2006年のSUPER GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006年のSUPER GT
前年: 2005年 翌年: 2007年

2006年のSUPER GTは、2006年3月18・19日に鈴鹿サーキットで開幕し、11月4・5日に富士スピードウェイで閉幕した全9戦のシリーズである。

前年からの主な変更点[編集]

レギュレーション[編集]

ウエイトハンデ
ハンデウェイトの搭載量が、GT500クラスで100kg、GT300クラスでは50kg以上になった場合、1ランク小さい径のリストリクターを装着することにより、ウエイト50kg軽減することが可能になった。
特別性能調整
それまでのレース結果による性能調整に加え、タイヤメーカーと車種を組み合わせたグループを仮想的に作り、「グループ毎のレース中のラップタイム上位10番の平均タイムに0.8%以上の開きがある場合、タイムの速い組み合わせのグループに対し次戦で+25kgのハンデウェイトを課し、タイムが遅いグループには-25kgの軽減措置が与えられる。」という「特別性能調整」が導入された。
シリーズポイント
有効ポイント制が導入され、「シーズン前半6戦中、上位5戦のポイントが有効」となった。
鈴鹿1000kmが新たにシリーズに加わったことから、同レースにおける獲得ポイントにはボーナスポイントが付与され、各クラス15位までがポイントの対象となった(通常は10位以内が対象)。
個別アイテム特認
「個別アイテム特認」が導入され、ホモロゲーション用の特別仕様車(2004年フェアレディZ Type-E2005年NSX Type-R GT)を販売しなくても量産車両の弱点をカバー出来るようになった。これにより、レクサス・SC430はフロントオーバーハングを延長し、フロント部のダウンフォースを増大させた。

マシン[編集]

オープンインターフェースSC430

GT500クラス[編集]

  • トヨタ陣営がGT500クラスにレクサス・SC430を投入。ただし初年度のため供給されるのは4チーム(CERUMOTeam LeMansKRAFTTOM'S)にとどまり、それ以外のトヨタ系チーム(TEAM TSUCHIYASARD)は前年型のスープラを使用した。なお、スープラはこの年がSUPER GT参戦最後の年となった。
  • 日産陣営は、新たにKONDO Racingが参入し、5台体制になった。
プリヴェチューリッヒ紫電

GT300クラス[編集]

  • Cars Tokai Dream28が紫電を投入した。
  • DHG RacingがFORD GTを投入した。エンジンはフォード製のものではなく前年までのフォーミュラ・ニッポンで使われた無限・MF308をベースとした独自開発のエンジンであった。
  • CUSCO RACINGが新たに開発されたインプレッサを投入。これまで規定で不利であった四輪駆動方式を採用した。
  • R&D SPORTが前年までのRD350Rに代わって2004年の最終戦にGT500クラスへスポット参戦したRD408Rをコンバートして参戦した。

その他[編集]

チーム郷がGT500クラスにマセラティ・MC12で参戦する予定が発表されていたが、主にマシンの戦闘力不足などの理由で実際には1回もレースに参戦せずに終わった(詳細はチーム郷#2006年を参照)。

従来よりテレビ東京系で放送されていた『激走!GT』に加え、フジテレビ系のモータースポーツ情報番組『モタ・スポ!』でもレースの模様が放送されるようになった。

エントリーリスト[編集]

