ピーター・ダンブレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・ダンブレック(Peter Dumbreck 1973年10月13日 - )は、イギリス在住のスコットランド人レーシングドライバー

プロフィール[編集]

  • 身長:178cm
  • 体重:72kg
  • 血液型:RH+A型

1985年より母国イギリスで、カートに参戦を開始し、1993年に4輪レースにデビューする。翌1994年にはイギリス・フォーミュラ・ボグゾール・ジュニアのチャンピオンを獲得。1996年にはイギリス・フォーミュラ・ボグゾール・ロータスのシリーズタイトルを獲得すると伴に、イギリスF3でもシリーズ3位と活躍し注目を集めた。彼の才能に目を付けたTOM'Sが日本に招聘、1998年全日本F3選手権にフル参戦しシリーズチャンピオンに輝くと共に、マカオGPでも優勝するなど、彼のレースキャリアの中で最良の1年の一つとなった。なおこの年は全日本GT選手権・GT300クラスにも途中参戦している。1999年はTeam LEYJUNから全日本選手権フォーミュラ・ニッポンに参戦している。

1999年はル・マン24時間レースに初出場しているが、大きなトラブルがこの時24歳で日本で言えば本厄であった彼を襲うことになった。彼が搭乗するAMG メルセデス・CLRが、直線で突如離陸して宙を舞い、墜落するという事故が起きた。幸いにも、墜落した場所が林の中の空き地で、下が柔らかい土の上にタイヤを下にして落ちていったため、彼は軽傷を負ったのみで助かった。しかし直後にメルセデスは他のCLRもピットに戻し、レースを棄権した。離陸したCLRは、予選においてもマーク・ウェバーらが駆る4号車が突如バランスを失って空中を舞い、アスファルトに叩き付けられるという事故を起こしている。ドライバーはほぼ無傷で助け出されたが、このことからマシンに対する信頼性には疑問を持たれていた。なお、1955年のル・マンでもメルセデス・300SLRが観客を巻き込む大惨事を起こし、ザウバーとジョイントして復帰するまで一切のレース活動をしていなかったメルセデスだったが、この事故以来耐久及びスプリントのGTレース(DTMを除く)からは一切手を引く決断となった大事故であり、彼のレーサー人生においても象徴的な出来事となった。その後翌2000年からは、ドイツツーリングカー選手権を主戦場として戦った。

2005年シーズン途中より、それまで不振が続いていた脇阪薫一に変わって、SUPER GT・GT500クラスの イエローハットYMSスープラのステアリングを服部尚貴のパートナーとして握ることになった。2006年も同じ組み合わせで、トヨタの期待の新車SC430を操り、第3戦の富士ラウンドで見事に初優勝を飾っているが、シーズンとしては伸び悩みシリーズ9位に沈んだ。2007年2008年も同様にSUPER GTに継続参戦中である。(2007年は体調不良による欠場あり)

レース戦績[編集]

  • 1985~1992年 - レーシングカート参戦
  • 1993年 - イギリス・フォーミュラファースト・ウィンターシリーズ
  • 1994年 - イギリス・フォーミュラボクゾール・Jr(シリーズ・チャンピオン)
  • 1995年 - イギリス・フォーミュラボグゾール・ロータス(シリーズ5位)
  • 1996年 - イギリス・フォーミュラボグゾール・ロータス(シリーズチャンピオン)
  • 1997年 - イギリスF3選手権(シリーズ3位)
  • 1998年
    • 全日本F3選手権(TOM'S #1 TOM'S TOBI F398/ダラーラF398 3S-G) (シリーズチャンピオン)
    • F3マカオGP (優勝)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス<Rd.4~>(アペックス #44 アペックスDLモモコルセMR2)(シリーズ6位)
  • 1999年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(RF LEYJUN #62 TEAM LEYJUN /レイナード99L MF308)(シリーズ8位)
    • ル・マン24時間レース(リタイヤ)
    • ル・マン富士1000km(#28 ポルシェ/993GT2)(決勝DNF)
  • 2000年 - ドイツツーリングカー選手権(シリーズ8位)
  • 2001年 - ドイツツーリングカー選手権(シリーズ3位)
  • 2002年 - ドイツツーリングカー選手権(シリーズ17位)
  • 2003年 - ドイツツーリングカー選手権(シリーズ7位)
  • 2004年 - ドイツツーリングカー選手権(シリーズ13位)
  • 2005年 - SUPER GT・GT500クラス<Rd.5~>(KRAFT #35 イエローハットYMSスープラ/JZA80 3UZ-FE)(シリーズ18位)
  • 2006年 - SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM KRAFT #35 BANDAI DIREZZA SC430/UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ9位・1勝)
    • ル・マン・シリーズ・GT2 クラス参戦
  • 2007年
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM KRAFT #35 BANDAI DUNLOP SC430/UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ21位)
    • ニュルブルリンク24時間耐久レース・SP7クラス(MOLA #33 FALKEN フェアレディZ/Z33)(総合34位・クラス11位)
    • ル・マン・シリーズ・GT2 クラス参戦
    • アメリカン・ル・マン・シリーズ・GT2クラス参戦
  • 2008年
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM KRAFT #35 宝山 KRAFT SC430/UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ9位)
    • ニュルブルクリンク24時間耐久レース・SP7クラス(MOLA #33 FALKEN フェアレディZ/Z33)
    • ル・マン・シリーズ・GT2クラス参戦
    • ル・マン24時間レース・GT2クラス参戦
    • International GT Open・GTAクラス参戦
  • 2009年
    • ニュルブルクリンク24時間耐久レース・SP7クラス(#28 FALKEN Z)(総合11位・SP7クラス4位)
    • ル・マン・シリーズ・GT2クラス参戦
  • 2010年
  • 2011年

