2010年のSUPER GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2010年のSUPER GT
前年: 2009年 翌年: 2011年

2010年のSUPER GTは、2010年3月20日・21日に鈴鹿サーキットで開幕し、10月23日・24日にツインリンクもてぎで閉幕する全8戦[1]と、11月13・14日に富士スピードウェイでのオールスター戦のシリーズである。

前年からの主な変更点[編集]

レース日程[編集]

オールスター戦の復活[編集]

2003年より行なわれていたオートポリスでのレースが無くなり全8戦となったが、2004年以来行なわれなかったオールスター戦(FUJI SPRINT CUP、FSC)が復活する[2]

レギュレーション[編集]

車両規則[編集]

2009年のフォーミュラ・ニッポンに続き、排気管出口へ三元触媒の装着が義務付けされる。

GT500クラスの車両は、1台あたり年間3機を超えるエンジンを使用できなくなった。4機目以降を使用する場合、それらのエンジンを初めて搭載したレースでのスタート順位を10グリッド降格するペナルティーが課される。

競技規則[編集]

予選方式
2007年の第7戦(もてぎ)以降、随時実施されていたノックアウト方式の予選を、開幕戦(鈴鹿)及び第2戦(岡山)で採用した。
ウエイトハンデ制
前年同様、ドライバーズポイントに比例しハンディウエイトが付加されるが、レース数が1戦減少したため配分が変更された。なお、中止された第7戦にエントリーしたドライバーは参戦したものとして取り扱われ、第8戦のウェイトハンディが決定される。
参戦 初戦 参戦6戦目まで 参戦7戦目 参戦8戦目
W.H. ハンディウェイト0kg ドライバーズポイントX2kg ドライバーズポイントX1kg ハンディウェイト0kg

ルーキーテスト[編集]

初めてGT300クラスに参戦するドライバーなどに対し、GTAはルーキーテストを義務付けた。テストは公式テストの最中に行なわれ、10周連続で走行した際の運転技量を服部尚貴ドライビングスタンダードオブザーバーらがチェックし、適正を判断する。第2戦では6名、第3戦では3名が合格した。

マシン[編集]

GT500[編集]

ウイダー HSV-010 GT

GT300[編集]

エントラント[編集]

  • グッドスマイルレーシングは体制を一新し、Studie GLAD Racingから新たにグッドスマイルレーシング with COXに参戦チームが変わり、Car No.も808から9に変更した[8]
  • 前年は第4戦にスポット参戦したThunder Asia Racingは、SUPER GT史上初めて海外チームとして正式参戦する[9]
  • 土屋武士は自らが代表を務める新チーム「SAMURAI TEAM TSUCHIYA」で第3戦より参戦する。スポンサーは都筑晶裕が取締役をつとめるZENT。監督には土屋エンジニアリングの代表である土屋春雄(土屋武士の実父)が就任し、Car No.も土屋エンジニアリングが使用していた25を使用する。
  • JIMGAINERは、エントラント名とマシン名を「JIM GAINER」(ジムゲイナー)から「JIMGAINER」(ジェイアイエム ゲイナー)[10]に変更した。
  • RE雨宮、ハセミモータースポーツはこの年が最後の参戦となり、翌年で撤退した。

テレビ中継[編集]

これまでテレビ東京系列の地上波で放送されてきた『激走!GT』が3月で放送終了となり、フジテレビが新たに放映権を獲得し、『スーパーGTコンプリート』を主に深夜枠に放送した。また、これに伴いBSデジタル放送での中継も、従来のBS日テレからBSフジに移っている。

主な出来事[編集]

台風による第7戦の中止[編集]

9月11・12日に開催予定だった第7戦(富士)は、直前に日本に上陸した台風9号による豪雨の影響で、サーキットがある小山町の主要幹線道路等が大きく被害を受けたことから、9月9日に中止が決定された[11]。レースを開催することで災害復旧作業への悪影響が想定されるとして、小山町役場から中止要請もあった。同レースではタイアップイベントとして新日本プロレスの試合なども行われる予定だったが、それらも全て中止となる[12]。なお、代替レースは開催しないこと[13]が9月13日に決定した。

