BMW・V12 LM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BMW・V12 LMは、1998年ル・マン24時間レース参戦用にBMWウィリアムズが開発したプロトタイプレーシングカーである。

概要[編集]

1995年マクラーレンは自社のスーパーカーのレース仕様、マクラーレン・F1 GTRでBPRグローバルGTシリーズや、ル・マン24時間レースに参戦した。このマクラーレン・F1 GTRに搭載されていたエンジンが、BMWモータースポーツによって開発されたBMW6.0リットルV12気筒 BMW S70/2型エンジンである。この年、マクラーレン・F1 GTRはル・マンを制覇している。翌1996年にはBMW自身のワークスチームとしてビガッツィ・チームがル・マンにエントリーしている。しかしこの年ポルシェが投入した純レース仕様と言えるポルシェ・911 GT1の前に苦戦し、最高位が4位に留まった。1997年、BMWはエボリューションモデル、マクラーレン・F1 GTR-LMでワークスチームとしてシュニッツァーFIA GT選手権及びル・マン24時間に参戦させるも、セミプロトタイプとも言えるメルセデスベンツ・CLK-GTRやポルシェ・911GT1の前には苦戦することとなる。

1998年、BMWはそれまでのマクラーレンのGTマシンでなく、オープントップ・プロトタイプマシンのLMP1を開発する。このマシンがBMW・V12 LMである。エンジンはマクラーレン・F1と同じ6.0リットルV12気筒BMW S70/2型である。シャシーは、後にF1に置いてパートナーシップを結ぶことになるウィリアムズによって開発された。

戦績[編集]

デビュー戦は1998年ル・マン24時間。この年はBMWの他、メルセデスポルシェトヨタ日産と5つものファクトリーチームが揃う大激戦となった。BMW・V12 LMは6番手、12番手で予選をクリアした。決勝では原因不明のバイブレーションに苦しめられ(後にホイールベアリングが原因と判明)、2台揃って早々にリタイヤする。

このV12 LMをベースに翌年、BMWとウィリアムズはエボリューションモデルV12 LMRを開発し、ル・マンを制覇することとなる。

尚V12 LMは1999年シーズン、トーマス・ブシャーと、チーム郷に売却された。トーマス・ブシャーはデビッド・プライス・レーシングとジョイントし、ル・マン24時間と、アメリカン・ル・マン・シリーズに参戦し、ル・マンでは総合5位に入賞している。スポーツカー・レーシング・ワールドカップ(SRWC)ニュルブルクリンクでは4位に入賞している。チーム郷もこの年のル・マンにエントリーしたがリタイヤに終わっている。チーム郷はこの他、10月に行われたル・マン富士1000kmに参戦し、日産・R391トヨタ・TS020に次ぐ3位に入賞している。

外部リンク[編集]