EVOLTA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EVOLTA
左から乾電池、充電式、充電式e

EVOLTA(エボルタ)は、パナソニックが発売しているアルカリ乾電池充電式ニッケル水素電池の上位製品に付けられているブランド名である。

2008年4月26日にアルカリ乾電池「EVOLTA」が発売され、同年10月1日充電式ニッケル水素電池充電式EVOLTA」が発売された。またそのエントリーモデルとして2010年4月20日に「充電式EVOLTA e」が発売された。

名称は、英語で「進化」を意味する「EVOLUTION」と、「電圧・みちあふれようとする力」を意味する「VOLTAGE」から「E」「V」「O」「L」「T」「A」の6文字が取られたことに由来する[1]

EVOLTA[編集]

EVOLTA(乾電池)

2008年4月26日に、事実上のオキシライド乾電池の後継製品として発売された、アルカリ乾電池である。正極に二酸化マンガンMnO2黒鉛Cと新開発のオキシ水酸化チタンを、負極に亜鉛Znを使用。

電池の外装缶には新開発の「超薄型差厚缶」を使用し、封口部の強度を上げ、またガスケットの構造と材料を改良し、強度を保ちつつ体積を減らした。それにより発電に必要な材料の内容量を増やし、強度も上げた。また正・負極の材料も改良し、材料を従来品と比べてさらに高密度に充填させることにより、発電の反応効率を上げることに成功した[1]

これらの改良により、世界No.1の長持ち性能[2]と業界最長[3]の使用推奨期限10年を実現した[1][4]。また、「世界一長持ちする単3形アルカリ乾電池」としてギネス世界記録に認定された。

Panasonic は公式サイトで通常のアルカリ乾電池と区別したり、EVOLTA専用の公式サイトも用意するなど、通常のアルカリ乾電池との差別化を図っている。(ただし分類上はアルカリ電池)

EVOLTAの発売により、パナソニックは国内電池市場のシェアを現在の4割から2009年に5割に引き上げることを目標としている。アルカリ乾電池市場の世界シェアも2006年の19%から、2009年には26%に引き上げることを目標としている。

なお、上記の改良により国際規格の範囲内で乾電池の外形寸法の変更を行った。このため、電池ケースの寸法との関係で電池が入りにくい場合や、電池のプラス極側が機器のプラス端子に届かないために機器が作動しない場合があるとして、パナソニックでは注意を呼びかけている[5]

オキシライド乾電池との比較[編集]

オキシライド乾電池は初期電圧が1.7Vで、アルカリ乾電池より高いため、それの使用を想定していない機器では内部の電子回路や回路部品に対する負担が大きくなり、発熱や寿命が短くなる等の影響が生じるおそれがあった。とくに白熱電球を使用する機器に使用すると過度に発熱しフィラメントの寿命が縮まる可能性が高いので、パナソニックではこれらの機器には使用してはいけないとしていた。しかしEVOLTAはアルカリ乾電池であるため初期電圧は通常通り1.6Vとなっており、前述の問題が起こるおそれもない。

またユーザーサイドでの変わった歓迎例としてはミニ四駆用ハイパワー電池としての使用例(EVOLTAがアルカリ乾電池であることと当時のニッケル水素が使用不可というルールが理由)があったが、2011年2月現在はルール改定のため当てはまらなくなった[6]

なお、EVOLTAの発売後オキシライド乾電池の生産は大幅な縮小の後、終了。その後、2011年10月に単3形・単4形のリチウム乾電池(単3形:FR6SJ、単4形:FR03SJ)を発売した。デジタルカメラやストロボなど大電流を必要とする機器でアルカリ乾電池を上回るハイパワーと長寿命化を実現するとともに、アルカリ電池に比べて使用温度が幅広く、耐寒性もある為(-40℃~60℃)保存性にも優れている。公称電圧はアルカリ乾電池などと同じ1.5Vであるが、初期電圧は1.8Vと、オキシライド乾電池よりもさらに0.1V高いため、オキシライド乾電池同様の注意事項がパッケージに書かれている。

充電式EVOLTA/充電式EVOLTA e[編集]

充電式EVOLTA(HHR-3MWS)と急速充電器(BQ-CC12)

