ラルフ・シューマッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラルフ・シューマッハ
Ralf Schumacher cropped.jpg
基本情報
フルネーム Ralf Schumacher
略称表記 RSC
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・フルト[1]
生年月日 1975年6月30日(39歳)
F1での経歴
所属チーム '97-'98 ジョーダン
'99-'04 ウィリアムズ
'05-'07 トヨタ
活動時期 1997-2007
出走回数 170
優勝回数 6
通算獲得ポイント 329
表彰台(3位以内)回数 27
ポールポジション 6
ファステストラップ 8
初戦 1997年オーストラリアGP
初勝利 2001年サンマリノGP
最終勝利 2003年フランスGP
最終戦 2007年ブラジルGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ラルフ・シューマッハRalf Schumacher, 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーで現在はDTMに出場している。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州ケルンの近郊フルト出身[1]

プロフィール[編集]

F1参戦以前[編集]

ミハエルと同じくカートレース、フォーミュラ・フォードなどを経て、1994年にドイツF3初参戦、シリーズ3位に食い込み注目される。翌1995年もドイツF3に参戦。ノルベルト・フォンタナとチャンピオン争いを繰り広げるが、惜しくもシリーズ2位でこの年のシーズンを終えた。この年のマカオGPでは史上初めて、兄弟で優勝の記録を達成する(ミハエルは1990年に優勝)。同年、マクラーレンでF1をテストドライブする。

1996年[編集]

ミハエルの勧めもあり、ラルフは舞台を日本に移し、チーム・ルマンよりフォーミュラ・ニッポンに参戦したほか、全日本GT選手権(JGTC)にもチーム・ラーク・マクラーレン(後のチーム郷)のマクラーレンF1 GTRで参戦した(パートナーは服部尚貴)。Fニッポンでは3勝を挙げ初代チャンピオンを獲得し、JGTCでもシリーズ2位と活躍した。

ジョーダン[編集]

1997年[編集]

これもまたミハエルと同じく、ジョーダンからF1デビューを果たす。第3戦アルゼンチンGPで3位フィニッシュ、F1参戦からわずか3戦目で表彰台に上った。しかし、速さを見せつけたその一方で荒っぽいドライブも目立ち、17戦中10戦もリタイア。また、初表彰台のアルゼンチンGPでは先行していたチームメイトのジャンカルロ・フィジケラと絡みリタイアに追いやってしまった。

1998年[編集]

速さを見せる一方、荒さは相変わらずであったが濡れた路面に対しての高い対応力を見せる。第13戦ベルギーGP、スパ特有の雨でレースは大荒れの中2位でフィニッシュ。チームメイトのデイモン・ヒルがジョーダンチームに初優勝をもたらした記念すべきレースに、1-2フィニッシュという形で華を添えた。

ウィリアムズ[編集]

1999年[編集]

名門ウィリアムズに移籍。チームメイトは、前年まで2年連続のCARTチャンピオンだったアレックス・ザナルディだった。ザナルディは期待に応えられず0ポイントでシーズンを終えた一方、シューマッハは3度表彰台に上り、第13戦イタリアGPでは自身初となるファステストラップも記録した。波乱のヨーロッパGPでは非力なスーパーテックエンジンを駆ってマクラーレンを抜くなど一時はトップを走る奮闘。結局この年のシューマッハは35ポイントを挙げ、シリーズ6位だった。

2000年[編集]

ウィリアムズはBMWエンジンを搭載。ジェンソン・バトンをチームメイトに迎える。開幕戦で3位表彰台と上々の滑り出しをみせるが、結局未勝利に終わる。リタイアは7回を数え、ランキングでは24ポイントにとどまるも、前年より一つ上の5位となった。

2001年[編集]

CART史上最年少チャンピオンのファン・パブロ・モントーヤをチームメイトに迎える。第4戦サンマリノGPで、参戦5年目にしてついにF1初勝利を挙げる。母国ドイツGPでも勝利し、この年は最終的に3勝を挙げ、結果49ポイントを獲得し、前年を上回るランキング4位でシーズンを終えた。

2002年[編集]

開幕からフェラーリが圧倒的な戦力を見せつけシーズンを席巻。大苦戦の一年となる。序盤の第2戦マレーシアGPでチーム唯一の勝利を挙げたが、チームメイトのモントーヤに獲得ポイントで上回られ、ランキング4位。

2003年[編集]

