コリン・コレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリン・コレス

コリン・コレスColin Kolles, 1967年12月30日 - )は、F1の元チーム監督・代表。歯科医でもある。ドイツインゴルシュタット出身。

経歴[編集]

コレス自身、または父も歯科医であり、父はルーマニアの元大統領ニコラエ・チャウシェスクの治療を手がけるほどであった。コレスは実家の歯科医でアシスタントとして働き、やがて自身も歯科医としての資格を取得した。2000年にコレスレーシング、TMEレーシングといった自身のチームを起こすと、次第にレースにのめり込みユーロF3などに参戦するほどになった。

こうした活躍が、ジョーダン・グランプリの買収を計画していたロシア実業家アレックス・シュナイダーの目に留まり、2005年にはMF1レーシングのマネージングディレクターに抜擢された。2005年はまだ「ジョーダン」の名で参戦した。

2007年スパイカーF1へ、さらに2008年フォース・インディアとチームの買収が繰り返される中で、引き続きマネージングディレクターとチーム代表を務めていた。しかし、2008年11月8日に同チームの体制変更に伴い、チーム代表を解任されファクトリーでの任についていたが2009年10月31日にフォース・インディアを脱退することが発表された[1]

2008年からコレスはユーロF3を戦うチームを立ち上げた。チーム名はコレス・アンド・ハインツ・ユニオンと呼ばれ、ニック・ハイドフェルドマネジャーを務めていたベルナー・ハインツとの共同経営である。

2010年2月19日からはカンポス・グランプリにて、辞任した創設者のエイドリアン・カンポスの後任としてチーム代表に就任した[2]。チームは後に「ヒスパニア・レーシング・F1チーム(2011年よりHRT F1)」に名称変更し、体制発表会においても同チームの代表と発表された。

2011年12月15日に、同チームの代表から解任される事が発表された[3]

2014年に入り2015年よりF1参入を目指す「フォルツァ・ロッサ」と深く関わっていることが明らかにされた[4]。その後7月にケータハムF1チームのオーナーが変わった際、チーム売却に関するアドバイスをしており、新たに代表を務めることになったクリスチャン・アルバースらとともにその後のチーム運営についても関わりを持つ模様[5][6]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]