GT500クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 ZENTセルモSC 日本の旗 立川祐路
日本の旗 高木虎之介
TOYOTA TEAM CERUMO B
3 イエローハットYMS・トミカZ 日本の旗 横溝直輝
ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
イギリスの旗 ダレン・マニング (Rd.6)
ハセミモータースポーツ B
6 Mobil 1 SC 日本の旗 飯田章
日本の旗 片岡龍也
スウェーデンの旗 ビヨン・ビルドハイム (Rd.6)
Mobil 1 TOYOTA Team LeMans B
8 ARTA NSX 日本の旗 伊藤大輔
アイルランドの旗 ラルフ・ファーマン
日本の旗 金石年弘 (Rd.6)
Team Honda Racing B
12 カルソニック インパル Z フランスの旗 ブノワ・トレルイエ
日本の旗 星野一樹
フランスの旗 ジェレミー・デュフォア (Rd.6)
TEAM IMPUL B
18 TAKATA 童夢 NSX 日本の旗 道上龍
日本の旗 小暮卓史
日本の旗 金石勝智 (Rd.6)
Team Honda Racing B
22 MOTUL AUTECH Z ドイツの旗 ミハエル・クルム
日本の旗 山本左近イギリスの旗 リチャード・ライアン
ブラジルの旗 ファビオ・カルボーン (Rd.6)
NISMO B
23 XANAVI NISMO Z 日本の旗 本山哲
日本の旗 松田次生
日本の旗 井出有治 (Rd.6)
NISMO B
24 WOODONE ADVAN KONDO Z 日本の旗 柳田真孝
フランスの旗 エリック・コマス日本の旗 荒聖治
KONDO Racing Y
25 ECLIPSE ADVANスープラ 日本の旗 織戸学
日本の旗 土屋武士
日本の旗 野田英樹 (Rd.6)
TOYOTA TEAM TSUCHIYA Y
32 EPSON NSX フランスの旗 ロイック・デュバル
日本の旗 武藤英紀
NAKAJIMA RACING D
35 BANDAI DIREZZA SC430 日本の旗 服部尚貴
イギリスの旗 ピーター・ダンブレック
日本の旗 田嶋栄一 (Rd.6)
TOYOTA TEAM KRAFT D
36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430 日本の旗 脇阪寿一
ドイツの旗 アンドレ・ロッテラー
ドイツの旗 エイドリアン・スーティル (Rd.6)
TOYOTA TEAM TOM'S B
66 triple a サード スープラGT ポルトガルの旗 アンドレ・クート
日本の旗 平中克幸
フランスの旗 ソエイル・アヤリ (Rd.6)
TOYOTA TEAM SARD B
100 RAYBRIG NSX フランスの旗 セバスチャン・フィリップ
日本の旗 細川慎弥
TEAM KUNIMITSU B

