ヒロ松下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒロ 松下(ヒロまつした、1961年3月14日 - )は、日本の元レーシングドライバー実業家。本名は松下 弘幸(まつした ひろゆき)。血液型A型。

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

パナソニックの創業者である松下幸之助として兵庫県西宮市に生まれる。甲南高等学校・中学校甲南大学経営学部を卒業。小学生まで地元のボーイスカウトに所属。

モータースポーツ[編集]

モトクロスシビック・ワンメイクレースなどを経て、1986年にアメリカに渡り、フォーミュラ・フォードIMSA GTP、フォーミュラ・アトランティック(後のアトランティック・チャンピオンシップ)、ARSなどに参戦する。1989年にフォーミュラ・アトランティックでチャンピオンを獲得し、1990年よりトップカテゴリーのCART(後のチャンプカー・ワールド・シリーズ)に参戦した。インディ500に参戦した初の日本人ドライバーで、過去最高位は6位入賞(1994年)。

現在[編集]

1998年シーズンを以てCARTから引退し、その後はル・マン24時間や、バハ1000などのオフロードレースにスポット参戦した。現在は南カリフォルニアに本拠を置く、レースカー(チャンプカーやフォーミュラ・ニッポンに供給)やエアロスペース関係の設計・製造を行うスウィフト・エンジニアリングと、日本にあるスポーツマーケティング、アドバタイジング、及び医療関係のサービスを行うパシフィックマーケティングの2つの会社で会長兼CEOを務める。

レース戦績[編集]

  • 1995年
    • CART(Alciero Wells Racing #25 レイナード95I・フォード)

レースキャリア[編集]

  • 1976年 15歳 モトクロスを始める
  • 1979年 18歳 ラリーを始める
  • 1980年 19歳 ダートラ近畿地区 チャンピオン
  • 1981年 20歳 全日本ラリー選手権参戦
  • 1984年 23歳 シビックワンメイクレース参戦
  • 1986年 25歳 渡米しフォーミュラ・フォード地方選手権参戦
  • 1987年 26歳 フォーミュラ・フォード全米選手権 7位
  • 1988年 27歳 デイトナ24時間、セブリング24時間参戦 フォーミュラ・アトランティック参戦
  • 1989年 28歳 フォーミュラ・アトランティック シリーズチャンピオン
  • 1990年 29歳 ディックサイモンチームより日本人で初めてインディカーに参戦 シリーズ31位(最高位12位)
  • 1991年 30歳 インディカー インディ500 16位 シリーズ23位(最高位10位)
  • 1992年 31歳 インディカー インディ500 DNQ(予選中の怪我による) 2度のクラッシュで右大腿骨骨折の重傷を経験 シリーズ27位(最高位10位)
  • 1993年 32歳 インディカー インディ500 18位 ウォーカーレーシングに移籍 シリーズ26位(最高位10位)
  • 1994年 33歳 インディカー インディ500 14位 ディックサイモンに復帰 シリーズ26位(最高位6位)
  • 1995年 34歳 インディカー インディ500 10位 アルシエロウエルズに移籍 シリーズ28位(最高位10位)
  • 1996年 35歳 CART ペイトンコインに移籍 シリーズ28位(最高位10位)
  • 1997年 36歳 CART アルシエロウエルズに復帰 シリーズ27位(最高位9位)
  • 1998年 37歳 CART 第5戦限りの引退を表明
  • 1999年 38歳 ル・マン24 チーム郷 加藤寛規 中谷明彦ともに出場 #19 BMW V12 LM98 リタイア
  • 2001年 40歳 北米最大級のオフロードレース「Baja 1000」に挑戦
  • 2002年 41歳 ネバダ州の砂漠レース「Terrible Town 250」に挑戦
  • 2006年 45歳 富士スピードウェイで開催された「タイムマシーン・フェスティバル」に参加
  • 2007年 46歳 グァム島オフロードレース「25th Smokin' Wheels Off-Road Race」に招待を受け参戦

関連項目[編集]

外部リンク[編集]