2008年10月1日に発売[7]。なお、発売当日に社名変更しているが、社名変更前に出荷した製品は松下電器産業株式会社・松下電池工業株式会社(充電器セットは松下電器産業のみ)と旧社名で記載される。電池の材料・構造・工法を融合させた新技術により、従来品の充電式ニッケル水素電池ECO(HHR-3MPS)より繰り返し回数が約1,000回→約1,200回と20%向上し、新開発の「水素吸蔵合金」やEVOLTAと同じ「超薄型差厚缶」等を採用したことで使用回数を重ねても、1回あたりの使用時間が10%長くなった。生産国は中国。また、別売りのサイズ変換スペーサーを使用することで、単3電池を単1電池や単2電池として使用できる。

2010年4月20日に、充電池の普及拡大を目指し、パワーを低く抑えながら約1,500回繰り返し使えるエントリーモデル「充電式EVOLTA e」が発売された[8]

同年10月1日には「充電式EVOLTA」の第2世代モデル(HHR-3MVS/4MVS)が発売された。繰り返し回数が約1,200回→約1,600回、先に発売された充電式EVOLTA e(HHR-3LVS)よりも約1.8倍長持ち(いずれもメーカー発表値)と性能がさらに向上している。ただし、容量が第1世代「充電式EVOLTA」よりも僅かに減少している。(単3のみ。min.2000mAh→min.1950mAh)

2011年4月21日には、「充電式EVOLTA e」の第2世代モデル(HHR-3LWS/4LWS)を発売。「充電式EVOLTA」の第2世代モデルと同じく繰り返し回数を大幅アップし、約2,100回に向上。また、従来モデルでは設定されていなかった単4形が追加された。なお、外装パッケージにはオレンジボディの「エボルタ・ロボット」が描かれている。

2011年10月21日には「充電式EVOLTA」の第3世代モデル(HHR-3MWS/4MWS)が発売された。繰り返し回数が1,600回から1,800回へと上昇し、1年後の容量残存が従来の80%から85%と改善されている。また、放電性能も上昇させているとのこと。単3の容量は今回も減少しており、公称値がeneloop等と同じmin.1900mAhとなった。これによって、売りの一つが無くなったといえる。翌月の同年11月21日にはONE PIECEとコラボレーションし、外装・電池本体を専用デザインに変更した「ワンピースバージョン」4種類(単3形・2本入り包装のみ)が追加、さらに、2012年5月には好みや色で使い分けができるレインボーカラーを追加した。

三洋電機がパナソニック傘下となったことに伴い、同社が販売していた「eneloop」と競合する形となったため、三洋電機の製品が順次パナソニックブランドに変更されてからも、唯一SANYOブランドのまま販売が継続される形になっていたが、2013年4月26日にeneloopと共にモデルチェンジした[9]。「充電式EVOLTA」は第4世代モデル(BK-3MLE/4MLE)、「充電式EVOLTA e」は第3世代モデル(BK-3LLB/4LLB)となる。「充電式EVOLTA」は「eneloop」との特長をより明確にするため、正極材料の組成最適化によって材料の利用率を向上させたことにより、繰り返し使用回数はそのままで定格容量を単3形はmin.50mAh、単4形はmin.30mAhそれぞれアップ(単3形:min.1950mAh、単4形:min.780mAh)。「充電式EVOLTA e」は繰り返し使用回数が約4,000回に大幅向上した。併せて、従来からの「充電式EVOLTA」にあたる「スタンダードモデル」に加え、単3形で定格容量min.2500mAhを実現した大容量タイプ「充電式 EVOLTA ハイエンドモデル(BK-3HLC/4HLC)」を新設し3タイプとなった。また、充電器セット品のに同梱される充電器は電池に合わせた充電制御により、三洋電機時代に発売されていた世代品を含むすべての「eneloop」と兼用で使用できるようになった。

デザイン・包装[編集]

電池のデザインはオキシライド乾電池に採用された「グローバルデザイン」をほぼ踏襲しているが、若干変更部分がある。EVOLTAの配色は金と青であり、外見はオキシライド乾電池と類似しているが、充電式EVOLTA(第4世代はスタンダードモデル)は白地に緑のグラデーションライン、充電式EVOLTA eは白地にオレンジのライン、充電式EVOLTA(ハイエンドモデル)は白地に黒のラインを配しており、従来の充電式ニッケル水素電池の配色とは異なる。

