ロイック・デュバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイック・デュバル

ロイック・デュバルLoic Duval1982年6月12日 - )は、フランス人のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

  • 身長:178cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:Rh+O型

経歴[編集]

1992年カートレースにデビューする。その後1998年には、ヨーロッパ選手権エスポワール3位、フレンチカップで優勝する。1999年は世界選手権エリート9位。2000年も世界選手権エリート3位。2001年は世界選手権フォーミュラ・スーパーAで9位となり、カートレースにおける世界選手権レベルのレースにおいて上位ランカーの常連として名を馳せた。

2002年に本格的にフォーミュラカーの世界に転向し、フランスフォーミュラ・ルノー・キャンパスのシリーズチャンピオン(優勝9回)に、2003年にはフランス・フォーミュラ・ルノーのシリーズチャンピオン(優勝4回)に輝いた。2004年からは舞台をユーロF3選手権に移し、同年はシリーズ11位(表彰台2回)、2005年はシリーズ6位(表彰台6回)という成績を残した。また2005年にはF3マカオGPにも参戦し予選でポールポジションを獲得するが決勝は6位に終わった。

2006年に来日し、中嶋悟率いるNAKAJIMA RACINGからフォーミュラ・ニッポンSUPER GTに参戦する。ともにチームメイトは武藤英紀であり、ホンダ勢の中では若手コンビである。フォーミュラ・ニッポンではホンダ勢が苦戦する中で第2戦鈴鹿ラウンドと第7戦菅生ラウンドで優勝し、シリーズ4位と一人気を吐く結果となった。SUPER GTでは最終戦の富士ラウンドにて初勝利を飾ったが、年間成績はシリーズ11位に終わっている。さらに、A1グランプリにフランスチームから参戦。表彰台を4回獲得しシリーズ4位に貢献した。

2007年も前年度と同様、NAKAJIMA RACINGからフォーミュラ・ニッポン(チームメイトは小暮卓史)とSUPER GT(チームメイトはファビオ・カルボーン)にエントリーし、フォーミュラ・ニッポンでは第8戦もてぎラウンドでの2位が最高で、シリーズ6位と前年を下回る結果となったが、SUPER GTでは前年同様最終戦の富士ラウンドにて勝利を飾ったもののシリーズ2位に終わった。さらにA1グランプリにもフランスチームから参戦。第6戦オーストラリアのスプリントレースで初優勝を果たした他、表彰台を7回獲得しシリーズ3位に貢献した。

2008年も前年度と同様、NAKAJIMA RACINGからフォーミュラ・ニッポン(チームメイトも前年同様 小暮卓史)とSUPER GT(チームメイトは平中克幸に変更)にエントリーしている。

2009年も引き続きNAKAJIMA RACINGからフォーミュラ・ニッポン(チームメイトも前年同様 小暮卓史)とSUPER GT(チームメイトは中山友貴に変更)にエントリー、フォーミュラ・ニッポンで年間タイトルを獲得した。

2010年はチームを移籍、フォーミュラ・ニッポンはDANDELION RACING(チームメイトは伊沢拓也)、SUPER GTはWEIDER HONDA RACING(チームメイトは小暮卓史)からエントリーし、SUPER GTでは第2戦岡山ラウンドで優勝し年間タイトルを獲得した。

2012年はホンダ陣営からトヨタ陣営に鞍替え。SUPER GTではLEXUS TEAM PETRONAS TOM'S(チームメイトは中嶋一貴)からエントリーするほか、フォーミュラ・ニッポンでも土屋武士率いるTEAM KYGNUS SUNOCOに移籍する。一方で同年より復活するFIA 世界耐久選手権ではアウディ陣営に参加、R18ウルトラをドライブする。

レース戦績[編集]

  • 1992年 - レーシングカートデビュー
  • 1998年
    • ヨーロッパ選手権エスポワール(3位)
    • フレンチカップ(優勝)
  • 1999年 - 世界選手権エリート(シリーズ9位)
  • 2000年 - 世界選手権エリート(シリーズ3位)
  • 2001年 - 世界選手権フォーミュラ・スーパーA(シリーズ9位)
  • 2002年 - フランス・フォーミュラ・ルノー・エルフ・キャンパス(シリーズチャンピオン)
  • 2003年 - フランス・フォーミュラ・ルノー(シリーズチャンピオン)
  • 2004年 - ユーロF3選手権(シリーズ11位)
  • 2005年
    • ユーロF3選手権(シリーズ6位)
    • F3マカオGP(決勝6位)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #31/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ4位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(NAKAJIMA RACING #32 EPSON NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ11位・1勝)
    • 2006-2007 A1グランプリ(フランスチーム、2位3回、3位1回獲得・チーム総合3位)
  • 2007年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #31/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ6位)
    • SUPER GT・GT500クラス(NAKAJIMA RACING #32 EPSON NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ2位・1勝)
    • 2007-2008 A1グランプリ(フランスチーム、優勝1回、表彰台7回獲得、ポールポジション2回獲得、チーム総合4位)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #31/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ2位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(NAKAJIMA RACING #32 EPSON NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ10位)
    • 2008-2009 A1グランプリ(フランスチーム)
  • 2009年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(NAKAJIMA RACING #31/スウィフト017.n HR09E)(シリーズチャンピオン・4勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(NAKAJIMA RACING #32 EPSON NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ16位)
  • 2010年
    • 全日本選手権フォーミュラニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #1/スウィフト017.n HR10E)(シリーズ3位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(ウイダー ホンダ レーシング #18 ウイダー HSV-010/HSV-010 HR10EG)(シリーズチャンピオン・1勝)
  • 2011年 - SUPER GT・GT500クラス(ウイダー ホンダ レーシング #1 ウイダー HSV-010 GT/HSV-010 HR10EG)(シリーズ3位・2勝)
  • 2012年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team KYGNUS SUNOCO #8/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ6位)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S #36 PETRONAS TOM'S SC430/SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ11位)

