1997年の全日本GT選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1997年の全日本GT選手権
前年: 1996年 翌年: 1998年

1997年の全日本GT選手権(JGTC)は、1997年3月29・30日に鈴鹿サーキットで開幕し、1997年10月25・26日にスポーツランドSUGOで閉幕した全6戦と、11月15・16日にツインリンクもてぎでのオールスター戦(ノンタイトルレース)とのシリーズである。

エントリーリスト[編集]

GT500クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
2 ZEXEL スカイライン 日本の旗 鈴木亜久里
フランスの旗 エリック・コマス(Rd.1、3-All star)
イタリアの旗 マルコ・アピチェラ(Rd.2)
NISMO B
3 ユニシアジェックス スカイライン 日本の旗 長谷見昌弘
日本の旗 田中哲也
ハセミ・モータースポーツ B
4 アドバンポルシェ(Rd.1)
→アルファコンピューターポルシェ(Rd.2、4、5)
→ダンロップポルシェ(Rd.3、6)
日本の旗 金海辰彦
日本の旗 駒光武
SUZUKI BANKIN Y

(Rd.1、2)
D (Rd.3-6)

5 5ZIGEN SUPRA 日本の旗 田島栄一
ベルギーの旗 マーク・グーセン(Rd.1-6)
日本の旗 ヒロ松下(All star)
TEAM 5ZIGEN D
8 パワークラフトTRD SUPRA フランスの旗 ベルトラン・ガショー(Rd.1、2)
オーストラリアの旗 ワイン・ガードナー(Rd.3、4、6、All star)
日本の旗 長坂尚樹(Rd.5)
フランスの旗 ポール・ベルモンド(Rd.1、2)
日本の旗 長坂尚樹(Rd.3、6)
デンマークの旗 トム・クリステンセン(Rd.4-All star)
POWER CRAFT B
10 シャトレーゼ・ポルシェGT2 日本の旗 飯田薫
イギリスの旗 ラルフ・ファーマン[1]
TEAM TMS D
12 カルソニックスカイライン 日本の旗 星野一義(Rd.1、3-All star)
日本の旗 水野文則(Rd.2)
日本の旗 本山哲(Rd.1-6)
日本の旗 土屋武士(All star)
TEAM IMPUL B
13 エンドレスアドバンGTR 日本の旗 木下みつひろ
日本の旗 菊地靖(Rd.1)
日本の旗 藤村満男(Rd.2-6)
エンドレススポーツ Y
18 avex 童夢 無限 NSX(Rd.2-All star) 日本の旗 黒澤琢弥
日本の旗 山本勝巳
無限+童夢PROJECT B
30 綜警 PORSCHE 日本の旗 山田洋二
日本の旗 茂木和男
TEAM TAKE ONE B
34 STP タイサンポルシェGT2(Rd.3-5)
→STP タイサンアドバンバイパー(Rd.6、All star)
日本の旗 土屋圭市
日本の旗 松田秀士
TEAM TAISAN with ADVAN Y
36 Castrol Tom's SUPRA ドイツの旗 ミハエル・クルム(Rd.1-6)
日本の旗 関谷正徳(All star)
スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ(Rd.1-6)
日本の旗 片山右京(All star)
TOYOTA Castrol TEAM B
37 Castrol Tom's SUPRA 日本の旗 関谷正徳(Rd.1-6)
日本の旗 舘信吾(All star)
日本の旗 鈴木利男
TOYOTA Castrol TEAM B
38 Castrol CERUMO SUPRA 日本の旗 竹内浩典
日本の旗 金石勝智
TOYOTA Castrol TEAM B
39 デンソースープラGT(Rd.1、2)
→デンソーサードスープラGT(Rd.3-All star)
フランスの旗 オリビエ・グルイヤール(Rd.1)
日本の旗 谷川達也(Rd.2-All star)
日本の旗 影山正美
TOYOTA TEAM SARD Y
47 アドバンスオートGTカマロ(Rd.4) 日本の旗 山本正人
日本の旗 岡本克彦
ススキレーシングメカニックス G
75 NISSAN 300ZX-GTS(Rd.1、2) 日本の旗 立川祐路
日本の旗 高橋毅
Team Le Man Y
88 JLOC ディアブロGTR(Rd.2-All star) 日本の旗 和田孝夫
日本の旗 和田久
JALOC CORSA D
100 RAYBRIG NSX(Rd.2-All star) 日本の旗 高橋国光
日本の旗 飯田章
チーム国光 with MOON CRAFT B
510 RH CERUMO SUPRA(Rd.3-6) フランスの旗 ベルトラン・ガショー
フランスの旗 ポール・ベルモンド
RYOWA HOUSE Pacific TEAM CERUMO B
556 KURE R33 日本の旗 影山正彦
日本の旗 近藤真彦
NISMO B