EVOLTAの電池の包装にはパナソニックの他の乾電池と同様に「見わけるパック」を採用した。従来と同様、正極部分を「NEW」の文字が覆う形でラッピングされていて、1本ずつちぎれるという仕様になっている。これにより、電池を使用する際に包装を破った電池と、そうでない電池を一目で区別できる。

また、発売当初、ぶら下げ型パッケージ(充電式EVOLTAの電池単品を含む)には、乾電池製品の「見分けるパック」以外の部分のすべてに紙素材を採用していた(包装のほとんどを紙素材としている為、プラスチックシートを熱形成したブリスターパックとは厳密には異なる。パナソニック製品情報のページには「ブリスター包装」と記載されている)。2009年秋にパッケージ変更を行い、他のパナソニック製アルカリ乾電池やニッケル水素電池のぶら下げ型パッケージ(カバー部にプラスチックを使用)と同一の包装に変更された。

充電式エボルタの第1世代では、負極側の被覆に表面加工の違うエリアがあった(単3・単4共)。電池を複数セット持っている時に、混用や未使用(充電済)と使用済を避ける目的でマークをつける目的で設けられていたが、第2世代以降やエボルタeではこのエリアは削除されている。

ラインナップ[編集]

EVOLTA(アルカリ乾電池)[編集]

  • 単1形
    • ブリスター包装 - LR20EJ/2B(2本入り)
    • シュリンク包装 - LR20EJ/2SE(2本入り)、LR20EJ/4SW(4本入り)、LR20EJ/6SW(6本入り)
  • 単2形
    • ブリスター包装 - LR14EJ/2B(2本入り)
    • シュリンク包装 - LR14EJ/2SE(2本入り)、LR14EJ/4SW(4本入り)、LR14EJ/6SW(6本入り)
  • 単3形
    • ブリスター包装 - LR6EJ/2B(2本入り)、LR6EJ/2BN(2本入り)、LR6EJ/4B(4本入り)
    • シュリンク包装 - LR6EJ/2S(2本入り)、LR6EJ/4SE(4本入り)、LR6EJ/8SW(8本入り)、LR6EJ/12SW(12本入り)、LR6EJ/20SW(20本入り)
  • 単4形
    • ブリスター包装 - LR03EJ/2B(2本入り)、LR03EJ/2BN(2本入り)、LR03EJ/4B(4本入り)
    • シュリンク包装 - LR03EJ/2S(2本入り)、LR03EJ/4SE(4本入り)、LR03EJ/8SW(8本入り)、LR03EJ/12SW(12本入り)、LR03EJ/20SW(20本入り)

充電式EVOLTA/充電式EVOLTA e(ニッケル水素電池)[編集]

電池単体[編集]

  • 充電式EVOLTA スタンダードタイプ 単3形 - BK-3MLE/2B(2本入り)、3MLE/4B(4本入り)、3MLE/8B(8本入り)、3MLE/12B(12本入り)
  • 充電式EVOLTA スタンダードタイプ 単4形 - BK-4MLE/2B(2本入り)、4MLE/4B(4本入り)、4MLE/8B(8本入り)
  • 充電式EVOLTA e(お手軽タイプ) 単3形 - BK-3LLB/2B(2本入り)、3LLB/4B(4本入り)
  • 充電式EVOLTA e(お手軽タイプ) 単4形 - BK-4LLB/2B(2本入り)、4LLB/4B(4本入り)
  • 充電式EVOLTA ハイエンドタイプ 単3形 - BK-3HLC/2B(2本入り)、3HLC/4B(4本入り)
  • 充電式EVOLTA ハイエンドタイプ 単4形 - BK-4HLC/2B(2本入り)、4HLC/4B(4本入り)

充電器セット[編集]

