HRT・F112

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HRT・F112
2012年マレーシアGPにてペドロ・デ・ラ・ロサがドライブするF112
カテゴリー F1
コンストラクター HRT
先代 ヒスパニア・F111
主要諸元
エンジン コスワース CA2012
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム HRT F1チーム
ドライバー スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ
インドの旗 ナレイン・カーティケヤン
出走時期 2012年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
初戦 2012年オーストラリアGP
最終戦 2012年ブラジルGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
20 0 0 0
テンプレートを表示

HRT・F112HRT F1チーム2012年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー

概要[編集]

2012年のレギュレーション改正により、安全基準を検査するクラッシュテストに合格しなければ、開幕前の合同テストでマシンを使用することができなくなった。F112はクラッシュテストの数項目を通過できず、合格後も準備が遅れたため、合同テスト日程が終了した翌日、フィルミング走行枠[1]を利用してカタルーニャ・サーキットでシェイクダウンを行った[2]

車体後部のパッケージは、引き続きコスワース製エンジンとウィリアムズ製ギアボックスの供給を受ける。また、ウィリアムズ製のKERSも搭載できるよう設計されているが、2012年は使用することは無いだろうと説明している[3]

カラーリングは白をベースに、赤と金色のラインをあしらっている。

2012年シーズン[編集]

スペック[編集]

[4][5]

シャシー[編集]

  • シャシー カーボンファイバーおよびハニカムコンポジット製モノコック
  • サスペンション カーボンファイバー製ダブルウィッシュボーン、プッシュロッドによるロッカー制御トーションスプリングおよびアンチロールバー
  • ダンパー 油圧式リニアダンパー
  • 燃料タンク ケブラー強化ゴム燃料タンク
  • ステアリングホイール カーボンファイバー製 電子システムおよび電子機器を統合
  • ステアリングシステム HRT製油圧サーボ・アシストシステム
  • ギアボックス ウィリアムズ セミオートマチック"クイックシフト" 7速+リバース1速
  • クラッチ カーボン製マルチプレート
  • ブレーキ素材 カーボンファイバー製ディスクおよびパッド
  • ブレーキキャリパー 6ピストン式
  • 冷却システム アルミニウム製オイル 冷却水 ギアボックス冷却
  • シートベルト OMP
  • コックピット 解剖学的に成型された取り外し可能カーボン・コンポジット製シート 6点式シートベルト HANSシステム
  • 電子制御装置 FIA標準ECUおよびFIA認可電子機器、電子システム
  • ホイール マグネシウム合金製
  • タイヤ ピレリ P Zero
  • 全幅 1,800 mm
  • 全高 950 mm
  • フロントトレッド 1,445 mm
  • リアトレッド 1,420mm
  • 重量 640kg(FIA規定による最低重量)

エンジン[編集]

  • 名称 コスワース CA2012
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 2,400 cc
  • 最高回転数 18,000 rpm(レギュレーションで規定)
  • 重量 95kg(FIA規定による最低重量)

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
韓国の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
2012 22 スペインの旗 デ・ラ・ロサ DNQ 21 21 20 19 Ret Ret 17 20 21 22 18 18 17 18 Ret Ret 17 21 17 0 12位
23 インドの旗 カーティケヤン DNQ 22 22 21 Ret 15 Ret 18 21 23 Ret Ret 19 Ret Ret 20 21 Ret 22 18

売却[編集]

HRTは2012年のシーズンをもって消滅。HRT・F112の2台は、それぞれリサイクル業者とピレリに所有権が移った[6]

脚注[編集]

  1. ^ プロモーション撮影用に許可されているセッション。本番用ではないタイヤを装着し、走行距離は100km以内。
  2. ^ “HRT、F112を発表”. F1-Gate.com. (2012年3月6日). http://f1-gate.com/hrt/f1_14535.html 2012年3月11日閲覧。 
  3. ^ “HRT、2012年のKERS搭載の見込みはなし”. F1-Gate.com. (2012年4月4日). http://f1-gate.com/hrt/f1_14842.html 2012年4月4日閲覧。 
  4. ^ “HRT F112スペック表”. F1トップニュース. http://www.topnews.jp/spec-hrt-f112 2012年3月12日閲覧。 
  5. ^ “HRT F112”. F1-Gate.com. (2012年2月22日). http://f1-gate.com/hrt/f112.html 2012年3月12日閲覧。 
  6. ^ “ピレリ、HRTの2011年F1マシンを購入”. F1 gate.com (F1 gate.com). (2013年2月15日). http://f1-gate.com/pirelli/f1_18195.html 2013年2月16日閲覧。