GT300クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
6 ワイズダンロップBP MR-2 日本の旗 加藤寛規
日本の旗 藤田孝博
KRAFT D
7 RE雨宮 SuperG RX7 日本の旗 山路慎一
日本の旗 松本晴彦
RE雨宮レーシング D
9 PCJ 5ZIGEN RSR(Rd.1、2) 日本の旗 日置恒文
日本の旗 木下正治
TEAM 5ZIGEN Y
11 ムラウチ カメイ スカイライン(Rd.2) 日本の旗 石森浩元
日本の旗 鈴木錦治
Mファクトリーレーシング B
15 カムコワークステーションGTR(Rd.4) 日本の旗 小田切毅
日本の旗 小野田貴俊
カムコワークス Y
16 YB BMW 318iクーペ 日本の旗 関根基司
日本の旗 井入宏之(Rd.1-4)
日本の旗 藤島敏也(Rd.5、6)
Team Power Magic Y
17 東京科学芸術専門学校:RX-7(Rd.1)
→東京科芸専:REロードスター(Rd.2-4、6、All star)
日本の旗 野上敏彦
日本の旗 輿水敏明(Rd.1)
日本の旗 細野智行(Rd.2-4、6、All star)
KAGEISEN RACING TEAM D
19 RS☆Rシルビア 日本の旗 織戸学
日本の旗 福山英朗
RS-Rレーシングwith BANDOH Y
20 アイ・オート GAB ポルシェ 日本の旗 高橋健二
日本の旗 須賀宏明
アイ・オートレーシングチーム Y
21 ダンロップ-BP-BMW 日本の旗 一ツ山康(Rd.1、2、6)
日本の旗 一ツ山幹雄(Rd.3-5)
日本の旗 木下隆之(Rd.1)
日本の旗 山本健嗣(Rd.2-4、6)
日本の旗 水野文則(Rd.5)
HITOTSUYAMA RACING D
23 ヒラノモータースポーツR32M(Rd.4) 日本の旗 平野敏行
日本の旗 久保山久徳
ヒラノモータースポーツ B
25 ATLUSつちやMR2(Rd.1、2)
→つちやMR2(Rd.3、4、6、All star)
日本の旗 土屋武士(Rd.1-6)
日本の旗 小幡栄(All star)
日本の旗 長嶋正興
土屋エンジニアリング Y
26 タイサンスターカードRSR 日本の旗 鈴木恵一
日本の旗 新田守男
TEAM TAISAN Jr. Y
27 TEAM FCJ フェラーリ(Rd.1-5、All star)
→シェル・フェラーリF355(Rd.6)
日本の旗 太田哲也
スウェーデンの旗 アンデルス・オロフソン(Rd.1、2、4、5、All star)
スウェーデンの旗 スティーブン・アンドスカー(Rd.3、6)
TEAM FERRARI CULB of JAPAN Y
28 TEAM FCJ フェラーリ 日本の旗 山崎正弘
日本の旗 杉山正巳
TEAM FERRARI CULB of JAPAN Y
45 フレンド日東シーサイドSILVIA(Rd.1、2) 日本の旗 湯浅毅
日本の旗 花井聖明
SIGNAL Y
51 コブラポルシェ 日本の旗 石原将光(Rd.1、2、4-6)
日本の旗 戸田哲史(Rd.3)
日本の旗 池谷勝則
コブラレーシングチーム Y
54 シェネルポルシェSDR(Rd.6) 日本の旗 田中信幸
日本の旗 斉藤和重
S.D.R. Y
55 Castrol RX7(Rd.1-3)
Castrol FS RX7(Rd.4、6)
日本の旗 深沢寿裕
日本の旗 長島正明
SPORTS FACTRY RACING D
57 SiFo Spider Ver.GT(Rd.2、6) 日本の旗 玉本秀幸(Rd.2)
日本の旗 砂子智彦(Rd.6)
日本の旗 おくやま道子(Rd.2)
日本の旗 吉富章(Rd.6)
ecurie SiFo M
60 ワイズダンロップBP キャバリエ(Rd.4-All star) 日本の旗 佐藤久実
日本の旗 田中実
KRAFT D
70 外車の外国屋ダンロップポルシェ 日本の旗 石橋義三
日本の旗 小宮延雄
TEAM 外国屋 Y
71 シグマテック911 日本の旗 星野薫
日本の旗 城内政樹
シグマテックレーシングチーム D
72 WAKO'S BMW M3 日本の旗 牧口規雄
日本の旗 浅見武
牧口エンジニアリング Y
79 ナックウエストシルビア(Rd.2、4) 日本の旗 杉山正則
日本の旗 青柳裕易
NAC WEST D
81 ダイシンSILVIA 日本の旗 大八木信行
日本の旗 萬雲恒明(Rd.1、2)
日本の旗 木下隆之(Rd.3-All star)
TEAM DAISHIN D
91 バーディクラブ・MR-2 日本の旗 松永雅博
日本の旗 三原じゅん子
ファーストレーシングチーム Y
333 カストロールポルシェ(Rd.1、2)
→ポルシェ(Rd.4、6)
日本の旗 清水正智
日本の旗 片山義美(Rd.1、2)
日本の旗 佐伯重和(Rd.4)
日本の旗 坂本文人(Rd.6)
シミズレーシングエンタープライズ D
777 PCJシオミクリニックRSR(Rd.1) 日本の旗 牧口克哉
日本の旗 塩見勝治
タックル&RS松元 D
910 ナインテンポルシェ 日本の旗 袖山誠一
日本の旗 見崎清志(Rd.1、4、6)
日本の旗 砂子智彦(Rd.2、3)
日本の旗 玉本秀幸(Rd.5、All star)
910 RACING D
911 ナインテンTIBポルシェ(Rd.6) 日本の旗 芳賀重光
日本の旗 高橋規一
910 RACING D

