XTC (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XTC
Toronto, 3 October 1978. (Photo: Jean-Luc Ourlin)From left to right: Andy Partridge, Colin Moulding, Terry Chambers & Barry Andrews
Toronto, 3 October 1978. (Photo: Jean-Luc Ourlin)
From left to right: Andy Partridge, Colin Moulding,
Terry Chambers & Barry Andrews
基本情報
別名 The Dukes of Stratosphear
出身地 イングランドの旗 イングランド スウィンドン
ジャンル ロック
アヴァン・ポップ
ポスト・パンクニュー・ウェイヴ(初期)
ポップ・ロック
サイケデリック・ロック (The Dukes of Stratosphear)
ダブ(初期プロジェクト)
活動期間 1976年 - 2005年
レーベル ヴァージン・レコード
ゲフィン
Idea
共同作業者 The Dukes of Stratosphear
Shriekback
公式サイト XTC (英語)
メンバー
アンディ・パートリッジ
旧メンバー
バリー・アンドリューズ
テリー・チェンバーズ
デイヴ・グレゴリー
コリン・モールディング

XTC (エックス・ティー・シー) とは、イングランドウィルトシャー州スウィンドン出身のロックバンド。バンド名はアンディ・パートリッジが「Ecstasy」をもじったもの。

ビートルズビーチ・ボーイズといった英米問わずオールディーズなポップスやサイケデリック・ロックなどからの幅広い影響をもとに、その活動を通じてポップミュージックのオルタナティヴな可能性を追求した。独特のポップセンスとこだわりに満ちたアレンジを志向しながらポップス・ロックとしてのフォーマットを損なわない大胆なアプローチは、のちのブリットポップ・ムーヴメントにも大きな影響を与えた。

1977年10月にデビュー、以降何度かのメンバーの加入・脱退、ニュー・ウェイヴからポップスへの大胆な音楽性の変化を経て、 2011年現在はアンディ・パートリッジ(ヴォーカルギター)だけが残り、実質活動休止状態である(オフィシャルサイトのフォーラム上でアンディは「もう二度とXTCの新作はあり得ない」と語っている)。

メンバー[編集]

メンバー名 原語表記 担当 生年月日と年齢 メモ
アンディ・パートリッジ Andy Partridge ヴォーカル、ギター 1953年11月11日(60歳) マルタ出身。3歳の時に、両親の故郷であるイギリス、ウィルトシャー スウィンドンに移り住む。
コリン・モールディング Colin Moulding ヴォーカル、ベース 1955年8月17日(58歳) スウィンドン出身 2006年11月脱退
テリー・チェンバーズ Terry Chambers ドラムス 1955年7月16日(58歳) スウィンドン出身 1973年から在籍、1982年9月脱退
バリー・アンドリューズ Barry Andrews ヴォーカル、キーボード、ピアノ 1956年9月12日(57歳) 1976年から在籍、1979年1月脱退
デイヴ・グレゴリー Dave Gregory ギター、キーボード 1952年9月21日(61歳) スウィンドン出身 1979年3月5日加入、1998年3月脱退

来歴[編集]

1978年、当時勃興してきたパンク・ムーヴメントのなか、セックス・ピストルズを擁するヴァージン・レコードよりジョン・レッキーのプロデュースでデビュー・アルバム『ホワイト・ミュージック』を発表。

1979年、唯一の日本公演を行った。来日公演の前座はP-MODELAunt Sallyが務めている。

1992年、プロモーションに力を入れた前作『オレンジズ・アンド・レモンズ』をうけての『ノンサッチ』ののち古巣・ヴァージンと離反、さらに制作途中のデイヴの脱退もあり、ストリングス/アコースティックの第一作、ギターロックの第二作からなる『アップル・ヴィーナス』二部作発表後には沈黙。

