • フォーミュラドリーム チャンピオン(2003年)
  • SUPER GT ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2006年)
  • インディプロシリーズ ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2007年)
  • インディカー・シリーズ ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2008年)
  • 34代目「ファーステスト・ルーキー・オブ・ザ・イヤー」(2008年)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 林 溪清 『究極のスピード インディカー』清流出版 2009年

参照[編集]

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
ライアン・ハンター=レイ
インディカー・シリーズ ルーキーオブザイヤー
2008
次代:
ラファエル・マトス