マルクス・ヴィンケルホック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルクス・ヴィンケルホック
Markus Winkelhock 2008 April Hockenheimring.jpg
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・シュトゥットガルト
生年月日 1980年6月13日(34歳)
F1での経歴
活動時期 2007
過去の所属チーム '07 スパイカー
出走回数 1
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2007年ヨーロッパグランプリ
最終戦 2007年ヨーロッパグランプリ
タイトル 0
テンプレートを表示

マルクス・ヴィンケルホック(Markus Winkelhock、1980年6月13日 - )は、ドイツ出身のレーシング・ドライバーである。「マーカス・ヴィンケルホック」、「マルカス・ビンケルホック」などとも表記されることもある。

経歴[編集]

F3(2002年)

F1以前[編集]

フォーミュラ・ケーニッヒなどの下級フォーミュラを経て、1998年から2000年にかけて、フォーミュラ・ルノー・ユーロカップに参戦し、その後の2001年から2003年にかけてドイツF3選手権に参戦し、数回の優勝を収め注目された。

2004年からはドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦し、メルセデス・ベンツCLKをドライブし、続く2005年には、この年から始まったフォーミュラ・ルノー3.5に参戦し3勝を挙げた。

F1[編集]

2006年[編集]

2006年にはMF1レーシングの第3ドライバー兼テストドライバーとなり、数レースにおいて金曜の練習走行をドライブしたものの、この年には決勝レース出場は叶わなかった。

2007年[編集]

2007年は再度ドイツツーリングカー選手権を戦っていたが、クリスチャン・アルバースに代わりヨーロッパグランプリスパイカーF1チームから1戦のみ参戦した。

ラップリーダー[編集]

予選では最下位になり、ひとつ順位が上のチームメイトであるエイドリアン・スーティルに1秒以上離され低迷した。しかし、決勝レースでは悪天候を予想してフォーメーション・ラップ終了後にピット・インをしてレインタイヤに交換を行い、ピットからスタート。その後急変した天気に他車がスピンやピットインを行う中、ポールポジションからドライタイヤでスタートしていたキミ・ライコネンを追い抜き、デビュー戦でトップを走行した。

なお最後方グリッドスタートでのラップリーダーはF1史上2人目の快挙であった。その後もセーフティカーが入ったこともあり、レースが赤旗中断されるまでの6周に渡りトップの座を守り続けた。

再スタート後には遥かに性能に優れるマクラーレンスクーデリア・フェラーリに抜かれたものの、15周目にマシントラブルでリタイヤするまでの間、中段グループで健闘を続けた。しかし1レースのみの契約であったこともあり、次レースからは山本左近に正ドライバーの座を譲ることになった。

2008年以降[編集]

2010年シーズンまで、アウディ・A4を駆ってドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦。 2011年からはFIA GT1世界選手権に参戦中。

レース戦績[編集]

DTM[編集]

所属チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2004 パーソン・モータースポーツ メルセデス・ベンツ CLK-DTM HOC
15
EST
17
ADR
20
LAU
13
NOR
18
NÜR
Ret
OSC
16
ZAN
14
BRN
18
HOC
13
19位 0
2007 アプト・スポーツライン アウディ・A4 DTM 2007 HOC
OSC
LAU
Ret
BRH
14
NOR
19位 0
フューチャーコムTME アウディ・A4 DTM 2005 MUG
9
ZAN
13
NÜR
Ret
CAT
12
HOC
13
2008 チーム・ロズベルグ アウディ・A4 DTM 2007 HOC
12
OSC
6
MUG
7
LAU
Ret
NOR
11
ZAN
8
NÜR
9
BRH
11
CAT
11
BUG
11
HOC
Ret
11位 6
2009 チーム・ロズベルグ アウディ・A4 DTM 2008 HOC
4
LAU
Ret
NOR
13
ZAN
DSQ
OSC
Ret
NÜR
4
BRH
Ret
CAT
Ret
DIJ
10
HOC
8
10位 11
2010 チーム・ロズベルグ アウディ・A4 DTM 2008 HOC
15
VAL
Ret
LAU
10
NOR
Ret
NÜR
Ret
ZAN
DNS
BRH
Ret
OSC
Ret
HOC
Ret
ADR
4
SHA
7
12位 7

FIA GT1世界選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2011 All-Inkl.com ミュニッヒ・モータースポーツ ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP670 R-SV ABU
QR

6
ABU
CR

3
ZOL
QR

1
ZOL
CR

1
ALG
QR

7
ALG
CR

6
SAC
QR

9
SAC
CR

Ret
SIL
QR

Ret
SIL
CR

5
NAV
QR

1
NAV
CR

2
PRI
QR

7
PRI
CR

8
ORD
QR

DSQ
ORD
CR

8
BEI
QR

12
BEI
CR

Ret
SAN
QR

6
SAN
CR

Ret
5位 102
2012 All-Inkl.com ミュニッヒ・モータースポーツ メルセデス・ベンツ SLS AMG GT3 NOG
QR

6
NOG
CR

3
ZOL
QR

6
ZOL
CR

9
NAV
QR

5
NAV
QR

2
SVK
QR

4
SVK
CR

3
ALG
QR

1
ALG
CR

2
SVK
QR

3
SVK
CR

2
MOS
QR

2
MOS
CR

5
NUR
QR

3
NUR
CR

2
DON
QR

5
DON
CR

DSQ
1位 145

FIA GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2013 フェニックス・レーシング アウディ・R8 LMS ウルトラ Pro NOG
QR

NOG
CR

ZOL
QR

ZOL
CR

ZAN
QR

ZAN
QR

SVK
QR

SVK
CR

NAV
QR

NAV
CR

BAK
QR

9
BAK
CR

12
NC 0

縁戚[編集]

ATSブラバムなどからF1に出走した経歴のあるレーサー、マンフレッド・ヴィンケルホックを父に持つほか、叔父のヨアヒム・ヴィンケルホックAGSからF1に出走した経歴を持つ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]