2勝を挙げ、チームもコンストラクターズタイトルに手が届きそうであったが、僅差でフェラーリにさらわれる。自身は自己最多の58ポイントを獲得したもののランキングでは5位に終わる。モントーヤは表彰台9度で82ポイントと、チームメイトに対し大きく遅れをとった。このウィリアムズ在籍時代には、幾度かの優勝争いにこそ絡むも、チャンピオン争いをするには一歩足りない状況が続いた。またチームメイトのモントーヤを過剰に意識するあまり、レース中に同士討ちすることがあった。

2004年[編集]

この年のウィリアムズは、フェラーリはもとより、B・A・Rルノー勢に対しても苦戦を強いられる。そんな中でシューマッハは第9戦アメリカGP決勝で、高速の最終コーナーで大クラッシュを起こし背骨を負傷、6戦欠場を余儀なくされ、結局この年は未勝利に終わる。またシーズン中に、翌シーズンからのトヨタ加入が発表され、6年間在籍したウィリアムズから離れることが決まった。また、同年の鈴鹿が兄ミハエルとの最後の1-2フィニッシュとなったが、兄・ミハエルが優勝で、弟・ラルフは2位、という結果であった。

トヨタ[編集]

2005年[編集]

第2戦マレーシアGPで5位フィニッシュし、トヨタ移籍後の初入賞を果たした。以後もコンスタントに入賞を記録し、ついにハンガリーGPで移籍後初となる3位表彰台を獲得した。また日本GPポールポジション中国GPで3位表彰台を獲得するなど終盤戦でも活躍して計14戦でポイントを獲得し、チームメイトのヤルノ・トゥルーリをドライバーズランキングで上回ることとなった。

2006年[編集]

トヨタは前年までのミシュランタイヤからブリヂストンタイヤに変更し、序盤は対応に苦労する。第3戦オーストラリアGPではミハエルのクラッシュ、後続から迫っていたモントーヤのトラブルにも助けられ、チームにとっても自身にとってもシーズン唯一の表彰台3位獲得。中盤~終盤にかけて、マシンパフォーマンスは向上するが、信頼性が伴わずリタイアが頻発。この年もトゥルーリをポイントで上回っている。

2007年[編集]

マクラーレンとフェラーリが他チームを圧倒し、その後にBMWザウバーがつけるという構図がシーズンを通して一貫していた。その中でトヨタは、入賞枠をルノー、ウィリアムズ、レッドブル、あたりと激しく奪い合うことになる。チームメイトのトゥルーリは、予選では常にその集団から抜けだしQ3に進出する一方で、シューマッハはシーズンを通して予選で中団から後方に沈むことが多かった。ハンガリーGPではこの年最高の6位入賞を果たし復調の兆しを見せたが、結局入賞はこれを含めて僅か3回に留まり、日本GP終了後の10月1日、2007年シーズン限りでのトヨタチーム離脱を発表。トヨタでは思うような結果を残せず、「今が新しい挑戦を探すべきときだと思った」と言い残し、3年間在籍していたトヨタを離れ、ほかのチームに移籍することを決めた。結局、自身は現役続行を公言していたものの移籍先チームがなく、2007年シーズンをもってF1から事実上の引退となった。12月6日ヘレスで行われたテストにフォース・インディアから参加しテストを行った。このテストでフォース・インディアのドライバーとしての起用のアピールしたと見られていたが、シューマッハは「テストを行ったのは友人であるビジェイ・マリヤに頼まれていたからであって、私はフォース・インディアでレースをする気はない」としている[2]。また、2006年から契約をしていたマネージャーのハンス・マールとも袂を分かち、自身の兄であるミハエルからも引退を勧められたと言われている。2008年からはDTMへの参戦が有力視されていた際にはミハエルから「自分たち兄弟は、DTMを速く乗ることは難しい」と言われている。なお、トヨタの後任がドイツ人のティモ・グロック、ウィリアムズの後任がドイツ人のニック・ハイドフェルドジョーダンの後任がドイツ人のハインツ=ハラルド・フレンツェンと、彼の後任は同じドイツ人が多い。

DTMでの経歴[編集]

2008年[編集]

メルセデスAMGチームで“MercedesBenz AMG-Cクラス”を駆りDTMに参戦している。同年の第7戦ニュルブルクリンクのレースで8位入賞し、初ポイントを獲得。第9戦のカタルーニャでも7位入賞し2ポイント獲得したもののDTM参戦初年は計3ポイント、シリーズ14位に留まり厳しいデビューイヤーとなった。