  • 単3形充電式エボルタ2本付急速充電器セット (K-KJ23MLE20)
  • 単4形充電式エボルタ2本付急速充電器セット (K-KJ23MLE02)
充電式EVOLTA スタンダードモデルと最大2本まで充電でき、電池クイック診断機能、スマートチャージ機能、個別充電LED表示を搭載した海外対応急速充電器(BQ-CC23)をセットした製品。
  • 単3形充電式エボルタ4本付急速充電器セット (K-KJ11MLE40)
充電式EVOLTA スタンダードモデルと最大4本まで充電でき、待機電力ゼロモード、電池クイック診断機能、スマートチャージ機能、個別充電LED表示を搭載した海外対応エコナビ急速充電器(BQ-CC11)をセットした製品。
  • 単3形充電式エボルタ4本付急速充電器セット (K-KJ21MLE40)
  • 単4形充電式エボルタ4本付急速充電器セット (K-KJ21MLE04)
充電式EVOLTA スタンダードモデルと最大4本まで充電でき、電池クイック診断機能、スマートチャージ機能、個別充電LED表示を搭載した海外対応急速充電器(BQ-CC21)をセットした製品。
  • 単3形充電式エボルタ4本付充電器セット (K-KJ22MLE40)
充電式EVOLTA スタンダードモデルと最大4本(単3形の場合、単4形は最大2本)まで充電でき、スマートチャージ機能と充電LED表示を搭載した海外対応充電器(BQ-CC22)をセットした製品。なお、BQ-CC22は電池・充電器セット品のみの設定である。
  • 充電式エボルタ ファミリーセット (K-KJ22MLE42S)
K-KJ22MLE40のセット内容に、単4形充電式EVOLTA スタンダードモデル2本、単3形充電式電池用 サイズ変換スペーサー(単1サイズ(BQ-BS1)、単2サイズ(BQ-BS2)各2個)を追加したフルセット製品。
  • 単3形充電式エボルタ2本付充電器セット (K-KJ24LLB20)
  • 単4形充電式エボルタ2本付充電器セット (K-KJ24LLB02)
充電式EVOLTA eと最大2本まで充電でき、充電LED表示を搭載した充電器(BQ-CC24)をセットした製品。なお、BQ-CC24は電池・充電器セット品のみの設定である。
  • 単3形充電式エボルタ4本付急速充電器セット (K-KJ21HLC40)
充電式EVOLTA ハイエンドモデルと最大4本まで充電でき、電池クイック診断機能、スマートチャージ機能、個別充電LED表示を搭載した海外対応急速充電器(BQ-CC21)をセットした製品。充電器はハイエンドモデルの電池・充電器セット品限定カラーのブラックとなる。

旧世代品[編集]

以下の製品はパナソニックの製品情報サイトでは"在庫僅少"と明記されている製品を含め、旧世代品のほとんどが現行製品として扱われているが、充電式EVOLTA 第4世代品及び充電式EVOLTA e 第3世代品へ移行のため、店舗によっては旧世代品の取り扱いを終了している場合がある。

サイズ変換スペーサーはeneloopと兼用で使用できるBQ-BS1/2B、BS2/2Bの発売に伴い、BQ-140/2B、BQ-141/2Bは取り扱い店舗が縮小されている。