レースの中止が決定した後に、小山町の復興支援として複数のチャリティーイベント[14]が実施された。これらのイベントの収益は全てGTアソシエイションを通じて小山町に寄付される。

中止に伴う情報

エントリーリスト[編集]

GT500クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 PETRONAS TOM'S SC430 日本の旗 脇阪寿一
ドイツの旗 アンドレ・ロッテラー
LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S B
6 ENEOS SC430 日本の旗 伊藤大輔
スウェーデンの旗 ビヨン・ビルドハイム
LEXUS TEAM LeMans ENEOS B
8 ARTA HSV-010 アイルランド共和国の旗 ラルフ・ファーマン
日本の旗 井出有治
日本の旗 小林崇志(Rd.6)
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
12 カルソニック IMPUL GT-R 日本の旗 松田次生
イタリアの旗 ロニー・クインタレッリ
TEAM IMPUL B
17 KEIHIN HSV-010 日本の旗 金石年弘
日本の旗 塚越広大
KEIHIN REAL RACING B
18 ウイダー HSV-010 日本の旗 小暮卓史
フランスの旗 ロイック・デュバル
ウイダー ホンダ レーシング B
23 MOTUL AUTECH GT-R 日本の旗 本山哲
フランスの旗 ブノワ・トレルイエ
NISMO M
24 HIS ADVAN KONDO GT-R ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
日本の旗 安田裕信
KONDO RACING Y
32 EPSON HSV-010 日本の旗 道上龍
日本の旗 中山友貴
NAKAJIMA RACING D
35 MJ KRAFT SC430 日本の旗 石浦宏明
日本の旗 大嶋和也
LEXUS TEAM KRAFT B
38 ZENT CERUMO SC430 日本の旗 立川祐路
北アイルランドの旗 リチャード・ライアン
LEXUS TEAM ZENT CERUMO B
39 DENSO DUNLOP SARD SC430 ポルトガルの旗 アンドレ・クート(Rd.1-7、AS)
オランダの旗 カルロ・ヴァン・ダム(Rd.8)
日本の旗 平手晃平
LEXUS TEAM SARD D
100 RAYBRIG HSV-010 日本の旗 伊沢拓也
日本の旗 山本尚貴
TEAM KUNIMITSU B