タイヤ= BブリヂストンYヨコハマDダンロップMミシュランGグッドイヤー

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット レース距離 GT500優勝者 GT300優勝者
第1戦 3月29日・30日 鈴鹿サーキット 約300km 鈴木亜久里
エリック・コマス
日産・スカイラインGT-R
織戸学
福山英朗
日産・シルビア
第2戦 5月3日・4日 富士スピードウェイ 約300km 影山正美
谷川達也
トヨタ・スープラ
鈴木恵一
新田守男
ポルシェ・911
第3戦 6月28日・29日 仙台ハイランド 約300km ミハエル・クルム
ペドロ・デ・ラ・ロサ
(トヨタ・スープラ)
土屋武士
長島正興
トヨタ・MR2
第4戦 8月9日・10日 富士スピードウェイ 約300km 影山正美
谷川達也
(トヨタ・スープラ)
鈴木恵一
新田守男
(ポルシェ・911)
第5戦 10月4日・5日 MINEサーキット 約300km ミハエル・クルム
ペドロ・デ・ラ・ロサ
(トヨタ・スープラ)
織戸学
福山英朗
(日産・シルビア)
第6戦 10月25日・26日 スポーツランドSUGO 約300km 田島栄一
マーク・グーセン
(トヨタ・スープラ)
星野薫
城内政樹
(ポルシェ・911)
All star 11月15日・16日 ツインリンクもてぎ 約140km×2レース 鈴木亜久里
エリック・コマス
(日産・スカイラインGT-R)
太田哲也
アンデルス・オロフソン
フェラーリ・F355
鈴木亜久里
エリック・コマス
(日産・スカイラインGT-R)
太田哲也
アンデルス・オロフソン
(フェラーリ・F355)

ポイントランキング[編集]

ドライバー[編集]

決勝順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント 20 15 12 10 8 6 4 3 2 1

GT500[編集]

順位 No. ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 合計
1 36 ミハエル・クルム
ペドロ・デ・ラ・ロサ
0 12 20 15 20 0 67
2 39 影山正美 15 20 8 20 0 4 67
3 37 関谷正徳
鈴木利男
12 6 12 12 12 10 64
4 2 鈴木亜久里 20 10 15 1 2 12 60
5 39 谷川達也 - 20 8 20 0 4 52
6 2 エリック・コマス 20 - 15 1 2 12 50
7 3 長谷見昌弘
田中哲也
10 15 2 6 4 0 37
8 5 田嶋栄一
マーク・グーセン
6 0 6 0 0 20 32
9 100 高橋国光
飯田章
- 0 0 0 15 15 30
10 38 竹内浩典
金石勝智
4 2 10 3 8 1 28
11 12 本山哲 0 8 0 10 6 0 24
12 8 長坂尚樹 - - 4 - 10 6 20
13 12 星野一義 0 - 0 10 6 0 16
14 39 オリビエ・グルイヤール 15 - - - - 0 15
15 510 ベルトラン・ガショー
ポール・ベルモンド
1 0 3 8 0 0 12
16 18 黒澤琢弥
山本勝巳
- 0 0 0 3 8 11
17 2 マルコ・アピチェラ - 10 - - - 0 10
17 8 トム・クリステンセン - - - - 10 0 10
19 556 影山正彦
近藤真彦
8 0 0 2 0 0 10
20 8 ワイン・ガードナー - - 4 0 - 6 10
21 12 水野文則 - 8 - - - 0 8
22 13 木下みつひろ 3 0 0 4 1 0 8
23 34 土屋圭市
松田秀士
2 - 1 0 0 3 6
23 13 藤村満男 - 0 0 4 1 0 5
25 10 飯田薫
ラルフ・ファーマン
0 4 0 0 - 0 4
26 30 山田洋二
茂木和男
2 0 0 0 0 2 4
27 13 菊地靖 3 - - - - 0 3
27 4 金海辰彦
駒光武
0 3 - 0 - 0 3

脚注[編集]

  1. ^ Rd.1ではラルフ・ファーマンJr.の名前でエントリーしていた