ケータハム・CT01

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケーターハム CT01
カナダGPにてヘイキ・コバライネンがドライブするCT01
カナダGPにてヘイキ・コバライネン
ドライブするCT01
カテゴリー F1
コンストラクター ケータハム
デザイナー マイク・ガスコイン[1]
(チーフテクニカルオフィサー)
マーク・スミス[1]
(テクニカルディレクター)
後継 ケータハム・CT03
主要諸元
エンジン ルノーRS27-2012
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ケータハムF1チーム
ドライバー フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン
ロシアの旗 ヴィタリー・ペトロフ
出走時期 2012年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
初戦 2012年オーストラリアGP
最終戦 2012年ブラジルGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
20 0 0 0
テンプレートを表示

ケータハム CT01 (Caterham CT01) は、ケータハムF1チーム2012年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

2012年用の新車としては最も早く、1月26日発売の『F1レーシング』誌上で発表される予定だったが、前日の25日にはFacebookで画像が公開された[1]

スペック[編集]

シャーシ[編集]

KERS[編集]

  • KERS/形式 レッドブル・テクノロジー
  • e-パワー エンジン搭載型の電気モーター/ジェネレーター
  • ESS 集積エネルギー電池および電動エレクトロニクス
  • パワー 60kW

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーRS27-2012
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 2,400cc
  • 最高回転数 18,000rpm(レギュレーションで規定)
  • バルブ数 32
  • ピストン口径 98mm
  • 重量 95kg
  • 燃料 トタル無鉛(5.75%のバイオ燃料を含む)
  • 潤滑油 トタル

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
韓国の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
2012 20 フィンランドの旗 コバライネン Ret 18 23 17 16 13 18 14 17 19 17 19 14 15 15 17 18 13 18 14 0 10位
21 ロシアの旗 ペトロフ Ret 16 18 16 17 Ret 19 13 DNS 16 19 14 15 19 17 16 17 16 17 11

脚注[編集]

[ヘルプ]