GT300クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
2 アップル・KーONE・紫電(Rd.1-3、5-AS)
→I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden(Rd.4)
日本の旗 加藤寛規
日本の旗 濱口弘(Rd.1-8)
日本の旗 高橋一穂(Rd.6、AS)
Cars Tokai Dream28 Y
3 HASEMI SPORT TOMICA Z(Rd.1-5)
→TOMICA Z(Rd.6-AS)
日本の旗 星野一樹
日本の旗 柳田真孝
HASEMI MOTOR SPORT Y
5 マッハGoGoGo車検408R 日本の旗 玉中哲二
日本の旗 黒澤治樹
TEAM マッハ Y
7 M7 MUTIARA MOTORS 雨宮 SGC 7 日本の旗 谷口信輝
日本の旗 折目遼
M7 RE雨宮レーシング Y
9 初音ミク × GSR ポルシェ(Rd.1-3、5-8)
→911GT3Rポルシェジャパン(AS)
日本の旗 番場琢(Rd.1-3、5-8)
日本の旗 安岡秀徒(AS)
日本の旗 佐々木雅弘
日本の旗 木下みつひろ(Rd.6)
グッドスマイルレーシング with COX(Rd.1-3、5-8)
→COX SPEED(AS)
H
11 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430 日本の旗 田中哲也
日本の旗 平中克幸
JIMGAINER D
19 ウェッズスポーツIS350 日本の旗 織戸学
日本の旗 片岡龍也
WedsSport Racing Team with BANDOH Y
22 RQ's Vemac 350R(Rd.6-8) 日本の旗 和田久
日本の旗 Guts城内
日本の旗 阪口良平(Rd.6)
RQ's MOTORSPORTS Y
25 ZENT Porsche RSR(Rd.3、5-AS) 日本の旗 都筑晶裕
日本の旗 土屋武士
日本の旗 都筑善雄(Rd.6)
SAMURAI Team TSUCHIYA Y
26 CINECITTA タイサンポルシェ(Rd.1-3、5-AS) ウクライナの旗 イゴール・スシュコ(Rd.1-3、5-7)
日本の旗 植田正幸
日本の旗 密山祥吾(Rd.6、8、AS)
Team TAISAN Y
27 NAC 衛生コム LMP Ferrari 日本の旗 山岸大
日本の旗 小泉洋史
LMP MOTORSPORT Y
28 イワサキインダストリー LMP Porsche(Rd.6-8) 日本の旗 岩崎祐貴
日本の旗 浅井亮博
LMP MOTORSPORT Y
31 apr COROLLA Axio(Rd.1、2)→
エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ(Rd.3-8)→
MAGICAL CARBON apr Axio(AS)
日本の旗 嵯峨宏紀
日本の旗 松浦孝亮
日本の旗 坂本雄也(Rd.6)
apr Y
33 HANKOOK PORSCHE(Rd.1-4、7、AS) 日本の旗 木下みつひろ(Rd.1-4)
日本の旗 影山正美
日本の旗 藤井誠暢(Rd.3、7、AS)
HANKOOK KTR H
43 ARTA Garaiya 日本の旗 新田守男
日本の旗 高木真一
日本の旗 峰尾恭輔(Rd.6)
AUTOBACS RACING TEAM AGURI M
46 アップスタート MOLA Z 日本の旗 横溝直輝
日本の旗 阿部翼
MOLA Y
51 Sabelt CINE CITTA'タイサンポルシェ(Rd.3、5、7-AS) 日本の旗 坂本雄也
日本の旗 密山祥吾(Rd.3、5、7)
日本の旗 山内英輝(Rd.8、AS)
Team TAISAN Y
62 R&D SPORT LEGACY B4(Rd.1-3、5-AS) 日本の旗 山野哲也
日本の旗 佐々木孝太
R&D SPORT Y
66 triple a Vantage GT2 日本の旗 松田秀士
日本の旗 吉本大樹
日本の旗 藤井誠暢(Rd.6)
A speed Y
74 COROLLA Axio apr GT 日本の旗 井口卓人
日本の旗 国本雄資
apr M
86 JLOC ランボルギーニ RG-3 日本の旗 山西康司
日本の旗 関口雄飛
JLOC Y
87 JLOC ランボルギーニ RG-3 日本の旗 井入宏之
日本の旗 坂本祐也
日本の旗 古谷直広(Rd.6)
JLOC Y
88 リーレ ランボルギーニ RG-3 日本の旗 余郷敦
日本の旗 細川慎弥(Rd.1-7)
日本の旗 黒澤翼(Rd.8、AS)
JLOC Y
360 石松 Kosei RUNNUP PORSCHE(Rd.1、3-5、7、8) 日本の旗 澤圭太(Rd.1)
日本の旗 田中篤(Rd.3-5、7、8)
日本の旗 Takamori.com(Rd.1)
日本の旗 松永まさひろ(Rd.3-5、7、8)
TOMEI SPORTS Y
365 365 サンダーアジア MT900M(Rd.2-AS) シンガポールの旗 メルビン・チュー
イギリスの旗 ティム・サグダン(Rd.2-5)
日本の旗 山崎信介(Rd.6)
日本の旗 澤圭太(Rd.6-AS)
365 ThunderAsia Racing Y
666 BOMEX LIAN BOXSTER(Rd.1、3-8) 日本の旗 山下潤一郎
日本の旗 宮本隆士(Rd.1、3)
日本の旗 Takamori.com(Rd.3-8)
日本の旗 木村聡(Rd.6)
BOMEX ROSSO Y