GT300クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
2 プリヴェチューリッヒ紫電 日本の旗 高橋一穂
日本の旗 加藤寛規
Cars Tokai Dream28 Y
5 プロμマッハGOGOGO車検320R九州 日本の旗 玉中哲二
日本の旗 筒井克彦
TEAM マッハ Y
7 雨宮アスパラドリンクRX7 日本の旗 山野哲也
日本の旗 井入宏之
RE 雨宮レーシング Y
9 NOMAD ADVAN LeyJun MT 日本の旗 OSAMU
日本の旗 田中勝喜
A&S RACING Y
10 T&G CyberAgent DUNLOP F360 日本の旗 ヒロミ
日本の旗 尾本直史
JIM GAINER D
11 JIM CENTER FERRARI DUNLOP 日本の旗 田中哲也
日本の旗 青木孝行
JIM GAINER D
13 エンドレスアドバンCCI Z 日本の旗 影山正美
日本の旗 藤井誠暢
ENDLESS SPORTS Y
14 ハンコックエンドレスポルシェ 日本の旗 木下みつひろ
日本の旗 峰尾恭輔
ENDLESS SPORTS H
19 ウェッズスポーツセリカ 日本の旗 松田晃司
日本の旗 脇阪薫一
RACING PROJECT BANDOH Y
26 カーチスTOMOタイサンGT3 日本の旗 西澤和之
日本の旗 山路慎一
TEAM TAISAN ADVAN Y
27 direxiv ADVAN 320R(第1-6戦) 日本の旗 密山祥吾
日本の旗 谷口信輝
DIREXIV MOTORSPORT[1] Y
46 吉兆宝山 DIREZZA Z 日本の旗 佐々木孝太
日本の旗 番場琢
MOLA D
47 吉兆宝山 DIREZZA Z 日本の旗 長嶋正興
日本の旗 安田裕信
MOLA D
52 プロμ太陽石油KUMHOセリカ 日本の旗 竹内浩典
日本の旗 嵯峨宏紀
TOYOTA TEAM CERUMO(TEAM TAKEUCHI K
55 DHG ADVAN FORD GT 日本の旗 光貞秀俊
日本の旗 池田大祐
DHG Racing Y
61 R&D ADVAN VEMAC 320R(第7戦)
→アネブル ADVAN VEMAC320R(第8,9戦)
日本の旗 密山祥吾
日本の旗 谷口信輝
R&D SPORT Y
62 WILLCOM ADVAN VEMAC408R 日本の旗 柴原眞介
日本の旗 八木宏之日本の旗 黒澤治樹
WILLCOM R&D SPORT Y
70 外国屋アドバンポルシェ 日本の旗 石橋義三
日本の旗 平川晃
TEAM GAIKOKUYA Y
77 クスコスバルADVANインプレッサ 日本の旗 小林且雄
日本の旗 谷川達也日本の旗 菊池靖
CUSCO RACING Y
87 トライクジャパン ムルシェ RG-1 日本の旗 山西康司
日本の旗 和田久
JLOC Y
88 アクティオ ムルシェ RG-1 イタリアの旗 マルコ・アピチェラ
日本の旗 桧井保孝
JLOC Y
96 EBBRO BTEC MAZIORA 350R 日本の旗 黒澤琢弥
日本の旗 黒澤翼
EBBRO TEAM NOVA D
101 TOY STORY Racing MR-S 日本の旗 新田守男
日本の旗 高木真一
apr M
110 TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER 日本の旗 松田秀士
日本の旗 菅一乗
ARKTECH MOTORSPORTS Y
111 RodeoDrive WAKO'S GT3 日本の旗 飯島寛也
日本の旗 Guts城内
TEAM LeyJun Y
666 ライフワークBOMEXアップル NSX 日本の旗 周防彰悟
日本の旗 山下潤一郎
Team BOMEX Dream 28 Y
777 梁山泊 apr MR-S 日本の旗 田中実
日本の旗 大嶋和也
梁山泊 with apr M
910 洗剤革命 TEAM UEMATSU&石松RSR 日本の旗 植松忠雄
日本の旗 菊池靖日本の旗 阪口良平
910RACING WITH TEAM ISHIMATSU Y

タイヤ=BブリヂストンYヨコハマDダンロップMミシュランKクムホHハンコック

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット レース距離 GT500優勝者 GT300優勝者
第1戦 3月18日・19日 鈴鹿サーキット 約300km 脇阪寿一
アンドレ・ロッテラー
(レクサス・SC)
マルコ・アピチェラ
桧井保孝
ランボルギーニ・ムルシエラゴ
第2戦 4月8日・9日 岡山国際サーキット 約300km 道上龍
小暮卓史
(ホンダ・NSX)
密山祥吾
谷口信輝
ヴィーマック・320R)
第3戦 5月3日・4日 富士スピードウェイ 約500km 服部尚貴
ピーター・ダンブレック
(レクサス・SC430)
柴原眞介
八木宏之
(ヴィーマック・408R)
第4戦 6月24日・25日 セパンサーキット 約300km 伊藤大輔
ラルフ・ファーマン
(ホンダ・NSX)
山野哲也
井入宏之
マツダ・RX-7
第5戦 7月22日・23日 スポーツランドSUGO 約300km 立川祐路
高木虎之介
(レクサス・SC430)
佐々木孝太
番場琢
(日産・フェアレディZ)
第6戦 8月19日・20日 鈴鹿サーキット 約1,000km ブノワ・トレルイエ
星野一樹
ジェレミー・デュフォア
(日産・フェアレディZ)
竹内浩典
嵯峨宏紀
澤圭太
トヨタ・セリカ
第7戦 9月9日・10日 ツインリンクもてぎ 約300km セバスチャン・フィリップ
細川慎弥
(ホンダ・NSX)
田中哲也
青木孝行
フェラーリ・F360モデナ
第8戦 10月14日・15日 オートポリス 約300km 本山哲
松田次生
(日産・フェアレディZ)
高橋一穂
加藤寛規
(ムーンクラフト・紫電)
第9戦 11月4日・5日 富士スピードウェイ 約300km ロイック・デュバル
武藤英紀
(ホンダ・NSX)
新田守男
高木真一
(トヨタ・MR-S)

