山田英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山田英二(2007年バージニアインターナショナルレースウェイ)

山田 英二(やまだ えいじ、1962年4月25日 - )は、日本のレーシングドライバー奈良県出身。血液型はB型。愛称はターザン山田。由来は幼い頃、筑波サーキットの看板によじ登って観戦していた事から。主に雑誌企画等でのタイムアタックで名を知られており、様々な車種のチューニングカーを幅広く乗りこなす。

人物[編集]

1981年鈴鹿フレッシュマンレースにてデビュー。その後、全日本F3選手権全日本ツーリングカー選手権等に参戦している。近年ではスーパー耐久シリーズに参戦している。2011年には全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)の審査員に就任した。

以前V-OPT主催のレースで、チューニングショップのオーテックツカダ製作のR32GT-Rで他車を10秒近く差をつけ優勝したが、ファイナルラップでの蛇行運転により失格になった事がある。

愛車はクライスラー・PTクルーザー。以前はトヨタ・ヴィッツフォード・モンデオ(後述の人体実験企画でエアバッグテストに使われる)に乗っていた事がある。その理由について「GT-Rとかに乗ると煽られそうだから」と話している。また、同じ理由で洗車もしていないとのこと。

Optionでの活躍[編集]

レース活動だけでなく、雑誌『OPTION』(ビデオマガジン『V-OPTION』を含む)の取材や企画でも盛んに活動しており、タイムアタック等で数多くのチューニングカーに乗っている。また、カメラの前においてはラーマン山田(場合によっては噴飯者、馬鹿者とつく場合がある)を名乗り性悪なキャラクターを演じる一方、普段は大人しく土屋圭市織戸学などにからかわれる一面もある。なお、取材カメラと間違えて、ファンのカメラにずっと喋りかけていたこともある。

なお危険が伴う企画にも率先して受け続ける姿勢には、土屋をはじめ、関係者から評価が高い

レース戦績[編集]

  • 1981年
    • 鈴鹿フレッシュマンレース
  • 1983年 - 1985年
  • 1988年
    • 日産ザウルスカップ シリーズチャンピオン
    • 全日本F3選手権
  • 1989年
    • 日産ザウルスカップ シリーズチャンピオン
    • フォーミュラミラージュ
  • 1991年
  • 1992年 - 1993年
  • 1994年
  • 1995年
    • 全日本GT選手権 GT1 TCRCコムテック ELF GT2 (ラウンド4)
  • 1996年
  • 1997年
    • 十勝24時間レース
    • スーパーN1耐久
  • 1998年 - 1999年
    • スーパー耐久
  • 2000年
    • 全日本GT選手権 GT300クラス オートスタッフアドバンシルビア (ラウンド2、3)
    • 全日本GT選手権 イクリプスDUPLEXバイパー (GT500クラス ラウンド4)、(GT300クラス ラウンド6、7)
    • スーパー耐久 クラス3 C-WESTアドバンRX7 Cドライバー シリーズ3位
  • 2001年
    • 全日本GT選手権 GT300クラス イクリプス オメガ タイサン バイパー シリーズ15位
    • スーパー耐久 クラス3 C-WESTアドバンRX7 Cドライバー シリーズ4位
  • 2002年
    • 全日本GT選手権 GT300クラス イクリプスタイサンADバイパー シリーズ14位
    • スーパー耐久 クラス3 C-WESTアドバンRX7 Cドライバー シリーズチャンピオン
  • 2003年
    • 全日本GT選手権 GT300クラス ECLIPSE タイサン ADVAN バイパー シリーズ12位 (ラウンド4優勝)
    • スーパー耐久 クラス3 ORC アドバン RX-7 Bドライバー シリーズ3位
  • 2004年
    • 全日本GT選手権 GT300クラス ECLIPSE タイサン ADVAN バイパー (オールスター戦)
    • スーパー耐久 クラス3 ORC アドバン RX-7 Bドライバー シリーズ6位
  • 2005年
    • 全日本GT選手権 GT300クラス
    • スーパー耐久 クラス3 C-WEST ORC アドバンZ Bドライバー シリーズチャンピオン
  • 2006年
    • スーパー耐久 クラス3 C-WEST ORC アドバンZ Aドライバー シリーズ5位
  • 2007年
    • スーパー耐久 クラス1 CAR-CHANNEL アドバンZ33 Cドライバー シリーズ4位
  • 2008年
    • スーパー耐久 クラス1 ENDLESS ADVAN Z Cドライバー (ラウンド4、5)
    • スーパー耐久 クラス2 ENDLESS ADVAN CS-X Bドライバー (ラウンド6、7)
  • 2009年
    • スーパー耐久 クラス2 ENDLESS ADVAN CS・X Cドライバー

エピソード[編集]

  • 車好きの兄とサーキットの狼、中学1年生の時に見た鈴鹿サーキットでのF2星野一義の走りに感動した事がレーシングドライバーになったきっかけである[1]
  • 中学を卒業後、仕事で貯めた現金を持って、「マシンを売ってください」と鈴鹿サーキットへ行き、コンストラクターの存在を教えてもらい、FJマシンを手に入れた[1]
  • 谷田部テストコースでの最高速トライの収録中、時速300km/hを超えるスピードでバンクを抜けた際コントロールを失いコース内側の森林にそのまま突入した。車両は大破し、山田は全身打撲で入院している。
  • 「ターザン山田(真面目で優しい)」、V-OPTのカメラの前では「ラーマン山田(性悪な性格)」といった2つのキャラを持つが、V撮影前に「今日はどっちのモードがいいかな?」と聞き、使い分けているとのこと。
  • その為、スーパーラップなどで背後のビデオカメラに気づいていない時に取材やチューニングショップ関係者と打ち合わせをしている時は丁寧で穏やかだが、カメラに気づく途端に「撮ってんじゃねー!」と豹変するお約束場面が多々ある。

脚注[編集]

  1. ^ a b オートスポーツNO.670 1995年1/1号45〜47頁 「普段着の戦士たち24 ターザンの一本気 山田英二」

外部リンク[編集]