タイヤ=BブリヂストンYヨコハマDダンロップMミシュランHハンコック

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット レース距離 GT500優勝者 GT300優勝者
第1戦 3月20日・21日 鈴鹿サーキット 約300km ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
安田裕信
日産・GT-R
谷口信輝
折目遼
マツダ・RX-7
第2戦 4月3日・4日 岡山国際サーキット 約300km 小暮卓史
ロイック・デュバル
ホンダ・HSV-010 GT
横溝直輝
阿部翼
日産・フェアレディZ
第3戦 5月1日・2日 富士スピードウェイ 約400km 石浦宏明
大嶋和也
レクサス・SC430)
井口卓人
国本雄資
トヨタ・カローラアクシオ
第4戦 6月19日・20日 セパンサーキット 約300km 松田次生
ロニー・クインタレッリ
(日産・GT-R)
谷口信輝
折目遼
(マツダ・RX-7)
第5戦 7月24日・25日 スポーツランドSUGO 約300km 金石年弘
塚越広大
(ホンダ・HSV-010 GT)
加藤寛規
濱口弘
ムーンクラフト・紫電
第6戦 8月21日・22日 鈴鹿サーキット 約700km ラルフ・ファーマン
井出有治
小林崇志
(ホンダ・HSV-010 GT)
山野哲也
佐々木孝太
スバル・レガシィ
第7戦 9月11日・12日 富士スピードウェイ 約300km 該当者なし
(台風災害の復興により中止)
第8戦 10月23日・24日 ツインリンクもてぎ 約250km 脇阪寿一
アンドレ・ロッテラー
(レクサス・SC430)
星野一樹
柳田真孝
(日産・フェアレディZ)
FSC 11月13日・14日 富士スピードウェイ 約100km リチャード・ライアン
(レクサス・SC430)
平中克幸
フェラーリ・F430
約100km 伊藤大輔
(レクサス・SC430)
田中哲也
(フェラーリ・F430)

ポイントランキング[編集]

ドライバー[編集]

GT500[編集]

順位 No. ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 合計
1 18 小暮卓史
ロイック・デュバル
0 20 4 11 15 2 中止 15 67
2 1 脇阪寿一
アンドレ・ロッテラー
8 11 15 3 4 1 20 62
3 17 金石年弘
塚越広大
4 4 6 0 20 8 11 53
4 6 伊藤大輔
ビヨン・ビルドハイム
15 6 11 8 11 0 0 51
5 12 松田次生
ロニー・クインタレッリ
0 8 5 20 8 0 6 47
6 35 石浦宏明
大嶋和也
5 2 20 4 0 6 8 45
7 23 本山哲
ブノワ・トレルイエ
3 0 0 15 5 15 3 41
8 100 伊沢拓也
山本尚貴
11 3 1 6 3 11 5 40
9 38 立川祐路
リチャード・ライアン
2 15 8 5 2 5 0 37
10 24 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
安田裕信
20 0 3 2 6 0 1 32
11 8 ラルフ・ファーマン
井出有治
0 5 0 0 0 20 4 29
12 39 平手晃平 6 1 0 1 1 3 0 12
13 39 アンドレ・クート 6 1 0 1 1 3 - 12
14 32 道上龍
中山友貴
1 0 2 0 0 4 2 9
39 カルロ・ヴァン・ダム - - - - - - 0 0
8 小林崇志 - - - - - 0 - 0

GT300[編集]