ポイントランキング[編集]

ドライバー[編集]

決勝順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント 20 15 11 8 6 5 4 3 2 1
決勝順位(鈴鹿1000km) 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位
ポイント 25 20 16 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
予選順位 1位 2位 3位
ポイント 4 3 2
決勝ベストラップ順位 1位 2位 3位
ポイント 3 2 1
  • 年間得点は、全9戦のうち最も低いポイントの1レースを除外して合計する。
  • 第9戦は、予選順位、決勝ベストラップに対するポイントは与えられない。
  • 同ポイントで並んだ場合は、上位入賞回数の多いほうが上位となる。それも同じ場合は、シリーズ全体でのレース走行距離を合計し多いほうが上位となる。

GT500[編集]

順位 No. ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 第9戦 合計
1 36 脇阪寿一
アンドレ・ロッテラー
22 3 11 1 8 6 18 4 8 80
2 100 セバスチャン・フィリップ
細川慎弥
4 20 0 8 2 7 27 11 0 79
3 18 道上龍
小暮卓史
11 27 0 5 3 0 6 20 4 76
4 22 ミハエル・クルム 2 11 2 20 11 20 1 5 5 75
5 38 立川祐路
高木虎之介
6 6 7 2 26 9 11 6 0 71
6 23 本山哲
松田次生
15 0 8 6 15 0 0 25 0 69
7 8 伊藤大輔
ラルフ・ファーマン
16 4 3 27 3 13 0 5 0 68
8 12 ブノワ・トレルイエ
星野一樹
3 5 6 11 5 32 0 8 0 67
9 35 ピーター・ダンブレック
服部尚貴
0 0 23 0 4 16 4 2 15 64
10 22 リチャード・ライアン - - - 20 11 20 1 5 5 62
11 32 ロイック・デュバル
武藤英紀
0 0 4 2 9 13 3 0 20 51
12 6 飯田章
片岡龍也
5 0 15 0 2 0 13 0 6 41
13 24 柳田真孝 1 1 2 3 1 11 5 0 11 34
14 12 ジェレミー・デュフォア - - - - - 32 - - - 32
15 3 横溝直輝
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
2 11 0 4 1 8 0 3 3 32
16 24 荒聖治 - - - - 1 11 5 0 11 28
17 22 ファビオ・カルボーン - - - - - 20 - - - 20
18 24 エリック・コマス 1 1 2 3 - 11 - - - 18
19 25 織戸学
土屋武士
3 2 5 1 0 5 0 0 2 18
20 35 田嶋栄一 - - - - - 16 - - - 16
21 22 山本左近 2 11 2 - - - - - - 15
22 8 金石年弘 - - - - - 13 - - - 13
23 66 アンドレ・クート
平中克幸
0 0 4 0 0 5 2 1 1 13
24 1 ロニー・クインタレッリ - - - - - 9 - - - 9
25 3 ダレン・マニング - - - - - 8 - - - 8
26 36 エイドリアン・スーティル - - - - - 6 - - - 6
27 66 ソエイル・アヤリ - - - - - 5 - - - 5
28 25 野田英樹 - - - - - 5 - - - 5
6 ビヨン・ビルドハイム - - - - - 0 - - - 0
23 井出有治 - - - - - 0 - - - 0

脚注[編集]

  1. ^ 第6戦で撤退し、#61に引き継がれる