2009年[編集]

2008年を最後に引退するのではないか、という噂も出ていたが、2009年はAMGメルセデスCクラスの最新型マシンでの参戦が決まり、シューマッハは「1年落ちのマシンから今年最新のメルセデスCクラスに変わることは非常に大きなチャンス。2008年が学習の年であることはチームにも明らかなことだった。だから昨年の成績には満足している。メルセデスが最新型マシンを与えてくれたことへの信用に応えたいと思っている。DTMシリーズが世界最高のツーリングカーシリーズであり、ドライバーは1メートルとコンマ1秒のために激しく戦っている。わたしがパドックで多くの観客と接することでも分かるように、ファンもわたしと同じようにこのDTMシリーズが好きだ。観客達はDTM以外のどんなレースでもこれ以上のバリュー・フォー・マネーは得ることはできないだろう」とコメントしている。

2009年はわずか入賞三回、計9ポイントを獲得しシーズンを終えた。

2010年[編集]

2010年はHWAチームから参戦し、3ポイント獲得に終わったものの第5戦ノリスリンクでは ポールポジションを獲得。スタートでストールしてしまったが、ファステストラップを記録するなど 随所で速さを見せた。

評価[編集]

デビュー当初から完走すれば入賞できる位置にいることが多いもののリタイアも多く、『速いが荒いドライバー』と評価されることが多い[要出典]また兄・ミハエルに対しては道を譲る、無理に抜きにかからない等、その参戦姿勢に疑問を抱く評も多い[要出典](逆にミハエルは、弟ラルフが相手であっても容赦ない幅寄せを見せた)。トヨタへの移籍後にはウィリアムズでのキャリア後半にしばしば見られたような、単純なミスは少なくなった。

6回の優勝と6回のPPを獲得しており、当時のF1を代表するドライバーの一人であった。

記者マイク・ローレンスは、2005年インディアナポリスの金曜フリー走行でのクラッシュがなければ、もっと成功を収められただろうという趣旨の分析をしている[3]

エピソード[編集]

  • 当時未定であった1997年のチームメイトには誰がよいかという質問に、昨年のワールドチャンピオン、デイモン・ヒルと即答していた。経験の豊富さを理由にあげていたが、兄が破ったライバルを自分も下したいという新人ならではの野心も覗かせていた[要出典]
  • 先述の1997年アルゼンチンGPでの接触以来、ジャンカルロ・フィジケラとは挨拶もしない仲だと言われている[要出典]
  • ウィリアムズでのチームメイト、ファン・パブロ・モントーヤとも、仲が悪いといわれていたが、2人とも移籍した2005年以降は良い関係だという[要出典]
  • 兄ミハエルとは不仲であると言われ、ドイツの新聞紙「ビルト」によると、口も利かないほどだという。ラルフはミハエルに関して「ミハエルと僕はすごく違う。趣味も違うし、別の人生を歩いている。兄弟と親友になる必要はない。」と語っている[4]

レース戦績[編集]

JGTC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1996 チーム ラーク・マクラーレンGTR マクラーレン・F1-GTR GT500 SUZ
1
FUJ
Ret
SEN
15
FUJ
Ret
SUG
1
MIN
1
2位 60

フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1996 X-JAPAN Racing Team Le Mans SUZ
3
MIN
1
FUJ
19
TOK
1
SUZ
4
SUG
Ret
FUJ
Ret
MIN
1
SUZ
4
FUJ
Ret
1位 40

FIA GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1997 AMGメルセデス メルセデス・ベンツ・CLK-GTR GT1 HOC
SIL
HEL
NÜR
5
SPA
A1R
SUZ
DON
MUG
SEB
LAG
29位 2

F1[編集]