順位 No. ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 合計
1 3 星野一樹
柳田真孝
6 11 6 6 15 0 中止 20 64
2 43 新田守男
高木真一
0 5 15 15 5 15 0 55
3 7 谷口信輝
折目遼
20 0 0 20 4 5 3 49
4 2 加藤寛規
濱口弘
0 15 0 0 20 0 15 50
5 74 井口卓人
国本雄資
3 2 20 11 0 11 0 47
6 46 横溝直輝
阿部翼
15 20 0 5 3 0 0 43
7 11 田中哲也
平中克幸
0 4 5 8 6 3 8 34
8 19 織戸学
片岡龍也
11 0 8 2 0 8 4 33
9 86 山西康司
関口雄飛
4 8 0 0 1 6 11 30
10 31 嵯峨宏紀
松浦孝亮
0 6 2 3 11 0 0 22
11 62 山野哲也
佐々木孝太
0 0 0 - 0 20 1 21
12 5 玉中哲二
黒澤治樹
8 0 0 0 2 2 6 18
13 25 都筑晶裕
土屋武士
- - 4 - 8 0 5 17
14 66 松田秀士
吉本 大樹
0 0 11 0 0 0 0 11
15 27 山岸大
小泉洋史
2 0 3 1 0 4 0 10
16 33/9 木下みつひろ 5 3 0 0 - 0 - 8
17 33 影山正美 5 3 0 0 - - - 8
18 88 余郷敦 0 0 0 4 0 0 0 4
19 88 細川慎弥 0 0 0 4 0 0 - 4
20 9 番場琢
佐々木雅弘
0 1 0 - 0 1 2 4
21 87 井入宏之
坂本祐也
1 0 0 0 0 0 0 1
22 26 植田正幸 0 0 1 - 0 0 0 1
23 26 イゴール・スシュコ 0 0 1 - 0 0 - 1
365 メルビン・チュー - 0 0 0 0 0 - 0
365 ティム・サグダン - 0 0 0 0 - - 0
360→666 Takamori.com 0 - 0 0 0 0 0 0
666 山下潤一郎 0 - 0 0 0 0 0 0
51/26/88 密山祥吾 - - 0 - 0 0 0 0
360 田中篤
松永まさひろ
- - 0 0 0 - 0 0
51 坂本雄也 - - 0 - 0 - 0 0
360/365 澤圭太 0 - - - - 0 - 0
666 宮本隆士 0 - 0 - - - - 0
33/66 藤井誠暢 - - 0 - - 0 - 0
22 和田久
Guts城内
- - - - - 0 0 0
28 岩崎祐貴
浅井亮博
- - - - - 0 0 0
2 高橋一穂 - - - - - 0 - 0
22 阪口良平 - - - - - 0 - 0
87 古谷直広 - - - - - 0 - 0
356 山崎信介 - - - - - 0 - 0
666 木村聡 - - - - - 0 - 0
25 都筑善雄 - - - - - 0 - 0
88 黒澤翼 - - - - - - 0 0
31 坂本雄也 - - - - - 0 - 0
43 峰尾恭輔 - - - - - 0 - 0

チーム[編集]

GT500[編集]

順位 No. チーム 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 合計
1 18 ウイダー ホンダ レーシング 0 23 7 14 18 4 中止 18 84
2 1 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S 11 14 18 6 7 3 23 82
3 17 KEIHIN REAL RACING 7 7 9 1 23 11 14 72
4 6 LEXUS TEAM LeMans ENEOS 18 9 14 11 14 1 3 70
5 12 TEAM IMPUL 0 11 8 23 11 1 9 63
6 35 LEXUS TEAM KRAFT 8 4 23 7 0 9 11 62
7 100 TEAM KUNIMITSU 14 6 3 9 6 14 8 60
8 23 NISMO 6 0 0 18 8 18 6 56
9 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 4 18 11 8 4 7 0 52
10 24 KONDO RACING 23 2 5 5 9 0 4 48
11 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 0 8 1 2 1 23 7 42
12 39 LEXUS TEAM SARD 9 3 0 4 2 5 3 26
13 32 NAKAJIMA RACING 3 2 4 0 1 6 5 21

GT300[編集]

