フォーミュラ3・ユーロシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォーミュラ3・ユーロシリーズFormula 3 Euroseries 、通称ユーロF3)は、フォーミュラ3(F3)規格で争われる自動車レースカテゴリーの一つ。かつてのフランスF3とドイツF3を統合する形で2003年より始まった。2013年よりヨーロッパ・フォーミュラ3選手権へ移行した。

概要[編集]

主にドイツ・フランス・イタリアから有力チームが参加する国際シリーズであり、イギリスF3の有力チームも時折参戦した。ドイツツーリングカー選手権 (DTM) を運営するITR (Internationale Tourenwagen-Rennen e.V.) がシリーズを統括。ドイツを中心にフランス・イタリア・イギリス・オーストリアオランダスペインなどの国で年間10大会を開催した。

2010年までは1大会2レース制で、約110kmもしくは最長40分間とされた。レース1のスタート順は、30分間の予選で決定し、レース2のスタート順はレース1の結果に、上位8位までのリバースグリッドとなる。2011年より1大会3レース制となった。

シャシーはダラーラの事実上のワンメイク。エンジンはメルセデス・ベンツフォルクスワーゲンが供給しているが、現在はメルセデス優位が続いている。タイヤは2011年まではクムホタイヤのワンメイクだったが、2012年よりハンコックタイヤに変更された[1]

日本からは以前は主にトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)の参加ドライバーが派遣されて参戦していたほか、ホンダフォーミュラ・ドリーム(FD)所属のドライバーを派遣していた。TDP・FDのドライバーも同シリーズではメルセデスエンジンを使用するのが特徴。ただし両社とも2012年は派遣活動を中断している。

国際自動車連盟 (FIA) はジュニアフォーミュラの再編を進める中で往年のヨーロッパF3選手権を復活させ、初年度の2012年はユーロF3の7戦を含む10戦を開催。2013年はユーロF3自体がヨーロッパF3選手権へと移行した。原則として全イベントがWTCCWEC・DTMといった大規模イベントのサポートレース化されることになり、大きくイベント形態が変更された[2]

歴代チャンピオン[編集]

ドライバー部門 チーム部門
2003年 オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー(Ryan Briscoe)
2004年 イギリスの旗 ジェイミー・グリーン(Jamie Green)
2005年 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton) ASM Fomule 3
2006年 イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ(Paul di Resta) ASM Fomule 3
2007年 フランスの旗 ロマン・グロージャン(Romain Grosjean) ASM Fomule 3
2008年 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ(Nico Hu"lkenberg) ARTグランプリ
2009年 フランスの旗 ジュール・ビアンキ(Jules Bianchi) ARTグランプリ
2010年 イタリアの旗 エドアルド・モルタラ(Edoardo Mortara) Signature
2011年 スペインの旗 ロベルト・メルヒ(Roberto Merhi) Prema Powerteam
2012年 スペインの旗 ダニエル・ジュンカデラ(Daniel Juncadella ) Prema Powerteam

主な参戦ドライバー[編集]

日本人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hankook to supply tyres to Euro F3 - inRacingNews.com・2012年4月4日
  2. ^ A new start for the FIA Formula 3 European Championship - FIA・2012年11月18日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]