バハ1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バハ1000
開始年 1967
主催 SCOREインターナショナル
サイト SCOREインターナショナル
テンプレートを表示

SCOREバハ1000(: Baja 1000)とは、メキシコバハ・カリフォルニア州にあるバハ・カリフォルニア半島で毎年11月に行われるSCOREインターナショナルが主催する自動車二輪車デザートレース。バハ1000はバハ500、サンフェリペ250等を含むチャンピオンシップの一部である。総走行距離約1000マイル(1609km)のタイムを競い、半島の端から端まで不眠不休で走りきる世界最長のノンストップレースにして、最も過酷と言われている[1]。初開催は1967年

概要[編集]

メキシコバハ・カリフォルニア州にあるバハ・カリフォルニア半島を舞台に毎年11月に行わている。約1000マイル(1609km)のコースのタイムを競い、コースの大半が砂漠で完走率は約50%と非常に厳しいレースとして知られている[2]。メキシコではバハミルの発音で呼ばれる。バハ1000の他にも毎年シリーズ戦としてバハ500、サンフェリペ250等が行われている。

ヨーロッパスタイルのダカール・ラリー等の様なリエゾンと呼ばれる移動区間とSSと呼ばれる競技区間の構成とは異なり、スタートからゴールまで昼夜通して休息時間なく走行しタイムを競う。途中のPITでメンテナンスや燃料補給、ドライバー交代が行われる。ドライバーやナビ、ライダーは一人だけで無く途中で交代しても良いが、あえて一人で挑戦する人もいる。

地元では20万人の観客が詰め掛ける[3]知名度の高いレースの一つでありバハを冠した商品も数多く出ている。

2006年には60台を超えるカメラと90名のクルー4台のヘリコプターを使って撮影された、デイナ・ブラウン監督によるBaja1000のドキュメンタリー映画ダスト・トゥ・グローリーが日本の映画館で公開された。[4]

2012年の参加台数は298台、完走174台であった。[5]アメリカメキシコからの参加が多く、二輪は日本からの参加者も比較的多い。

歴史[編集]

最初の公式レースは1967年10月31日にNORRAメキシカン1000ラリーという名称で始まり、ティファナからラパスまでの849マイル(1366km)で争われVic WilsonとTed Mangelsの運転するMeyers Manx buggyが27時間38分のタイムで優勝。参加台数68台、完走31だった[6]

1967年からは1972年はNational Off Road Racing Association (NORRA)の主催で開催された。

1973年はオイルショックの影響を受け非営利のメキシコ法人Baja Sports Committee (BSC)の主催になりBaja Mil (Baja 1000)とレース名が変更された。 運営の難しさから1974年はレースは行われなかった。

メキシコ政府との協議によりSCOREインターナショナルが主催となり1975年から再びBaja 1000が行われるようになった。 2000年には記念としてBaja2000として2000マイルでレースが行われた。

コース[編集]

バハ・カリフォルニア半島を舞台に行われ大きく分けて下の二通りで行われる。

  • ポイントtoポイント
  • ループ
    • スタートとゴール地点が同じで半島の途中まで行きまたスタート地点まで戻るコース。スタート・ゴール地点は伝統的にエンセナダが多い。

車両[編集]

トロフィートラック
バギー
二輪

日本人の挑戦[編集]

題材にした映画[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]