2005年には長年の相棒・コリンが脱退、 2011年現在バンドはアンディのみとなっている。


ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

タイトル 原題 発売日 UK チャート US チャート
ホワイト・ミュージック White Music 1978 / 01 / 20 #38 -
ゴー 2 Go 2 1978 / 10 / 06 #21 -
ドラムス・アンド・ワイアーズ Drums and Wires 1979 / 08 / 17 #34 #176
ブラック・シー Black Sea 1980 / 09 / 12 #16 #41
イングリッシュ・セツルメント English Settlement 1982 / 02 / 12 #5 #48
ママー Mummer 1983 / 08 / 30 #51 #145
ザ・ビッグ・エキスプレス The Big Express 1984 / 10 / 15 #38 #181
スカイラーキング Skylarking 1986 / 10 / 27 #90 #70
オレンジズ・アンド・レモンズ Oranges & Lemons 1989 / 02 / 27 #28 #44
ノンサッチ Nonsuch 1992 / 04 / 27 #28 #97
アップル・ヴィーナス・ヴォリューム 1 Apple Venus Volume 1 1999 / 02 / 17 #42 #106
ワスプ・スター Wasp Star (Apple Venus Volume 2) 2000 / 05 / 22 #40 #108

コンピレーション・アルバム[編集]

原題タイトル 発売年
Take Away / The Lure of Salvage 1980
Waxworks: Some Singles 1977-1982 1982
Beeswax: Some B-Sides 1977-1982 1982
The Compact XTC 1987
Explode Together: The Dub Experiments 78-80 1990
Rag and Bone Buffet: Rare Cuts and Leftovers 1990
BBC Radio 1 Live in Concert 1992
Drums and Wireless: BBC Radio Sessions 77-89 1994
A Testimonial Dinner: The Songs of XTC 1995
Fossil Fuel: The XTC Singles 1977-92 1996
Upsy Daisy Assortment 1997
Transistor Blast: The Best of the BBC Sessions 1998
Homespun 1999
Homegrown 2001
Coat of Many Cupboards 2002
Instruvenus 2002
Waspstrumental 2002
Apple Box 2005

The Dukes of Stratosphear[編集]

原題タイトル 発売年 情報
25 O'Clock 1985
Psonic Psunspot 1987
Chips from the Chocolate Fireball 1987 "25 O'Clock" + "Psonic Psunspot" のコンピレーション盤

シングル[編集]

原題タイトル 作者 発売年
Science Friction Partridge 1977
Statue of Liberty Partridge 1978
This Is Pop? Partridge 1978
Are You Receiving Me? Partridge 1978
Life Begins at the Hop Moulding 1979
Making Plans for Nigel Moulding 1979
Ten Feet Tall Moulding 1980
Wait Till Your Boat Goes Down Partridge 1980
Generals and Majors Moulding 1980
Towers of London Partridge 1980
Too Many Cooks in the Kitchen Moulding 1980
Take This Town Partridge 1980
Sgt. Rock (Is Going to Help Me) Partridge 1980
Love at First Sight Moulding 1981
Respectable Street Partridge 1981
Senses Working Overtime Partridge 1982
Ball and Chain Moulding 1982
No Thugs in Our House Partridge 1982
Great Fire Partridge 1983
Wonderland Moulding 1983
Love on a Farmboy's Wages Partridge 1983
Thanks for Christmas Balthazar/Kaspar/Melchior 1983
All You Pretty Girls Partridge 1984
This World Over Partridge 1984
Wake Up Moulding 1985
The Mole from the Ministry Partridge 1985
Grass Moulding 1986
The Meeting Place Moulding 1987
Earn Enough for Us Partridge 1987
Dear God Partridge 1987
You're a Good Man Albert Brown Partridge 1987
The Mayor of Simpleton Partridge 1989
King for a Day Moulding 1989
The Loving Partridge 1989
The Disappointed Partridge 1992
The Ballad of Peter Pumpkinhead Partridge 1992
Wrapped in Grey Partridge 1992
Easter Theatre Partridge 1999
I'd Like That Partridge 1999
I'm the Man Who Murdered Love Partridge 2000
Where Did the Ordinary People Go? Moulding 2005

使用された楽曲[編集]

  • 資生堂インウイ - 1983年にテレビ放映されたCMで「デュークス・オブ・ストラトスフィア」名義の曲「Frost Circus」がBGMに起用された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]