SUPER GT[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2006 NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 SUZ
15
OKA
Ret
FUJ
7
SEP
9
SUG
5
SUZ
4
MOT
8
AUT
12
FUJ
1
11位 51
2007 NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 SUZ
3
OKA
4
FUJ
Ret
SEP
15
SUG
3
SUZ
13
MOT
4
AUT
9
FUJ
1
2位 69
2008 EPSON NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 SUZ
10
OKA
5
FUJ
7
SEP
Ret
SUG
Ret
SUZ
11
MOT
5
AUT
2
FUJ
4
10位 43
2009 EPSON NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 OKA
7
SUZ
9
FUJ
8
SEP
11
SUG
11
SUZ
Ret
FUJ
9
AUT
9
MOT
6
16位 18
2010 ウイダー ホンダ レーシング ホンダ・HSV-010 GT GT500 SUZ
Ret
OKA
1
FUJ
7
SEP
3
SUG
2
SUZ
9
FUJ
C
MOT
2
1位 67
2011 ウイダー ホンダ レーシング ホンダ・HSV-010 GT GT500 OKA
7
FUJ
13
SEP
1
SUG
Ret
SUZ
1
FUJ
4
AUT
11
MOT
6
3位 57
2012 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S レクサス・SC430 GT500 OKA
5
FUJ SEP
13
SUG
2
SUZ
Ret
FUJ
4
AUT
15
MOT
8
11位 32

フォーミュラ・ニッポン,スーパーフォーミュラ[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2006 PIAA NAKAJIMA RACING FUJ
11
SUZ
1
MOT
6
SUZ
Ret
AUT
18
FUJ
9
SUG
1
MOT
4
SUZ
6
4位 25
2007 PIAA NAKAJIMA RACING FUJ
3
SUZ
4
MOT
Ret
OKA
19
SUZ
11
FUJ
3
SUG
3
MOT
2
SUZ
Ret
6位 31
2008 PIAA NAKAJIMA RACING FUJ
10
SUZ
10
MOT
3
OKA
1
SUZ1
6
SUZ2
2
MOT1
1
MOT2
Ret
FUJ1
2
FUJ2
7
SUG
8
2位 62
2009 NAKAJIMA RACING FUJ
4
SUZ
1
MOT
Ret
FUJ
1
SUZ
1
MOT
2
AUT
3
SUG
1
1位 62
2010 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SUZ
6
MOT
4
FUJ
14
MOT
1
SUG
2
AUT
Ret
SUZ1
1
SUZ2
4
3位 39.4
2012 Team KYGNUS SUNOCO SUZ
9
MOT
11
AUT
3
FUJ
4
MOT
6
SUG
3
SUZ1
7
SUZ2
2
6位 25
2013 KYGNUS SUNOCO Team LeMans SUZ AUT
2
FUJ
4
MOT
3
INJ
C
SUG
1
SUZ1 SUZ2 3位 31
2014 KYGNUS SUNOCO Team LeMans SUZ
1
FSW1
3
FSW2
4
FSW
TRM
4
AUT
15
SUG
3
SUZ1
11
SUZ2
3
4位 29.5

ILMC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7
2011 チーム・オレカ-マットムート プジョー・908 HDi FAP LMP1 SEB
1
SPA
10
LEM
5
IMO
SIL PET
ZHU

WEC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2012 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 ウルトラ LMP1 SEB
2
SPA
1
LMN
4
SIL
SAO
BHR
FUJ
SHA
6位 67
2013 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 e-tron クアトロ LMP1 SIL
1
SPA
2
LMN
1
SÃO
2
COA
1
FUJ
2
SHA
3
BHR
Ret
1位 162
2014 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 e-tron クアトロ LMP1-H SIL
Ret
SPA
2
LMN
COA
2
FSW
5
SHA
5
BHR
5
SÃO
8位 66

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
マルセル・ファスラー
アンドレ・ロッテラー
ブノワ・トレルイエ
ル・マン24時間優勝者
2013 with:
トム・クリステンセン
アラン・マクニッシュ
次代:
[[]]
[[]]
[[]]