九段会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九段会館
Kudan Kaikan 2010.jpg
情報
旧名称 軍人会館
設計者 川元良一
施工 清水組
建築主 財団法人軍人会館
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
敷地面積 1,844.66坪 m²
建築面積 941,755坪 m²
延床面積 4,370.523坪 m²
階数 地下1階、地上4階、塔屋付
高さ 軒高64尺、塔屋最高部まで90尺9寸7分
着工 1932年(昭和7年)2月
竣工 1934年(昭和9年)3月
所在地 東京都千代田区九段南一丁目6番5号
位置 北緯35度41分39.99秒 東経139度45分4.44秒 / 北緯35.6944417度 東経139.7512333度 / 35.6944417; 139.7512333
テンプレートを表示

九段会館(くだんかいかん)は、東京都千代田区にある施設である。旧称は軍人会館(ぐんじんかいかん)。二・二六事件では戒厳司令部が置かれた。ホールレストラン宿泊施設などを備え、結婚式、各種公演、会議、試写会などに使用されていたが、後述の死亡事故を受けて、2011年4月12日付で廃業した。

概要[編集]

軍の予備役・後備役の訓練、宿泊を目的に建設される。太平洋戦争後の運営は財団法人日本遺族会。「財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関する法律」(昭和28年法律第200号)[1]により、本来は国の財産であるが会に無償貸与していた[2]

2014年5月、老朽化により取り壊されることとなった。跡地には新しいビルが立つ。新築される建物も、一部は事務所として日本遺族会に貸し出される予定である[3]

歴史[編集]

建築概要[編集]

昭和初期に流行した帝冠様式の建物である。設計は同潤会アパート川元良一、技術顧問として伊東忠太。工事費約250万円。

施設概要[編集]

ホテル[編集]

  • 162室、340名
  • 和・洋大宴会場

挙式場[編集]

  • 神殿
  • チャペル

レストラン[編集]

  • くだん亭(和・寿し・中華料理)
  • 味の店 千成
  • 九段迎賓館(創作フレンチ・イタリアン)
  • コーヒーラウンジ
  • 屋上ラウンジ(花見・ビアガーデン)

ホール[編集]

  • 客席数 1112
    • 1階 614席
    • 2階 168席
    • 3階 330席
    • 座席の列番号は「いろは順」。
  • 映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』でヒロインの星野六子(堀北真希)が観に行った映画館のロケ地として使用された。
  • 映画『クローズド・ノート』で、ヒロインの堀井香恵(沢尻エリカ)が所属するマンドリンクラブのコンサートロケ地として使用された。

交通手段[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関する法律(昭和二十八年八月十二日法律第二百号)”. 法令データ提供システム. 2011年6月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 震災で2人死亡の九段会館、閉館へ 遺族会が国に返還 朝日新聞 2011年5月7日
  3. ^ “九段会館取り壊しへ 歴史見つめた80年に幕”. 東京新聞. (2014年5月24日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014052402000120.html 2014年5月24日閲覧。 
  4. ^ 都内で4人死亡、けが60人超/九段会館の天井崩落”. 四国新聞社SHIKOKU NEWS (2011年3月11日). 2011年3月12日閲覧。
  5. ^ 【東日本大震災】九段会館の天井崩落事故 遺族ら業務上過失致傷で告訴 産経新聞 2011年5月12日
  6. ^ 九段会館崩落事故、立件見送り=起訴求めず送検-東日本大震災で33人死傷・警視庁 - 時事ドットコム、2013年11月8日

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)
    • Ref.A06050752500『軍人会館移転及電話ノ夜間使用区分変更ノ通牒』
    • Ref.C01001425300『英国舞踊団の軍人会館使用不許可に関する件』
    • Ref.C05023401800『官房第2858号 9.6.23 財団法人軍人会館へ行幸の件』
    • Ref.C05023433900『9.6.28 財団法人軍人会館臨幸御次第書の件』