充電式EVOLTA 第1世代品(RS品番)[編集]
  • 電池単体
    • 充電式EVOLTA 単3形 - HHR-3MRS/2B(2本入り)、3MRS/4B(4本入り)、3MRS/8B(8本入り)
    • 充電式EVOLTA 単4形 - HHR-4MRS/2B(2本入り)、4MRS/4B(4本入り)、4MRS/6B(6本入り)
  • 充電器セット
    • K-KJQ24M32R(単3形2本付)、KJQ24M34R(単3形4本付)、KJQ24M42R(単4形2本付) - 最大2本まで充電できる急速充電器(BQ-324)とのセット品。
    • K-KJQ21M32R(単3形2本付)、KJQ21M42R(単4形2本付) - 最大2本まで充電できるスタイリッシュタイプの急速充電器(BQ-321)とのセット品。
    • K-KJQ96M32R - 単3形充電式エボルタ2本と2way電源(AC/DC)対応の急速充電器(BQ-396)のセット。
    • K-KJQ91M34R - 単3形充電式エボルタ4本と電池診断機能付急速充電器(BQ-391)のセット。
    • K-KJQ02M40W - 単3型充電式エボルタ4本と海外電圧対応充電器(BQ-CC02)のセット。
    • K-KJQ21S22A - 充電式エボルタ(単3形2本・単4形2本)、急速充電器(BQ-321)、サイズ変換スペーサー(単1サイズ2個・単2サイズ2個)をワンパッケージにしたスターターセット。
    • K-KJQ02S22B - 充電式エボルタ(単3型4本・単4型2本)、海外電圧対応充電器(BQ-CC02)、サイズ変換スペーサー(単1サイズ2個・単2サイズ2個)をワンパッケージにしたファミリーセット。
充電式EVOLTA 第2世代品/充電式EVOLTA e 第1世代品(VS品番)[編集]
  • 電池単体
    • 充電式EVOLTA 単3形 - HHR-3MVS/2B(2本入り)、3MVS/4B(4本入り)、3MVS/8B(8本入り)
    • 充電式EVOLTA 単4形 - HHR-4MVS/2B(2本入り)、4MVS/4B(4本入り)、4MVS/6B(6本入り)
    • 充電式EVOLTA e 単3形 - HHR-3LVS/2B(2本入り)、3LVS/4B(4本入り)
  • 充電器セット
    • K-KJQ08M40V(単3形4本付)、KJQ08M04V(単4形4本付) - 最大4本まで充電できる電池クイック診断機能付・海外電圧対応急速充電器(BQ-CC08)のセット。
    • K-KJQ24M20V(単3形2本付)、KJQ24M40V(単3形4本付)、KJQ24M02V(単4形2本付) - 最大2本まで充電できる急速充電器 (BQ-324) とのセット品。
    • K-KJQ02M40V - 単3形充電式EVOLTA4本と海外電圧対応充電器(BQ-CC02)のセット。
    • K-KJQ02S42V - 充電式EVOLTA(単3形4本・単4形2本)、海外電圧対応充電器(BQ-CC02)、サイズ変換スペーサー(単1サイズ2個・単2サイズ2個)をワンパッケージにしたファミリーセット。
    • BK-KJQ05L20(単3形2本付) - 単3形充電式EVOLTA e2本と海外電圧対応コンパクト充電器(BQ-CC05)のセット。
充電式EVOLTA 第3世代品/充電式EVOLTA e 第2世代品(WS品番)[編集]
  • 電池単体
    • 充電式EVOLTA 単3形 - HHR-3MWS/2B(2本入り)、3MWS/4B(4本入り)、3MWS/8B(8本入り)、3MKS/8B(8本入り、レインボーカラーバージョン)
      • 充電式EVOLTA 単3形 ワンピースバージョン - 3MCA/2B(2本入り、ルフィ・シリアスバージョン)、3MCB/2B(2本入り、チョッパー・シリアスバージョン)、3MCC/2B(2本入り、ルフィ・ジョイフルバージョン)、3MCD/2B(2本入り、チョッパー・ジョイフルバージョン)、
    • 充電式EVOLTA 単4形 - HHR-4MWS/2B(2本入り)、4MWS/4B(4本入り)、4MWS/6B(6本入り)、4MKS/6B(6本入り、レインボーカラーバージョン)
    • 充電式EVOLTA e 単3形 - HHR-3LWS/2B(2本入り)、3LWS/4B(4本入り)
    • 充電式EVOLTA e 単4形 - HHR-4LWS/2B(2本入り)、4LWS/4B(4本入り)
単3・単4型ニッケル水素電池専用急速充電器 BQ-CC08
この充電器は単品の設定がある
  • 充電器セット
    • K-KJQ08M40K(単3形4本付)、KJQ08M04K(単4形4本付) - 最大4本まで充電できる電池クイック診断機能付・海外電圧対応急速充電器(BQ-CC08)のセット(レインボーカラーバージョン)。
    • K-KJQ12M20W(単3形2本付)、KJQ12M02W(単4形2本付) - 最大2本まで充電できる電池クイック診断機能付急速充電器(BQ-CC12)のセット。
    • K-KJQ08M40W(単3形4本付)、KJQ08M04W(単4形4本付) - 最大4本まで充電できる電池クイック診断機能付・海外電圧対応急速充電器(BQ-CC08)のセット。
    • K-KJQ20M20W - 単3形充電式EVOLTA2本と海外電圧対応エボルタ君充電器のセット。
    • K-KJQ02M40W2 - 単3形充電式EVOLTA4本と海外電圧対応充電器(BQ-CC02)のセット。
    • K-KJQ02S42W - 充電式EVOLTA(単3形4本・単4形2本)、海外電圧対応充電器(BQ-CC02)、サイズ変換スペーサー(単1サイズ2個・単2サイズ2個)をワンパッケージにしたファミリーセット。
    • BK-KJQ10L20(単3形2本付)、KJQ10L02(単4形2本付) - 充電式EVOLTA eと海外電圧対応コンパクト充電器(BQ-CC10)とのセット。
サイズ変換スペーサー[編集]
  • BQ-140/2B - 単3電池を単1電池として使用できるスペーサー。2個入り。
  • BQ-141/2B - 単3電池を単2電池として使用できるスペーサー。2個入り。