JGTC,SUPER GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1998 アペックス トヨタ・MR2 GT300 SUZ
FUJ
SEN
FUJ
2
MOT
4
MIN
4
SUG
Ret
6位 35
2005 KRAFT トヨタ・スープラ GT500 OKA
FUJ
SEP
SUG
MOT
5
FUJ
6
AUT
9
SUZ
13
18位 13
2006 TOYOTA TEAM KRAFT レクサス・SC430 GT500 SUZ
14
OKA
12
FUJ
1
SEP
11
SUG
7
SUZ
3
MOT
7
AUT
9
FUJ
2
9位 64
2007 TOYOTA TEAM KRAFT レクサス・SC430 GT500 SUZ
8
OKA
9
FUJ
7
SEP
SUG
SUZ
Ret
MOT
9
AUT
11
FUJ
11
21位 12
2008 TOYOTA TEAM KRAFT レクサス・SC430 GT500 SUZ
6
OKA
6
FUJ
5
SEP
10
SUG
2
SUZ
10
MOT
6
AUT
15
FUJ
6
9位 45

DTM[編集]

所属チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2000 パーソン・モータースポーツ メルセデス・ベンツ CLK-DTM HOC
1

5
HOC
2

5
OSC
1

11
OSC
2

5
NOR
1

14
NOR
2

9
SAC
1

2
SAC
2

2
NÜR
1

6
NÜR
2

12
LAU
1

C
LAU
2

C
OSC
1

NC
OSC
2

6
NÜR
1

10
NÜR
2

9
HOC
1

7
HOC
2

17
8位 75
2001 HWAチーム メルセデス・ベンツ CLK-DTM HOC
QR

2
HOC
CR

3
NÜR
QR

3
NÜR
CR

8
OSC
QR

5
OSC
CR

4
SAC
QR

1
SAC
CR

6
NOR
QR

7
NOR
CR

5
LAU
QR

4
LAU
CR

1
NÜR
QR

Ret
NÜR
CR

DNS
A1R
QR

2
A1R
CR

Ret
ZAN
QR

3
ZAN
CR

7
HOC
QR

3
HOC
CR

2
3位 88
2002 パーソン・モータースポーツ メルセデス・ベンツ CLK-DTM HOC
QR

7
HOC
CR

16
ZOL
QR

16
ZOL
CR

13
DON
QR

17
DON
CR

10
SAC
QR

12
SAC
CR

10
NOR
QR

12
NOR
CR

9
LAU
QR

16
LAU
CR

15
NÜR
QR

17
NÜR
CR

8
A1R
QR

15
A1R
CR

18
ZAN
QR

18
ZAN
CR

13
HOC
QR

13
HOC
CR

12
17位 0
2003 OPC チーム・フェニックス オペル・アストラ V8 クーペ HOC
6
ADR
6
NÜR
5
LAU
2
NOR
4
DON
6
NÜR
10
A1R
Ret
ZAN
10
HOC
4
7位 31
2004 OPC チーム・フェニックス オペル・ベクトラGTS V8 2004 HOC
6
EST
9
ADR
Ret
LAU
11
NOR
7
NÜR
8
OSC
11
ZAN
Ret
BRN
11
HOC
Ret
10位 12

FIA GT1世界選手権[編集]

所属チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2010 スモウ・パワー GT 日産・GT-R GT1 ABU
QR

11
ABU
CR

16
SIL
QR

8
SIL
CR

Ret
BRN
QR

3
BRN
CR

3
PRI
QR

9
PRI
CR

2
SPA
QR

8
SPA
CR

Ret
NÜR
QR

Ret
NÜR
CR

15
ALG
QR

1
ALG
CR

4
NAV
QR

16
NAV
CR

Ret
INT
QR

2
INT
CR

6
SAN
QR

6
SAN
CR

Ret
9位 71
2011 JRモータースポーツ 日産・GT-R GT1 ABU
QR

2
ABU
CR

2
ZOL
QR

Ret
ZOL
CR

Ret
ALG
QR

1
ALG
CR

12
SAC
QR

6
SAC
CR

7
SIL
QR

Ret
SIL
CR

Ret
NAV
QR

7
NAV
CR

9
PRI
QR

4
PRI
CR

Ret
ORD
QR

2
ORD
CR

2
BEI
QR

7
BEI
CR

7
SAN
QR

NC
SAN
CR

8
9位 78

WEC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2012 JRモータースポーツ HPD ARX-03a LMP1 SEB
12
SPA
9
LMN
5
SIL
7
SAO
9
BHR
Ret
FUJ
5
SHA
5
10位 50.5
2013 アストンマーチン・レーシング アストンマーチン・ヴァンテージ GTE LMGTE Pro SIL
SPA
4
LMN
3
SÃO
COA
FUJ
SHA
BHR
13位 42

外部リンク[編集]