チーム シャーシ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ランキング ポイント
1997年 ジョーダン 197 AUS
Ret
BRA
Ret
ARG
3
SMR
Ret
MON
Ret
ESP
Ret
CAN
Ret
FRA
6
GBR
5
GER
5
HUN
5
BEL
Ret
ITA
Ret
AUT
5
LUX
Ret
JPN
9
EUR
Ret
11位 13
1998年 198 AUS
Ret
BRA
Ret
ARG
Ret
SMR
7
ESP
11
MON
Ret
CAN
Ret
FRA
16
GBR
6
AUT
5
GER
6
HUN
9
BEL
2
ITA
3
LUX
Ret
JPN
Ret
10位 14
1999年 ウィリアムズ FW21 AUS
3
BRA
4
SMR
Ret
MON
Ret
ESP
5
CAN
4
FRA
4
GBR
3
AUT
Ret
GER
4
HUN
9
BEL
5
ITA
2
EUR
4
MAL
Ret
JPN
5
6位 35
2000年 FW22 AUS
3
BRA
5
SMR
Ret
GBR
4
ESP
4
EUR
Ret
MON
Ret
CAN
14
FRA
5
AUT
14
GER
7
HUN
5
BEL
3
ITA
3
USA
Ret
JPN
Ret
MAL
Ret
5位 24
2001年 FW23 AUS
Ret
MAL
5
BRA
Ret
SMR
1
ESP
Ret
AUT
Ret
MON
Ret
CAN
1
EUR
4
FRA
2
GBR
Ret
GER
1
HUN
4
BEL
7
ITA
3
USA
Ret
JPN
6
4位 49
2002年 FW24 AUS
Ret
MAL
1
BRA
2
SMR
3
ESP
11
AUT
4
MON
3
CAN
7
EUR
4
GBR
8
FRA
5
GER
3
HUN
3
BEL
5
ITA
Ret
USA
16
JPN
11
4位 42
2003年 FW25 AUS
8
MAL
4
BRA
7
SMR
4
ESP
5
AUT
6
MON
4
CAN
2
EUR
1
FRA
1
GBR
9
GER
Ret
HUN
4
ITA
PO
USA
Ret
JPN
12
5位 58
2004年 FW26 AUS
4
MAL
Ret
BHR
7
SMR
7
ESP
6
MON
10
EUR
Ret
CAN
DSQ
USA
Ret
FRA GBR GER HUN BEL ITA CHN
Ret
JPN
2
BRA
5
9位 24
2005年 トヨタ TF105 AUS
12
MAL
5
BHR
4
SMR
9
ESP
4
MON
6
EUR
Ret
CAN
6
USA
INJ
FRA
7
GBR
8
GER
6
HUN
3
TUR
12
ITA
6
BEL
7
BRA
8
6位 45
TF105B JPN
8
CHN
3
2006年 TF106 BHR
14
MAL
8
AUS
3
SMR
9
EUR
Ret
ESP
Ret
10位 20
TF106B MON
8
GBR
Ret
CAN
Ret
USA
Ret
FRA
4
GER
9
HUN
6
TUR
7
ITA
15
CHN
Ret
JPN
7
BRA
Ret
2007年 TF107 AUS
8
MAL
15
BHR
12
ESP
Ret
MON
16
CAN
8
USA
Ret
FRA
10
GBR
Ret
EUR
Ret
HUN
6
TUR
12
ITA
15
BEL
10
JPN
Ret
CHN
Ret
BRA
11
16位 5

DTM[編集]

所属チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2008 ミュッケ・モータースポーツ メルセデス・ベンツ C-クラス 2007 HOC1
14
OSC
10
MUG
Ret
LAU
13
NOR
16
ZAN
12
NÜR
8
BRA
15
CAT
7
BUG
Ret
HOC2
14
14位 3
2009 HWAチーム メルセデス・ベンツ C-クラス 2009 HOC1
9
LAU
10
NOR
6
ZAN
10
OSC
11
NÜR
7
BRH
9
CAT
13
DIJ
5
HOC2
Ret
11位 9
2010 HWAチーム メルセデス・ベンツ C-クラス 2009 HOC1
9
VAL
Ret
LAU
9
NOR
11
NÜR
6
ZAN
9
BRH
Ret
OSC
9
HOC2
Ret
ADR
12
SHA
10
14位 3
2011 HWAチーム メルセデス・ベンツ C-クラス 2009 HOC1
3
ZAN
11
SPL
2
LAU
12
NOR
6
NÜR
Ret
BRH
5
OSC
Ret
VAL
13
HOC2
11
8位 21
2012 HWAチーム メルセデス・ベンツ C-クーペ HOC1
7
LAU
10
BRH
19
SPL
11
NOR
Ret
NÜR
13
ZAN
10
OSC
13
VAL
14
HOC2
9
17位 10

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『F1速報特別編集 ミハエル・シューマッハ全記録 1984 - 2006』、イデア、2007年、p131
  2. ^ autosport.com 2008年2月21日
  3. ^ “タイヤ by マイク・ローレンス”. F1通信. (2009年11月15日). http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51588053.html 2011年3月25日閲覧。 
  4. ^ F1-Live.com 2006年9月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]