EVOLTAチャレンジ[編集]

EVOLTAの性能をアピールするためのキャンペーンを、2008年より毎年行っている。キャンペーンの模様は後日CMにまとめられて放送される。

エボルタ・ロボット[編集]

ロボットクリエイターの高橋智隆により作られた長持ち実証ロボット「エボルタ」を使用したキャンペーン。

スペック

  • 生年月日 - 2008年1月15日
  • 身長 - 17cm(変形可)
    • ル・マン挑戦時 - 全長約30cm×幅約20cm×高さ約20cm
    • トライアスロン挑戦時(スイム) - 全長51cm(高さ26.5cm×幅10cm)
    • トライアスロン挑戦時(バイク) - 全長23cm(高さ21cm×幅12cm)
    • トライアスロン挑戦時(ラン) - 全長25cm(高さ21.5cm×幅10cm)
    • 年越しチャレンジ(ポスター型バーベル挙げメカ) - 縦約1m × 横約3m
  • 速度 - 2-3km/h(東海道挑戦時)
  • 体重 - ?
  • 好きな食べ物(エネルギー源) - EVOLTA

グランドキャニオンに挑戦[編集]

2008年5月20日 - 24日に2本のみの単3乾電池エネルギーによるグランドキャニオン断崖をロープで登る登頂に挑戦し、6回目の挑戦で高さ530.4mを所要時間6時間46分31秒で登頂に成功している。

ル・マン24時間に挑戦[編集]

2009年8月5日10時 - 6日11時15分に、フランスのル・マンサーキット「ブガッティ・サーキット」で単3乾電池2本のみの動力による24時間耐久走行に成功。「乾電池を動力にし、遠隔操作された車両型ロボットの最長走行距離(The longest distance covered by a battery-operatedremote-controlledmodel car)」として、ギネス世界記録に認定されている。マシンは予備も含め2機用意され、DCモーター2基に赤外線追尾方式による自立走行となっている。

Panasonic EVOLTA 東海道五十三次チャレンジ[編集]

東京・日本橋から京都・三条大橋までの旧東海道の約500kmの公道を大八車牽引型エボルタが走りきるといったチャレンジ。走行は日中のみで、充電式エボルタ(計12本)の充電は1日1回とし、1日一次以上の走行がルールとなっている。エボルタを誘導するのは、長女・リカ、次女・ミサ、三女・アヅサ、四女・VITA(ビータ)の4人の仮面姉妹「エボルタシスターズ」(正体未公開)。2010年9月23日8時に日本橋出発、同年11月22日15時33分に三条大橋到着。翌23日20時頃に、「五十四次目」と称しTHE イナズマ戦隊のライブに出演。エボルタシスターズは素顔を公開し、Ustreamでの最終中継を終えた。

2010年10月6日の「小田原〜箱根宿チャレンジ」ではゴール前3kmでマシントラブルにより中止。ルールにより翌日は中断場所から再開となったが、プロジェクトの目標の一つとして1日で箱根の坂をクリアさせたいという思いがあり、通常のチャレンジとは別に2010年10月12日に「箱根リベンジ」として再挑戦を成功させている[10]

テーマソング『We,Challengers』
作詞 - Cameron Strother / 作曲・アレンジ - 白石良明 / 歌 - THE イナズマ戦隊

EVOLTA トライアスロン[編集]

ハワイ島でスイム3.8km・バイク180.2km・ラン42.2kmの総距離約230kmに及ぶアイアンマン®トライアスロンコースにチャレンジ。動力源は充電式エボルタ3本(交換禁止)で、3種類のロボットを使い1週間(168時間)以内でのゴールを目差した。リポーターはケーシー・カミングス。エボルタロボットはスイム機は新開発、バイク機はル・マン時の改良型、ラン機は東海道時の改良型。