順位 No. チーム 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 合計
1 3 HASEMI MOTOR SPORT 9 14 9 9 18 0 中止 23 82
2 43 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 0 8 18 18 8 18 3 73
3 7 M7 RE雨宮レーシング 23 1 3 23 7 8 6 71
4 74 apr 6 5 23 14 0 14 3 65
5 2 Cars Tokai Dream28 0 18 3 0 23 1 18 63
6 46 MOLA 18 23 3 8 6 1 3 62
7 11 JIMGAINER 0 7 8 11 9 6 11 52
8 19 WedsSport Racing Team with BANDOH 14 1 11 5 0 11 7 49
9 86 JLOC 7 11 3 1 2 9 14 47
10 31 apr 0 9 5 6 14 0 1 35
11 62 R&D SPORT 1 1 0 - 1 23 4 30
12 5 TEAM マッハ 11 0 1 1 3 3 9 28
13 27 LMP MOTORSPORT 5 1 6 4 0 7 3 26
14 25 SAMURAI Team TSUCHIYA - - 7 - 11 0 8 26
15 66 A speed 0 1 14 3 1 0 1 20
16 9 グッドスマイルレーシング with COX 1 4 3 - 1 2 5 16
17 33 HANKOOK KTR 8 6 0 1 - - - 15
18 87 JLOC 4 1 3 3 1 1 1 14
19 88 JLOC 0 1 3 7 1 1 0 13
20 26 Team TAISAN 3 1 4 - 1 0 3 12
21 51 Team TAISAN - - 1 - 1 - 3 5
22 666 BOMEX ROSSO 1 - 1 0 1 1 1 5
23 28 LMP MOTORSPORT - - - - - 1 3 4
24 360 TOMEI SPORTS 0 - 0 1 1 - 1 3
25 22 RQ's MOTORSPORTS - - - - - 1 1 2
26 365 365 ThunderAsia Racing - 0 0 0 0 1 - 1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第7戦が中止となったため、全7戦となった。
  2. ^ スーパーGT、Fニッポンのオールスター戦の名称が明らかに
  3. ^ 1996年はLe Mans GT2車両を使用し、1997年 第2戦よりNSX-GTを使用SUPER GTシリーズへのNSX-GTでの参戦終了について
  4. ^ JAF-GT500基本車両資格登録の承認 公示No.2009ー12
  5. ^ 玉中哲二オフィシャルブログ
  6. ^ A speed 公式サイト
  7. ^ 2010年にデリバリーされる21台のうち、日本にデリバリーされるのは9号車の1台だけである。FIA-GT3クラスレースカー 新型ポルシェ911GT3Rへの車両変更について
  8. ^ Studieは、前年最終戦において翌シーズンはAS Studie Racingとして参戦するコメントを出していたが、一時参戦そのものが休止された。支援チームの変更について
  9. ^ メルビン・チョー公式ブログ
  10. ^ 2009年に、かつての母体企業である日本統計事務センター(JIM CENTER)が、私的流用による背任容疑で逮捕された日本漢字能力検定協会の当時理事のファミリー企業であったことが問題視された為、それをイメージさせる「じむ」という呼び名を削除した形。
  11. ^ 2010 AUTOBACS SUPER GT 第7戦の開催中止について - GTアソシエイション・2010年9月9日
  12. ^ 【重要】9月11日(土)の「新日本プロレス富士スピードウェイ大会&アクセスバスツアー」は、台風による水害、土砂災害のため開催中止となります。 - 新日本プロレス・2010年9月10日
  13. ^ 「2010 AUTOBACS SUPER GT 第7戦 富士GT300km Race」開催中止に伴う取り扱いについて - GTアソシエイション・2010年9月13日
  14. ^ レースクイーンによる小山町復興支援チャリティー(9/11)GTドライバーたちが小山町支援のチャリティーを開催(9/12) - GTアソシエイション・2010年9月10日

関連項目[編集]