スタンレー電気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタンレー電気株式会社
Stanley Electric Co., Ltd.
スタンレー電気本社
スタンレー電気本社(2013年7月)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6923 1961年10月2日上場
本社所在地 日本の旗 日本
153-8636
東京都目黒区中目黒二丁目9番13号
設立 1933年(昭和8年)5月5日
業種 電気機器
事業内容 自動車機器製品、電子機器製品の製造販売
代表者 北野隆典(代表取締役社長)
資本金 305億14百万円
売上高 連結:3,544億69百万円
単独:2,365億65百万円
総資産 連結:3,257億98百万円
単独:2,254億93百万円
従業員数 連結:12,903名 単独:3,347名
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 8.02%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 7.97%
本田技研工業(株) 4.91%
主要子会社 (株)スタンレー鶴岡製作所 100%
(株)スタンレーいわき製作所 100%
関係する人物 北野隆興(元社長)
外部リンク http://www.stanley.co.jp
特記事項:各種経営指標は2008年3月期のもの
テンプレートを表示

スタンレー電気株式会社(スタンレーでんき、Stanley Electric Co., Ltd.)は、東京都目黒区中目黒に本社を置く、自動車機器製品、電子機器製品の製造販売を行なう企業である。東京証券取引所一部上場。

概要[編集]

1920年12月29日北野隆春が、自動車電球などの特殊電球の製造販売を目的に当社の前身となる「北野商会」を個人創業。1921年には、探検家ヘンリー・モートン・スタンレーを由来とした“スタンレー”に商標を定める。1933年5月5日に法人改組し「スタンレー電気株式会社」を設立。

沿革[編集]

  • 1920年12月 創業
  • 1933年5月 スタンレー電気株式会社設立
  • 1961年10月 東京証券取引所第2部上場
  • 1962年2月 東京証券取引所第1部指定替え
  • 1968年7月 台湾に「台湾スタンレー」を設立
  • 1980年5月 タイ王国に「タイ・スタンレー」を設立
  • 1993年4月 香港に「スタンレー香港」を設立
  • 1995年10月 天津に「天津スタンレー」を設立
  • 1996年11月 上海に「上海スタンレー」を設立
  • 1997年1月 ベトナムに「ベトナム・スタンレー」を設立
  • 1998年5月 ドイツに「スタンレー電気・ドイツ」を設立
  • 2001年2月 イギリスに「スタンレーU.K.」を設立
  • 2001年10月 インドネシアに「インドネシアスタンレー」を設立
  • 2012年3月 独占禁止法違反容疑で公正取引委員会による立ち入り検査[1]

事業所[編集]

  • 秦野製作所
  • 浜松製作所
  • 岡崎製作所
  • 広島製作所

主な製品[編集]

モータースポーツ[編集]

1997年より、「RAYBRIG(レイブリック)」のブランド名でSUPER GTに参戦するチーム国光のメインスポンサーを務めている。

歴代RAYBRIGレースクイーン一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自動車用ランプでカルテルか=小糸製作所などに立ち入り-公取委

外部リンク[編集]