2011年10月23日12時にカイルア湾よりスタートし、10月29日のチャレンジ7日目に166時間56分で完走した。

EVOLTA 長もち年越しチャレンジ[編集]

2012年12月23日12時から2013年1月6日12時までの14日間、ポスター型エボルタでノンストップでバーベル挙げにチャレンジ。使用電池は単1形6本を取替えなし、持ち上げ重量は約1.4kgで腕部分が上下に可動、止まった時点でチャレンジ終了となる。チャレンジの模様はUSTREAMで中継され、バーベル挙げ回数を予想のキャンペーンも行われた。結果は、チャレンジは成功し14日間で142,460回持ち上げている。

世界最長レール走破チャレンジ[編集]

2013年12月14日、閉校を直前に迎えた東京都北区立滝野川第七小学校でプラレールを使いギネス記録に挑むチャレンジ。単3形1本で秋田新幹線E6系スーパーこまちのプラレールが全長5.60844km(レール26,667本)を走破し「Longest plastic train track」ギネス世界記録を達成した。全校児童41名が参加。応援企画として応援プラレール募集も行われ、使用されたレールは東北地方の団体や幼児・児童施設等に寄贈された。

2014年4月にはこの模様を放送したCMが第43回フジサンケイグループ広告大賞グランプリを獲得している[11]

廃線1日復活チャレンジ[編集]

2014年11月2日、秋田県小坂製錬小坂線(2009年廃止)の廃線跡を特製の乾電池列車で走ろうというチャレンジ。特殊強化ダンボール等を使用したオリジナル電車を製作し、廃線となった線路も地域住民も参加し整備が行われ実施された。単1形99本を動力源とした総重量約1トン(定員10名)の列車を使用し、 湯澤温泉・大雪駅から御成町踏切手前までの走行距離約8.5kmを無事完走した。

  • エボルタ電車
幅160cm / 高さ220cm / 長さ410cm / 本体重量約400kg / 1両編成
素材 - 鉄、アルミ、特殊強化ダンボール
動力源 - 単1形電池エボルタ99本
定員 - 10名

脚注・出典[編集]

プレスリリースや記事に記載の社名は一部を除き、掲載当時のものである。

  1. ^ a b c 新・乾電池「EVOLTA(エボルタ)」を発売 プレスリリース 2008年1月15日
  2. ^ 2009年3月1日現在、アルカリ単3乾電池でのANSI・IEC・JIS基準における全放電モードの平均値より(パッケージ包装に記載)
  3. ^ 2008年1月15日現在。アルカリ乾電池において。保存条件、常温保存20°C±2°C、相対湿度60%±15%
  4. ^ 2012年には、パナソニックアルカリ乾電池も改良を施し、EVOLTAと同じ使用推奨期限10年を実現している。
  5. ^ 新アルカリ乾電池EVOLTA(エボルタ)のご使用にあたってのお知らせ パナソニック株式会社 エナジー社 2008年10月1日(第3版)
  6. ^ EVOLTA発売当時のミニ四駆公認競技会規則では使用できる電池がマンガン電池・アルカリ電池・ニッケルカドミウム電池のみとされており、それが適用される競技ではeneloopや充電式EVOLTAなどのニッケル水素電池やオキシライド電池が原則使用できなかった。そのためアルカリ乾電池であるEVOLTAはそのパワーもあってそれなりに重宝されているという現象が起こっていたようである。しかし、その後のルール改定で2011年以降は特に但し書きがない限りタミヤブランドの電池しか使用できなくなり、また同時にタミヤブランドでニッケル水素電池(FDK製)が発売され、事実上ニッケル水素電池の使用が限定的に解禁された。
  7. ^ 「充電式EVOLTA(エボルタ)」シリーズを発売 プレスリリース 2008年8月28日
  8. ^ ニッケル水素電池「充電式EVOLTA(エボルタ) e(イー)」シリーズを発売 プレスリリース 2010年1月22日
  9. ^ ニッケル水素電池「エネループ」「充電式エボルタ」シリーズを発売 - パナソニック株式会社 プレスリリース 2013年2月28日
  10. ^ 電池ロボ「エボルタ」、箱根越えリベンジに成功-京都・三条大橋への挑戦は続く 小田原箱根経済新聞 2010年10月12日
  11. ^ 第43回受賞作品一覧>メディアミックス部門グランプリ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]