スウィフト・エンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
017.n(2008年)

スウィフト・エンジニアリング(Swift Engineering Inc.)は、アメリカ合衆国自動車航空部品メーカー。

概要[編集]

レーシングカーコンストラクターとして有名であり、フォーミュラカーの開発・製造を得意としている。本社はカリフォルニア州サンクレメンテにあり、会長兼CEOヒロ松下

1983年設立。当初はフォーミュラ・フォードやフォーミュラ・アトランティック(現在のアトランティック・チャンピオンシップとなってからもスウィフト016.aの供給を続けていた)向けのシャシーを手がけ、1997年より2000年にかけてはCART(後のチャンプカー・ワールド・シリーズ)向けにシャシーを供給。また2004年よりNASCAR・クラフツマントラックシリーズ(現在のキャンピング・ワールド・トラック・シリーズ)に参戦しているトヨタ・タンドラの開発にも携わっている。

2007年には、フォーミュラ・ニッポンを主催する日本レースプロモーション(JRP)が行った、2009年以降のワンメイクシャシーの設計案募集に応募し、競合するローラ等を競り落としスウィフトの案が採用された(2006年からのシャシーにも応募していたがこちらは採用されなかった)。この結果2009年よりスウィフト・017.n(FN09)がフォーミュラ・ニッポンのワンメイクシャシーとして使用されている。

2010年には、2012年以降のインディカー・シリーズで使用されるシャシー設計案募集に応募するが、ダラーラに敗れ採用されることはなかった。

外部リンク[編集]